工具のことならお任せ!!プロの技教えます!

工具のことならお任せ!!プロの技教えます!

電動工具・エアー工具・大工道具のことならおまかせ!為になる情報をお届けいたします!!


テーマ:

芋食えばおならでるなり法隆寺。柴商スタッフごっちです。ごきげんよう!

秋ですねぇ。

季節の変わり目のせいかバタバタしております。

新製品もバタバタ入ってきているので、この紹介ブログのネタも困らなそう。

 

なんか10月はBOSCH祭りだったのですが…どうも11月は、HiKOKIの商品が続いてます!

 

 

本日の商品はなかなかの独自路線、AC/DCアダプタです。

見た目が似ていたので、「お、結構売れてるマキタBAP18のマネか!?」と思いましたが…

 

これが全然違ったんですね~。

こちら、マルチボルト系専用のアダプターなんですが、平たく言うと

充電工具をAC工具化できるアダプター

になります。

 

社長いわく、昔パナソニックで似た用途の商品が出ていたそうなんですが、いつの間にか消えていたとのこと…

 

バッテリっぽいところを充電式工具に差し、もう片方のコンセントをAC電源に接続すれば、「電気式工具」として使えるわけですね。

 

詳しくない私は、「え???コードレスが売りの充電工具をわざわざコードあり工具にするの???」と思ってしまったのですが…聞くところによると、現場でのバッテリー電池切れ、充電忘れ防止でAC機を愛用されている方は多く、同じ機械でもACタイプ、充電式タイプの両方を揃える方もかなりいらっしゃるとのことで。わたくしが勉強不足でございました…

 

なるほど現在二刀流でされている方には非常に便利な商品かもしれません。

 

というか、この商品の登場により、マルチボルトシリーズ全体が、「充電式としてもAC機としても併用できるシリーズ」になりましたね。より価値が高まっていってるかんじです。

またマルチボルトシリーズは、もともと「AC100V機以上の能力」もしくは「AC100V機並みの威力」を充電式で出せるという触れ込みの電動工具群ですので、AC機としてはパワーに欠ける、みたいな事態が起きることもないでしょう。

さらにマルチボルトは2.5Ahとスタミナ低めなのがじゃっかん珠に瑕なので、そちらへのフォローとしても万全。

 

とにかくマルチボルトシリーズに力が入ってるのが分かる新製品です。

MVには今後にも期待!

 

細かいポイントで言うと、まずアダプタ(バッテリっぽい形の電動工具に装着するところ)のコードの接してる部分が可動です。

重箱の隅といえば重箱の隅ですが、本来のAC機よりも地味に動かしやすいとおもわれます。コードが手元で邪魔にならないというか。

また通電ランプ、エラーランプなどもの備えているので状況確認も簡単。

また発電機での使用も可能ということです。

 

注意点としましては、あくまでマルチボルトのみ対応!18V機や、以前の36V機では使えません。

また、ディスクグラインダG3610DA3610DB3613DA3613DB、では、ブレーキの効きが悪くなってしまうため非推奨なのでこれも要注意です。

 

充電式が充分にメジャーになった今こそ必要なアダプターかもしれません!ぜひぜひ御チェックください!

ちなみに、、、ちょっと、、、お値段が、、するんですが…そこは柴商価格でがんばります!ゆえ!

なにとぞよろしくおねがいします!

 

HiKOKI AC/DCアダプタ ET36A

 

ではではごきげんよう~!!!!


テーマ:

ごきげんよう!柴商スタッフごっちです。そろそろ寒くなってきたかんじがしますね…季節のうつろい…

 

はてさて。今回の新製品はこちらなのですが…NT3640DAといいます。

HiKOKIのコードレス仕上釘打機。

別の言い方で言うと、充電式フィニッシュネイラ、ということになります。

 

充電式フィニッシュネイラと言えば、長らくMAXのおはこでした。

「釘打ち機」と名の付く商品はいろいろありますしいろんなメーカーさんが出しているのですが…

 

「充電式」で、かつ「フィニッシュネイラ」である釘打ち機は、MAX以外に作っているメーカーさんが無かったのです。常にMAX一択

 

とにかくエア工具に強いMAX、そのノウハウを活かして作った充電式はやはり評判がよく、他メーカーがほぼ手を出せないまま、MAXの充電式フィニッシュネイラ自体はアップデートを重ねていきまして(TJ-35FN-BC)、頼れる定番商品としての名を恣にしていたわけです。

 

ここにHiKOKIが新製品をねじ込んできたのですね!

いやーおもしろくなってきましたキラキラ!

 

今回の商品、おなじみ36Vのバッテリーマルチボルト蓄電池対応の商品なのですが、HiKOKIが充電式フィニッシュという分野に進出できたのはこのバッテリーがあったからかも。

エア工具の使用感を充電で再現すること自体がかなり難しいようなのですが、MAXの充電式フィニッシュは18V、HiKOKIはマルチボルトで36Vですから、このバッテリーのパワー差でごりおせば道場破りも十分狙えるというわけですね!!

 

そんなわけで、そもそもバッテリーの電圧がダンチです。

 

HiKOKIのチラシには「(国内電動工具メーカーにおいて)ダントツの打ち込み力」というキャッチフレーズがありますが、ダントツも何もライバルがMAXしかいない上にバッテリーのパワー違いますからね…煽ってますねぇ~!

 

実際かなり強力なスペックを誇ります。

 

たとえば使用フィニッシュネイルの長さですが、MAXの方が15mm、20mm、25mm、30mm、35mmとなっているんですが、HiKOKIの新製品はこれに加えて40mmのものも使用可能。

打ち込み時間も短縮され、使用感もかなりエア工具に近いということです。

 

ちなみに、MAXが18Vで1充電あたり4000本の打ち込みが可能。

HiKOKIは36Vで、40mm仕上げ釘のラーチ合板打ち込みが、同じく1充電あたり約4000本。

 

これ、ひとまわり強力なHiKOKIのNT3640DAがすごいとみるか、18Vで釘の長さを押さえれば36Vと変わりなく使えて機能の多いMAXのTJ-35FN2-BCがすごいとみるかは意見がわかれそうですね~…。

値段や重さ大きさに対するコストパフォーマンスで比べると、MAXとHiKOKIは互角、お好みで、というかんじではありますが、単純な威力で比べた場合はNT3640DAの方がひとまわり強力です。

さてさて。では細かい特徴みていきますが…

 

まず先端部分、かなり細い感じになってまして、射出口とプッシュレバーが一体式になってます。

射出口がノーズ中心にあるため、狙った場所に打ち込みやすくなっています。

 

また電源スイッチ部分はこんなかんじ。

オートパワーオフ機能搭載で、意図しない動作を防げるようになってます。

 

またLEDライトが2灯式。

照射部に影ができにくいのでけっこう便利かも。

 

ほか、必須のダイヤル式打ち込み深さ調整や、空打ち防止機構などの機能もついています。

 

というわけで期待の新製品になっております!

 

そもそも充電式フィニッシュネイラって、充電式フィニッシュネイラであるだけでそうとう便利なところがあります。ホースなしで内装、軽天、型枠作業ができるのは大きいです。

なのでもしマルチボルトをお持ちである、もしくはお持ちの工具が日立派であるという方は、こちらがよいんじゃないかなと思います。

 

いずれにせよ選択肢が増えたこの「コードレス仕上げ釘打機」ですので、ぜひぜひお試しいただきたいです。

これを機に、電動工具としてもメジャーな商品に!なっていくかも!

 

コードレス仕上釘打機

NT3640DA

 

もろもろなにとぞよろしくおねがいします~。

ごきげんよう~!

 

 

 

電動工具・エアー工具・大工道具の大阪日本橋「柴商」

ブログのランキングサイトに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援お願いいたします!


大工施工職人 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングヘ 


ペタしてね



読者登録してね


テーマ:

こんにちは!

柴商スタッフのっちです!

 

今日は、題名にも書いた通り、ジェントスからハイスペックなLEDフラッシュライトなるものが登場しております!

レスキューの現場や、山林・港湾などプロにもおススメできるLED!!

ジェントスと言えば、「懐中電灯(フラッシュライト)」「ヘッドライト」「ランタン」など、

業務用からアウトドア製品に至るまでライトのプロ会社ですキラキラ

今日ご紹介するLEDハンドライトはどの商品も明るさが半端ないので、絶対人に向けるとか、直視したらダメですよ!!

お分かりだと存じますが。。。。

 

その会社がもっとハイスペックなものをキラキラ!と出したのがこの4アイテム!

 

UT-1000M

明るさ最大1100ルーメン

照射距離:1km

充電池や乾電池どっちも使えるハイブリットタイプ

↑これ便利!

 

UT-226R

明るさ最大10500ルーメンひらめき電球

照射距離:503m

チップタイプLED 4灯搭載

AC充電式タイプ

専用の充電池を使用するタイプです。

 

UT-3200H

明るさ最大3200ルーメン

照射距離:405m

充電池&乾電池どっちも使えるハイブリットタイプ目

 

UT-3000R

明るさ最大3000ルーメン

照射距離:381m

AC充電式タイプウインク

専用充電池使用です。

 

UT-1000MやUT-226Rなどは、本体質量が重いので、ショルダーストラップが付いています。

もう、片手持ちだと重たいだろうから、ショルダー掛けしちゃってね。的な。

 

すんごいハイスペックなフラッシュライトです。

超ハイスペックなパワフルLEDのご紹介でした~ビックリマーク

 

 

電動工具・エアー工具・大工道具の大阪日本橋「柴商」

ブログのランキングサイトに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援お願いいたします!


大工施工職人 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングヘ 


ペタしてね



読者登録してね


テーマ:

ごきげんよう!すっかり肌寒くなりましたね…柴商スタッフごっちです。

 

本日ご紹介の品は、まさに今日店頭にも入ってきたほやほやの品です!

早速ネット販売も開始しますのでよろしくおねがいしますなり。

 

というその品、マキタの集じん機。

…この商品、なんか情報よりも実物が先に届いたという販売店が多いみたいなんですよね。うちもや…。マキタからのサプライズプレゼントですかね!?ドキ…

 

電動工具のあるところ、集じん機無くては立ち行かないわけですが、その中ではばりばりマキタが売れております!

当店では独壇場みたいなとこがあるんですが…どうなんでしょう。

互換性の問題もあるでしょうが、種類豊富なのがよいのかしらと思ったり。

 

ほんで、この種類豊富さ、まったく衰えることなく増え続けてます。

 

いつでしたか集じん機シリーズが一新し、登場時から既にサイズなどかなり豊富に取り揃えていたのですが…。

そこからさらに「充電式」集じん機や、それが無線連動対応したものが登場し、「背負い式の」「無線連動」「充電式」集じん機なども出だしてからまた売れだしてるんですよね!

 

そのあたりを踏まえてでしょうか。今回またひとつ新たなタイプが仲間入りです!

今回は「可搬タイプ、コンパクトな充電式」の集じん機になります。

 

 

イメージ画像にあるとおり、持ち運ぶことを念頭に置いた商品になってます。

 

可搬タイプ、最近の新製品で、「充電式」で「背負い式」の集じん機、というのがございまして、そちらは完全にフットワークの軽さを重視したタイプ、容量は2ℓと少なめに設定されてました。

そこを今回はグっと大容量の7.5ℓです。ベーシックな容量にはちょっとだけ足りないねくらいの容量ですウインク

 

また、最近なぜかぐいぐい売れだしている「充電式」集じん機VC862DZというのがあるんですけど、こちらと比べると重さ・サイズがぐーっと下がってます。俄然持ち運びはしやすいです。

 

つまり、感覚的にはVC265と、VC862の、中間、てかんじだと思うんですが…

 

ただし、引き合いに出してきた2点は、18Vバッテリを2個使う18V+18V→36Vシリーズです。めっちゃ強力なやつです。

今回は18Vバッテリー1個で動くタイプになっています。これによりサイズや重量をグッと減らしてます。

なのでその分パワーはもちろん下がるのです。

ただそれでも吸込み仕事率80W→50Wと、パワーダウン自体をかなり抑えているように思いますね。(というか、使用用途によっては吸込み力はそんなに要らないかもですしね…)

連続作業時間は強モードで約36分とやや少なめかな。標準モードなら1時間ちょいもつので通常使用には問題ないかと思います。

 

いわゆるベーシックな集じん機ほどの威力はいらないけど、集じん容量は欲しいし、ちょっと持ち込んで清掃、また別の場所に持ち込んで置いて清掃、くらいのフットワーク…

 

スティック型のコードレスクリーナーよりもパワフル、集じん容量も多いタイプ、というかんじ。

 

マキタは、ベーシックな集じん機でももともと強力・大容量なので、複雑な現場には丁度よいかんじの集じん機ではないでしょうか。

まああとこれはアレですね。排気側にホースを接続すると、ブロワ作業ができるというのが1個特徴です。

サッシレールのゴミ飛ばしくらいのかんじですが、可搬性が高いという特徴とも相性が良さげです。

 

なお、乾湿両用です!

 

ちなみにそこに関して1つ注意点がありまして、今回の商品は、新作の『HEPAフィルタ』を採用しています。

これが、一回水を吸ったあとにそのまま集じんしてしまうと大惨事になるそうなのです。

ということで、水を吸ったあとはかならず乾かして使ってくださいウインク

 

さてさて。今回、わりかしライトな商品なので、案の定お値段がとってもいい感じです。

 

あ、でもですね、柴商のページで見ると、一見他の商品より高く見えるんですよね…

 

というのは、集じん機というと、基本的に「本体のみ」の販売が多く、バッテリを使用する商品でも別売りなことが多いのですが、今回はバッテリ1個使用なことも関係あるのかセット販売があります!

ということで一瞬高く見えるけど、それはバッテリついてるからです!持ってる人は本体のみをご購入ください!

バッテリセット自体はお得になってます!!

どこもそうなんですけど、電動工具はやっぱりバッテリーが高いんですよね。値段のほとんどはバッテリーが占めている…まあそれは置いといて。

 

標準付属品として伸縮ホース、ワイドノズル、サッシノズル、そして可搬性の象徴・ショルダーベルトが付属しています。別途ご購入の必要はないですよ~。

また、別売部品もおいおい充実させていく予定ですので、ちょいちょい覗いていただけたらうれしいです。

 

というわけで、売れてるゆえに充実していくマキタの集じん機、VC750Dのご紹介でした。

 

 

動画も撮りやした。。!

 

ほいではごきげんよう~!

 

 

電動工具・エアー工具・大工道具の大阪日本橋「柴商」

ブログのランキングサイトに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援お願いいたします!


大工施工職人 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングヘ 


ペタしてね



読者登録してね


テーマ:

ごきげんよう!柴商スタッフごっちです!

 

最近、どうも社長が実店舗の商品で自分の好きな音楽を流して楽しんでましてね。ヨーメーン。

もちろん商品の現場用スピーカーで流してます。よく鳴ってるのはこれかな。

 

趣味で楽しんでるわけですが、なんとなく華やかになってよいですナァ。

 

しかし現場向けスピーカーって音楽を聴くためだけのものじゃないこと多いですよね。LEDライトとセットになった商品も多いし。

趣味で聞くものではなく仕事場で使うものなので当たり前といえば当たり前なんですが…

 

まあ季節もすっかり落ち着いて参りまして、これから日照時間がごりごり削られていくので…

電動工具界隈では、これからしばらくはLEDライトの新製品期です。

 

そんな秋の日の本日の商品、スピーカー兼ワークライトでございます。とてもミニですが。

タジマのLEDワークライト、R061です!

 

それこそちょうど1年くらい前ですかね、タジマがスピーカー兼ワークライトのR151R401という商品を販売開始したんですが、これが去年から今年にかけて当店でも上々の売れ行きだったと記憶してます。

 

このふたつは今もまだまだオススメ商品です!

 

そちらも同じくスピーカー兼ワークライトだったのですが、品質・能力が高いのもさることながら、演色性が高く「色が正しく見える」機能が出色でした。色だけに。

 

このスピーカー搭載ワークライトに、手のひらサイズが加わりました!

なんか1年遅れてでてきたこともあって、孫ってかんじですね…

 

製品の寸法は、タテが16cm、ヨコが6cmちょい、厚みは2cmちょい。スマホよりひとまわり大きいサイズといえばしっくりくるかんじでしょーか。

 

R151R401はむしろ三脚で立てたりもできるサイズで、光量も屋外を照らせるような代物でしたが、今回はキャッチフレーズが「腰袋で携帯するパーソナルエリアライト」ということです。ちょっと別物ではあるんですが…

 

ただ、このシリーズの特徴である「フラッドライト」は健在です。

 

フラッドライトは、作業エリア全体を広~く照らせるのと、なんといってもムラがないのが特徴。

ハレーションが少なく、まんべんなく照らしてくれます。

 

なんか写真だと暗く見えますね…

実際のスペックは300ルーメン/600ルーメンとかなり明るいんですが!

 

また前述した「演色性」もRa>80。

色温度調整などはついていないものの、R151の方と同じくらい色が正確にわかります。

あと、継続機能としてうれしいのは「フリッカー対策回路」の搭載ですね。明るさを落としてもチラつきがないです。

 

ですのでね。

このシリーズはほんとに正確に、まんべんなく、照らしてくれるというかんじ。

 

ということで、コンパクト・一人用ですが作業灯としては充実スペックではないでしょうか。

 

明るさとそれに対応するランタイムは、300lmで4時間、600lmで2時間。

 

また金属面に設置できる可動式マグネット付きスタンドを搭載。

 

 

あと音楽も、出力が5WなんでR151と同じ位は音出るんですよね。Bluetooth対応でスマホと同期して使います。

これも高音質なのが売りです。

 

IPは54で、前ふたつは65なので防じん・防水とも一回り下がるんですが、携帯するライトとしては高いくらいじゃないでしょうか。

充電は専用ACアダプターがついてます。

 

ヒットシリーズの美点を、うまいこと継続搭載して小型化してくれた商品ということで、ぜひぜひうまいこと使ってもらえたらいいなと思います。

 

こちらはタジマさんが上げてる動画です↓

 

なにとぞよろしくお願いします~

TAJIMA スピーカー搭載LEDワークライト LE-R061

 

ではでは~ごきげんよう~!

 

 

 

 

電動工具・エアー工具・大工道具の大阪日本橋「柴商」

ブログのランキングサイトに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援お願いいたします!


大工施工職人 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングヘ 


ペタしてね



読者登録してね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス