1.「乳幼児期」・・・保護者の頑張りが子どもの脳発達にそのまま影響!!

 

親子そろっての食事などでコミュニケーションを多くとることで、言葉や数を学び、脳を発達させる。

 

 

2.「小学校高学年」・・・子ども本人が能動的な学びを通して、前頭前野を発達させる。

 

保護者は、子ども自身が興味を持ち、やる気を起こし、夢中になって取り組むようにサポートする。

 

AD