2人家族で愛ある日々。 ~Mahalo!Happy Life♪~
2005年「4人家族で3DK」に始まった日々の記録。
2006年に夫と出会い、2007年に結婚。手術・不妊治療を経て、二人での生活を選びました。
2014年に奇跡の猫「まめ」と出会い、2017年はめでたく結婚10周年!
家族は世界平和の最小単位★涙も笑いも綴っていきます♪
  • 22Jul
    • 身近な避暑地

      フラのlessonは涼しいスタジオで。暑さで動くこともすくなってしまう最近は、こんな風にみんなで涼みながら体を動かせることをありがたく感じる。涼みながらランチ女子会。最寄りの駅前に集える場所があるのもありがたいこと。夫は近所の交流施設で資格試験の追い込み。もともとは小学校があった場所に今は自習室や遊び場、活動拠点となる多目的スペースが作られて2年になる。老若男女朝から夜まで自由に利用できる場所は最近の猛暑で貴重なものだとしみじみ思う。もっとも暑い時間帯は久しぶりのモールウォーキング。涼をとることはもちろん、物流拠点としてもモールの存在は大きい。大変なときは個に固執せず群れて過ごす。モールには様々なイベントや情報、モノ、コトが溢れている。お腹の空き具合が夫婦でまちまちだったのでビュッフェで早めの夕飯を摂る。選ぶ自由、選べる自由。過日財布を落としたばかりでしばらくは買い物も自粛しようと古い財布をひっぱりだして使っていたのですが、アウトレットのセールで思いがけず破格値を見かけ、夫に前借りする形で夫婦で財布を刷新しました。ふと個に偏っていた自分の日々に気づく。利用できるものは利用した方がいい。頑張るのと意地を張るのは違うけれど似ている。電車で10分の範囲にはそんな便利な場所があった。混雑しているかと毛嫌いしがちだったけれど、午後から動いて日が沈むころにはカフェには空席も多く快適に夜を迎えることが出来た。出掛ける場所と出掛ける時間。熱帯のような日々に今までと違う行動パターンを意識する。既成概念に知らないうちに囚われていることに気づく。敢えて真逆の動きもこの時期は名案かもしれない。2018年7月22日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      NEW!

      テーマ:
  • 19Jul
    • 猛暑アクシデント

      昨日の猛暑で財布を忽然と無くした。ショックではあるが致し方ないどうにかなるという変な落ち着きが心の奥底にあるのは諦めだったのか。2年前、電動で見知らぬ街を走り回り豪快に転倒したときは完全に諦めて雨降る地面にレインスーツのままスライディングしてしばらくフリーズてたっけ。どうしようもないときはきっと魂が自分を俯瞰するんだ。と思う。家に置き忘れたかと少し楽観したがいよいよ家にないとわかると汗が吹き出した。少し動転して母に電話をした。周りの人がやたらと優しかった。お巡りさん職場の人訪問先の人母親夫友人今日は朝から免許センターに行って再発行した。流れ作業であっという間に復活した。写真の自分だけが疲れた容疑者風だった。キャッシュカードやクレジットカードは電話で止められる。ネット経由でも再発行の依頼ができた。ポイントカードも携帯会社の連携型だったので電話で止められた。ショップのカードは厳選して再開すればいい。保険証だけが職場経由になるので一番復活に手間取るようだ。色々今はありがたい。電話の対応も丁寧だ。あまりにすんなりと所定の手続きが完了したので、(保険証を除く)不安になる瞬間がまったくなかった。本当に本当にありがたい。手数料と紛失したお金は小旅行したと思えば諦めもつく。何だか一連の流れが本当に旅のようだった。復活のために頭をフル稼働したのでお腹も減らず、移動して汗もかき、自宅で残りの手続きを済ませ、映画を観たりukuleleを弾いたりしてすっかり穏やかな日常を取り戻せた。カードが届くまでは用立てした現金で質素に暮らす。ミニマムに買うものを厳選して家の時間を丁寧に費やせばいい。自業自得な災いだったけれど、色々学んで大切なものに目を向けることもできた。移動の電動自転車をいつもは夫が使うのだが、さりげなく置いていってくれていた。母からは心配の電話。何だかお恥ずかしい限りだけど何かを頂いたかのような不思議な出来事。色々なくしたり怪我したりも多いのだけど。。。銀河鉄道の夜の一節に燈台守が子供を引率した青年に向けた慰めの言葉があって、そのやりとりに救われました。「なにがしあわせかわからないです。ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠とうげの上りも下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。」 燈台守がなぐさめていました。「ああそうです。ただいちばんのさいわいに至るためにいろいろのかなしみもみんなおぼしめしです。」 青年が祈るようにそう答えました。昨日の猛暑で脳出血でこの世を旅立った俳優の常田富士男さん。出演作を調べていたらこのやりとりに辿り着きました。ありがたい。奇跡のようです。ほんとうに色々のかなしみもおぼし召しなのかもしれない。かなしくて苛立たしくてもよろこびがあると信じながらひとあしひとあし生きていきたいです。2018年7月19日ご冥福を祈って。。Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
  • 15Jul
    • 夫の実家へ

