にぎやかなひとりごと~袴田 雅江officialブログ~

にぎやかなひとりごと~袴田 雅江officialブログ~

2ツ星栄養コンシェルジュ・フィットネスインストラクターとして「知識と意識を変える」ためになるブログをお届けします★

100%元気になれるパワースポット!

笑顔とやる気を湧き上がらせる

2ッ星栄養コンシェルジュ®の袴田雅江です



ご無沙汰の更新になりました。



パスワードとIDを入れているのに

開けない状態が続いていましたが

急にまた開くようになりました(笑)


どうなっているんだ?!

原因を知りたい🤣


・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



今回のテーマ


『いただきます』

『ごちそうさま』


・*:.o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚


『いただきます』


この挨拶を食べる前にしていますか?


諸説ありますが、

いただきますの由来は

食事を作ってくれた人、

いただく食べ物に感謝をする

『いただきます』

と教えられたのではないでしょうか。


感謝というところでは

宗教的な神人共食の考え方が

根本にあるようです。


神様に感謝。

食べ物に感謝。

食べ物を育ててくれた

太陽、大地、空気に感謝。

調理してくれた人に感謝。


これからは自然にも感謝の気持ちを込めた

『いただきます』

を言うようにしたいですね。



『ごちそうさま』


漢字で記すと

【 御馳走様 】になります。


丁寧な気持ちを表す【 御 】

敬う表現を記す【 様 】

が含まれている

感謝の気持ちが深い言葉になります。


そして【 馳 】【 走 】には

走る意味があります。


今と違い昔は

食材を手に入れることは

容易なことではありませんでした。


大事なお客様をおもてなしするために

遠い山や海を走り回って

食材を調達していたことから

【 馳 】【 走 】

という字を使い、

そこに感謝の気持ちを込めた

『御馳走様』

と言うようになったそうです。


お食事は本来、

人と人を繋ぐコミュニケーション

の1つとして楽しまれてきました。






お腹いっぱいになりましたよ。

美味しく命をいただきました。

命を繋ぐことが出来ました。     


という意味だけではなく、

走り回って食材を集め、

おもてなししていただきありがとう✨


という美しい気持ちが込められていたんですね。


そしてこの挨拶は

自分以外の誰かに

作ってもらったご飯を

いただくときの挨拶なんです。


自分で作ったご飯を食べる時は

『いただきます』

『(命を)いただきました』

というのが正しいそうです。


挨拶の意味は深いけど美しい✨✨


ぜひ今日の食前、食後には

大きな声で

挨拶してみましょう😊


・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



オンライン&実地講習が可能な

仙台開催

1ツ星栄養コンシェルジュ®養成講座は

3/27(土)より開催꙳★*゚


詳細はこちら↓↓↓



・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚



最後まで読んでいただきありがとうございます😊


2ッ星栄養コンシェルジュ®      袴田雅江★