"桜を見る会の追及一色 "なのはーーー

確かに立憲民主党と国民民主党が、党として最も力を入れてるのは"桜を見る会"ですが、他の話についても言及してはいます。
立憲民主党は

<記述式試験中止法案を衆院に提出。「桜を見る会だけではなく、こちらを中止をすべき」と川内議員 >

https://cdp-japan.jp/news/20191114_2301 #立憲民主党
「共同会派を組む立憲民主党、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社会民主党と共産党は14日、「独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案」(通称:記述式試験中止法案)を衆院に提出しました。

 大学入学共通テストはマークシート式試験として実施する旨を法律に定め、記述式試験の導入を中止することを求めています。」

という法案を提出したり、次のような提言?をしています。


<2020年度税制改正 ・ 重点項目について >

https://cdp-japan.jp/news/20191206_2403 #立憲民主党

財務金融部会が消費税について消費税の 10%への増税は過ちであり、本来は従来の税率(8%)に戻すべきであるが〜

ととても控えめにですが、書いています。 


国民民主党の玉木雄一郎 @tamakiyuichiro 代表は

「世界的に自社株買いが増えている。
一方で労働分配率は低下傾向で、日本では43年ぶりに低さ。消費を軸とする好循環を作るためには、企業の利益を株主だけでなく働く人に還元できるかがポイント。
労働分配率を高めた企業に重点的に法人税を減税する「賃上げ減税」が必要。
現行制度は要件が厳しすぎる。」https://mobile.twitter.com/tamakiyuichiro/status/1201259923574624256

 

「安倍首相は「生産性向上や人材への投資も将来に残せる」との感想を述べたとのこと。 これ私が言い続けている #こども国債 そのもの。
財政法改正して公債発行対象経費の見直しを自民党にやれたら太刀打ちできない。 
野党が単にプライマリーバランスにこだわるような政策を言っているうちはダメだ。」
https://mobile.twitter.com/tamakiyuichiro/status/1200216468572401670?p=v


とツイートしています。
私、この話はかなり同意できるのですが、党としての意見にはなっていないのが玉にきず。


で、こうした話は一切マスメディアで報じられない。報じられなければほとんどの国民が知ることはない。だから野党はマスメディア受けを優先する。


したがって「最初から野党が桜を見る会の追及一色だった」のではなく、
桜を見る会関連しか報道されない→それ関連なら大きく報道される→
「野党が桜を見る会の追及一色になっていった」のでは?

 

英語の民間試験が延期になったのは、その問題点などをマスメディアが報じたから。
それによって世論が"民間試験導入に反対、少なくとも延期"に傾き、政府与党がその空気を感じてとりあえず延期にしたかんじですよね?

 

マスメディアが報じていなければ、私たち多くの国民はよくわからないまま特に反対することもなく、政府与党の方針通りに実行されていたはず。野党だけでは政府与党の方針を転換させることはできませんから。


英語の民間試験延期」で思い知らされたのは、「結局やっぱりまだ、モノゴトはマスメディア次第で決まる」ということでした。悔しいですが。

「ジャパンライフ社が信用を得るために政治家を利用している事例というのはほかにもありまして〜略〜「自民党・二階俊博幹事長を囲む懇親会を山口会長主催で開催しました!」と大きく書かれていて、二階幹事長の顔写真が載っています。

また、誰もが知っているようなマスコミの解説委員クラスの方々の顔写真と名前も載っています。元社員によれば、これはミレニアムの会という会で、毎月、帝国ホテルで開かれている。

 それから、次の資料は、総理主催の桜を見る会、この招待状と受付票、さらには安倍総理の写真も載っていますけれども、「安倍晋三内閣総理大臣から山口会長に桜を見る会のご招待状が届きました。」〜」

 

平成30年1月30日の衆議院予算委員会で当時の希望の党(現・国民民主党)の大西健介議員はこう指摘していましたが、それっきり。

元・会長を「桜を見る会」に招待していたのは平成27年で、ジャパンライフが問題視されるようになったのは2年近くあとだから(「ジャパンライフ」は国会で、平成29年2月以降30回取り上げられている)、時間の流れ的にも罪には問えなかったということでしょう?

 

それなのにまた「元・会長を桜を見る会に安倍総理が招待していた!」って。

去年指摘して駄目だった話を、なぜ今さら蒸し返している?

 

国会の時間つぶしが目的では?

でも悪いのは野党政治家だけじゃないと思います。

 

時間をさかのぼって「詐欺的ビジネスに手を貸したから悪い!」ということなら、テレビ局も同様に責められるべきでしょう?

テレビ局はジャパンライフのCMを流し宣伝広告費を受け取っていたのだし※、大西議員によれば「誰もが知っているようなマスコミの解説委員クラスの方々の顔写真と名前も載っています〜」という事ですから。

<2012年 業績と発展>

http://partners-inc.xsrv.jp/event/gyoseki5.html

 

――――――――――――――――――――

「真相報道バンキシャ!」「めざましテレビ」「報道ステーション」等がCMを放映していた - 人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。 http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/5656648.html

世の中には”金額では量れない重要さ”というのもあるでしょうが。

桜を見る会」に関して、「私たちの税金5000万円が!私物化だ!徹底追及するぞ!」って。
国会や議員が長時間費やすにしては、5千万円って金額が小さくない?コストとのバランスは気にしないの?

先日、私はパリ協定について

 「世界最大の温室効果ガス排出国である中国の削減目標が『GDPが増えるほど、許されるco2排出量が増えていく仕組み」になっている。

これじゃあ他国がどんなに頑張っても、世界のCo2排出総量は減らないのでは?
効果が見込めないこんな計画に、日本政府が約1600億円も出すのは疑問だ」
と書きました。

<パリ協定は「中国は温室効果ガス排出量を増やしてもいい協定」 - 人生の3つの坂。上り坂、下り坂、まさか。> http://blog.livedoor.jp/sumzw/archives/5678533.html

<全国地球温暖化防止活動推進センター>

https://www.jccca.org/chart/chart03_06.html 


<わかる!国際情勢>Vol.150 パリ協定 - 歴史的合意に至るまでの道のり 外務省>
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol150/index.html
1600億円ってことは、”桜を見る会・5千万円コース”なら3200回分の「私たちの税金が!」ですよ?何故これについては全く騒がれないのか?
(もしかしたら・・・)

 

 

と思って調べたら、アンノ、ジョウ。 

 

「・緑の気候基金(Green Climate Fund: GCF)は、気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)に基づき、途上国による温室効果ガス削減(緩和)と気候変動の影響への対処(適応)を支援するために設立された多国間基金。

• GCFの最高意思決定機関は、GCF理事会。UNFCCC締約国会合(COP)に対して責任を負う。年3回開催し、案件の承認等を実施。

24名の理事及び24名理事代理(※)で構成され、任期は3年。意思決定は、原則コンセンサス。

※先進国と途上国から半数ずつ。我が国からは、理事を外務省、理事代理を財務省が務めている。」 

<緑の気候基金(GCF)について - 経済産業省>

www.meti.go.jp/policy/energy.../global.../gcf.pdf -

これこそ”私物化”じゃないのか?
我が省の利益になる支出だけ、は問題ない
という。

 

これ↓が不適切なのか圧力なのか、私にはわかりませんが、「桜を見るかい云々」よりは重要だと思います。

<英語民間試験 下村氏「東大に活用するよう指導を」党内会議で | NHKニュース>   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191119/k10012183121000.html

この件について東京新聞などの記事を見つけました。


<英語民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係” (2019年11月8日) - エキサイトニュース>
https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_585154/ @ExciteJapanさんから

 

<東京新聞:英語試験法人に天下り 旧文部省次官ら2人 衆院予算委:政治(TOKYO Web)> https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201911/CK2019110702000159.html


<東京新聞:大学入学共通テストに食い込んでるベネッセってどんな会社?:社会(TOKYO Web)>
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201911/CK2019111402100029.html
「六日の衆院予算委員会で明らかになったのは、ベネッセと共同で検定試験「GTEC」を行っている一般財団法人「進学基準研究機構」の役員構成。理事長に旧文部省元次官の佐藤禎一氏、参与に元国立大事務局長の阿部健氏が就いていたが、十月に辞職したという。」

この「進学基準研究機構」のHPを見たところ、記事中にはないが注目すべき人の名がーーー


https://cees.or.jp/pdf/cees_member.pdf?20161115

(右の画像は左のを拡大したもの)

 

理事・丹呉 泰健 (日本たばこ産業株式会社 取締役会長 元内閣官房参与 元財務事務次官)」

と記載されています。

 丹呉泰健氏は
元・財務省のトップ(事務次官)、
元・内閣官房参与、
そして元・読売新聞グループ本社監査役だった人です。
今は日本たばこ産業株式会社取締役会長、読売新聞調査研究本部の客員研究員だそうです。

<研究員の顔ぶれ:会社案内サイト「読売新聞へようこそ」> https://info.yomiuri.co.jp/group/yri/profiles/index.html

 

政府の一員でもあったし、マスメディアの中でも大きな読売グループの一員でもある、まさに大物がからんでいた。
この入試改革に対して公平性などに疑問の声があったのに、この方針を推し進めた理由は『一部の人間の利益の為だった』んじゃないか?!」という追及はアリだと思います。
そして今後のためにも「この改革のマイナス面を国民に知らせないようにしたのは、マスメディアのソンタクがあったんじゃないか?!」という検証もすべきです。ソンタクしたのは安倍総理・政権ではないと思いますが。 

 

という、以上の話もソンタクして報じないか?


・・・・私は進学基準研究機構の役員についての画像を11月13日に保存したのですが、今日見たら役員が替わっていました。何のお知らせもなくあの人たちもいなくなり、スッカスカでたったの4人になってました。なんでだろう。

https://cees.or.jp/pdf/cees_member.pdf?20191118
〜〜〜〜〜

<英語民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係” (2019年11月8日) - エキサイトニュース> https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_585154/ @ExciteJapanさんから

 

<東京新聞:英語試験法人に天下り 旧文部省次官ら2人 衆院予算委:政治(TOKYO Web)> https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201911/CK2019110702000159.html

「衆院予算委員会は六日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。
二〇二〇年度の大学入学共通テストへの導入が延期された英語民間検定試験に関し、実施団体の一つベネッセの関連法人に旧文部省、文部科学省から二人が再就職していたことが明らかになった。
野党は、英語民間試験導入の背景に官民癒着があるのではないかと追及した。 (木谷孝洋)

 関連法人は、ベネッセと共同で英語検定試験を実施している一般財団法人・進学基準研究機構。この法人はベネッセ東京本部と所在地が同じ。

 

 文科省の伯井美徳高等教育局長は予算委で、旧文部省の事務次官経験者が同法人に再就職し、十月一日まで理事長を務めていたことを明らかにした。国立大学の事務局長を務めた文科省退職者も同日まで参与を務めていたと述べた。

 立憲民主党の大串博志氏は「(民間試験導入が)民間に利益が及ぶ形で考えられているのではないか。疑念を呼ぶこと自体が大きな問題だ」と批判した。

 萩生田光一文科相は共通テストの国語と数学の記述式問題については、予定通り導入する考えを示した。」

 

 立民の川内博史氏が採点者に学生アルバイトも想定されるのかをただしたのに対し、萩生田氏は「さまざまな属性の方が含まれる」と否定しなかった。」

桜を見る会について野党は「徹底的にやらせて頂く」そうです。

 

<桜を見る会来年中止 野党「徹底的にやらせて頂く>

 https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000169153.html

 

っ徹底的にやるの、そんなことっ?!

 

この「桜を見る会」について国会では

平成28年02月03日の衆議院で民主党の大西健介議員が『甘利大臣は後援会を立ちあげてもらった人を総理主催の桜を見る会に招待している』と。

 

平成30年1月30日の衆議院では安倍総理が

桜を見る会につきましては、毎年、一万三千人ぐらいの方々に私の名前で招待状を出しているわけでありますが、当然、私自身は存じ上げる方ばかりではもちろんないわけでございます。』との発言の記録があります。

 

そういう傾向でお馴染みの、昭和27年から堂々と行われている行事を「今まで知らなかった」わけがない。マスメディアは「首相主催の恒例行事」としてさんざん報道してきた※のだし。

首相主催」ってことは、「費用は税金だ」ということもわかっていたはず。
 

今年5月13日も衆議院で日本共産党の宮本徹議員が「この会の経費や招待客の基準が不透明なこと」について指摘したのに、なぜか半年以上の空白後、今になって騒ぎになっている
これまで問題視してこなかったのに、急に遡って「不正だ!疑惑だ!」と騒ぐ・・・このマスメディアの空白はなんなのか?

 

確かに「招待者の選定が不透明、不公平」という点はそうかもしれません。

だから今後はそれを改善すれば良いのでは?オープンに公平に選ばれるような仕組み、オリンピックのチケットみたいに「希望者から抽選にする」とか。

国民への影響や重要度からすれば、この「桜を見る会」の話はそれで終わりにすべき程度の話じゃないですか?

 

最近になって中国との関係について自民党内から異論があがったり※、景気減速を示す経済指標が出たりしているのだから、「桜を見る会」以外にもっと重要なことがあるはず

この夏の選挙の時、野党は「消費増税反対」を掲げていたのだしそれこそ「徹底的に」やるべきじゃないの?

 

それをやらないってことは、やっぱり「(重要な話から)気をそらせ隊」か?

 

――――――――――――――――――――

桜を見る会、今年の顔ぶれは? 芦田愛菜からアグネス・チャンまで   2016年4月9日 

https://www.huffingtonpost.jp/2016/04/08/japan-abe-cherry-blossom_n_9648524.html?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter

 

桜を見る会:安倍首相主催 1万6500人が出席 - 毎日新聞

mainichi.jp/articles/20170415/k00/00e/040/252000c - 2017年4月15日

 

桜を見る会 写真特集:時事ドットコム

www.jiji.com/jc/d4?p=skr215-jpp026835231&d... - 2018年4月21日


 

中国主席の国賓来日に反対 自民有志「護る会」の決議全文https://www.sankei.com/politics/news/191113/plt1911130018-n1.html @Sankei_newsさんから

「 政府は、日中関係は完全に正常な軌道に戻ったと繰り返し、表明している。来春には、習近平国家主席の訪日も予定されている中、こうした関係改善を印象づけるメッセージは、外交辞令としては理解するものの、真の日中関係を表しているとは言い難い。

 

 例えば、わが国固有の領土である尖閣諸島周辺海域への中国船の度重なる侵入、中国軍機の領空侵犯は日常茶飯事となっている。

 また、香港市民の民主的政治行動に対し、強権によって弾圧する姿勢は、自由・民主主義・法の支配という現代社会の普遍的価値に照らして、断じて許されない。

 

 さらに先般、中国側の招聘(しょうへい)によって出向いた北大教授が不当に拘束される事件が発生したように、理由もわからず捕らえられ、自由を奪われている邦人は十数人とも言われ、中国において、わが国の尊厳と邦人の基本的人権が尊重されているとは、到底言えない状況が続いている。

 このような現状は、日中関係が「正常な軌道」にあるとはいえないことを意味している。

 

 1919年に、日本が世界で初めて国際会議において人種的差別撤廃提案をしてから今年で100年となるが、中国によるチベット・ウイグル・南モンゴルへの人権弾圧が行われ、中国国内で不法不当な臓器移植が疑われるなどの事例が世界中で取り沙汰されている。

 
日本の尊厳と国益を護る会は、自由・民主主義・法の支配という国際社会の普遍的価値観に基づく正しい日中関係構築のため、これらの問題に関して習主席来日までに中国政府が具体的で明確な対応をとることを求めるよう政府に対し強く要望すると共に、これらの諸懸案に改善がない場合は、習近平国家主席の国賓としての来日に反対する。」