究極の救世主のブログ

究極の救世主のブログ

キュウレンジャーの感想ブログを始めました

なるべく、皆さまに読みやすく わかりやすく
楽しい記事を見てもらえるようにがんばります。

記事を気にいっていただけたら、
『いいね!』をしてくだされば嬉しいです

女性大臣で印象に残ってるのは誰?


だれもいません。


▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


前回のあらすじ:過去の時間に行ったはずの
チャンプが、フクショーグンと共に現れた


仲間だった、チャンプに手が出せず
大ピンチのキュウレンジャーの前に
なぞの覆面戦士が現れた。


「少年よ、訂正させてもらう
ワガハイ… あっ、いや、俺の名前は

『ヤギュウジュウベエ』!
チャンプではな〜い」

ラッキー「えっ?」

ガル「別人なのか?
チャンプのダンナによく似たやつじゃのう」

ラッキー「いやいや、チャンプだろ」

ヤギュウ
「いやいや 、ちが〜う!」

ショウ「チャンプだよね?」

ラプター「チャンプです。」


ヤギュウ「そして、もう1つ!
こいつもチャンプじゃねえ!」


キュウレンジャーが見ているまえで
チャンプ?に襲いかかる。

ヤギュウ「これが、こいつの正体だ」


火の海につつまれ
装甲がはがれた、チャンプ?は…


(ジュウオウジャーの
アザルドの正体みたい)


ククルーガ「もう、バレたか!
こいつはジャークマターによって開発された

『牛型汎用破壊兵器』
(うしがた はんようはかいへいき)ゼロ号だ

装甲がはがれたゼロ号の
肩のレーザー砲もパワーアップしている。

『タテキュータマ』

ラッキー「小太郎
ハミィとスパーダを安全なところに!」

『スターチェンジ!』


ヤギュウ「そいつは
俺の敵だと言ったはずだ!」


ラッキー「のぞむところだ!」

ツルギ「スティンガー、ガル
やつらはまかせた!」

1人で、ゼロ号と決着をつけようとする
ヤギュウジュウベエに異変が起きた。



体中が感電し、敵 味方みさかいなく
暴れはじめたのだ。


〜一方、ラッキーたちは〜


『ギャラクシー』

「ダブルスターインパクト!

ククルーガ「ククル〜ガ!」

ツルギ「どんなに攻撃しても
吸い取られちまう」

ククルーガ「クッ それだけじゃないぜ!」

吸いとったキューエナジーを
増幅して、ラッキーとツルギにぶつける。

ツルギ「なんてこった
攻撃をそのまま返した」

ククルーガ「もっと攻撃してこいや!」

ツルギ「このままじゃ、まずい… ひくぞ!」

『ヒカリキュータマ タイヨウモード』

タイヨウシシレッドになって
ククルーガを目くらまし、退却する

そのころ、スティンガーたちは
暴走するヤギュウジュウベエに
手を焼いていた。

 サソリオレンジは果敢にも
キュースピアで

ヤギュウジュウベエの暴走を
止めに入った

スティンガー「チャンプ!しっかりしろ!」

ヤギュウ
「あああーっ!ううっ… ん? ここは?」

スティンガー「正気にもどったか」


スティンガー「とつぜん、暴れだした」

ヤギュウ「ぐうぅ〜っ!
また暴走しちまったか…!」

スティンガー「なにがあった?チャンプ」

ヤギュウ
「ワガハイ… いや、俺はチャンプではない
たしかに、『チャンプ』って名前の
ロボレス仲間はいるがな」

ガル「ヤギュウさん
ダンナの知り合いのレスラーか!
それで覆面を… おっ」

ヤギュウ「ゼロ号は俺がやる
だから、おまえたちは手をだすな」

ガル「どうする?スティンガー」

その時、セイザブラスターから通信が。

ラッキー『そっちはどうだ?』

スティンガー
「ゼロ号とかいうやつには、逃げられた」

ハミィ『チャンプは?』

ガル「それが、やっぱり他人の空似じゃけえ
ヤギュウさんはチャンプのダンナの
ロボレス仲間らしいガル」

みんな
『いやいや、いやいや… それはない!』

(ブー)

小太郎「ガル… バカなの?」

ショウ「コラ。」

ガル『なにっ…!?』

みなさんは、ヤギュウジュウベエの正体
もう、わかりましたよね?


スティンガー『あいつはチャンプとは別人だ

ガル『だろ?』

ラプター
「ガルはしかたないとして
スティンガーまで、いったい
どうしちゃったんでしょうか?」

(しかたないんだ)

ショウ「何か考えがあるんだろう」

ラッキー「それにしても、どうして
チャンプは変装なんかして…」

ハミィ「あの、やばいロボットと
何か関係あるのかな?」

ツルギ「…ククルーガが
気になることを言っていた」

ククルーガ(こいつは
ジャークマターによって開発された
牛型汎用破壊兵器ゼロ号だ)

ツルギ「おそらく、あれは
チャンプのプロトタイプ

そして、それがジャークマターによって
開発されていた…」

スパーダ「つまり
チャンプはもともと…」

(なんですとー!)

ヤギュウ「どこ行った? …また、おまえらか
手をだすなと言ったはずだ」

スティンガー
「おまえの知り合いの話を聞きたい
俺の… 相棒の話を」

(ナイス!)

ヤギュウ
「うっ… いいだろう
ワガハイ… いや、俺が
やつから聞いた話を教えてやる

やつは過去で、ショウ・ロンポーを
コールドスリープさせてから

生みの親であるアントン博士に
会おうとした。」

スティンガー「博士が、あの時代に
生きていたというのか?」

ヤギュウ「ああ… アントン博士は
何度もサイボーグ手術をくりかえし
生き続けてきた人だからな。」

ガル「それで、チャンプのダンナは
博士に会えたのか?」

ヤギュウ「いや… 会えなかった
だが、その中で博士の素性を知った… らしい


スティンガー「そんな…!」

スコルピオ(知らないようだな
やつはジャ-クマタ-の人間だった)

てっきり、ジャークマターに堕ちた兄が
口からでまかせを言っていると
思っていたが…

スティンガー
「スコルピオの言っていたことは
本当だったのか 」


ヤギュウ「追えば追うほど
それが真実だということが
わかった… らしい

やつは、自分が
正義のロボットじゃないことを
知ってしまった。暴走が何よりの証拠だ」

ガル「暴走したのは
ヤギュウさんじゃねえか」

ヤギュウ「ああっ!あっ、いや、その…
チャンプも過去で暴走するようになった!
…と言っていた」

ガル「そうか!
さすが、すがたが似てるだけあるガル!」

スティンガー「あの戦いのダメージで…」

バランス(もし
記憶装置までこわれてたとしたら)

ナ-ガ(もとのチャンプには
もどれないのか)

ヤギュウ「おまえが気に病むことじゃない
もともと、そう作られたんだ」

スティンガー「最後に、1つ聞かせてくれ
どうしてチャンプは帰ってこない?」

ヤギュウ「みんなに顔向けできねえ
正義のロボットじゃない以上

キュウレンジャーとして
戦う資格はねえ。

正義は ここに、ねえんだ!
…って、やつが言っていた」

ガル「なんじゃそりゃ
帰ってきたら、ぶん殴っちゃる!」


ヤギュウ「えっ?」


ガル「ヤギュウさんよ。
チャンプのダンナに伝言をたのむ

俺たちはダンナの正義を信じてる
だから、俺たちをたよれってな!」

ヤギュウ「ああ…」

キュウレンジャー34話 本編感想。
(中編)に続きます