書店では売られていない ビジネスに関する本をご紹介

書店では売られていない ビジネスに関する本をご紹介

書店では売られていない
ビジネスに関する本をご紹介


テーマ:

「私たちの思考、感情、学習の95%は
意識されることなく生じている」

こう言ったのは、
ハーバード大学のマーケティング学の教授
ジェラルド・ザルトマンです。


人の脳というのは不思議なもので
普段私たちは頭を使って考えて
行動しているように思えますが、

実はほとんどの行動というのは
無意識の内になされています。


実際、朝起きて歯を磨き服を着て
会社に行く、、といった行動を
必死に考える人はいないでしょう。


つまり、好むと好まざるとにかかわらず
人の行動の95%は無意識のうちに
決定されているのです。


そして、この95%の無意識の力を
マーケティングや広告・販売戦術に
活用することはできないのか?


そう考えたのが、人気ブログ
「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」
の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。


ドゥーリーは、
カタログ販売のマーケターとして
マーケティングの世界で頭角を現す一方、

脳科学や行動科学に興味を持つようになり、
独自に脳科学の最新知識を
マーケティングの分野に活用した
「ニューロマーケティング」を研究。

この分野の第一人者となりました。


そして、ニューロマーケティングの
数々の研究結果をまとめたのが

この脳と心の科学本
「脳科学マーケティング 100の心理技術」
というわけです。


価格が脳に与える影響や
男性脳、女性脳の攻略法、
ケチな人に売る方法などなど、

目次を見るだけでも
心理学や行動科学を元にした
大変興味深い内容が満載なのが分かります。


私も読みましたが、
非常にオススメの本なので
是非、チェックしてみてください。


http://directlink.jp/tracking/af/1500902/Lcij7go5/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

ちょっと想像してみてください。 


あなたはイタリアンレストランの店長です。 
集客は主にチラシ。 
1人で飲食店を運営しています。 


4ヶ月前 
あるチラシを打ちました。 

ポスティングに5000枚。 

自信満々。 
「これならお客さんが殺到するだろう」 
と思い作成。 


チラシを出した日 
お客さんが来すぎて、せっかく来てくれた人を
断らないといけなくなってしまうんじゃないか? 


忙しくなりすぎて、
人が足りなくなってしまうんじゃないか? 


お客さんがたくさん来ることを 
想像して楽しみにしていたが 



いつまでたってもお客さんが
増えることはない。 
大量に発注した食材もほとんど余っている。
いつもより多めにシフトを組んだ店員は、
みんな暇そうにしている… 

貴重なお金を捨ててしまった。 

次のチラシも失敗したらどうしよう。。。 

 

 




でも、今は違います。 

チラシを打てば 
チラシの費用を回収できるくらいの 
お客さんが新規で来店。 


リピートもしてくれるので 
次回来店時から利益に直結。 


お金にも余裕が少しずつできて 
休みの日にセミナーに行ったり 
本場イタリアに新しいレシピを探しに行ったり。 


今日のあなたは4ヶ月前の、 
「チラシでお金を失うのが怖い」 
という気持ちとは違います。 


チラシを打つと新規客が 
ある程度来ることがわかっているので 
安心してチラシを打つことができます。 



さて、 
この4ヶ月の間で何があったのでしょうか? 

チラシをどんなふうに変更したのでしょうか? 
何を書いたのでしょうか? 

 

 



人間の行動心理を徹底的に研究した
『現代広告の心理技術101』では
こんな手法が紹介されています。

==============
お客に“前もって”競合が話しそうなことを伝え、
そのあとに自分たちにしかできないことを
アピールする
==============

つまり、他の店が言いそうなことを
あらかじめ伝えておき、それに対する
反論を用意する。

そのあとに、自分たちにしかできないことを
アピールするのです。



さて。
では、最初の「イタリアンレストランの店長」
であるあなたは、
お客にどのようなことを“前もって”
伝えたのでしょうか?

この本の著者なら、こんなメッセージを
チラシに載せるでしょう。

====================
きっと他の店はあなたに
「うちは新鮮なモッツァレラチーズを使っています」
と言うでしょう。

でも、
「大きなビニール袋に入ったチーズを大量に買って
 使っている」とは言いません。

私たちは、毎朝モッツァレラチーズを手で刻んでいます。



他の店はあなたに
「薄くてパリパリのタイプか、
 厚めのふわふわタイプの生地かを選んでくれ」
と言うでしょう。

でも、
「冷凍のピザ生地を買って前日の夜から解凍している」
とは言いません。

私たちは、生地を毎日手作りしています。
====================

ここでのポイントは、
他店が大きくアピールしている部分を
先に伝えることです。

そして、その裏側を伝えてあげてください。

お客さんは、そんな業界の裏側を教えてくれた
親切なあなたに好意を持ち、来店してくれることでしょう。

もちろんやり方を間違うと反感を買うので慎重に…



これは、101個の効果実証済みのテクニックの
たったの1つにしか過ぎません。

101個の中から、2つか3つ、
使えそうなものを使ってみてください。

きっとあなたのビジネスを伸ばしてくれるでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

<丸谷 元人の講演録&電子書籍>
謀略・洗脳・支配
世界的企業のテロ対策のプロが明かす… 
知ってはいけない「世界の裏側」

通常¥2,980のところ・・
100円でどうぞ!

