文

 文

K'DLOKK/aLy/ Paugomaa/acupAacture
もしくは ソロ 53235/GomiFumiko 名義で演奏。
風林火山商店街で縁故節の活動など。

----------------------
NEXT LIVEなど!!
------------------
K'DLOKK の母としてギターを弾きます。CD発売中。
------------------
鍼灸ユニット moxiesとして活動しています。
moxies.jp
-------------------
53235
ソロ アルバム2018年7月25日
リリース予定!!!!!!!!!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
風林火山商店街のメンバーとして
"縁故節"の盆踊り大会を開催。
2018年、やりますよ!!!
----------------------------
~ぎんざ通り商店街をあいで染めよう~プロジェクト
甲府のまちのアーケード、銀座通り商店街を藍染めします。
WS 7月
展示期間9月以降
--------------------------
flowing out vol.2 を9月末に開催予定。
お楽しみに!

コロナ鬱か
産後鬱か
ただの鬱も
鬱は鬱で

人に会えないてのは
私の最大の弱点
人に頼りきっていきてる私は無力な
乳児だ

コロナで分かったのは
いかに私は空っぽで
私の空っぽを友人に満たしてもらっていたか
と いうこと

かおりちゃんが来て
ただなにげない日常の話しを聞いてもらって私は
ひどく救われて
あやとまりが
文子の無力さはみんな知ってるよとっくに
って言ってくれて
友達がいるってなんて
素敵な人生だろうて馬鹿みたいに思った

三月に山梨に帰ってきて
初めてできた友人と離れ離れになり
それは実はすごい寂しくて
家族がいて
子供ができても
友達てかけがえのない存在なんだなあと

最近毎日思ってる

友達が好きだ
2020年日記をはじめた
毎日数行読み返すと
ーた。ーだった。みたいな事実ばかりを述べた文章はつまらなくて
感情が剥き出しの方が後から読んで楽しい。
最近浮き彫りになったのは
つくづく自分は雑な性格だということ

家事も
子育ても
人間関係も ざつ

良い言葉で
てきとう
おおらか

しかし ざつさが
今自分の首を閉めている

ざつでいいさー
という関係性の中で行きたい
それは甘いのか
私は甘いのだ




私たち人間がどうにか変えて行かなくてはならない局面


他人に手を差し伸べる人になりたいと

思う


https://note.com/rosauchima/n/nab1a52924efd?fbclid=IwAR3Idnx-WS_0hjD8G0UVEPzESPeIMDVcLkekv3Ls3XlaFbacpI6Bzd93lGc 


1) 私たちは皆平等であることを想起させてくれます。文化や宗教、職業の違い、そして経済状況、有名人かどうかも関係ありません。この病気は、我々全員に平等に追って来ます。私たちも、この病気同様、すべての人々に対して平等に向かうべきなのかもしれません。私を信じないなら、トム・ハンクスに聞いてみてください。

2) 私たちはすべて繋がっています。ある人に影響があれば、他の人にも影響があるということを思い出させてくれます。このウイルスはパスポートなしで国境を超えます。我々がこれまで作り上げた来た国境と境界線にはほとんど意味がないことを示しているんじゃないでしょうか。私たちが短時間抑圧されることによって、人生そのものが抑圧されている多くの人々が存在していることを思い出させてくれます。

3) 私たちにとって、健康がいかに大切なことかを思い出させてくれます。化学物質で汚染された添加物だらけの栄養素の乏しい食品や飲料水を摂るのが当たり前になっています。健康管理をおろそかにするともちろん病気になるわけです。

4) 人生の短さ、そして私たちにとって最も大切なものは何なのかを思い出させてくれます。今回のような異常状態で大切なことは、高齢者や体が弱い人々への思いやりや助け合う気持ちです。パニックになってトイレットペーパーを買い占めることではありません。

5) 私たちの社会が、いかに唯物論的になってしまったかを思い出させてくれます。困難な時こそ、生活に本当に必要なもの(食品・水・薬)を気づかせてくれます。私たちが、物欲のおもむくまま欲しがる贅沢品とは対照的な品々です。

6) 家族、そして家庭生活がいかに大切かを思い出させてくれます。今回のような事態を受けて、強制的に家庭に留まることは、家族との絆を強化することに繋がるのではないでしょうか。

7) 私たちの真の仕事というものは、社会的職業ではなく、日頃の行いではないでしょうか。私たちがすべき本当の仕事は、お互いの面倒を見、お互いを守り、そしてお互いに利益をもたらすことではないでしょうか。

8) 自分たちのエゴを常に認識し合うこと。自分がいかに素晴らしいか、あるいは他人がどれだけ自分を褒めようが、ウイルスが私たちの世界をすぐに止めてしまう可能性は常に存在します。

9) 私たち自由意志はすぐそこにあります。買いだめに走るなど、自分のことしか考えないのか、もしくは、お互い協力し合い助け合い、共有しあい、サポートし合うことを選ぶのか。困難な時こそ、本当の自分が出ます。

10) 我慢強さを見せるのか、パニックに陥るのか。こういう事態は歴史上、何度も起きており、いつも必ず治って来ました。絶対に過ぎると理解するのか。あるいはパニックに陥り、この世の終わりと捉え、より一層の害をもたらすのか。私たち次第だということを思い出させてくれます。

11) 世の終わりか、あるいは新たな始まりなのか?反省、理解、そして間違いから学ぶものなど、立ち止まって考える良い機会かもしれない。新しい歴史のサイクルが始まる、良いレッスンになる可能性があります。

12) 私たちの地球そのものが病気ではないのか?トイレットペーパーが棚からなくなる早さを見る感覚で、森林破壊の早さを認識するべきでしょう。私たちが病気になるのは、私たちの地球  () が病気だからです。

13) あらゆる困難のあとには、いつも安らぎがきます。人生は自然循環の中にあり、大きなサイクルの中のほんの一部でしかありません。 パニックに陥る必要はまったくありません。 こんな困難の事態も必ず過ぎる日がやってきます。

14) 多くの人々が 新型コロナウイルス (Covid-19)を大災害だと捉えていますが、私は *大修正* の良い機会だと思っています。コロナウイルスは私たちが忘れてしまった大切なことを思い出させるためのレッスンをもたらしてくれたのではないでしょうか。今回のことを将来にどう生かすか。それは私たち次第です。

ビルとメリンダ・ゲイツの財団は治療の開発を加速するために1億ドルを寄付することを約束されたとか。世界のお金持ちができること、私のような一般人ができること、スケールが違うかもしれませんが、思いやりの気持ちで助け合うということは誰にでも出来ますね。  

Be kind and stay safe!

ENGLISH ---

’What is the Corona / Covid-19 virus really Teaching us?’, he wrote:

“I’m a strong believer that there is a spiritual purpose behind everything that happens, whether that is what we perceive as being good or being bad.

“As I meditate upon this, I want to share with you what I feel the Corona/ Covid-19 virus is really doing to us.

1) It is reminding us that we are all equal, regardless of our culture, religion, occupation, financial situation or how famous we are. This disease treats us all equally, perhaps we should too.  If you don’t believe me, just ask Tom Hanks.

2) It is reminding us that we are all connected and something that affects one person has an effect on another.  It is reminding us that the false borders that we have put up have little value as this virus does not need a passport.

It is reminding us, by oppressing us for a short time, of those in this world whose whole life is spent in oppression.

3) It is reminding us of how precious our health is and how we have moved to neglect it through eating nutrient-poor manufactured food and drinking water that is contaminated with chemicals upon chemicals.

If we don’t look after our health, we will, of course, get sick.

4) It is reminding us of the shortness of life and of what is most important for us to do, which is to help each other, especially those who are old or sick.

Our purpose is not to buy toilet roll.

5) It is reminding us of how materialistic our society has become and how, when in times of difficulty, we remember that it’s the essentials that we need (food, water, medicine) as opposed to the luxuries that we sometimes unnecessarily give value to.

6) It is reminding us of how important our family and home life is and how much we have neglected this.  It is forcing us back into our houses so we can rebuild them into our home and to strengthen our family unit.

7) It is reminding us that our true work is not our job, that is what we do, not what we were created to do.

Our true work is to look after each other, to protect each other and to be of benefit to one another.

8) It is reminding us to keep our egos in check.  It is reminding us that no matter how great we think we are or how great others think we are, a virus can bring our world to a standstill.

9) It is reminding us that the power of free will is in our hands.  We can choose to cooperate and help each other, to share, to give, to help and to support each other or we can choose to be selfish, to hoard, to look after only our self. Indeed, it is difficulties that bring out our true colours.

10) It is reminding us that we can be patient, or we can panic.  We can either understand that this type of situation has happened many times before in history and will pass, or we can panic and see it as the end of the world and, consequently, cause ourselves more harm than good.

11) It is reminding us that this can either be an end or a new beginning.

This can be a time of reflection and understanding, where we learn from our mistakes, or it can be the start of a cycle which will continue until we finally learn the lesson we are meant to.

12) It is reminding us that this Earth is sick. It is reminding us that we need to look at the rate of deforestation just as urgently as we look at the speed at which toilet rolls are disappearing off of shelves. We are sick because our home is sick.

13) It is reminding us that after every difficulty, there is always ease.

Life is cyclical, and this is just a phase in this great cycle. We do not need to panic; this too shall pass.

14) Whereas many see the Corona/ Covid-19 virus as a great disaster, I prefer to see it as a *great corrector*. It is sent to remind us of the important lessons that we seem to have forgotten and it is up to us if we will learn them or not.


令和元年1224日朝9

ジーザス誕生


We got such a great gift as a Christmas present 🎄

Im so proud to be your mother. 

I named my baby  *JESUS*(lie)


あなたたちの母になれて

なんて幸せなクリスマスイヴ。

名前はジーザスに決定(嘘よ)

本当に夫の予定日に産まれた赤子。鍼による陣痛促進の威力にメリークリスマス。


第二子出産物語は、冷静な感動に溢れていました。

書き綴りたいけど、

今は休むことに集中します。


応援ありがとう、

See you soon! 








冷静な感動

あっ


というまに
臨月突入。



よもぎの 保育参観に行って、
まじで、よもぎは 天才すぎると 震え上がった 親バカ。

同じ月齢の子の
お母さん同士でも
受け取り方って 本当に違うんだなぁ。と
子を持って感じた。

たとえ同じことが出来ても、
怒られたか、
褒められたか、
で可能性は大きく変わる。

初めて植え付けられた
トラウマはなかなか消せない。

自分が自分らしくある姿て
生まれたあとに
植え付けられた
トラウマやら
余計なものを 消してく作業なのかも
余計なものを
捨てて
手放して

ただ そのままの 自分を
受け止める こと

捨てる前には たぶん
たくさん吸収する必要があって、
それまでの作業は長くて
果てしないけど

余計なものを 入れた分
私の人生は捨てがいもある。


来年に向けて たくさん 手放して、
来年はもっと 手放して
まっさらになりたいと
思う