木彫りのおやじのブログ

 木彫りのおやじのブログ

  彫刻師のブログ。


テーマ:

4月第1、2週と続いての出店が終わりました。

 

1週目の名古屋覚王山春祭は、

日泰寺の桜が満開の暖かい日で、

 

日曜日は、地元のテレビ生中継もあり、

お祭りを楽しむ人でいっぱいでした。

 

2週目は、初出店の和歌山県。四季の郷クラフトフェア。

桜吹雪の中、花芽が出始めた藤棚の下での出店でした。

 

二日間の朝、岩出市の根来寺を散歩してみました。

曇り空でしたが、もみじの新緑がすがすがしく気持ち良かったです。

 

お買い上げいただきましたお客様、ありがとうございました。

4月は、第3、4週とまだ出店は続きます。

 4月20、21日 群馬の森クラフトフェア(高崎市)

  27、28日 奈良アートクラフトフェア(なら100年会館)

いろいろなお客様との出会いを楽しみにしてます。

 

 

 


テーマ:

花のモチーフのアクセサリーを多く制作していますが、

暖かい日差しに咲く花は、心を和ませてくれますね。

 

今回は「おわん彫りの花」の彫刻をします。

彫刻を趣味にしてる人も、真似てみては。

くれぐれも、ケガには、気をつけて。

 

花びらが中から外に向かって立体になる花です。

 

花芯を丸く縦込み、まわりを落とし

 

花芯を、丸刃の裏を使い、ドーム型に彫りあげる。

 

花びらを、放射状に小刃でVに刻む

 

丸刃で花びらの形にすくう。

 

花芯を小刃でVに彫る。

これは、曲面を彫る練習になる。

 

花びらの先の裏を取る。

左手の力加減や、持ち方の練習にもなる。

 

印刃で花びらの先を丸める。

 

軽い花びらにするために、縁の裏を刻む。

強度のために、中央は残す。

 

完成。

花びらが真ん中に向かって付いていることが

きれいに見えるために必要なことです。

 

 

今週末4月6日(土)、7日(日)は、

名古屋市千種区 覚王山日泰寺

覚王山春祭に出店します。

 

天気予報では、寒さもやわらぐそうです。

お近くの方、ぜひ遊びに来てください。

 


テーマ:

明日から、4月。

新年度が始まります。

ツバキやスイセンなどの冬の花が終わり、

まだ、肌寒い日もありますが、

春の花の季節になりました。

お花見🌸に出かける方も多いと思います。

 

リボンの流れを感じる桜のブローチや、

 

ピンクやブルーの色を付けた花のブローチも、

春のウキウキ気分をさらに、上げるのにどうでしょうか?

龍や鳳凰、獅子などばかりでなく、

花のアクセサリーもいろいろ彫刻しています。

 

4月は、毎週末連続でのクラフトフェア出店になります。

名古屋、和歌山、高崎、奈良と伺います。

お近くの方、ぜひ、お出かけください。

 


テーマ:

彫刻の修理も依頼があればやります。

 

今回の修理は、前回までとは逆で、大きいんです。

髭、爪、尾、腹、左手、左足、火炎などが、欠けてました。

 

尾の部分を制作してます。

 

取り付けて、土台の板に乗せると、周りが寂しく感じ、

やはり、雲や波を背景に入れることになりました。

 

大きいものなので、ノミで荒落としをします。

ノミは、入る場所をみて、四方から入れます。

 

ノミの作業で下絵が消えてしまいますが、

荒落としで全体の形が出来て、

この後どのように彫刻していくか考えながらやります。

 

前回の小さいものから急に、大きいものへと変わっても、

気持ちを入れ替え対応をします。

 

お客様のご要望のディスプレイが出来るように、

後ろにスタンドを作り、立て掛けられる形に仕上げました。

 

お客様の注文、要望には、出来る限りお答えしています。

 

 

 

 

 


テーマ:

インスタグラムをはじめてみました。

 

フェイスブックも再開しようと思います。

 

パソコンやSNSには、疎いので手探り状態でのスタートです。

投稿のみにいっぱいいっぱいで、

各種機能の理解、利用ができずに、

失礼、分かりにくいなどもあるかと思います。

心暖かく見守ってください。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