1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013年01月28日

無理はするけれど、我慢はしない

テーマ:なんとなく思うこと
新刊本の執筆が一段落。

勿論、まだ修正は繰り返し行うのだけど
ベースになる文章は書き上げた。

本来なら、ここで
一休み。海外にショートトリップでもしたいところだが

やるべきことがまだ残っている。

2月の研修の準備。
プレゼン資料の添削もあるので、結構時間がとられる。

別の出版社の本の企画も、
終り次第やると言ってあるので、それも取りかかる。

別で動いている通信教育の教材も
少しずつできあがってくるものに赤を入れる作業が待っている
ビデオ撮影もあるから、それまでに10kg痩せよう(笑)

後回しになっているサイトのデータも作らないといけない。


これらが全部落ち着いたら、
休憩しよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月26日

新刊執筆中

テーマ:お知らせ
今、3月発売予定の新刊の執筆の大詰めを迎えている。
締め切りが月曜の朝。

原稿はだいぶ書いたものの、
まだ書き上げられていないページもあるし

全体とみて、修正も必要だろうから
今夜は眠れそうもない。


本を書くより、研修をした方が、手っ取り早く稼げるのだが
どういうわけか、本を書く作業が好きなのだ。

キーボードを打つ手は痛いし、
一日中オフィスに閉じこもっているし、
今日みたいな晴天の日、窓の外の青空を見ながら
ひたすら文章を書くのは
拷問に近いのだけど

何かを生み出す歓びがあるんだろうな、と思う。


1章2章は、上手く形になった。

6章も多少の手直しで済むだろう。

問題は3章、4章、5章、の内容が
入り乱れていることだ。。。

これから、それに向かい合う。


頑張ろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月16日

幸せについて

テーマ:こんな時どうする
幸せについて考える

たった1回の人生だ。
死ぬときに、後悔はしたくない。

映画に出てくるような主人公
ドラマのようなストーリー

そんなものは、日常には転がっていない。

ある人が言う。

小さなことだって、ラッキーに思えば幸せだし
辛いことだって、考えようによっては前向きに思える


実際のところはどうなんだろう?



今、すごく幸せ、と思える人って、どのくらいいるんだろう?


そんなに不幸じゃないとか
○○さんよりはましだとか

でも、それは、イコール幸せじゃないよね?


仕事はやりがいがあるし
人生は面白い。
でも、それで幸せかと聞かれると、なかなかうなづけない。


で、
幸せについて考えて見た。

僕は、
何をしていたら幸せなんだろう?
どこにいたら幸せなんだろう?



結構難しい問いかけだ。


そこで、他者の幸せを考えて見た。

親の幸せ。
家族の幸せ。
友達の幸せ。

・・・よくわからない。


健康とかお金の心配がないこと?

でもそれだけじゃ幸せじゃない。


うーん。難しい。

幸せって、いったい・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月14日

君の強みは何?

テーマ:こんな時どうする
学生が相手のイベントに参加した。

もう3年も続いているイベントで
学生と社会人の間をとりもち、

就活等で不安になっている学生に社会人がアドバイスをする
そんな趣旨だ。


知り合いが主催者だったこともあり、
はじめて顔を出してみた。

40名近くの学生がいて
そのうちの半分くらいの方と話をすることができた。


普段、研修で接する若者でも20代中盤から後半。
ただ、彼らは社会人なので

20代前半の、学生と身近に接するのは
某企業でインターンシップの講師をして以来。



生意気そうな子はいても、生意気な子はいない。
みんな、かわいい。

って思ったが
「甘やかしては、彼らのためにはなりませんから」
と主催者から注意を受けていたので(笑)

それなりに厳しく対応しようと決意して
話をすることに


彼らが受け取れるレベルで
他の社会人の方々との役割分担を意識しながら



それにしても、前に出てこないなあ



みんな横並びで
お行儀がいい


「俺が俺が!」って人がみあたらない。

外見でそんな感じの子もいるけど、
話してみると元気だけど、おとなしい。

「自分でガンガンいける子は、ここにはきませんよ」

既に何回か参加しているという社会人の方が言う。


まあ、確かにそうだ。


僕は、せっかく参加したからには少しは貢献しようと
20分ほど前にでて話をさせてもらった。

参加者に勢いづいてもらおうと
話術を駆使して場を盛り上げた。

笑いもとったし
おとなしそうな人も発言してた。


ただ、それは、僕が働きかけたらから。


本当は、自発的に
前に出てこないと


だって、自分の人生を切り開いていこうという
今まさにそのときだから


話を聞けば、皆真面目。
ボランティア活動をしていたり

今は便利なツールがいろいろあるから
学生でもできることの範囲が広がっているみたい

だから

彼らは
後ろから支えたり
横から励ましたり

そんな経験はわりと持ってる。

話を聞けば
「それは良い経験をしたね」

と言ってあげられる子は多い

そこで興味をもって

「じゃあ、君の強みは?」

って聞くと、そこに明確な答えはない。

後ろと横には立っても
前に出たことがないのかもしれない

もしくは
何かする(前にでる)ときは
みんなと一緒に出ているのかもしれない。


みんなは何ができるの?

って聞いたら、答えそうだけど

君は?

って聞いたら、答えられない。


答えたいけど、答えられない。


そんな彼らを見ていて
僕は何がしてあげられるだろう

って考えながら
話していました。


褒めちゃおうかな。

それとも

脅かしちゃおうかな。



僕は自然に考える。

みんなに・・・
ではなく
この子に何がしてあげられるだろうって。


君の強みは?

私の強みは○○です。

その○○も、誰もが言いそうなものじゃないのを
期待してしまいます。


だって、君の中には絶対ににあるはずなんだよ


主役を張れるだけの何かが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月09日

2013年は決意の1年

テーマ:なんとなく思うこと
僕の人生は
おそらく折り返し地点を過ぎたと思う。


時間は限りがある。
無駄なことをしている暇はない。


独立したときも、
「もう好きなことしかしない!」
と誓った。

・・・はずなのに、
時間の経過と共に

自分の生活には
脇腹にこびりついた贅肉のような
余計なものが
沢山あることに気づく


そうしたものをこの1年かけて取り除き
これからの20年を
軽快に動ける環境を整えよう

理想は
既に頭の中にある


自分らしさ
自分の好きなこと
自分が一番輝ける場所

それが富を生み出したり
人の役に立てたり

そうやって自分の人生が充実していく方向へ

横道にそれず、
脇目も振れず、

まっすぐ行こう。


もう、余計なことをしている時間はない。


僕の残りの人生をかけて
すべきことがきっとある。



僕のアンテナに引っかかる人たちと
心と頭で繋がっていたい。


そんな決意をこめた1年にしようと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。