再演キミコタ千秋楽 レポート

テーマ:

2018年4月14日(土)

HKT48 栄光のラビリンスpresents
大人のカフェ×HKT48 特別公演
〜君の答えを探して〜福岡凱旋編

この千秋楽を観劇して参りました。





東京を拠点にご活躍されるコントユニット大人のカフェさんの御三方とHKT48のゲームコンテンツである栄光のラビリンスがタイアップして選抜された4名のメンバーを伴った計7名のコント劇がこの3日間で開催されました。

[大人のカフェさん]
伊達さん・加賀さん・飯野さん

[HKT48]
秋吉優花さん・駒田京伽さん
下野由貴さん・豊永阿紀さん




実は昨年10月に同じメンバーで東京は原宿の方で第一弾として既に開催されていて、地元福岡でも観たいという反響(通称:キミコタロス)が数多く寄せられ、今回の再演が実現しました。



ラビリンスの選抜イベントで微力ながら精を出した私でしたが、東京開催の方は都合がつかずに観劇出来ずじまい。この再演の話を聞いた時は今回は是が非でも!という想いで早い段階から観劇の意欲がありました。






地元の友人と連番して臨んだ千秋楽…


Fantastic


この一言に尽きます。


コント劇自体観劇することが初めてだったこともありますが、伊達さんのアイドルに花を持たせる脚本には感謝してもし切れません。仕掛けられた幾つもの伏線とオーディエンスを飽きさせないテンポの良さに驚きました。


大人のカフェさんは御三方とも何気ない言い回しや所作にはやはりプロフェッショナルというものを感じました。すっかり彼らのファンになり申した。(チョロヲタ←)





プロに囲まれて抗うHKT48メンバーもまた普段の劇場公演で魅せる姿とは異なり、数倍も輝いて私の瞳には映りました。






豊永さん

滑舌が良く、長セリフでもスッと内容が入ってきました。ミニコント悪徳通販はクレしんの地獄のセールスレディ売間久里代を彷彿とさせるトークスキル。嫌味がないためぼったくり価格でもつい財布の紐を開けてしまいそうに(?)

4期生として加入し、舞台の経験値は少ない筈ですが、そこは期待の即戦力の名に恥じない見事なお芝居でした。劇場公演でのパフォーマンスでも垣間見えるリアクションの良さはコント劇でも健在で、オーディエンスを惹きつける素晴らしいアクセントとなっていました。

加賀さんとの劇中のやり取りは彼女のファンがジェラシーを感じる()ほど仲睦まじい間柄に映りましたし、誰よりもこのコント劇を楽しんで演じているように感じました。






下野さん

間合いの善し悪しこそコントを評価する際の最大の指標だと考えているたち故に、持ち前の間合いの良さがここでも披露できていた下野さんには感服いたしました。コント劇という会場が笑いに包まれている状況でも絶妙なタイミングで切り込んでいて、やはり博多の座長の称号は伊達ではないですね。

日頃からツッコミのキレが光っていますが、舞台を変えた今回も実力を存分に発揮されていて、こういうアイドルだから必然と劇場公演でも重宝されている所以が改めて分かりました。






秋吉ちゃん

今作のメインヒロイン。また、先日のコンサートでステージから落下し、足の指を骨折しまったがため、松葉杖での演技になってしまった秋吉ちゃん。伊達さんが骨折ver.に脚本を変えてくださり、それがまた上手い具合でハマって面白かった。エセ関西弁も(笑)

ステージ上での存在感は松葉杖を外したとしても確かなもので、非常に見応えのあるお芝居でした。明太子の件が個人的にお気に入りです。






こまぴろさん

モノマネが得意な人って必然と声のバリエーションが豊富で、尚且つ抑揚にも気を遣っているんですよね。それを器用に発せられるのはほんのひと握りだと思いますが、この人のお芝居はまさにそれで、セリフ一つ一つに感情が入っていて、声優を志していた時もあっただけあって終始圧倒されてしまいました。

巷で話題の「食事中なんだから」を生で観劇できた喜びたるや測り知れませんな。あの役はこの子にしかできないとつくづく思います。品のある笑いはグッと惹き込まれましたね。女優デビューを連想させる圧巻のお芝居でした。

自称霊媒師という職業に対して偏見を抱いていましたが、見方が一変しました(?)








そんなこんなで


握手会やSNSとは一風変わった新たな一面をHKT48の4人は魅せてくれました。コント劇というアイドルには攻略し難いジャンルに何か吹っ切れたようにやりきる姿には芝居中ずっとお腹を抱えて観劇させていただきました。



大人のカフェさんとのコラボで非常に大きな経験値を積んだメンバーの劇場公演然り、総選挙然り、今後の活躍に期待しています。







おつピー(。・P・。)ノシ

21st 駒田京伽生誕祭

テーマ:


12月13日(水)に行われました

HKT48 チームH所属
駒田京伽 さん

我が推しメンの生誕祭に
参戦させていただきましたので
そのレポを上げさせていただきます。

例によって拙いものですが←






「シアターの女神」公演

 

【出演メンバー】


秋吉優花 

宇井真白 

上野遥 

神志那結衣 

駒田京伽

田島芽瑠 

田中菜津美 

田中美久 

豊永阿紀 (チームH昇格後初公演)

松岡菜摘 

矢吹奈子 

山本茉央 

田中優香 (チームKⅣより助っ人)

武田智加(チームTⅡより助っ人)

(小田彩加が体調不良による休演を余儀なくされたため急遽出演)

堺萌香 (チームTⅡより助っ人)

山内祐奈(チームTⅡより助っ人)







今年は県外枠で当選致しました。



生誕祭の日程が確定した時点では県内外枠を始めとする特別入場枠はこれまでのケースだと事前に締め切られていて、万一当選したものがそれが生誕祭じゃないなんて事態もありうるのです。





しかし、制度が変わり、前もって生誕祭が確定してからこれらの入場枠を申し込めるようになったため、県外枠を投げた次第です。






記事にはしていませんが、11月25日(土)に催された6周年記念イベント「2期生ファンミーティング(脳内パラダイス公演)」も当選していました。



これらの周年イベントは選民イベント故に生誕祭の当落に関わらないと承知していましたが、まさか県外枠に引っかかってくれるとは幸運でしたね。







抽選入場はこれまた恵まれて

下手Bステ最前の通路側から2人目

(座席表を用いての説明は省きます。)





私の左隣に着席された方が兼ねてより仲良くさせていただいている駒田コミュニティの管理人をされている某K氏だったことが今回の公演唯一の戦慄ポイントでした。



あ、訂正

嬉しき誤算でした(笑)







そして、開演




{97DB4631-C155-4CA5-93F8-ADB0F10EF51A}




「勇気のハンマー」

メンバーのハンマーに対抗して
Pバルーンを振り下ろす観客


{B0789156-82D9-43B1-AEB7-EFC1BAD9EF36}

{D902BABA-DAFA-489E-897F-3418C0320A2D}





ユニット曲「夜風の仕業」に登場した本日の主役にピンクのペンライトでお出迎え。幾度か彼女のソロ歌唱は見届けているたちなのですが、この日は持ち前の治癒力53万()の癒しボイスでより丁寧によりしっとりと歌い上げてくれました。


プロの声優のお仕事に携わっている方からも彼女の声質はお墨付きをいただいております。音源付きで解説したいところ。


感銘を受けました。




写真はありませんが
「オネストマン」ではブルーのペンライト

Pバルーンとのコントラストが綺麗でした。



{011B5CDB-24AF-4FBA-BA15-5DD8D180B097}




随所随所で魅せるしなやかなパフォーマンスは健在で、ステージ映えする抜群の容姿とMCから垣間見える愛嬌というものはメンバー随一のものがあります。


これは愛でたい←






そして、生誕祭

今年は初回の生誕祭以来変わらず司会を担当していた坂口理子さんが博多座で舞台を控えるにあたっての稽古と日程が生憎ながら被ってしまい、不参加となりました。その坂口さんから委任された山本茉央さんが司会となりました。


この山本茉央という人物をご存知の方はお察しのことかと存じますが、如何せん癖のあるメンバーでして、キッチリとしたものになりませんでした。

しかし、その他のメンバーの助けもあって充足の積み重ねでなんとか使命を全うしてくれました←


ファンも駒田さんと山本さんの関係は相互にラブラブなものと認識していていますし、そこは愛嬌。結果的に丸く収まりました。


こういう司会者もアリだと思えた瞬間でした(笑)



慣れない司会というポジションを担ってくれて、ありがとうございました。








お手紙は本日欠席した坂口理子さん



この方なしに駒田京伽は語れませんし、本当にお世話になっているメンバーだと常々心に留めております。メンバー同士という垣根を越えて、時に優しく、時に優しく(厳しいときはないようで)、面倒を見てくれる心優しい方で、そういう仲間と巡り会えたことがあの子がアイドル人生をこれまで続けられてきた理由なんだと染々。



友人を越えて御家族なのかと錯誤してしまうほどの勢いで心配してくれる仲間との関係性がHKT48という狭いコミュニティのなかで築けている。

恵まれていますよね。





そういった仲間たちやファンの方と一喜一憂しながら共に選抜という牙城を崩していく様を応援していけていることが今のぴー推しとして最大の幸福です。




スピーチのなかで「選抜復帰」という目標を明言してはくれませんでしたが、私は端から不要だったと思います。以心伝心ができるメンバーほど頼もしいメンバーはいません。

その代わりに「グラビア仕事」は目指すそうで、ご協力いただける方は栄光のラビリンスにてグラビアイベントがあった際は是非駒田京伽をご支援ください。







ファンにとって大変有意義な生誕祭でした。




{96AE6184-D975-4849-90D0-85F6B56EDDFC}





これからも推し変の予定はありませんし、彼女がギブアップを宣言するまで応援していく所存です。


…推し変しない宣言を掲げる人ほどあっさりフェードアウトしていくものですが、私の場合どうなんでしょう(笑)



{CF452B8A-E9BF-44E0-AB75-E025DE13EA25}

{87AF76BE-D0C0-4891-8F79-2B98CBF4F1B7}




本編終了後メンバーが一度捌ける際
「京伽がいっちゃん可愛いよー」コール
したことはここだけの話






長々と失礼致しました。




生誕委員の方々や当日お会いいただいた方々、そして最後までご拝読いただいた方々、ありがとうございます。

アイニージュー

テーマ:

ご無沙汰しております。





本日は親愛なる我が推しメン
駒田京伽ちゃんの21歳となる
誕生日です。

お誕生日おめでとうございます!







イベント毎に共に一喜一憂でき
身近で支えられるファンとして
誕生日を祝える立場にある…

毎年のことながら
大変光栄なことです。



ファンのみならず
メンバー、そして家族
多くの人から愛さるる所以も
然ることながら
彼女の魅力については
枚挙に遑がないほどです。







選抜として初めてMステの
舞台に立てた20歳


HKTメンバーの中では
体調不良や卒業するといった
理由もなく自らの考えで
選抜総選挙への立候補
唯一の辞退者となった20歳


自身の立ち上げた特設サイト
得意の絵描きをはじめ定期的に
アップロードし始めた20歳


コント劇という難題も
持ち前のポテンシャルで
会場に詰めかけたお客さんを
もぞらしい()のに関わらず
笑いの渦に巻き込んだ20歳


栄光のラビリンスで選ばれた
16名での精鋭の中から更に投票で
ソロ曲の歌唱の担当まで
我がものとした20歳







これまでの彼女と異なり
自らの力とファンの力で
手に入れたお仕事が
格段に増えました。




そんな可能性に満ち溢れたあの子が
これからは21歳の進化した姿で
我々ファンを何処へ誘ってくれるのか



たとえそこが茨の道であれ
彼女の羅針盤が指し示すところ
裸足でも付いて行き

いずれ邂逅するユートピアに向け
共に歩んでいけたらそれは
ファン冥利につきるの一言です。






改めましてぴーちゃん

21歳のお誕生日おめでとうございます!



