容赦なく愛おしい2

BLです


































今日も1日が 始まる
長いのか、短いのか…

迎の車に乗り
あっ、忘れた…

「ちょっと 待ってて、飲み忘れた」
もう慣れた 1日の始まりを
朝寝坊と いう言い訳で 
忘れてしまう 事がある

ロックを 解除して
部屋まで 直行
急いで 飲んで
急いで 車に戻る

「今日は 誰と一緒?」

大野さん だと聞いて
心躍る 自分がいた



















小説(BL)ランキングへ



AD