主婦の目で見る株の世界

主婦の目で見る株の世界

興味あること、見たこと、気ままに綴ってます。


昨日も銀座、丸の内経由で東京駅前まで。


もう、すっかり日は落ちました。

 

東京駅前の行幸通りは、結婚式の前撮りのラッシュ!

ざっと数えただけで15組いました。

緊急事態宣言が解除になって、結婚式も何の心配もなく挙げられるといいですね。



大手町の新しいビルも、数週間前に比べると、賑やかになっているようです。

どうか、第6波、来ませんように。

ずっとテイクアウトのみの営業だったLuneが、通常に戻ったようです。

店内で食べられました。

それでもピーク時を避けたので、私がお昼最後の訪問客でした。


サラダ


リゾット


お惣菜盛合せ


デザートにレモンタルトつけました。


店内には1歳未満だと思われる赤ちゃん連れの方がいたのですが、ずっとホゲホゲ泣き続け、そんなに広くないスペースに乱雑に置かれたベビーカー2台。

落ち着かなかった。

 

ロックハート城の中はいくつかの部屋に分かれていて、ロックハート城の歴史やら、

ジュエリーだったり香水瓶だったり、サンタクロースだったりの展示がありました。

 

こちらはプリンセス体験をした方優先の写真撮影の間

 

いかにもあちらのお城らしい騎士の甲冑

 

津川雅彦さんのコレクションのサンタたち

 

ショップもありました。

 

この先は結婚式の関係者だけしか入れません。

 

なるべく映らないように気を付けましたが、プリンセス体験をしている人が

あっちでもこっちでも写真を撮りまくっているので、何枚かは写り込んでしまいます。

 

プリンセス体験用のドレスは500着もあるそうで、それも安っぽいものではなく、

高級感すら感じさせるドレスが多かったです。

2,500円で体験できますよ。

ブライダルもやっているので、使わなくなった結婚式用の衣装を、回しているのかもね。

 

凄く寒かったのですが、綺麗に着飾った自分を撮るのには寒さも気にならないようで。

こういう時はスマホじゃなくて、ちゃんとしたカメラで撮ればいいのに。

 

鐘撞き堂の中にはここで挙式したカップルさんの名前が貼ってありました。

相当な数でしたが、そのうち貼る場所がなくなるかも。

そうなったら、破局したカップルさんのは取り外すのかな?

 

ロックハート城、見どころたくさんあって、かなり楽しめました。

 

近くの道の駅が、ロックハート城PartⅡみたいでした。

ロックハート城は英国のウイリアム・ロックハート伯爵がスコットランドに建てたカントリーハウスで、

俳優の津川雅彦さんが北海道の広尾町にレジャーランドの中核施設として移築しようとして、私費で購入。

解体、コンテナ輸送されて北海道に持ち込まれたものの、金銭面でとん挫。

それを株式会社サンポウという石を扱う会社が買い取り、今の場所に復元したそうです。

 

なので、舞浜にある夢の国のお城と違って、ホンモノです。

 

結婚式を挙げる教会もあります。

 

上まで上った人の大半が鳴らす、鐘つき堂です。


ハロウィンシーズンなので、それっぽい飾りも、控えめながら

ありました。


もう少しオドロオドロ感があってもいいかも。

アヒルの一団が登場したり、楽しいです。

次回はロックハート城の中の様子を

お届けします。

緊急時邸宣言が解除になったので、いつもより遠くまで出かけてきました。

行き先は群馬県高山村のロックハート城です。

 

見る気満々で入ったのですが、車を運転する人が猛烈にお腹が空いたと言うので、

 

まずは施設内のレストランへ。

 

半円形の凝った造りで、2階もありました。

きっとコロナ騒ぎがなければ、2階席にもお客さんを案内してたと思われます。

 

お昼のピークは過ぎていたので、余裕で座れました。

 

席の数もかなり多いです。

 

お食事メニューはあまり多くはありませんでした。

カレーと

 

ポークソテーと

 

飲み物はドリンクバー形式で、一回一回使い捨ての手袋をして

機械のボタンを押すように、念を押されました。

感染対策、ばっちりです。

 

腹ごしらえが済んだので、お城巡ります。