中本建築工房のブログ

中本建築工房のブログ

仕事から世間話まで

 皆様世間ではコロナで大変な事になっておりますが、お体大丈夫でしょうか。

ご無沙汰ばかりでいきなり失礼な内容ですいません。

 このブログもそうですが、与謝野町(旧野田川)に住まい・商売を構え早20年が過ぎています。

これまで、こちらに安住できているのは地域の皆様をはじめ仕事を支えていただいた社員、業者様のおかげです。

最近、試練なのか色んな問題が私に問いかけてきています。

その中の一つを、このブログで記載させていただきます。

平成30年より与謝野町内で教育施設統廃合を進める動きが出てきました。

私も知らなかったのですが、平成27年与謝野町公共施設白書ができ現在は実施計画まで作成されているようです。

今回、私達が問題にしている事は、与謝野町内中心にある。野田川中央公民館、加悦体育館が取り壊され平成でいいます34年に

認定子ども園を建設するという内容です。

与謝野町の財政が厳しいようで、旧三町 岩滝・野田川・加悦から老朽化した建物を排除していく。

お金がないから、旧3町に体育館、3つもいらないからだそうだ。旧加悦町の体育館は数年前に利用者が少ないにも関わらず改修工事を行っている。

 野田川体育館は与謝野町で利用者数が多く、与謝野町の中心に位置しています。

説明会では、お金がないから新しくお金をかけたくないと私には聞こえました。

しかしながら、利用者の少ないクアハウスには莫大な費用をつぎ込み改修をし、委託先へも相当な費用が流れている。

新しく旧加悦町へも認定子ども園が計画されているようだが、道路に費用を使うような噂が流れてきます。

給食センターも岩屋小学校を撤去し新築するような噂も流れています。

お金がないのに撤去し新築する?のが本当ならおかしくないでしょうか。小学校を利用し最小の出費にするのが道理ではないのでしょうか。

 与謝野町には、まだ旧三町時の庁舎を利用しています。一つは耐用年数がはるかに過ぎている建物が放置され、

与謝野町本庁舎はつぶされようとしている野田川中央公民館と同じ耐用年数であり、与謝野町本庁舎はどうなるのでしょうか。

こんな小さな町に庁舎が3つもいるのでしょうか。旧岩滝の体育館もすぐ耐用年数が来ます。どうされるのでしょうか。

野田川体育館・商工開館・中央公民館・図書館野田川分室などの取り壊しの見直しを求める請願書をあつめ、8433名の署名を提出しましたが、なんと主旨採択となり現在、町の方向で7月より第三者委員会が設けられ来月で第3回目となります。

反対されていました議員さんの中には町民のために声を議会に届けるといわれた議員さん・・・傍聴にも来てませんが。

私も傍聴に伺い、2回目に反対発言をしてきました。地域住民、小さい子から大先輩方が利用しています。

仕事がら各家庭を伺うと、昼間から健康増進に体育館を利用している年配の方から私らに死ねって言うんか?

と聞かせてもらったりと・・・町民の理解を得ず動こうとしている事に憤りを感じます。

野田川、加悦の皆様に届いてほしいです。民主主義ではありません。町民の声が届きません。

与謝野町は1つ、岩滝が主町ではないはずです。第三者委員会にも傍聴にも来てもらい是非、関心を持っていただきたいです。

地域の大切な子ども達にも勿論認定子ども園は必要なのかもしれません。しかし、地域住民の憩いの場をなくしてつくるような

場所ではないことをこの場で伝えたいです。

 このまま、第三者委員会で撤去の方向性で進むようなら再度、看板増設、署名運動が再開されるでしょう。

第三者委員会で良い方向性が導き出され、野田川体育館、中央公民館他、長寿命の改修工事がされます事を祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

ご無沙汰ばかりですが、

本年もよろしくお願い申し上げます。

経済、世間様の変動も激しくどのような1年に

なるか心配ですが精一杯努めていきますので

応援よろしくお願いします。