小6クラス。


何してるのかなぁー…もやもやタラー






時々男子はわからない。



でも、このノリすきです。笑い泣き




アイホン11になったらカメラにポートレート機能がついて、レッスンの一シーンも雰囲気のある写真になりました。下矢印




テッドの中身をみるYくん。



「オラァ〜」とテッドに絡むの図アセアセ




来年二人は中学生。

中学の英語も楽しみだね。



私が中学生を教え始めたのは2016年です。(もっと若い時に一年間、家庭教師は経験あり)

 

最初のクラスは、ニクラスでした。

 

中2の次男とその友達のクラス、そして小学校から習い続けてくれた生徒の中1クラスのふたつ。

 

ありがたいことに口コミで中学生の生徒が一気に増え、そこから5年間、中学生を教えてきました。

 

その間、いろいろ経験し、いろいろ学びました。今も学び続けています。

 

中学生はテストがあります。

 

テストの前はテスト対策をします。

 

その出来具合で、この生徒はだいたいこのあたりの点数をとるかなと予想をしたりしますが、実は、それが良くも悪くも結構はずれる事があるんですよ。

 

今回のテスト結果でも、結果に関して、生徒達の感情は悲喜交々でした。(笑)

 

 

これがまた、人によって違うから面白いのです。

 

 

いつもよい点数の生徒が、今回はそこまでよくて残念でしたが、本人はそこまで打撃を受けていない風だと思えば、91点でも「悔しい-、今回こそ100点とれるんちゃうか!?と思ったのにー!」とほぞをかむ生徒もいました。

 

 

 

 

また別の生徒は、いままでの最高の95点がとれて嬉しいとニコニコして報告してくれました。

 

89点でがっかりの生徒もいました。

 

 

そんな中、今回、中3のSちゃんが新記録ではないかと思えるような躍進を見せてくれたんです。

 

 

Sちゃんは、中2の2月から当教室に通い始めてくれた生徒です。

 

 

当初は、英語は苦手なようでした。

 

 

一つ前のテストは35点でしたが、今回は、ななななんんと!82点だったんです。!!

 

 

50点以上もの伸び率!

 

 

前回のテストは実力テストだったので、範囲も広くなかなか難しかったのではないかと思います。

 

 

それにしてもうれしい!

 

 

思わず「すごいやーん!!!!爆笑爆笑爆笑」と叫んでしまいました。

 

 

最近、よく出来るようになってきたなぁとは思っていましたが、そこまでの伸びは想像していませんでしたから。

 

テストを受け取ったとき、学校の先生はどうやった?と聞くと

 

まず、受け取って、点数を見て自分がびっくりして、「えっ!?」となって、先生を見ると、先生もうなづいて「私も驚いた!頑張ったね」と褒められたそうです。

 

 

こういった嬉しい驚きが、この仕事の醍醐味であり、最大の喜びの一つですね。

 

 

しかも、気がつくと他の教科もなんとなく点数が全体的に上がってきて、もうちょっとしたら5教科の合計が400点をこえるかもしれない位になってきたというんですよ上差し

 

いやーすごいっ1

 

でも、これはよくあることなんです。

 

「ハンカチ持ち上げ理論」と言います。

 

ハンカチの真ん中あたりをゆっくりつまみあげると、そのあと四隅がついて一緒に上がってきます。

 

 

 

 

言い換えると、大好きなことが見つかってそれに熱中していると、それにつられて、それ以外のものもひっぱりあげられるということなんです。

 

Sちゃんは、全体的に勉強のやり方がわからなかったと言っていました。

 

でも、英語の単語を覚えるのをきっかけに、どんどん勉強のやりかたがわかって、他の教科に広がっていったんです、

 

こうなってくると、高校も違う選択肢がでてくるかもしれませんね。

 

 

 

しかも、Sちゃんを紹介してくれたMちゃんも、Sちゃんが来てくれた頃から上がり始めました。

 

やっぱりお友達が来て、やる気も増加したのかもしれません。

 

 

 

まだ中間テストの結果は全部出きっていないので、これからも悲喜交々の結果を受け止めます。笑

 

そしてできる事を続けることで、生徒によって時期は違いますが大きく伸びる時を迎えます。

 

 

どこまで伸びるかは個人によるところもあります。なかなかすぐに結果がです、だいぶしてからググッと伸びる生徒もいます。

 

 

そして来てくれた生徒、全員の底をあげることがワタシの使命だと思っています。

 

 

大切なことは、あきらめず、粛々と続けること。

 

 

合間にハロウインやクリスマスなど外国文化の話をちょっと入れたり、ダジャレいれたりするから、苦笑いしながら続けようね。笑

食欲の秋!!

 

にはまだ早いかもしれませんが、朝夕の温度に秋を感じる季節となりました。

 

秋だからと特別食欲が増えるわけではなく、年中旺盛な食欲に悩まされるわたくしではございますが滝汗

 

秋には美味しい物が沢山ありますね。

 

我が家の娘(中1)は、年中の頃からお料理教室に通い、小学校卒業と同時にお料理教室も卒業いたしましたが、お料理に対する興味や意欲はまだまだ続いています。

 

最近では、YouTubeやネットを参考にいろんな物を作ってくれます。

 

それらを記録としてこちらに残そうと思います。

 

ふわふわ台湾カステラ。

卵の風味が美味しかったー

 

 
 
お休みのお昼に残りのカレーとホワイトソースでパパッとカレードリア的な物を作ってくれました。
 
 
この前は手作りジンジャーエールに挑戦。
砂糖の量に度肝をぬかれた!
なんと生姜と同量だったのですもの!
せめて半分はラカントにしてとお願いしました。
 
 
生姜は熱するとダイエットにも有効なショウガオールという成分が出る?増えると聞いた事があります。
ジンジャーエールは、加熱するのでその点はよいですね。
 
炭酸水で割ってカンパーイ
 
 
 
 
たこ焼き。
 
 
お菓子作りも大好き!

 

キャラメルをからめたポップコーン。

 

チーズホッドグ(チーズハッドグ?)にも挑戦。
この伸びを体験するため、さけるチーズをわざわざ買ってきました。
 
そしてこちらもまわりは砂糖アセアセ

 

 

 

はい、またお菓子。

 

私と長男の誕生日を祝ってくれました。

 

 

 

 

最近、お休みの日の昼ご飯は、よく娘が作ってくれます。

テスト前はなおさら勉強を避けたいのか、よく作ってくれます。

 

この韓国風チャーハンがめちゃめちゃ美味しいんですよっ上差し

甘辛くてね。

コチジャンもケチャップも大量消費 笑アセアセ

 

 

ニラともやしがあればビビンバを作ってくれるときも。

 

 

この夏、九州に車で行ったのですが、その時に家族全員分のお弁当も作ってくれました。

にんじんシリシリおいしいんです。

 

 
ということで、どうしても誘惑にまけてしまいますが、娘は味付けが私より上手です。
私は味覚音痴なのか、辛すぎたり、味がしなかったりしょっちゅうありますが、娘が味付けしてくれたのは、ちょうどいいんです。
 
多分、私の料理の最終目的は、とにかくごはんを作ること。レッスン前に形にすること。だからやっつけ仕事なんですね。
 
でも、娘の目的は「美味しい物をつくること。美味しい物をみんなで食べること」だと思います。
 
そして、小さい頃お料理教室の先生が、お料理の最後の味付けに「おいしくなぁれ」と言うんだよと教えてくれたこともベースになっているのかなと思います。
 
 
「おいしくなぁれ」の呪文を聞いた時には、目からうろこがおちた気分でした。
そんなん思ってお料理したことなかった.........と。タラー
 
 
お料理に関して、娘には本当にたすけられています。
自分がやりたいと言った習い事を続けるのをサポートしただけでしたが、本当によかった。
 
そして、娘だけじゃなく、このごろとてもいい感じに旦那さんも腕を上げてきました。
 
こちらは下矢印今年、旦那さんが庭で育てたバジルを使ったパスタ。(旦那昨)
 
 
 
次男もネットやYouTubeを見てお料理するようになってきて、まるで「アベンジャーズみたいで嬉しいわ」と言ったら
 
次男が「どういう意味?」と聞いてきたので、
 
家族で戦えるのがたった1人だけじゃなく、誰でも戦えるようになってきたから最強になってきた気分よと答えました。
 
そう。私にとってお料理は戦いです。
 
ブラック・ウィドウだけでは不安ですもんね。
 
アイアンマンもハルクもキャプテンアメリカもいてほしい笑い泣き
 
娘だけじゃなく、みんなももっと強くなるのだ!!
 
そしたら私は台所に入らなくて済む日がやってくるかもしれない。
 
わーっはっはっはっはっは爆  笑
 
 
 
今日もひとりごとにお付き合いくださり、ありがとうございました。
 
願いは願いつづければ叶うてへぺろ
 
 
 
 
 
 

 

美味しい