私のオリジナルのセラピーに「リフレクションセラピー」というのがあります。

これは、クライアントさんに寄り添い、訴えている言いたいことを精査して、
出てきた言葉やイメージをそのままクライアントさんに返して対話していくものです。

このリフレクションセラピーは、
もともと、森川シゲナリさんという方から習った、
覚醒セッションと題した、ジーニーメソッドをベースにしておりました。


で、今習っている「RFTセラピー」のやり方も非常に似ております。

RFTは、理論的に体系立てられて作られており、

どうしてリフレクションセラピー(ジーニーメソッド)がこんなに効果があるのか不思議でしたが、

それが今回、明確にわかった次第です。(^0^)



たとえば、

わかって欲しい、愛して欲しい(欲求)

でも私にかなうわけがない。そう感じてはいけない(抵抗)

その思いを持つことで、相手と繫がっていられる。嫌な感情を感じないですむ(メリット)

など、これらの欲求、抵抗、メリットを見つめていくと楽になれるんですね~。



RFTセラピー誕生のきっかけになっているのが、

ニューアースという書籍だそうです。(RFTセラピストの方のブログより)

 

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

 

『ネガティブな状態になったとき、
あなたのなかには必ずその状態を望む何者かがいて、
そのネガティブな状態を喜びだと感じるか、
それによって欲しいものが手に入ると信じている。』
(P125 病的なエゴより)

結局、そのネガティブな状態(嫌な感じしてますけど)が
無意識にそれが良いと思ってそうしてしまっているのです。

思いや感情のエネルギーを身体に固定化してしまっている状態とも言えます。

これを読んで、すぐに、そうだって認められない方のほうが多いと思いますが。



たとえば、親を責めているとき、
「そのエネルギー状態で得られている『何か』があるのではないでしょうか?」

それは、
屈折しているかもしれませんが、親子の愛の絆かもしれません。

それにきづいたら、、、

『なんだ~~。(*゚∀゚*)』

ってなるかもしれません。

ここをセラピーではほぐしていきます。



さて読者の方への問いです

◆今ネガティブな思いや感情があるとしたら、、、

・身体のどこに感じますか?(感じない方もいらっしゃるかもしれません)

・どんな欲求や思考がありますか?

・それを持っていることのメリットがあるとしたら何ですか?