      嫁だけ里帰り。お帰りと迎えられ人生初の、迎え火。跨いで戻るとご先祖様がやってくる。ありがとう。いつもはひとりでやってたから嬉しい。と、義母と夕飯をいただく。珍しく二人。まめにゃんと、女子3人の夜。普段はなかなか聞けない話を懐かしい写真と聞かせて頂く。働き者の義母は頑固な姑と二人の息子の世話をこの家でやり遂げた。だけどまた現役の義父がいる。からだの衰えに難儀を感じるなか、猫に癒されつつも苛立ちは収まらない。助けてあげて。ご先祖様が呼んでくれたのかな。一軒家は一人じゃ無理。秋には雨樋に落ち葉が溜まるから毎日のように掃除。家でぐうたらしてる邪魔な亭主のことを濡れ落ち葉と言うそうで、義父引退後の顛末を危惧していた。80過ぎるといよいよ働けなくなるという話をあちらこちらで聞く。両家の親もだんだんとその日が近づいてる。義母がこのところ腰を痛めていたのがヘルニアと脊柱間狭窄によるもので、強い痛み止め頼みの日々であった事を知らされた。老いとは誰にでも突然にやってくるものだ。受け入れながら体とよしなにやっていくしかない。自分とのつきあい方。人生の最後の課題かもしれない。無理はせず、程よい負荷を継続して与える。出来ることは緩やかに減っていく。その傾斜は日々のルーチンにかかっている。動くこと。それが大事。猛暑でも程よくストレッチ。猫みたいに。愛娘まめにゃんは朝のルーチン。専属のトレーナーのように洗濯する義母に付きまとっている。ありがとう。仕事が変わってからなかなか会えなくなったけど、休みの前には会いに行くね!来月の花火はお揃いコーデで楽しもうね。2018年7月15日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
  • 13Jul
    • 達成感とは

      ふと夫の言葉から可視化したくなった。夫婦にとっての達成感ってなんだろう??頑張ったあとのソフトクリーム?ノンアルビール?(アルコール禁忌なので)違ってはいないけど、それならばあっというまに目の前からなくなってしまう。到達した場所とか縁で繋がった人とか。。。?家族でいった場所やボランティアで知り合った人。保護した猫。色々ある。これからも増やしていけそうな景色やご縁。昨日出会った本。かみさまは五年生。そこで女の子のかみさまが私たちに伝えたのは『悔いなく幸せに生きなさい』ということだった。どんなこともつらいことだって幸せになるためのこと。悔いのないように。やれることはやれるうちにする。種をまいて花を咲かせるように。2018年7月13日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
    • 夢を可視化する

      本日、新月。今までは一人称で叶えたいことを思い描いていたけれど、今回は、いや、今回からは、二人で叶えたいことを具体的にイメージしてみることにした。ちいさなスタックメモがちょうどよい大きさでよく使う。ブレインストーミングみたいに叶う叶わないは関係なくイメージして書き出していく。行きたいところやりたいことを既に予定されているものから書き出したらだんだん増えてきた。逆算してそのために必要なことがtodoリストのように浮かんできた。未来の夢は漠然としてるので本や雑誌でイメージに近いものを見つけて互いに共有する。夫にも叶う叶わないは別として、一緒にやりたいこと行きたいところを書き出して欲しいとお願いした。具体的なものはなかった。旅、自転車、資格で達成感を得るという言葉があった。そこに家事も入れようねと、お願いした。ゴールをなるだけ身近なものに刻んでいくときっと達成感も増える。達成感も可視化できたらいいね。2018年7月13日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 12Jul
    • 共感。

