こんにちは。

 

今日は会社の健康診断(と言いましても社員は受けたい、好きな

日程を選択できます)でした。

 

毎年同じ場所(健康診断を請け負うセンター)受けていますが、

今年が一番良かったです。

まあ、尿検査から始まり、体重・視力検査、腸、胃、肺、骨密度等々が

あり、最後に問診なのですが…

この問診が良かった。

当センター、上記調べてくれる人が要するに、臨時で請け負っている

技師や医者なので基本的に、愛想が悪い。

バイト感覚なんですよ、作業が。

 

しかし、今日の問診の先生(足立さんという女性)は、今日受けてきた

内容の数値をパソコンに見ながら、一つ一つ丁寧に説明して下さり、

私は今までr-GTPの数値は正常であったのに、今回いきなり90という

異常値になり、毎日365日アルコールを飲んでいた去年までは数値が

正常、アルコールを止めだした今年は数値が異常とはどういうことなのか?

先生曰く、1回の検査では分からないが、少し何かの肝機能が弱って

いるのかどうなのかなあと。

また、脚がつることも話しましたら、きっと、腰のどこかの具合が悪く

下肢への神経の伝達が少し支障がある可能性があるなあと。

また、今日の検査では体脂肪率が25%で私はフィットネスで測れば10%、

別の個所で測れば12%とどう考えても25%はおかしいと先生に言いまして

先生は私の身体をみるなり、25%なんていう脂肪はどう見てもないわね~

機械がおかしいのでしょう、センターに言っておきますとのことでした。

 

今までは質問なんてうるさそうにする先生がほとんどでしたが、今日は

良かった、こういう先生が普通なのに、良かったと思うのは、相当、

医師という人が人間的に問題がある、横柄な人が多いということです。

 

とにかく、今年も身体は問題がなさそうです。

 

こんばんは。

娘の卒論提出日が本日でした。
娘から卒論を頑張って作成しているとは11月頃から聞いていましたが、内容や進捗状況などは何も娘は言いませんでしたので、私も何も聞きませんでした。

それがです。
またいつものごとく、突然、一昨日の晩22時頃に、12日に卒論提出なのだが、誤字脱字がないか添削して欲しいとラインがありました。

本当に私の予定も何も聞かず何でも突然頼んでくるのです。
しかし、誤字脱字をチェックし始めましたら、誤字脱字以外に文章が説明不足でよく分からない箇所が出てきました。

今から内容など訂正しだしても時間がないですし、どうしたものかと思いつつ、やはり最も気になる説明不足箇所だけは付け足させたりしていましたら、朝4時になり、一旦はそこで終了(私の仕事中に差し障りがあるので)。

昨晩は朝2時(実質は今日)までやりとりしていまして、今日提出されました。

いやはや、就職活動時のエントリーシートの添削を思い出しました。
でも、今回は2日間だけのフォローで良かった(笑)。就職活動時は結局3ヶ月はフォローしていましたので、身体も精神も私がボロボロでした。

でも、エントリーシート作成時の娘の文章を添削していた際は、辻褄があっていなかったり、そもそも何を言いたいのか分からない文章でしたが、今回添削していまして、エントリーシートを3ヶ月ほぼ毎日書いていましたので、文章を書くのを慣れたのでしょう、上手くなったなあと感じました。

文章的におかしい箇所はありませんでした。
やはり、継続して、集中して、物事に取り組みますと、何でもうまくなるものなんだなあとつくづく思いました。

こんにちは。

 

額のボトックス注入に失敗し、二重から一重になってしまってから、

早2か月以上。

注入したての10月は一重になったばかりでなく、頭痛、眼精疲労が

特にひどく、思考能力ゼロ状態で、まともに仕事ができず、取引先

に行きましても、目をじっと見られている気がして仕事の話に集中

できていませんでした。

 

11月になり、ボトックスの作用緩和ということで、アセチルコリン注入

するも、一重は全く二重にならず。

しかし、頭痛、眼精疲労は70%位は良くなり、でも新たに肩こり、

首こりはしていました。

 

今12月、頭痛、眼精疲労、肩こり、首こりはほとんどなく、額の張り感

はありますが、あとは二重に戻れば良いだけになりました。

 

10月時には突然一重になり、生まれて初めてアイテープやアイプチ

というものを使いました(使いませんとまぶたが重くて、重くて、目まで

まぶたが落ちてきてどうしようもありませんでした)が、うまくできず、

日中には二重が一重に戻っていました(まぶたが下に落ちる圧力に

負ける)が、今は経験も豊富になり(笑)、一日持つ、人にばれない

二重が作れるようになりました。

 

こういうボトックス失敗をして思いますのは、今までは美容関係(顔、

身体)にどうして皆がそれほど一生懸命になるのか、あまり分かりません

でしたが、失敗したことで、私もこれほど顔にこだわっていたんだと

分かりましたし、目のたったひとつのラインだけで、気分が暗くなり、

思考が前向きにもなれないことも分かり、美容に一生懸命になる

女性の気持ちもよく分かりました。

 

美容にかける人に気持ちが分かるようになりました。

仕事以外の「美」の気持ちも分かるようになり、今後何かに必ず、

生きしていきたいです。

こんばんは。

今朝の日経新聞に冬のボーナス調査で全産業の平均は834,391円で、前年比3.28%増で、支給額としては過去最高だった07年の829,865円を11年ぶりに更新したそうです。

弊社は中小企業で儲かる体質の企業ではありませんので、給料もボーナスも安いのですが、弊社は昨日がボーナス支給日で、今朝、上司から
賞与における各人の評価のメールがあり、大阪営業所は予算もきちんと達成しているのに、大阪営業所長の私の評価は「B」。
S→A→Bが評価の順番でもちろんSpecialの「S」が評価が一番高く、予算を大幅に達成している(予算比120%以上)所員は私の大阪営業所にもいます。

まあ、所員にはBはおらず、全てA以上なのに、私が「B」とは納得できませんが、まあ、たぶんというか上司の言うことを素直に聞きません(間違っていると思うことは、直接意見などは言いませんが、従うふりはしますが実際は従いません(笑))ので、嫌われているからでしょうね、好き嫌い評価仕方が評価のほとんど占めますので仕方ありません(笑)。

ごまをすって10万や20万高くなっても、私はごまはすれない性格で、私よりも部下の方がボーナス支給額は完全に高いと思いますが、まあ、どうでも良いです。

こう思えるようになったのも、必死に働き、稼ぎ、お金には困らないようになったからだと思います。

社会人になった際、早くお金に余裕を持ちたい、遅くても40代にはお金の計算をしない暮らしをしたいと思っていましたが、全く金持ちではありませんが、多少の余裕はできるようにはなりました。

この預金で満足しているわけではありませんが、ゴーンさんとは違い、お金には負けない、惑わされないようにはなりました(笑)。



こんばんは。

今は娘宅です。
娘が東京で一人暮らしを始めて、先月11月から初めて部屋でゆっくり話したり、一緒に買い物したり出来ています。
それまでは部活一色で、朝早くから夜遅くまで戻ってきませんでしたので、娘宅にいても、ほとんど一緒にいる時間はありませんでした。

今はスケジュール表を見せて貰いましたら、ほとんどの日中時間を、OBさんからの紹介のバイト(自分がしていたスポーツのコーチ)と教習所通いでいっぱいでした。
(授業は全く出ていません、私の時代は4年生になっても少しは授業に出ていたと思いますが)
あとは卒論仕上げに取りかかっていてもう終わるようです。

本当に、今まで18年間スポーツ一筋であったのに、まあ、バイトでコーチなどもしているからでしょうか、部活がない生活に全く寂しい様子もなく、むしろ、初めて自分で時間をコントロールできるので嬉しいそうです。
ただ、身体がなまることだけは絶対に嫌らしく(この感覚は私と一緒です)、今日も私は自転車に乗り、娘のランニングに付き合いました。
5~6km以上は走ったかな?
夜寝る前も、ストレッチと体幹トレーニングはしてますね。

明日は私は自宅に戻りますが、12月末には帰省してきますので、すぐ逢えるので嬉しいです。

この年齢になりましても、娘と少しでも長く一緒にいたいです。
なぜなんでしょうね、本当に心の底から、可愛くて仕方ありません。

でも、結構、娘と同じ年齢の娘をもつ友人も、娘さんが可愛くて仕方ないという人が多いです。
友人と会っても、未だに20歳を超えた子供の話題は尽きません。
親と子はお互い何歳になっても、変わらず親と子で、私にとりましたら、愛しい、可愛いい娘です。

学生生活もあと少し、初めて持った自分でコントロールできる時間、時間を大事に思いっきり遊び、色々な場所に行き、脳や身体を刺激するエキサイティングな4か月弱(来年3月末まで)にして欲しいです。
おはようございます。

今、娘宅です。

さあ、ブログを書こうとして、私のブログタイトル「女性営業所長として、スポーツ選手の母として、日々感じたことをつづるブログ」というのは、この12月からは正確ではない(まあ、卒部式が12月中旬だと娘は言っていましたが、11月には引退しています)ので、変えなければと。

このブログ更新後、変更します。

さあ、私から、娘を全国学生ランキング1位を育てたエネルギーや実績を、何としてでも、別の形で、今後の私自身に生かさなければなりません。

エネルギーは人一倍あるし、継続力もある。
ただ、仕事以外に、娘にかけた位のエネルギーを次に何にかけたら良いのか分からない。
(娘はプロの道を選ばず、一般社会人になるので、私の娘へのエネルギーはまだ完全に出し切れずに残っているような感じ、このエネルギーを自分自分に転換したい)

でも、昨日の会社忘年会で一つのヒントを貰いました。
昨日は上層部の人とたまたま同じテーブルで話しをしたのですが、人柄は嫌い(人を見下す、人の意見を聞かないなど)ですが、尊敬したことがありまして…

彼は3年前にラジオ講座とテレビ講座を始め、中国語をマスターしていたんです。
私が常に日本語でやりとりをしている中国人(通訳の女性)とウィチャットで中国語でやりとりしていました(見せて貰いました)。

かなりの長文で、何と読むのか聞いたらスラスラと中国語を話しまして…

彼曰わく、語学は継続して毎日して、実践(我が社は中国人も沢山いる)すれば、中国語だろうが、英語だろうが、マスターできる!と。

英語も始めて、今では読み書きは問題なし、あとは話すのを実践中(弊社は海外取引が多いので話せれば行動範囲が広がる)だそう。 

私よりも彼は5歳位は年上ですが、行動範囲を広げるため、何でもやる、継続する力は見直したいと思いました。
(私自身は、昨日は英語がネイティブ級の社員とも話し、英語で分からないことは今後、教えてもらうことにしました。)

また、弊社工場の人も忘年会に参加していたのですが、そのなかの一人の女性が、今年あるスポーツのプロ入団に落ちて、仕事をしながら来年もまたプロ試験に通ることを目指していました。

いやいや、私も仕事以外(定年後を考え)に、エネルギーを持てることをしないと、エネルギーが余りすぎ、生きている実感、活力が生まれません。

まずは娘との卒業旅行(あと約3ヶ月)までに、英語力アップを目指し、毎日、勉強します。

体脂肪率10%のこの身体も何かにいかしたい。
(目指す数値に持っていく継続力、忍耐力には自信あり)

まだ仕事以外の「これだ~」は見つけてはいませんが、できること(英語や身体強化)は実践し、自分自身の力だけはつけていきます。
こんばんは。

今日は終日、本社で営業会議、夜はホテルで忘年会です。

弊社は赤字の時でも、黒字の時でも、全く業績に関係なく、忘年会はホテルでします。

5年前までは、ずっと同じホテルのバイキングで、本当にまずかった(笑)。
美味しくないばかりか出てくる食材が安物ばかり(まあ安物なのでまずいのか)、でも、管理本部長が変わり、その方がグルメな方で(頭は固いし人の話は全く聞きませんが(笑))、そのホテルの食の不味さに我慢ならなかったのでしょう、それから3回ホテルが変わり、今年の忘年会は去年からの2年連続ですから、食は管理本部長から合格点なのでしょう。

従業員の子供も連れてきても良いことになりましたので、子供の声も響き、華やかになりました。

大人だけですと、場が持たない時もありますが、子供がいるだけで、走り回ったり、声を張り上げたり、踊り出したりするので、ちょっとした会場が遊び場になるので、私は好きです。

一年に一回位、普段全く話す機会がない仲間とも話して思いっきり楽しみたいですね。
こんばんは。

本日、部下が、問屋からもう5年も続いている商品のうか値下げ要請を受けたので、価格を下げたいと言ってきました。

この申し出は2回目です。
1回目は末端ユーザーが色々な部署で、色々多数のメーカーから、同じような商品を購入しているので、それをコンペをして一本化すると問屋経由で言ってきた。
今の数字がゼロか増えるかどちらに転ぶか分からないが、増える方にかけたいので、価格を大幅に下げてコンペで勝ちたいと。

これにはOKしたのですが、今回は、上記仕入れ商品一本化するなんて言いながら、やはり各部署個別でコンペをやるので、また価格をさげて欲しいと。

数量も増えないのに、どこまで価格を下げさせるんだ?

弊社にとりましたら、ギリギリ赤字にはなりませんが、第一、筋がめちゃくちゃだから(一本化するというから価格を下げたのに、また個別に戻るのは詐欺みたいな話)、もう価格を下げなくて良いと言ったのですが、部下がどうしても価格を下げて、勝負したいと。

いやはや、結局、安心、安全、高品質なんていう条件は、あまり差別化できない商品ですと、安価にはことごとく負けてしまいます。

弊社は価格が高いので、こういうコンペになれば、負けてしまいます。

安価が勝負なんて悲しすぎる。

でも、今後一層、高齢化になり、人口減少になり、販売のキャパが日本人だけなら減りますから、末端ユーザーも問屋も、価格にはどんどん厳しくなるのだと思います。

インバウンドにも限界はありますし、やはり、他社が持っていない商品やノウハウで勝負するのが良いと思うのですが…

これが遅々として進みません。

こんばんは

 

まだ事務所で溜まった仕事の作業をしておりますが…暫し休憩。

 

「忙しい」とか「時間がない」という単語を使うのは嫌いなのですが

(何かをできない言い訳のような気がして…)、先週からブログを書く

気持ちの余裕がなく、更新が一週間も開いてしまいました。

 

ブログを書いていない間、一週間ほど娘が戻っていたのですが…

①第一次の卒論締切が11月末ということで、私が仕事からの帰宅後も

卒論作成しておりまして(それなら昼間にしてくれれば良いのに…)、

私は横にいただけでした(笑)。

②娘が卒業旅行に私と一緒に行きたいというので、場所と日程を相談して

いたのですが、夫さんも行きたいということで、3人分を決めました。

③娘が旅行で使用するカメラを欲しい、とずっと言っており、一緒に探して

決めました。

とまあ、別に特別なことはしていないのですが、娘がいますと、娘一色に

なり、全く自分のことはできませんでした。

 

一緒にいますと、超親ばかの「過保護のかほこ」状態になってしまう

私ですので、今のように、別居している方が良いのだとは思います。

 

と言いましても、夫さんも「過保護のかほこ」です(娘が自宅にいる際、

昼間、何回も自宅に戻ってきたそうです、気になるのと話したいので

しょうね)ので、我儘娘に育ってしまっていますね。

 

でも、子育てに際して譲れないものは、

①感謝の気持ちを忘れない、人のつながりを大事にする

②挨拶はきちんとする、汚い言葉使いはしない

③自分の意見はきちんと言う(相手の言うこともよく聞く)

④けちな人間にならない(使わなければいけないお金は使う)

など、私なりの何条かはありまして、それは娘はできているかな

と思っています。

 

さあ、また明日から東京出張で週末は娘宅、なかなか自分の時間は

取れませんが、自分のために勉強しないと…

 

さあ、仕事に戻ります!

 

こんばんは。

額のボトックスに失敗してから、目が二重から一重になってしまったとは何回も書いています。
もちろん、顔の表情が暗くなり、美的に我慢しがたいというのが一番辛いですが、それだけではなく、まぶたが常に重く、目を無理やり開けようとしますので、眼精疲労は未だにあり、肩こり、首こりもあります。

そうしますと、今まで仕事から自宅に戻れば読書や英語の勉強をしていたのに、目が痛いので特に読書を止めてしまっていて、読書を止めると、どんどん思考が狭くなっていき、新しい物、知識を吸収できず、だらだら毎日過ごしてしまっている気がして、非常にイライラします。

ということで、少々、目が痛かろうが、原因は分かっていますので、やはり、読書は継続しなければ精神の安定に悪いと気付きました。

悪い癖(何もしない)はすぐ身につき、人間的に後退するような気がしますので、良い癖を再び2ヶ月ぶりに復活させ、前進できるよう継続します。