石川みそたろうblog 日々是昭和風味。

石川みそたろうblog 日々是昭和風味。

りん工房http://www.creema.jp/creator/193608      

NEW !
テーマ:
あーーー
痩せたい。
このウソ記事の画像は、18年前。


うーーーーーーーーーーーーー


痩せたら良い感じになるんじゃない?
(((o(*゚▽゚*)o)))




マネキン人形と手を繋ぎ
「お母さん。」
と言い放った娘よ。





こんなお母さんじゃ言いたくなるよね。



早寝早起きスクワットに普通な食事に、ガツガツ働けばで十分痩せられると思う。
長女と一緒に頑張ってみる。

って書いておく。




テーマ:
思い通りに行っていないと感じたのは、作っていた時より、気持ちが変わったからだ。

この時の私と





今の私。





多分それほど悪くないと思う。
今の私から見たら、イマイチだけど。



親方が、はたから見たら悪くないように見える親方作の過去の器を「これ嫌いなんだ。」とよく言ってたっけ(笑)。



テーマ:




引き算が下手じゃのう。




やめ時が下手じゃ。出来ることをいっぱい詰め込んでダメにするのが良くない。


今回の過剰サービスな染付は、『押し付けがましい頑張り』に見えなくもない(^◇^;)


筆を持っていた時の自信のなさが、盛り込みすぎな絵付に表れてて、情け無い。


焼いて客観視する事で、やっと気が付いて、正直言葉も出なかった。


それほど悪くないかもしれないけど、それほど良くもない。7割くらいはそんな感じだった。



自分を認めてもらいたいっていう気持ちほど邪魔なものは無いズラ。


クリアでニュートラルな心が大事なのじゃ。


自分を納得させられるのは、自分を許せるのは誰かじゃない。


自分だけじゃ。


ただひたすらに、自分自身と一緒にやるんだよ。


そうなんじゃ。






自分と一緒に考えて自分と一緒にやるのじゃ。

良い仕事できるように、今を大切に生きるんじゃ。






前の工房の親方の言葉

「自分を出そうとしなくていいんだよ。そんな器は気持ちが悪いだろう。」


今、凄く良くわかった。









いい仕事をしていけるように、
シンプルでクリアでニュートラルでありたいのう。


こんな風でありたい。




シンプルでクリアでニュートラル。

次だ次!



テーマ:
何かにつけて思い出だしてしまう事というのは、自分自身のココロを濁らせる事につながって、キレがなくなるしパフォーマンスは下がるし⤵️、何故か文章が書けなくなるし、そんなマイナスな波動は伝染していって、結果、大事な人達まで苦しめてしまう。



思い出すって事は、気持ちが集中できていないから。

思い出すって事は、今を、そして見えている現実を一番に信頼して大切にしていないから。

オイラの場合は一番身近な自分を信頼していなかったから、なんだな。


今気付いた。
うっかり八兵衛だった。
あいたたたた〜〜


ごめんよ自分。
オイラは信じるから、オイラを信じて。
心配かもしれないけどうろうろしないで、不安かもしれないけどオロオロしないで、戻っておいで。
大丈夫だから。
オイラと一緒に頑張ろう。

今見えるものを一緒にちゃんと見よう。
ちゃんと手を繋ぐからさ。
オイラのところに帰っておいで。


今日は窯出し。
きっと楽しいぞ。



庭仕事は晴れたら一緒にやろう。



オイラと一緒に夢中になろう。

庭にいるとね、
純粋に精一杯生きているものたちより無言の哲学を受け取れるから楽しいぞ。
大抵のことは、ちっぽけなニキビくらいな下らないもんだって分かるぞ。


















今日は雨。




ゴシゴシした魂を雨で洗い流す日。
雨の日のお風呂は楽しいぞ自分。





テーマ:

出勤途中で朝9時半開店の砂田屋さんの砂糖不使用ショコラケーキを購入。

今日は、いつものようにアトリエ部のお掃除した後で、10:30のおやつでお仕事をスタート。

これは、塑像用の粘土。見ての通りカチカチ。
これを使えるように戻すのも、今日のお仕事の1つ。すっかりカチカチ。
でもね、これぐらいの方が戻しやすいの。

このままでは大きすぎるから、ハンマーで砕く。


カンカン叩いて壊す。
結構楽しい(笑)。






はい。

こんな感じ。

ひたひたになる位水を入れてしばらくすると、水の中で土の塊が崩壊する。
少し上水を切ってよくかき混ぜるとこんな感じ。

吸い鉢は高くて買えないから、自分の磁器土を再利用する時には園芸用の大きな素焼きの鉢に入れて水切りをするので、今回も一緒。

何日か置いていい感じになったら、手でしっかりこねる。

アシスタント雑用仕事は好きだから、とっても楽しい。


午後は、庭仕事の続き。

草の引っこ抜き作業だから、なかなか進まないけど、梅雨の時期が来る前にこれをやっておけば、梅雨明けに一気にわさわさ生えてくることがまずないはずから、今のうちに頑張るど💪

今週末の窯焚きの日は、窯の番をしつつ、ぶつかり合っている枝を落とす作業と焚き火も平行して行う予定。

焚き火しながら何食うべ(〃ω〃)ウヘヘヘ



「心置きなく仕事ができますように(^ - ^)」

と、心を込めて片付けるから、ヘトヘトになるのもとっても楽しいんだよね。


しっかり片付いたら、良い仕事頑張る💪




来週半ばの本焼きの窯出しも楽しみだな。





工房の窓辺で、


間引きのために切ったビオラの枝が、元気に新しいお花をつけ続けている。


嬉しいな。



また明日。






テーマ:

今日は外仕事。

今週末は窯焚きが控えているのだけれど、窯詰めはもう終わっているから、これ以上草が伸びてしまわないうちに、今週は工房のあるアトリエの外の庭仕事をする事に。



去年の春はボウボウだった場所だけれど、
今はこんな感じ。



笹の下には、芍薬が植えてあったの。
一昨年、花が咲いて、「こんなところにうえてあったの!?」って驚いたのだけれど、去年は芍薬お嬢様は大飯食らいと知らずに、栄養失調にさせてしまって蕾が出たと思ったら、黒ゴマみたいにちっちゃくなって消えちゃった。

知り合いからお世話の仕方を聞いて、ちょっとがんばって見てるのだけれど、今はこんな感じの蕾。


何年もほったらかしだったせいで、なんだかよくわからなくなっていたお庭だけれど、少しずつ植物も引っ越しをさせて、整理ができてきた。


去年見事だった百合の花。
小さな丘にまとめて植えてみた。
うまいこと根がついたようで、ぐんぐん伸びてきている。
その足元に、ナルコユリを植えたけれど、すくすく育ち、ぷらんぷらんとかわいいお花をつけた。


丘の下の方には、アトリエの裏で雑草とともにぎゅうぎゅうづめに生えていた鈴蘭を間引いてきて移植してみた。

鈴蘭は元気に葉がそだってきたものの、まだ若いせいか、何年も草刈りで刈り続けていたせいか、葉だけで蕾が一向につかない。

ちょっと寂しいので、我が家の狭い庭に植えていた10年ものの鈴蘭も連れてきていた。



草刈りをする段取りを考えながら、庭を歩いていると、

ふわん

と、良い香りがしたような気がした。


我が家から連れて来ていた鈴蘭たちが、花を咲かせ始めていた。



ちっちゃなお姫様のちょうちん袖のような可愛らしい白いお花。
鈴蘭の花は、自分の名前と同じ「鈴」という字がついているせいか、子供の頃からなんとなく意識しているお花だった。

うん、とっても好きかもしれない。


お花の香りの中で
鈴蘭のカオリがイチ番好きだな。


咲いた鈴蘭たちが、香りでお友達を励まして、一緒に咲こうよ〜って言ってくれなかなぁ。


そして、元気いっぱい咲くようになったら、とっても嬉しいな。




鈴蘭モチーフに何か作ろうかな。

何が良いかな。











テーマ:

あ。


若い頃の私だ(笑)。



辛口DAIGO、今日もありがとう。



20代前半の頃、「飲み会と言えば、みそたろう」と、飲み会は誘う前にメンバーに入っている状態だったのが普通だった。

友人から「ご飯食べに行こう♫」(飲みに行こう♪)としょっちゅう誘われていたけれど、実は1人でいることが好きだった私は、本当は億劫だったのに、人に嫌われることが怖い気持ちが強い弱虫だったから断ることをしなかった。

一人暮らしをしていた私は、生活費が厳しくなるのが怖くて、それと、違う人たちとの関わりが欲しかったことと、飲み会を断る良い理由が欲しかったから、昼は陶芸教室で働き、夜は焼肉屋さんでバイトをしていたこともあった。

呑んでばかりいた頃は、たくさんの時間とお金を無駄にしたなぁと思う。それだけ、自分に自信がなく人との付き合い方がよくわからなくて、嫌われるのが怖かっただけなんだと思う。

人の暇つぶしに付き合うような飲み方は、時間とお金の無駄無駄だったことに気がついたから、そういう意味では時間とお金をかけた人生の勉強したのだから、無駄では無かったのだと思う。





中年になってからは、本当に仕事に関係のあることや大切な人との関わり以外は、飲み会にいかなくなった。
1番大切なのは、子供たちだから。




お酒は好き。

(※染付ぐい呑 りん工房)


でも、飲み放題は嫌い。

おいしいものをゆっくり飲みたい。
(※器:磁器工房タカハシ)





食べるのも好き。
(※器:りん工房)
でも、食べ放題は嫌い。


おいしいものを色々少しずつ食べたい。
(※器:りん工房  三角小鉢は北杜窯デザインのオマージュゆえ完全な私物(笑))



とある作家の先生がいおっしゃってたけど、
「お酒が飲めないことで人生の半分を損した気分だわ。」
と。

うーん、そうかもしれない。

大切な人たちとゆったりとした時間の中で、おいしいお酒を味わうことは、とても幸せな時間の1つだと思うから。


もちろん、お酒で少しだけ心のカドを落として、楽しい気持ちで仕事の話を仲間でするのも大切でとても楽しいと思う。
だから、PTAの何かでうっかり自分が役員になってしまったときには、風通しを良くするために1回飲みましょうと提案をする(笑)。
(大体は忘年会か、全てが終わった時にご苦労さん会という形で近場で一軒だけかな。)



悲しい気持ちや、イライラした気持ち、やるせない気持ちで飲んだり食べたりするのは、ストレスを一緒に飲み込んでしまうから、体を壊したり、病的で変な太り方をしたりするのかもしれないね。
まぁ幸せ太りは、福々しくてほっこりするからまぁアリかな(笑)。

辛い時の飲食は怖いから、私はやらない。
ただ、辛い時に辛い気持ちを紛らわすために飲んだり食べたりするのではなく、辛い気持ちを「さぁ頑張ろう!」と前向きに転換する為の少しのお酒や美味しいものはいいと思う。


それなら絶対に太らないと思うし(笑)。


ていうか、子供達の習い事であるボルダリングに協力する為に、私もそこそこライセンスをとらなければならなくなってしまったので、夏までに痩せなければならないんだった(´∀`; )

目標は−4kg、2ヶ月で(爆)。


暴飲暴食せずに、いっぱい仕事をすれば黙ってたって痩せるよね。

今日もきっと良い1日です。(^-^)







Ameba人気のブログ