      ももさんの報告に共感。我が家も子供が出来なかった。私も夫が大好き。仲良し。だけど。。。色々思いが噛み合わないこともある。このままじゃいけないって思う自分がいる。離れるという、選択肢はさておき、二人で生きるということに今は懸命になっています。同じ景色を見つめながら手を離さずに生きていきたいな。

      2
      テーマ:
    • 逆風を追い風に

      向い風なら背中を向ければたちまち追い風になる。そんなふうにかんがえ方ひとつで追い詰められても突破口を見つけられたら素晴らしい。その瞬間はきっと発明でありトキメキだ。今朝の朝ドラはまさにそんなトキメキだった。現実にあることと色々リンクして報われたような気持ちにまでなった。そんな考え方をさりげなく大切な人に伝えられたなら。。私はイライラが先立ってしまう。イライラって不安から来るのかな。私にも何もない。その無力さにもどかしくなるけれど、ないからこそ夢を描いて行動できる明日に感謝しよう。目は、前についてるしいつだって前ばかりみてるから。明日がやってくることはそれだけで追い風なんだから。2018年7月12日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 10Jul
    • 始まりの場所で

      月10日は、四万六千日詣りの日。いつからか毎年お詣りするのが恒例となった。夫とはお休みが合えば一緒に行く。今年はお互いに半休をとり、我が家の安全祈願。初めて出会ったのは6月の浅草だった。水上バスに乗って意気投合してお好み焼きを食べた。炎天下の今日、仲見世を歩いたり横切る道すがら、そんなことを思い出した。今の二人はそれぞれのペースで店に立ち寄りながら歩く。言葉を交わすことも少なくなった。だけど大体考えていることは以心伝心で分かっている。芋羊羹。お母さんに買っていく?いいよ、日持ちしないし。浅草なら、いつでも来れるし。私の親の事をいつも気にかけてくれる。出かける先はあまり意見も分かれない。ランチを別々のものにして半分こして食べたり食後はカフェに入ったり。浅草で過ごす時間は変わらずに穏やか。相性の良さを改めて実感する場所。ランチしたあとで洪水被害のあった広島や愛媛の特産を扱う飲食店をまるごとニッポンでみつけた。ここには各地から情報が集まってきている。けれどこういう時に使われる場所ではないようだったのが残念。ただ集まって場所を借りているだけってもったいない気がした。双方向性というか...ここはこんな場所だよ!とかこんなひと、おいで!!とかリアルタイムにレスポンスよく情報交換できる場所ならもっとわくわくしそう。時間がなかったのであまり物産を見られなかったけれど、買う支援という視点で物産展に行くことをしてみようと思う。災害にあったからこそ知ってもらえることもあると思う。ちなみに...私の住む市は、犯罪のイメージが強くあまり良いイメージがないところをいろいろ頑張ってPRして子育てしやすい町とか医療が整っている町とか音楽が活発な町とかよいイメージを打ち出そうとしている。我が家も10年を経ていろいろ変わりました。二人でできる事、もっとあるよね。そしてまた、二人で浅草にお詣りしようね。2018年7月10日Mahalo,nui!!viaSLOW DOWN LIFE Your own website,Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 08Jul
    • 町と猫

