2017年夏、4姉妹の成長記録 in オランダ | 英語できない資格もないパパ & 村上家の4姉妹 オランダ移住物語

テーマ:

2017年7月7日より娘達は夏休みに突入。

 

ちなみにオランダは地域毎に夏休みに入るタイミングをずらしてあるそうで、リゾート地や空港などが一斉に混まないようにそうしてあるとか。柔軟な発想の国です。

 

小学校の話ですが、我々が住む街デルフトの隣、オランダの第3の都市デン・ハーグなどでは、オランダ語の追加授業のある現地校が存在するものの、年齢にもよるようですが、オランダ語がしゃべられない移民の子供は現地の小学校にいきなり入学しようとすると断られるケースも多いそうで、(無責任に受け入れることは出来ないという意味で)現地小学校に入る前に、オランダ語を中心に教えてくれる移民学校に1年間通い、その後通常の現地校へ編入するということが多いそうです。

 

移住する前、日本からネットで情報を調べまくって、なんとなく把握しているつもりだったのですが、今長女と次女が通っている現地小学校の当時の女性校長(現在はイケメン校長)が初の面談の時に「まあ半年もしたらある程度しゃべられるようになるから大丈夫大丈夫!」と豪語していたのを真に受け、娘達を放置して早約9ヶ月。

 

長女と次女は見事にオランダ語がしゃべれず、先生がしゃべっていることもほぼ分からないという状態に何度となく不安にさいなまれること山の如し。

 

なんでもデルフトは我々がやって来るちょっと前に移民学校制度が廃止されたとかで、オランダ語を重点的に教えてもらうには街の図書館が窓口となるボランティア団体に問い合わせなければならないようで、たらい回しにされた挙句、「通っている学校に言ってくれ。」と堂々巡りとなったので結局現地校で時間をかけて自然に習得することに期待する状態に。

 

これでいいのかな?と思いながらも日々の生活に追われているというのが現状です。

 

長女はオランダ語の単語はかなり覚えて来てるものの、言葉で発することに対して失敗を怖れ、蚊の鳴くような声でしか挨拶できなかったり、友達と何となく仲良くなっても言葉のコミュニケーションの面で引いてしまい、学校では今ひとつ本来の自分が出せない状態です。

 

が、先日クラスの誰かがおやつタイムの時にみんなの前で歌を披露したのに感化され、翌日自分も、妻に用意してもらったオランダ語のカンペを読みながら先生に直訴し、なんとみんなの前でダンスを披露するという離れ業をやってのけました。

 

正直、僕も妻も先生もかなり驚いたのですが、長女の中で何かが芽生え始めているのでしょう。

ゆっくり成長を見守ろうと思います。

 

6歳になった次女は完全にオランダ語嫌いで、学校に行くのが嫌派です。

毎日の様に、「学校行きたくなーい」とか「今日お休み?」とかネガティヴ発言連発です。

 

学校では先生がしゃべりかけてもウンウンとうなづいて分かった振りをしたり、友達が何か言って来ても気付かない振りをしたり、しゃべろうとはせずに常に受身で、時間が過ぎるのを待っているかの様な印象を受けます。

 

ただ先生が「ここ3週間ぐらいは友達とアイコンタクトでニッコリ微笑みあったり、コミュニケーションが良くなって来てるから慣れたこのクラスにステイするか、上のクラスに上がる能力は充分あるから予定通り上のクラスに上がるかどちらでもいいよ。」ということだったので、妻と相談した結果、本格的な勉強が始まれば、また何か変わって来るかもしれないという期待を込めて、上のクラスに上がることになりました。

 

最近では姉妹で遊んでいる最中に自然とオランダ語と英語が混じったりして来ているので、確実に言語の吸収は出来て来ているのでしょう。そう信じています(笑)

 

 

三女はこの夏オランダの火木、週2回の幼稚園を卒園。

オランダでは4歳になったら小学校へ入学出来るので、9月頭に4歳になる三女は夏休み明けから一足早く、長女と次女の通う現地小学校へ入学します。

 

三女は性格的に4姉妹の中で一番社交的なのでトイレの我慢癖以外は何の心配もいらなさそうです。

 

年齢的にもオランダ語をすんなり受け入れてるようで小学校でクラスメイトとどうコミュニケーションを取って行くのか見ものです。

 

本人も小学校に上がることや4歳になることが相当うれしいようで、毎日「次はMちゃんのハピヴォースディ(ケインコスギのパーフェクトヴォディの発音で)で!」と連呼しています。

 

四女は6月末で2歳になり、姉達の中に紛れてしょっちゅう奇声を発しています。

 

眠くなったらグズって、お腹が減ったらお菓子の棚を荒らして、食べたものが気に入らなかったらジワジワ吐き出し、喉が渇いたら三女の真似をして「ぐーぬー(牛乳)れてー!ぐーぬーれてー!」をひたすら連呼したり、絶賛末っ子真っ最中です。

 

四女は物心付いたらオランダ在住なので、どういった感性が育つのか?これも見ものです。

 

 

ということでオランダに来て約9ヶ月、村上家の4姉妹は環境に揉まれながら育っています。

 

また定期的に成長の過程や変化や発見を記録したいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Tomo Murakamiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス