一般社団法人日本褒め言葉カード協会    藤咲徳朗のブログ

一般社団法人日本褒め言葉カード協会    藤咲徳朗のブログ

~褒め言葉カードで仕事も家庭も幸せに~

【日本褒め言葉カード協会のミッション】http://homekotoba.jp
・褒め言葉カードの浸透により仕事も家庭も幸せな大人をつくること
・ES(従業員満足)に満たされた思いやりのある、笑顔あふれる会社にすることにより、業績を上げること
・家族が褒め言葉を使うことにより、健全な自己肯定感を持つ子供たちを育成し、子どもたちに夢と希望を与えること

~毎日1分間読むだけでストレス解消!~
仕事もプライベートも幸せになる
「褒める・認める・感謝するメールセミナー」
こちらがメルマガ紹介サイトです。→
melma_bannaer

よろしければ毎日元気になれる
こちらのメルマガを大切なお友達にご紹介くださいね。

こんにちは、
藤咲徳朗です。


~毎日1分間読むだけでストレス解消!~
仕事もプライベートも幸せになる
「褒める・認める・感謝するメールセミナー」
メルマガ2663号になります。


子供たちを見ていると、
自分の過去を思い出します。

成人式を迎えた大学3年生の長男がいます。

大学に慣れてきて、
お酒を飲むことも楽しんでいる息子を見ていると、
自分の大学生時代を思い出しました。

これからも子供が年を取っていくたびに
自分がその年齢のときに何を考えていたのか、
どのように過ごしていたのかを思い出すでしょう。

息子を見ていると、そこには20歳に戻った私がいます。

息子が、
大学を卒業したとき
社会人になったとき
結婚したとき
子供ができたとき

いずれも自分の過去を思い出して、
わたしは気持ちがその年齢に戻ってしまっているでしょう。

だから、
子どものおかげで二度目の人生を歩んでいる感覚です。

この感覚があるので、
子どもと比べるのは当時の自分です。

すると、
子どもを怒ることがほとんどありません。

昔の私に比べたら
どんなことも“頑張っているなぁ”と
感心することばかりだからです。

大人になった今の自分の物差しで見てはいません。
だから、こどもはよいところばかりに見えるのです。

藤咲徳朗



●スリーグッドシングスファシリテーターとは

スリーグッドシングス(3つの良かったこと)を書いて
シェアーし合うグループの主催者であり、
スムーズに運営する運営者と定義しています。

このセミナーを受講すると、
スリーグッドシングスファシリテーターとして
活躍できるスキルとノウハウを学ぶことができます。

●こんなグループを作りたい方おいでください
・グループのチームワークがいい
・笑顔があふれている
・誰もが思いやりの言葉をかけている
・相互の交流がありわきあいあいとなっている
・お互いに関心をもっている
・学びあい助けあいのグループになっている
・感謝の言葉で満たされている 

このようなグループを作ることができるのが、
スリーグッドシングスの実施です。
ただし、うまくおこなわないと効果はありません。
うまくおこなうコツは
スリーグッドシングスファシリテーターセミナーを
受講すると学ぶことができます。

スリーグッドシングスファシリテーターになって
素敵な仲間たちのグループを作りませんか!!

●スリーグッドシングスの3つの効果
スリーグッドシングスをグループで実施すると、
3つの大きな効果が期待できます。

1 グループの仲間たちに「褒める・認める・感謝する」習慣ができる
2 おもいやりと優しい言動にあふれるグループが作れる
3 ラポールが強化されて、このグループにいてよかったと幸せで満たされる

●受講者の三大特典

1 オリジナルテキスト(パワポ)のプレゼント
2 セミナー修了証の授与
3 企業研修の受講者が喜ぶノベルティー商品のプレゼント

【スリーグッドシングスファシリテーターセミナーのご案内】
超短期集中セミナー第1期生募集!!
いずれか1日ご受講ください。

★日程 東京
・5月3日(金)祭日⇒https://resast.jp/events/918632

・6月2日(日)  ⇒https://resast.jp/events/918633

★日程 大阪
・4月29日(月)⇒https://resast.jp/events/918617

・7月25日(木)⇒https://resast.jp/events/918631

★時間 いずれも午後1時~午後6時
*先着5名の定員になり次第、募集は停止致します。
*スリーグッドシングスファシリテーターになれます。修了証の授与します。



★編集後記

公共の施設や乗り物などで
赤ちゃんが泣くと怒る人がいます。

レストランで子どもが走り回ると
「親は何をしているんだ」と怒る人もいます。

そのような人は、
自分が赤ちゃんだったころや
子供だった頃を思い出すといいと思っています。
思い出すのができなければ想像するのです。

泣かない赤ちゃんはいません。
誰もが赤ちゃんの頃は大声で泣いていたのです。

そして、
誰もが子供の頃は元気に走り回っていたのです。

そこにいるのは昔の自分だと
イメージすると分かることがあります。

自分もそうだったのです。

そう思うと、
おだやかなやさしい気持ちになれるはずです。

追申
高校一年生の娘から、
高校の話を聞くと、
やっぱり高校生の自分に会うことができます。
どんな大学に行くのか、
将来どうなるのか不安だそうです。

誰もが、そんな時代があったことを思い出すと、
やさしい気持ちになれるでしょう。

こんにちは、
藤咲徳朗です。


~毎日1分間読むだけでストレス解消!~
仕事もプライベートも幸せになる
「褒める・認める・感謝するメールセミナー」
メルマガ2662号になります。


~すてきな引き寄せの波がやって来る~
「7つの幸せ行動力アップ!
コンプリメントコミュニケーションセミナーを
受講された柳沼史恵さんの感想をご紹介いたします。

――――――――――――――――――――――――――――

藤咲先生、素敵な笑顔のみなさまと、心から笑い、
時には涙しながら学べ、とても幸せでした。
ありがとうございました。

自分をもっと好きになれば、未来は変わるのかな…?と感じていました。
自分を褒めるということが上手にできないことが悩みでした。
自分へのダメ出しばかりの人生でした。

6回のカリキュラムを受講する中で、
あるとき「ん?」と、なんとなく肩の力が抜けてきている自分に気づき、
自分の思考も少しずつ、
柔らかな受け止め方になってきているような感覚を覚えました。
驚きです。
できない自分に対しても、優しく受け止められるようになりました。
また、ワークで学んだ応え方やあいづちが
日常のコミュニケーションの中で少しできると、
相手の嬉しい表情や思いがけない優しい言葉に出会う機会も増えました。
温かなコミュニケーションがとれるようになっていきました。

自分の良い変化に気づくことで、心が明るく軽くなり、
自分との対話が自然にできるようになりました。
「~でなければいけない」という
勝手なルールを作っていたのは、自分自身でした。
「もっと楽に生きてもいいんだよ」と、心から自分を許し、
過去の厳しい捉え方の自分に対しても、
頑張って偉かったねと認められるようになりました。

そして、力を抜いて過ごしていた方が、
意図せず幸せなできごとに巡り合える可能性が、
たくさんあることに気づくこともできました。
「相手は自分を映す鏡」。
相手を変えるのではなく、自分の心の在り方が変わることで、
コミュニケーションは激変すると感じました。
幸せになれるか、なれないかは自分次第でした。
受講できて本当に良かったです。

このセミナーはセルフイメージをアップさせたい方、
幸せになりたい方、
藤咲先生・素敵な優しい受講生の方々に会ってみたい方におススメです。

自分自身の心の在り方が変わると、
いままで想像もできなかった幸せな未来がイメージできました。
力を振り絞ってイメージするのではなく、
ふんわりとそれができてしまうワクワクをぜひご体験ください。
藤咲先生、いつもありがとうございます。
心が変わるという事は難しい事だと感じておりました。
こんな風に皆さんと毎回楽しく学びながら、
深い気づきをいただけた事に心から感謝でございます。
いつも温かいメッセージありがとうございます。
家族の良いところに日々気づく事ができ幸せです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

――――――――――――――――――――――――――――――

柳沼史恵さん
すてきな感想をありがとうございます。


藤咲徳朗



【コンプリメントコミュニケーション第4期のお知らせ】
第4期は5月からスタートします。

詳細とお申し込みはこちらになります。
⇒http://homekotoba.jp/?page_id=9675

人間力を向上させたい方おいでください。


人間力はパソコンで言うとOSのようなものです。
OSは、Operating System(オペレーティングシステム)の略で、
パソコンの操作やアプリなどを使うために必要な
ソフトウェアのことを指します。

このOSが古いままだと、
どのようなソフトを入れても上手に動かすことができません。
元々備わっている人間力のバージョンアップができるのが
コンプリメントコミュニケーションセミナーです。

コンプリメントコミュニケーションセミナーでは、
その機能をバージョンアップさせる五感体験型の
オリジナルのワークをおこなって、
脳内記憶にダウンロードしていきます。

その効果は絶大です。

受講者から次のような声が上がっています

・セルフイメージのアップにより、対人関係がよくなった!
・仕事がうまくいくようになり評価があがった!
・独立開業して売上が1000万円超えた!
・家族との関係がよくなり幸せを感じる毎日を過ごせるようになった!

令和6年5月から
コンプリメントコミュニケーションセミナー第4期がスタート致します。
6ヶ月間、毎月一回ZOOMを使ったオンラインセミナーで
人間力の向上をおこなっていきます。

詳細とお申し込みはこちらになります。
⇒http://homekotoba.jp/?page_id=9675

最高に幸せな人生を手に入れたい方、
おいでくださいね。


★編集後記

コンプリメントコミュニケーションを
習慣化できた結果として、
柳沼さんは家族の良いところに日々気づく事ができました。
幸せを感じながら毎日を過ごすことができるようになりました。

家族も柳沼さんのことを大切に思って、
愛と感謝を伝えてくれています。
「生きていてよかった」柳沼さんが
セミナー中の感想で話してくれました。

こんな最高の人生が歩めるのは、
まわりの人たちや、
家族にコンプリメントコミュニケーションを
柳沼さん自身が実践していたからなのです。

人間力を向上させて、
仕事もプライベートも幸せになれる
コンプリメントコミュニケーションオンラインセミナー第4期
5月からスタートします。

詳細とお申し込みはこちらになります。
⇒http://homekotoba.jp/?page_id=9675

こんにちは、
藤咲徳朗です。


~毎日1分間読むだけでストレス解消!~
仕事もプライベートも幸せになる
「褒める・認める・感謝するメールセミナー」
メルマガ2661号になります。

よかったと思う感情もトレーニングしないとなりません。
肉体のトレーニングと同じように、
よい感情もトレーニングをすると育成できるのです。
夜に3つのよかったことを思い出して、
言葉にして書くことは、
自分のできる一番簡単な感情のトレーニング法なのです。

3つのよかったことを書いていると、心が喜んで、
自分の心が笑顔になっているはずです。
自分の心を笑顔にする時間が、最高のトレーニングの時間なのです。
そのときの自分の感情に合わせた言葉を使うことで、
自分の感情を知ることができます。
その自分の感情をまわりの人に伝えることで、
良好なコミュニケーションを取ることができるのです。

ところが
感情を表現する言葉を学ぶ時間を取っていなかった人が多いのも事実です。
3つのよかったことを仲間とおこなっていると、
仲間から自分が使わなかったような感情を表現する言葉を学ぶことができます。
まったく聞いたことのないような言葉も学ぶことができます。
さまざまな意味と使うべきとき、場面を知ることで、
より正確に自身の感情を自分でも理解し、
相手に伝えることができるようになります。

だから、よかったことだけの事実を書くだけでなく、
プラス自分の感情も書くと感情のトレーニングになります。
よいことが記憶に残りやすくなります。

たとえば、よかったこととして
「雨が降っていたので家で家族とすごろくをしたり、
トランプをしていっぱい遊んだ」と書くだけでなく、
そこに自分の感情を入れるのです。

「雨が降っていたので家で家族とすごろくをしたり、
トランプをしていっぱい遊んだ。
子どもの笑顔と妻の笑顔が見られてうれしかった」

このように感情を入れて書く習慣ができると、五感が磨かれてきます。

優秀なビジネスマンほど、日常では感情を抑えて仕事をしています。
ビジネスでは感情を入れない方がうまく行くからです。
それが習慣になり五感が目詰まりして錆びついているので、
感情を表現するのが苦手なのです。
よかったことにプラスして感情を入れた言葉を使って五感を磨きましょう。

参考
(著者 藤咲徳朗 発行 セルバ出版)
今回のメルマガは、
この本の103ぺージと198ページを参考にしました。

おかげさまで大好評です!
アマゾンサイトはこちらです⇒https://qr.paps.jp/36BUb

藤咲徳朗


●スリーグッドシングスファシリテーターとは

スリーグッドシングス(3つの良かったこと)を書いて
シェアーし合うグループの主催者であり、
スムーズに運営する運営者と定義しています。

このセミナーを受講すると、
スリーグッドシングスファシリテーターとして
活躍できるスキルとノウハウを学ぶことができます。

●こんなグループを作りたい方おいでください
・グループのチームワークがいい
・笑顔があふれている
・誰もが思いやりの言葉をかけている
・相互の交流がありわきあいあいとなっている
・お互いに関心をもっている
・学びあい助けあいのグループになっている
・感謝の言葉で満たされている 

このようなグループを作ることができるのが、
スリーグッドシングスの実施です。
ただし、うまくおこなわないと効果はありません。
うまくおこなうコツは
スリーグッドシングスファシリテーターセミナーを
受講すると学ぶことができます。

スリーグッドシングスファシリテーターになって
素敵な仲間たちのグループを作りませんか!!

●スリーグッドシングスの3つの効果
スリーグッドシングスをグループで実施すると、
3つの大きな効果が期待できます。

1 グループの仲間たちに「褒める・認める・感謝する」習慣ができる
2 おもいやりと優しい言動にあふれるグループが作れる
3 ラポールが強化されて、このグループにいてよかったと幸せで満たされる

●受講者の三大特典

1 オリジナルテキスト(パワポ)のプレゼント
2 セミナー修了証の授与
3 企業研修の受講者が喜ぶノベルティー商品のプレゼント

【スリーグッドシングスファシリテーターセミナーのご案内】
超短期集中セミナー第1期生募集!!
いずれか1日ご受講ください。

★日程 東京
・5月3日(金)祭日⇒https://resast.jp/events/918632

・6月2日(日)  ⇒https://resast.jp/events/918633

★日程 大阪
・4月29日(月)⇒https://resast.jp/events/918617

・7月25日(木)⇒https://resast.jp/events/918631

★時間 いずれも午後1時~午後6時
*先着5名の定員になり次第、募集は停止致します。
*スリーグッドシングスファシリテーターになれます。修了証の授与します。



★編集後記

スリーグッドシングス(3つのよかったこと)を一人で書いている人からの
質問がありました。

1カ月以上書き続けているけれど、
幸せ感もなく、何も変化を感じないという質問でした。

どんなふうに書いているか聞いたら下記のようなものでした。

今日の3つのよかったこと
1,    仕事が早く終わったこと
2,    会社の長い会議が今日は短かったこと
3,    オンラインセミナーが受講できたこと

まるで業務報告のようなよかったことになっていました。
そして、いっさい、感情語が入っていませんでした。

これだとよいことを引き寄せることはできません。
幸せ感もありません。

『開運の魔法!3つの良かったことが幸運の扉を開く』には
感情を入れて書く以外の幸せ感を得るコツをたくさん書いています。

参考にしてくださいね。

そのとおりにやって、
わずか2週間で幸せ感を得ている人もいます。
1カ月間続けて家族との関係がとってもよくなった人もいます。

追伸
『開運の魔法!3つの良かったことが幸運の扉を開く』
(著者 藤咲徳朗 発行 セルバ出版)
おかげさまで大好評です!増刷になりました!
アマゾンサイトはこちらです⇒https://qr.paps.jp/36BUb

開運の魔法! 「3つのよかったことが 幸運の扉を開く」
増刷記念講演会をおこないます。
成功事例や感想の発表の時間を取ります。
そして、さらに幸せを引き寄せるコツをお話しいたします。

・大阪開催
4月29日(月)祭日 10時~12時 エル大阪
詳細とお申し込みはこちらです⇒https://resast.jp/events/916563

生の藤咲と会って楽しい時間を共有しませんか。