      今の仕事のおかげで自転車での行動範囲が広がった。移動の途中で人懐こい猫に出会った。1年ちょっとのお付き合い。人懐こさが著しく夫にもスリスリ寄ってくるので夫婦のアイドルとなった。当然のことながら地域にも愛されている。名を、パンダという。もう一匹。いつも仲良しの猫がいる。名を、トラという。我が家ではぶちこ、しまこと呼んでいる。猫にとってはどうでも良さそうである。仕事の合間にわざわざ立ち寄ってみたり仕事帰りにわざわざ会いに行ったり。日々の色々をこの子たちに会うことで穏やかに解決したことも多々あった。今はむしろライフスタイルをこの子たちに中心に考えるようになった。先日、餌場の料理屋が閉店した。30年以上にわたりこの地域にあった場所がなくなってしまう。店主はこれから1か月はまだここにいて片付けをしているのだという。75を目前にして今だから、辞められるとスッキリした表情だった。オーナーはきっとここを立て替えてアパートにでもするんだと思う。そうしたらこの子たちはここでご飯を貰えるんだろうか。よそ者の私が気に病むことではないのだろうが、一時はこの辺に移り住んで飼おうかという思いまで脳裏をよぎった。でも、どうやらこの子たちは「ここが好き」であるらしい。以前、1ヶ月程引き取られたことがあったが抜け出して戻ってきたのだそうだ。猫は土地につくというのが定説だけれど、思うにこの子たちは店主や常連さんが好きだったんじゃないだろうか。幸い繁殖を避けるための手術は受けているらしく立派に地域猫として生きている。この界隈は賑やかな商店街だった。銭湯がありパンダはもともと銭湯で飼われていた猫だったそうだ。あとからやってきたトラ。巧みにパンダと仲良くなって2トップとなり時々ほかの猫が餌場に来ても仲良く餌場に居座っている。商店を営む店主たちが高齢化と後継者不足で店をたたんでいき、銭湯も料理屋も3.11の震災の影響で維持が困難になっていき、先日まで持ちこたえた料理屋もいよいよ店主の高齢化と空調の不具合で少し早めの閉店を決断したらしい。人は減り、猫は残る。通りは夕方になると犬を連れた高齢者でにぎわう。近くに流れている川にかかる橋はワンコたちの社交場となっている。近所のつながりが、わずかながらも保たれている一見平和な地域。だけど犯罪件数は市内で一番多いという。この界隈は頻繁に警察やら救急車やら消防車やらが往来している。銭湯だった場所はアパートになった。アパートが増えると隣人とのつながりは減る。自治会との接点も減り地域としてのつながりは圧倒的に減ってしまう。猫がいるのは平和ではないのか。高齢化の証なのか。猫がこれだけ人気になっている今、こんなふうに穏やかに人懐こくいられる猫の存在が見慣れたものとなってくれたら素晴らしいのに、と切に思う。我が家の近くも畑がアパートや戸建てに変わっていき、学校までもが宅地に変わってしまった。だけど一部分は公共の施設に生まれかわり賑やかに色んな世代が行き交う場所となった。手放された料理屋をリフォームしてうまくオーナーさんが活用してくれることを心の底から願う。この界隈に欲しいのは。。。図書館かな。2018年7月8日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 05Jul
    • 風が吹くとき

      夏越しの大祓で清められた穢れは、大海の底に消えていくのだそうです。今。嵐が国中を清めているようなそんな気がします。よい国によい世の中になりますように。我が家の守護神、ドラム式洗濯機も買い替えとあいなりました。冷蔵庫の次に大きな家電ですので玄関に向かうその花道は沢山の物を退かして綺麗にしなくてはなりません。退かしたあと、搬出後も防水パンのお清めが大変でした。排水から繊維がヘドロとなって溢れたこともあり、それでも防水パンのおかげで洪水も最小限で済んだし振動にも耐えて今まで大事に至らずに沢山の布たちを綺麗にしたりふわふわにしたりしてくれました。10年近く経過すると大分性能も使い勝手もよくなっているもので、夫も率先して洗濯に関わってくれます。これからは、毎回メンテナンスしようね。なんせこれは我が家のベンツですから。少な目に洗濯したら2時間ちょっとでふんわり仕上がりました。洗濯物がいとおしい。新しい機能にワクワクする。嬉しい世代交代。色んなところで物事が終わったり始まったりしてる。朝が来て夜が来てまた朝が来るのは地球が丸いから。回る。巡る。風が運ぶ。人を物を運を巡らせる。回せ。回せ。風よ吹け吹け。新しい種を運んでおいで。2018年7月5日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      6
      テーマ:
  • 03Jul
    • 朝に夕に、しあわせ。

      生活圏で働くと、通勤生活ではあまり見られなかった景色を見ることができる。朝。お迎えのバスを待つぼくちゃんにバイバイ。90歳を目前にしたとある女性のおうちで冷蔵庫の整理をして一緒にゴミをまとめておうちを出ると窓から手を振って気を付けてね~🎵ありがとね~🎵と見送られる。100歳を目前にしたおばあちゃんは腰を痛めてからは出掛けることが出来ず入れ歯の不自由さを教えてくれた。もうちょっと、柔らかくそうめんを茹でてね。ワガママ言って悪いわね。気を付けて帰るんだよ。と最後はハグして手を握ってブンブン振ってお別れしてくれる。西陽が眩しい午後、学生が通学路を眩しそうな顔で歩く。コンビニには建設現場で働く大人達が女性も混じって冷たいものやタバコを手に外で立ち話している。いそいそと家路を急ぐ人がだんだんと増えてくる。夕陽を眺めながら帰宅したら、今朝バイバイしたおうちの妹ちゃんが姿を見せた。はにかみながら、バイバイ。ベランダの窓を開けて空調は苦手なので自然の風で涼む。朝に夕に、生活の音を聞く。すこしだけかなしい景色もあるけれど。。。今、このときを、マイペースに。2018年7月3日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 01Jul
    • 夏、本番。

