監督:サム・メンデス

 

 

解説
 
第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を
 
通してワンカットに見える映像で映し出す。メガホンを取るのは『アメリカン・ビューティー』などのサム・メンデス。『マローボーン家の掟』などの
 
ジョージ・マッケイ、『リピーテッド』などのディーン=チャールズ・チャップマン、『ドクター・ストレンジ』などのベネディクト・カンバーバッチらが出
 
演する。全編が一人の兵士の1日としてつながって見えることで、臨場感と緊張感が最後まで途切れない。
 

あらすじ
 
第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス
 
軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネ
 
ディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊
 
が待ち構えていた。
 
 
 
昨夜、いつもの悪友と観てきました。
 
正直に言って戦争物映画って好きじゃないです。
 
エグいし、なんか怖いし・・・・。
 
でも予告であった全編ワンカット、映画の歴史を変える?とかの宣伝にマンマと乗せられて。
 
実際は、ワンカットじゃないけど、1兵士の1日を記録した感じにしてて、あ~その手もあったのねと思いました。
 
超ビビリのおやじは、終始ドキドキで・・・・。
 
悪友と帰りに話して、(ネタばれになります)
 
なぁ、まさかあの主人公(実は主人公ではない)がXXXと思った?
 
2人とも主人公と勘違いしていた。(おバカなおっさん2人)
 
最後に伝令した相手にビックリ!
 
この人  ドクター・ストレンジやんか!!
 
帰りの車内で、あ~でもない、こ~でもないと盛り上がって帰宅しました。
 
戦争ものなので、DVDでもいいんですが、やはり迫力のスクリーンをお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

監督:ティム・ミラー

 

出演:T-800    アーノルド・シュワルツェネッガー

 

    サラ・コナー  リンダ・ハミルトン

 

    グレース    マッケンジー・ディヴィス

 

    ダニー     ナタリア・レイエス

 

 

 

 

SFアクション『ターミネーター2』の続編。未来のためにターミネーターに立ち向かう人々を待ち受ける運命を映し出す。ジェームズ・

 

キャメロンが製作としてシリーズに復帰し、『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を担当。『ターミネーター2』でT-800を演じた

 

アーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが再共演を果たす。

 

 

 

 

ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナ

 

タリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われ、 何とか工

 

場から脱出した。そして彼らをしつこく追跡するREV-9の前に、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。

 

 

 

 

観てきた~!!

 

もうねぇ、おやじ世代では絶対的エース級の映画やもん。

 

当然全作品劇場鑑賞してます!

 

あ~思い出すなぁ・・・。

 

2なんて、長女がお腹の中にいる時嫁と観に行ったもん。絶対胎教に良くないだろうけどね。

 

だから、もう28年前の作品違う??

 

さて、今作品ですが冒頭から度胆抜かれる展開です。

 

ここが、観る人によって評価真っ二つになるのかなぁ。

 

ネタバレになるので書きませんが、

 

おやじは、いやありでしょ!と思いました。

 

ありと思ったらその後の展開も全て納得できます。

 

いや~、それはないやろ~と思ったら多分、2の強引な後継作と思うでしょう。

 

約2時間半ですが、あっと言う間でした。

 

公開してまだ1週間経ってないから、多いんだろうなぁと覚悟して行きましたが

 

広い劇場におやじと悪友の他数人でした。

 

レイトショーだし吹き替え版だったからにしても、おや?と思いました。

 

  

 

 

 

 

監督:トッド・フィリップス

 

主演:ジョーカー(アーサー):ホアキン・フェニックス

 

解説

『ザ・マスター』『ビューティフル・デイ』などのホアキン・フェニックスが、DCコミックスの悪役ジョーカーを演じたドラマ。大道芸人だった

 

男が、さまざまな要因から巨悪に変貌する。『ハングオーバー』シリーズなどのトッド・フィリップスがメガホンを取り、オスカー俳優ロ

 

バート・デ・ニーロらが共演。『ザ・ファイター』などのスコット・シルヴァーがフィリップス監督と共に脚本を担当した。

 

 

あらすじ

孤独で心の優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)は、母の「どんなときも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を心に刻みコメ

 

ディアンを目指す。ピエロのメイクをして大道芸を披露しながら母を助ける彼は、同じアパートの住人ソフィーにひそかに思いを寄せ

 

ていた。そして、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、底辺からの脱出を試みる。

 

 

 

予告で観て絶対観るぞ!と決めていた作品です。

 

当初観ないと言ってた悪友に行く?と誘ったら行くよの返事でした。

 

【ダークナイト】のヒース・レジャーとの違いを見たくて・・・・・・・・・。

 

役者の違いがあるので、なんとも言えませんが、このジョーカー怖い!

 

暴力的って意味じゃなく、完全に病んでる(いや病まされた?)。

 

そりゃR15指定だわ。

 

なんか恐怖映画観てる感覚に近かった。

 

おやじ個人的には、ヒース・レジャーのジョカーの方が好きだけど、それは個人の感覚の違いで・・・。

 

アメコミだから、スッキリしようなんて感じで観たら痛い目にあいます。

 

全編闇です。いや、だからジョーカーが誕生したんだね。

 

 

さすがロバート・デニーロだね。

 

役とわかっていても、なんなんこいつ!!と思いました。

 

ま、これは観てのお楽しみにってことで。