{89C42048-81E9-456D-8AA0-D76EC6B2D085}



{16049538-CDB3-4D59-BE1C-6D1DBEE37C0F}



これからも応援させていただきます。




#Happy21stBirthdayぴーちゃん
 

20th 駒田京伽生誕祭

テーマ:


みなさん、おつピー






2016年12月28日に行われました

HKT48 チームH所属
ぴーちゃんこと駒田京伽ちゃん
記念すべき20歳を迎えての生誕祭


{CEF867E6-539E-4414-8CF8-973BBAC67B9B}



こちらの参戦レポを
今更感はひじょぉぉに否めませんが
挙げさせていただきます。






自身の生誕を迎える前に
更新せねばと思い(笑







博多が誇る48Gの1位様と同じ
11月21日が誕生日であるぴーちゃん


その日から1ヶ月遅れでの
生誕祭となりました。




テスト期間と重ならず
学生の私としては参戦の都合がよい日程

幸運にも恵まれ、
伝説のセリ故障公演での戦利品
98中 を惜しみなく行使して入場








【出演メンバー】

秋吉優花 
井上由莉耶 
宇井真白 
上野遥 
岡本尚子 
神志那結衣 
駒田京伽 
坂口理子
田島芽瑠 
田中菜津美 
松岡菜摘 
山田麻莉奈 
山本茉央 
若田部遥 
冨吉明日香 ←
深川舞子




なんとチームKⅣから助っ人で
まいこむとトミヨシ



トミヨシということはいもむchu!3人で
ユニット「キャンディー」は待ったなし



もう1人のKIVからの助っ人まいこむ

このキャスティングは
先日卒業してしまいましたが、
わかちゃん出演を受けてのもの?

同じ1期生でありながら
チームも異なり共演の機会が少ない
まいこむへの配慮なのかと思いました。




またこの日は奈子ちゃん不在のため
ぴーちゃんがセンターを務めました!




そして発券へ



{65EF59C5-888B-4E87-957C-E46E79B8276F}



推しの生誕祭ということで
ロビーですれ違う人は知り合い数多。

有難いことに連番入場にも
誘っていただいたのですが
生誕祭だけは自分の世界()に
入り浸ってその一瞬一瞬を
噛み締めるように見届けたいので
単番という形での発券←




16巡でした(^ω^).。o(ビミョ~)







通常の公演ならば
通路側を押さえますが
今回は極力自らの視界が
より良好なところへ


↓↓↓



{D43E6856-71F2-4272-92DA-DF7584DC58C0}




されど16巡

 の席で妥協(笑)




それでは中身に( ´ ▽ ` )ノ



前座は松本日向ちゃん
意外と背丈あるのですね(笑)



そして本編へ




1曲目の勇気のハンマーから
いきなり委員で仕込んだ演出が。

Pの文字を浮かび上がらせる
手持ち型サイリウム✨✨


それを受けて
喜びの表情に私の目には映りました(*^^*)


{4134C71C-26DE-422B-A507-C8A31EADC2BC}





可憐で優雅なその姿
凛と映るは華やかに


大人の階段を上ったぴーちゃんに
感無量です😭




博多の生誕祭恒例となりつつある
好き好き好きでの16連コールも
その一つ一つのコールをする度
胸をうたれるものがありました。




ぴーちゃんのパフォーマンスって
独特なものがあってスムーズな動きで
女の子っぽいんです。誰よりも。


そんなところにも
惹かれているのかな←





生誕祭が始まり
ぴーファミリー全員からのお手紙

その中でも
お義父さんお父さんからのお手紙には
瞳がうるうるこみ上げてきて
思わず感極まってしまいました。


親は偉大であり寛大であって
やっぱり家族っていいもんだ…


車での送迎のくだりは反則です(泣)





本人の口からは
9thシングル選抜に選ばれたことについて
正直な気持ちを語ってくれました。



確かにそれは思い描いていたものと違うもので悔しいとやはり本人も思っていたようで。次に繋がる起爆剤としてこの選抜という肩書きを利用できるなら10thやそれ以降も選ばれる。事実、ネットや握手会の物販ブースでのグッズは売り切れ続出だそうで、ひとつ注目されるきっかけが増えたのかな。4期生の加入でますます激化する選抜争いも、あの子なら勝ち上がっていけるだけのポテンシャルは秘めていると思うんです。恩返ししなきゃ、恩返ししなきゃと嘆くぴーちゃんだけれども、そう考えてくれていることがファン思いである証拠だしそんな純粋な気持ちを持ったあの子からまだまだ離れたくないなと思った意義ある生誕祭でした。







{4C71FC0A-906B-41F5-949B-398BF1F6A238}




立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花
そんなぴーちゃん推しのなみぴーでした(・ω・)





おつピー(。・P・。)ノシ