100円で手に入れる _






ノーベル平和賞の受賞者で、
日本でもおなじみの
アウンサン スーチー氏。

彼女は、軍事独裁政権による軟禁・
弾圧を受けながらも活動を続け、
ミャンマーの民主化に大きく貢献した
ヒロインとも呼べる女性ですが、、

実は母国では
”あまり好かれていない”
ということを知っていましたか?

ミャンマー政府が強く警戒する
長年イギリス暮らしを続けた彼女の
夫の本当の職業とは?... 
********* 


像をも殺す威力の銃で、
テロリストに頭を2発も
撃たれながら奇跡的に生還。
(しかも、、髪の毛を剃ることなく手術に成功…)

「1本のペンで世界は変えられる。」

という感動的なスピーチで、
10代という若さでノーベル平和賞を受賞した
マララ・ユスフザイさん。

実はそんな彼女の背後には、
やり手のスピーチライター、
プロの広告代理店のチームが
いたことを知っていますか?

平和を訴える民主活動家たちを
影で支援する欧米諸国の企みとは?... 
********* 

これは、この講演録に収録されている、
知ってはいけない「世界の裏側」の真実の
ほんの一部に過ぎません… 

講演録の詳細はこちら 



その他にも、、

・なぜ、人道支援団体の
行く先々で、石油などの
豊富な地下資源が見つかるのか?

「国境なき医師団」創設者の
黒いネットワークとは?

・オウム真理教と殺人ウイルス 
アフリカ某所であるウイルスを
探し回ったオウム真理教… 
人工的に作り出された生物兵器の正体とは?

・「9.11同時多発テロ」を
暗示する映画が、数年前からいくつも
流れていたのは偶然なのか? 

ナチスドイツから続く、
映画と戦争プロパガンダの関係とは?

・なかなか進展しない「北方領土」問題の謎
なぜ、返還が決まりそうになっては
毎回頓挫するのか?

その背景には、ほとんどの日本人が
知らない米国との密約がありました…

講演録の詳細はこちら 


などなど、、
ニュースで流れている
表面的な話の裏側にある
”カネの流れ”や、利害関係を
1つ1つ丁寧に読み解いていくことで、

我々が信じさせられていたのとは
全く真逆の、その真実の姿が
次々と浮かび上がります。

この講演録を見終わった後には、
あなたのニュースを見る目は
完全に変わっていることでしょう。

日本で、世界で起きている事の
”裏側”を知ることで、権力者の思惑や
本音が手に取るようにわかり、
本当のところはどうなんだ? 
ということに気づく事ができるでしょう。

ぜひ、この講演録を見て、
あなた自身で何が真実なのかを
判断してください。

講演録の詳細はこちら 



PS.
現在は100円という破格の
値段でご提供していますが、

値上げや、別の方法の方が
うまくいくと判断した場合、
このテストキャンペーンは
予告なく終了します。

予めご了承ください。

講演録の詳細はこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

実は、世界の大金持ちと言われる人たちは
ほとんど「お金」を持っていません。

もう少し詳しく言うと、
「現金」を持っていません。

なぜかと言うと、
「現金」で持っていてもお金は働かないからです。

つまり、、、
「現金」として持っていても、
資産は増えないからです。

それだけでなく「現金」の価値は
日々どんどん下がっていくからです。



アメリカ・フォーブス誌が発表する
「The World's Billionaires(世界長者番付)」にランクインした人の中でも、
現金を何兆円も持っている人はいません。

資産の99%は株や不動産です。
ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットはもちろん、
日本人としてランクインしている
ソフトバンクの孫正義社長も、
ユニクロの柳井正社長も、
資産の多くは株です。

つまり、
本物の「お金持ち」とは、
「おカネ(現金)持ち」なのではなく、
「株持ち」と言った方が良いかもしれません。


では、株を買えば、
豊かになれるのか?

と言うと、そこにも罠があるのです。



誰も教えてくれない「お金」の真実
を知りたい方はこちらをチェックしてください

http://directlink.jp/tracking/af/1504423/0WZ8vpW4/

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

ここにある2人のパティシエがいます。


2人とも同じ専門学校を卒業後、
ともに海外留学も経験し、
そして同様に職人として才能があり、
同じ有名スイーツ店で修行を積み、
やっとの思いで独立しました。

現在もそれぞれのお店を経営しています。


しかし、違いもありました。


一人は、、
毎朝オープン前からお店に行列ができ、
閉店前には必ず売り切れてしまうほどの人気店のオーナー。


もう一人は、、
閉店時には商品が売れ残ってしまう
閑散としたお店のオーナー。
彼は、新商品を追加するなどして、
もっとお客さんに買ってもらえるように…と
毎晩試行錯誤して、悩んでいます。


一体なにが二人に違いを作ってしまったのでしょうか?・・・


その答えはどこにあるのか?
なにか魔法のようなテクニックがあるのか?



その答えこそが、、、
顧客の購買行動を操る”脳科学マーケティング”です。


脳科学マーケティングとは、
お客さんが
「欲しい!!」と、
つい買ってしまうような非常に面白い原理。


ここで
先ほどの
2人のパティシエの2つのお店の話に戻りましょう。
どのような仕掛けがお店に違いを生んでいるのか?

それは・・・

”商品のバリエーション”です。



「脳科学マーケティング100の心理技術」には
こう書いてあります。

ーーーーーーーー


脳科学によれば、
「人間は選択を行うと脳が疲労し、
その後の意思決定が実際に困難になる」
といわれています。


この事実を人間の購買行動に応用した実験があります。
〈コロンビア大学の実験〉
高級食品店でジャム6種類、
もしくは24種類から選択を迫られた場合の
お客さんの行動を実験しました。


すると、
6種類を提示された場合
お客さんの30%が購入に至ったにもかかわらず、


24種類を提示された場合
なんと、購入に至ったお客さんは
わずか3%。。。


かなり驚くべき実験結果。
選択肢の少ない方が、
多い場合よりも10倍も売れたのです。


ーーーーーーー

またまた話は戻りますが、、

二人目のパティシエは、
売上が低迷していることを理由に
なんとかお客さんを呼び込もうと
新商品を売り出し、
商品のバリエーションを豊富にしていました。


しかし、
その”豊富な商品バリエーション”が
お客さんの選択肢増やし、
購買欲を減少させてしまっていたのです。。


つまり、
豊富な品揃えに見せたいばかりに
選択肢を加えるのは
よくない戦略…ということ。


売上が低迷している商品。
思い切って選択肢を削ってみることで、
おもしろいことに売上が増えてしまうのです。



この原理は、
みなさんが売っている商品が
何であるかは関係がありません。
あらゆるビジネスに有効です。


このように、
脳科学を利用して
お客さんに「欲しい!」と思わせる
脳科学マーケティング。


すぐに使えて、面白いほど効果が出るので
ぜひ、残りの99個の消費者脳科学テクニックを
チェックしてみて下さい。

http://directlink.jp/tracking/af/1500902/Lcij7go5/

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
先日ご紹介したこちらのメディアですが
大変多くの方からご参加いただいています。
http://directlink.jp/tracking/af/1452383/JaVffeXD/

それだけ悩んでいた経営者、ビジネスマンが
多くいらっしゃったのだということを
改めて実感しています。

"関わる人全てを幸せにする"経営と言われても、

・自社でできるかわからない
・本当に業績が上がるのだろうか?
・経営者だけがそう言っていて、
 社員の意識とは大きく離れているのではないか

疑問に思う気持ちは非常によくわかります。

そこで、ページの中ほどに
経営者だけでなく、実績もご紹介しています。
http://directlink.jp/tracking/af/1452383/JaVffeXD/

一番下の方に、追伸があるのですが
その中でも実績についてご紹介しています。

この中では20名以上の経営者・ビジネスマンの
実績をご紹介しており、本当に驚くような実績を上げている
方もいらっしゃいます。

実績の大小はあるようですが、
確実に言えることは、会社全体として
良い方向に進んでいる、と言えると思います。

気になった方はぜひ参加してみてください。
http://directlink.jp/tracking/af/1452383/JaVffeXD/











テーマ:


このビジネスは、、、

・初期投資がほとんどかかりません。
 必須なのはパソコンとネット環境だけです。

・在庫も必要ありません。
 商品を仕入れる必要もありません。

・オフィスも必要ありません。
 実際、これから紹介する彼は従業員を
 雇うことなくバーチャルでやっています。

・時間に左右されません。
 あなたが寝ているときでも商品が売れます。

・人から感謝されます。
 先生と呼ばれたりすることもあります。


もしあなたがこんなビジネスを
始めたいならこの本がお役に立つでしょう。

今なら発売記念で
送料・手数料のみでゲットできます。

http://directlink.jp/tracking/af/1500902/Jm0Qdu6Q/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

毎日、朝早くに会社に行き、
夜遅くまで残って仕事をする。

好きで始めた仕事なのに、
毎日が憂鬱になってしまう。

「忙しい」
「時間がない」
「辛い」
というのが口癖になって
しまっている、、、

そのような状況を
打破しようと、
タイムマネジメントの本を
読んでも状況は
全く変わらない、、、

そんなあなたに、
今月の新刊はオススメです。

 http://directlink.jp/tracking/af/1500902/TxNEzJ66/


成功者は、どのように
時間や仕事を
管理しているのでしょうか?

成功者は、普通の人よりも
多くの仕事をこなしています。

家族との時間が十分にあり、
運動や勉強などの自己投資の
時間も取れているのにも
関わらずです。

もちろんですが、
成功している人だけ、
1日30時間あるわけでは
ありません。

同じ24時間で、
どうしてこんなにも違いが
生まれるのでしょうか?

それは、成功者は仕事管理を
するときに、
普通の人とは全く違う
軸があるのです。

その軸について、
今月の新刊
「時間投資思考」で語られてるので
紹介させていただきます。

======================

最も成功している人たちは、
自分の時間をどのように過ごして
いるのだろう?

この人たちは、
普通の人たちと何が違うのだろうか?

そういう人たちに対する、
数十人に対するインタビュー、
数百人に対するコーチング、
数千人に対する調査を通じて、
確信した事実がある。

多くの人は、
自分の仕事を選ぶ時に、
「緊急性」と「重要性」しか
見ていない。

しかし、
成功者は皆、もう一つの
仕事を選ぶ軸がある。

それは、
その仕事が
「今後価値を生み出すか?」
である。

つまり、
あなたが仕事を選ぶ時に、
それが今後どのような価値を
生み出すのか?
を考えるのだ。

====================

この軸があるのとないのとでは、
あなたは今日何をするのかが
変わってきます。

「今」何が重要か?
だけでなく、
「今後」何が重要になってくるか?
ということです。

それを考えることで、
あなたは成功者と同じ
仕事管理、
そして、時間管理ができるのです。

http://directlink.jp/tracking/af/1500902/TxNEzJ66/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

http://directlink.jp/tracking/af/1500902/OhCZrcqd/

※今日これから紹介する販売方法は、
 非常に強力です。
 使い方を誤ると、逆効果になることがあります。
 使うときは、自己責任でお願いします…※


ちょっと想像してみてください。

あなたは、寝具を販売するビジネスをしているとします。

そして、あなたは最近仕入れた新商品を
たくさんの人に買ってもらうために、
折り込みチラシを打とう考えています。

その新商品とは、
一流大学の教授と一流企業の研究機関が
共同開発した100%ダニの侵入を防止する”枕カバー”です。

価格はなんと980円です。

さて、あなたならどんなチラシを作りますか?

100%ダニの侵入を防止する
という商品の効能をアピールしますか?

一流大学の教授と一流企業の研究機関が共同開発をアピールしますか?

それとも、980円という価格の安さをアピールしますか?

・・・
・・・
・・・

商品のどのポイントをアピールにするにしろ、
もっと楽に売る方法があります。
それは、商品をアピールする前に
次のようなネガティブな情報をチラシに書いておくのです。

=================
実は、2年間使用した枕の重さの10%は、
ダニの死骸とその排泄物だと知っていましたか?

実はあなたの枕カバーには、
何千、何万匹というダニがいます。
そのダニはどんどん卵を生み続けます。

ダニの数は増えるだけではありません。
そのダニは糞を撒き散らしたり、
そのまま死んでいくダニがどんどん増えていきます。
しかも、それは日に日にそれはヒドくなっていきます。

つまり、あなたは、
毎晩ダニのトイレの中で眠っているのです。
そして、残念なことに、どんなに洗濯してもダニの侵入は防げません。」
=================


そうやって恐怖心を煽ったところで、、、
次のように商品の話に移るのです。


=================
でも、大丈夫。
ダニの侵入を100%防ぐ枕カバーというのがあるんです。
これは、一流大学の教授と一流企業の研究機関が共同開発したもので、
しかも、値段は1000円もしません」
=================


・・・

さて、どうでしょうか?

このように人が持つ恐怖心を煽れば、
モノは売れやすくなります。

普通に商品の特徴をアピールして販売するよりも、
人が本来持つ心理や感情を利用する方が圧倒的に強力なのです。

これが、
「現代広告の心理技術101」で紹介されている
消費者心理の原則の1つ、
「恐怖を利用して売る」という方法です。

http://directlink.jp/tracking/af/1500902/OhCZrcqd/





PS
悪用は厳禁です。
ウソをついたりして恐怖を植え付けるのではなく、
あくまでも事実に基づいて恐怖を利用する程度に止めましょう

http://directlink.jp/tracking/af/1500902/OhCZrcqd/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス