作曲手順のご紹介

テーマ:

こんにちは、鮎澤です。

ご依頼くださる方に少しでも依頼の参考になればと、感謝の意を込めて私の作曲のやり方をなんとなく書いてみます。

 

YOSAKOI、ゲーム、劇伴、アーティスト向け、遊技機などなど、音楽ジャンルは違いますが、だいたいやってる事は一緒です。

 

YOSAKOI音楽を例にすると、まずクライアント様とミーティングします。

特に学生チームは毎年毎年、代が変わるので音楽担当者がとても多いです。

忘れない様に(だいぶ忘れるけど)"よさ名"(YOSAKOI界でのニックネーム)と、その由来を聞きます。

このよさ名が、チームによっては実にエグい!

下ネタ名が先輩から後輩に引き継がれていく血統もあります。

もう、ほんと、いや、そんなニックネームなんて人前で呼べませんでしょうよー(〃▽〃)テレテレ

 

って、

 

話がそれました。

 

なんの音楽にしても、作った曲が実際使われているシーンを頭の中で映像としてイメージします。

曲をゼロから作るというよりも、

イメージした映像の、そこで鳴っている音楽を具現化していく作業になります。

できるだけ、具体的にイメージする様にしています。

どんなステージで何色の衣装を纏っているのかは当然ながら、体感する気温がどんなで、観客にはこんな人がいて、

警備員さんらスタッフさんが目を凝らしていて、
カメラマンがここら辺にいて、他会場の音や道路等の環境音が聞こえていて、祭り屋台のイカ焼きの匂いがして、美味しそうだけど、
自分は二日酔いだから食べる気にならなくて、などなど。

そんな場所にいて、素晴らしい演舞を見てめちゃめちゃ感動している自分をイメージします。

その時に頭の中に聞こえてくる音楽をコンピューターに起こします。

 

頭の中で自然に鳴っている音楽をコンピューターで具現化するとか言うと、

なにカッコつけちゃって、なんて思われるかもしれません。
鍵盤を触りながら、歌いながら、作りながら、ここはこの音にしたら、もっと良いんじゃねかとか考える作業ももちろんあります。

そういう意図した音の運びや楽器づかいもどんどんやっています。

まず始めの着手としては、それらのイメージだという事です。

だからこそイメージしやすいテーマは作りやすいです。

 

自分が感動している状態をイメージしているので、自分が特に好きな音楽、聴きたい音楽になる傾向が強いです。

それが自分の得意な音楽です。

あまり好きではないタイプの音楽、苦手な音楽を作ろうとしても、感動させられるものは作れません(当社比)。

 

自分が良いと思ってないのに、クライアント様から良いと言われても、受け入れづらいタイプです。

『自分が感動する=他人も感動する』とか言っている自己中心的な作曲家ですので、なんか、すいません。

 

ま、でも、チャイコフスキー作曲の『大序曲1812』

曲中に大砲ぶっ放す、実にファンキーでクレイジーなオーケストラ曲

チャイコフスキー本人は駄作と言ったそうですが、

現代にも名曲としてその名を馳せています。

 

はい。

 

そういう事もある

 

何が言いたいかわからなくなってきたので、次回は具体的な作曲方法ご紹介~!

と言って逃げます。


最後に、
「アシスタントさん募集中~!」とボソっと呟きつつ、今日はこの辺で!

また次回お会いしましょうー(飽きなければ)。