      連携がうまく出来なくて。夏越しの大祓に行ってきました。夏、本番。https://slowdownlife.amebaownd.com/posts/4466242

      4
      テーマ:
  • 29Jun
    • 満月のイタズラ

      今回の満月は発想の転換というギフトをくれたと思う。ことにする。あんまりに意外すぎて脳内にカスが残りそう。睡眠負債を持ち越さないように、今日はいつもより汗をかくことにした。朝からトイレ掃除。暑い。でも、心地よい。風が助けてくれてる。すこしずっこけなくらいが夏を乗りきれるかな。折しも洗濯機も意外な決断。恵まれてたし頑張ってたから、感謝。2018年6月30日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 26Jun
  • 23Jun
    • アララガマ

      「不思議なご縁だねえ」「今日はいい日だ~」といってその人はお釣りをおまけしてくれた。夫の実家からシンデレラの馬車のようにタクシーで帰る。それも気が引けたのだけど、一泊して翌朝帰るのはもっと気が引ける。いろいろ手土産を頂いてタクシーを手配して貰って、嫁というよりは箱入り娘のよう。だからこそ、気が引けてしまう。「お客さん、沖縄のどこ?」運転手さんの喋りと名前から「沖縄の方ですか?」と聞いたところでの、質問。「いえ、母が。宮古島です。」と返すと、「宮古島の女性はね、気が強いよ~」と、しみじみ語りだした。「アララガマ精神があるからね。お母さんに聞いてみてよ」アララガマ・・・・あるがまま???不屈の精神のような負けん気の強い言葉。運転手さんも母も沖縄がアメリカ領だった時にパスポートでこちらに来た。国民健康保険にも加入できなかったので、医者にかかれず困ったという話を最近になって聞いた。運転手さんも、「学校の先生に馬鹿にされた、英語喋れるのかって」と振り返る。色々あって今は独り身でいるらしい。「こないだスポーツ選手を乗せたんだよ」と、嬉しそうに話していた。別れた奥様が、宮古島の出身だったようで・・・アララガマ精神を気の強さの程度というかルーツのように思っているようだった。それぞれに沖縄を思い浮かべながら宮古そばのおいしさに共感しながらなぜか沖縄の血が流れているというだけで、話しやすい空気になるのが愉快な心地だった。頑固なのかな。芯の強さなのかな。泊まらずに我が家に帰ってきた自分にもアララガマ精神がほんのちょっとあるような気がしてニンマリした。今夜は妻も嫁も娘もちょっとおやすみ。夜の静寂がやけに心地よい。平和ってこんな時間のことかしら。ね。今日は沖縄慰霊の日。不思議なつながりは偶然じゃないのかも。2018年6月23日Mahalo,nui!!いつもと違う夫の実家に戸惑うまめにゃん。この子には穏やかならぬ夜だったかな?? viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 21Jun
    • 旬を頂く

      くったほうがいい。くったほうがいい。くったほうがいいったらくったほうがいい。読点『。』で一呼吸入れると三三七拍子になる。(本来は、勝ったほうがいいである)最近の私のお仕事エール。色んな思いが煙のようにこみあげたとき、ことばを前向きに変換しながら声かけをする。寂しいと言うひとにはお茶、飲みませんか。と、煎れて飲んで頂く。温かいものがお腹に入るだけで気持ちも落ち着く。余命宣告をされ治療できないと言われ、『心が痛い』『悔しい』と思いを吐露する人には何が食べたいですか?と可能な限りのものを買い物代行したり調理したりする。先のことは判らないし、出来ることは限られてるから。くったほうがいい。災害は天変地異だけではない。身の内に起こることもある。物事が記憶できずに不安や焦りで疲れきってしまうひともいる。だけど今、食べることができるのはそれだけでも幸せなこと。私にできるのは温かいものでお腹を満たすこと。🍀🍀🍀米ナスをスーパーで見つけて輪切りにしたものをゴマ油で炒めてラー油やポン酢をかけて食べるのが幸せ。ほろっと柔らかく口のなかでとろけていく。シンプルな旬のものを簡単に調理して頂く幸せ。災害が起きると人はこの大地に間借りしているんだということを実感する。病もきっとそうだ。この体を魂が間借りしているだけでいつかきれいにお返しする時がくる。突然でなければなるだけ綺麗な状態でお返ししたいと思うようになった。だから最後の晩餐は旬のものを頬張って生まれてきてよかったー!って思いながら眠りにつきたいな。梅雨の雨は稲を育ててる。秋にはおいしいお米が食べられますように。2018年6月21日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 17Jun
    • 愛と光

      唐突だけど、誰もがみんな神から命を預かって限られた時間を生き抜いて神のもとに戻っていく。自身に言い聞かせる。ワレハカミノコ。ミンナカミノコ。愛と光で出来ている。大好きなものに愛を注ぎ笑顔になることで光を放つ。昨日は素敵なフラダンサーさんや粋なミュージシャンの方と笑顔溢れる時間を過ごすことができました。愛と光だけで出来ているような素敵な女性。憧れます。フラを通じて愛が伝わり光を纏う。私が愛を注げるのはなにかな。。。って思ったら、日々の食事だった。野菜を混ぜて健康的に。温かいものを食べると笑顔も生まれる。誰もがみんな、笑顔で愛と光に包まれますように。2018年6月17日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
  • 15Jun
    • 3人の私

      ミヒャエル・エンデの「モモ」のなかに、時間を3人の兄弟に例えた話が出てくる。同時には存在しえないから兄弟ではなく先祖のようなものか。今の仕事をしていると、過去の景色に助けられることが多い。新しいところに行くと、その過去の景色が脳裏によみがえる。この仕事はその、繰り返し。過去の四苦八苦が今の私を支えているし、今の試行錯誤が未来の私につながっていく。末期のガンを患う人と立て続けに出会った。心の中でしっかり!頑張れ!!と、その人を励ましながらその人の声に耳を傾けつつ心が引っ張られないように踏ん張っている。今、出会っている人はきっと未来の私でもあるから。限られたカードしか私たちは出せないけれど。3人の私がベストを尽くせますように。2018年6月15日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 14Jun
    • 日比谷茶会

      朗読の楽しさはもちろんのことなのですが、最近はアフターのランチやお茶を仲間と楽しむのも欠かせなくなりました。会話を楽しむとき。女子でよかったなぁと、つくづく思う。月に一度の、贅沢な時間。心にも目にもお腹にもうれしい時間。2018年6月14日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 13Jun
    • ギフトな日々

      6月13日は介護業界に入った日。今日で、まる2年。入る前にも色々あって、文字通りの七転八倒な1年を過ごし、悶々と迷走しながらも生活のペースを確保して2年目を走り切ることが出来たと思うと、よくやったな~。よくやってるな~。と、自分に感心する。生まれた赤ん坊がイヤイヤの2歳児になるのを自分自身に重ねている。思い通りにならなくてもどかしいったらない。イヤイヤは自分自身に向けてるのかもね。2歳児も。前職を去る時に別の部署の責任者の方に「自分を育てるんだね」って言われたのを思い出す。雨の中をレインスーツ着て脱いだり着たりを繰り返す梅雨の時期。苦手な生活支援をしながらこの仕事の意味を自問自答する。昨日、苦手なおうちで意欲的に生きている姿に会う。失敗しても、その人にいいよ、いいよ、と労われる。道すがら、雨に潤ったアジサイの花や地域に愛される猫のやわらかい肉球と間近に接する。待ってるよ。気を付けて帰るんだよ。そんな風に一期一会を丁寧に過ごす日々。お別れはあっけないから。生活の一部を人生の一部を少しでも満たせますように。是非はまだ先にある。今は問うまい。日々のギフトを見逃さずに受け止めたい。来年の今日を楽しみに。2018年6月13日Mahalo,nui!! viaSLOW DOWN LIFE Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:

プロフィール

ぷう

血液型:
A型
自己紹介:
フラ、ウクレレ、朗読を嗜むHELPERちゃんです 子供や動物、新鮮な食べ物が大好き! 笑顔になれるこ...

続きを見る >

読者になる

OL生活20年を経て、
介護業界に転身!
新たな世界を楽しみつつ
地域密着で生涯現役で
幸せになれる場所を
作っていきたいです。

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス