TGRラリーチャレンジ、初体験レポート | 塚本奈々美Official BLOG『サーキットのオンナ!』
2018-05-07 14:53:06

TGRラリーチャレンジ、初体験レポート

テーマ:ブログ
私は今季ネッツ東京レーシングからラリー初参戦することになり、迎えたその初戦、東日本シリーズ長野・茅野大会(4月22日)は90台がエントリー。


「WRCの日本開催を!」の機運を盛り上げるのに少しでも貢献したい!との想いでラリーに挑戦デス。


とにかく初めてのラリーにて、慣れないことばかりでしたが、サーキットにはない地元密着の雰囲気が凄く新鮮。

前夜祭では哀川翔さんにご挨拶。

開会式ではモリゾー選手(豊田章男社長)から「今回初参戦されるセレブリティ、塚本奈々美さん」とご紹介頂き感激~!


右も左もわからない私でしたが、コドラが過去6回ドライバーとしてダカールラリーに参戦した
寺田昌弘選手ということで心強かったです。


午前5時からレッキがスタート。とにかくラリーは朝が早い~(笑)

満開の桜の中を走る頭文字D<真子>86。

こちらもサーキットでは味わえないラリー独特のスタート!「頭文字D、<リアル真子>塚本奈々美~」というアナウンスが会場に響きます。

レッキで一度下見をしたコースを全開でアタックするために、コドラの指示を信じて駆け抜けるスタイルも新鮮で、コドラとの信頼関係の大切さを感じることが出来るなど、新しいカテゴリーへのチャレンジにわくわくしました!


今大会は60%がグラベルでしたが、初めて走るグラベルコースの今までに体験したことのないタイヤから伝わる路面の感触は、レースともドリフトとも違い、その扱いにかなり戸惑いつつも、これまで色んなカテゴリーで習得して来た運転の技術を駆使しつつ、試行錯誤しながら走るのはとても楽しかったですね。

途中でランチ休憩が入るのもラリーの楽しさ、今季から私の活動をサポート頂く、あの峠の釜めし「荻野屋」さんも出店されていて、私のお昼はもちろん「釜飯」です。

リエゾンを走るときには沿道の皆さんの声援に応えて走りました。


今回はとにかく完走することを目標とし、順位はC3クラスで7位という結果でした。

ゴール後にネッツ東京レーシングのピットで即席の撮影会、わざわざ私の応援に来て頂いた方も多くいらして、嬉しかったですね。




次戦はあの頭文字Dの舞台、群馬・渋川大会(6月24日、頭文字Dの聖地の盛り上げにも貢献出来たらいいな♪

今回の私のラリー初挑戦は以下サイトでも報道頂いてますので、ぜひお読み下さ~い。



塚本奈々美
ネッツ東京レーシング ドライバー
 HP                http://nana-jkb.com/  

Blog             https://ameblo.jp/773n/

Instagram    https://www.instagram.com/tsukamotonanami/

Twitter         https://twitter.com/nanamitsukamoto



 

塚本 奈々美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス