オー  オオオ!
オーオー  オオオ!
勝利掴め  バぁーモス  さぁーぬきぃ!



勇ましく讃岐のチャント「セビージャ」が聞こえるなか、讃岐は引き続き前線からプレスをかけていく。

そして麻田将吾からの糸を引くような強く鋭い縦パスが原一樹に通る!

この後、横浜も原からボールを奪って攻撃は未遂に終わったが、将吾の良さが発揮されていて、後半の入りも悪くない。

そう思えた矢先のことだった。

ルーズボールの奪い合いで巧みに身体を入れ替えてイバが抜け出す!

懸命に戻ってきた永田がPA手前で後ろから押してしまう。

正直冷や汗の出るファウルだった。永田クンは前半で1枚カードをもらっていたから。
しかも累積3枚目。

しかし、前半の終わり頃にあったフリーキックと同じような位置。危険な位置。

シミケンが慎重にDFの位置を指示する。



しかし…

このフリーキックを見事に沈めたのはレアンドロドミンゲスの右足だった…。




昨年、そして今年の春とレドミと対戦している讃岐だが、ゴールを沈めて歓喜に至る彼は、まさに全盛時に戻ったかのようなプレー。
ちょっとJ2では規格外の実力…。



それでもまだ1点差。
讃岐もすぐさまコーナーキックを獲得して反撃を試みる。横浜もしぶとい守備で対応。
ここにきて士気が上がったのか、横浜は前線からのプレスも仕掛けてきた。



讃岐は佐々木匠が鮮やかにDFを抜き去りながらシュートを放つがヨンアピンに当たってシュートはこぼれた。




このボールを回収した市村は左足ながらゴールの隅を狙った面白いシュート!




しかし南が左腕一本で掻き出した。




讃岐は守備も相変わらずハードにいく。
イバには3人がかりでボールを奪いにいくシーンも見られた。





しかし…

僅かなミスが命取りになる。

渡邉大剛がボールを奪われ、田所とヨンアピンのコンビネーションで左サイドを突破されると、ヨンアピンのグラウンダーのクロス、これを受けた野村がシュートと見せかけて横にパス。
これをイバがスルーして走りこんできた渡邊一仁がシュートを突き刺した。

将吾は飛び込んで足に当てたようだったが…無念…。

正直、この2失点目はキツかった。
北野監督も試合後にこの2点目が痛かったとコメントしていた。もちろん観ている方も…。

これで横浜は無理に点を取りに行く必要はなくなり、堅牢な守備ブロックで讃岐の攻撃をシャットアウトすればいい…。



これを受けて讃岐は動く。
一気の2枚替え。

【讃岐①②】
20原一樹  →  13木島徹也
8渡邉大剛  →  30竹内彬



竹内がCBに入り、永田が右のSHへ。
佐々木匠がトップ下に移り、左SHに重松が入る。木島は原と入れ替わり1トップ。



北野さん、勝負を諦めて次節のためにアキラ兄さんの試運転に使う気なのかな…

そんな采配に見えた。

しかし、それはどうやら間違った見方だったようだ。



思い切りよく竹内がボールを蹴り出す。






…え?



ボールはグングン右サイドへと伸びていき、ポトリと走り込んできた市村にドンピシャで収まった!





残念ながら、その後のボールの扱いに失敗し、攻撃にはならなかったが、名刺代わりに自慢のロングフィードを見せてくれた。






ぶっつけ本番で投入したのは、試合を諦めたんじゃなく手数をかけずに攻めるための奇策だったのか!?



これはまた、あたしの勝手な妄想だけど(笑)、この高精度ロングフィードは手数をかけずに攻めたい讃岐にとって待ちに待った待望の武器なのかもしれない。

これでサイドの選手が裏抜けしやすくなる。

イチが抜け出し比較的フリーの状態でクロスが入れば、そのクロスに対応する選手たちのゴールが増える。

原ちゃん、重松クン、ガナあたりはそうしたボールを得意としている。

イチが活き、FW勢が活きてくる。

守備でも貢献度は有形無形に高いだろう。




ヒデさんといい、アキラ兄さんといい、夏の補強は今の讃岐をもう一段レベルアップさせてくれるのかもしれない…!



ただ…もどかしいのもまた、今年の讃岐なのか…


讃岐にアクシデント。

相手選手との競り合いで交錯、着地の際に市村が足を捻ってしまう。




意地を見せたイチは試合終了までピッチに立ち続けたが、パフォーマンスは著しく低下。

この試合のキーマンとなっていただけに、讃岐は攻め手を失い、そのまま敗れ去った。


横浜から勝利を奪うべく、練りに練った戦術。
恐らく間違ってなかったし、実際横浜を苦しめていた。

しかし、ちょっとしたミスを突かれ結果がついてこない。

補強だって間違ってないと思う。それなのに…



うまくいかない…



試合後のキャプテンのこの表情が全てを物語っていた。



なんで上手くいかないんだろう…



しかし今は強い心を持って練習を重ね、その成果をピッチに描き続けるしかない。

勇猛精進するしかない!

今節の敗戦を受けて讃岐は改めて最下位となった。

いいじゃん。
こっからド派手に抜け出していきましょう!



☆三---………

今節の経験値。

竹内彬が かまたまデビューを果たした!

しかし…






カマタマーレ讃岐は最下位に転落してしまった!







↓カマタマーレ讃岐のHPはこちら!
 

↓かまたまブログはここに満載で満開!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村