「その女、善良につき」

「その女、善良につき」

三線愛好家 & 三条市ボランティア連絡協議会会長 きよ里が書いております。どうぞよしなに。

アルバム「人の喜び」のご購入は福顔酒造さまでどうぞ!
 通販もあります。商品名「人の喜び」・数量・お届け先を、ご注文主様のお名前・住所・連絡に添えて電話、ファックス、またはメールでお知らせください。
 TEL 0256-33-0123/FAX 0256-33-4675/E-mail info@fukugao.jp

●オンラインでのデータDLはiTunesでどうぞ!

●ライブを見たい/メディア出演情報が知りたい
 →各月の演奏予定
をチェックしてみてください。

●動画を見たい
 YouTube SakuragiKiyosato
 USTREAM kiyo_sato
Twitcasting kiyo_sato

●演奏を依頼したい
 →桜木きよ里@gmail.comへ、メールをください。氏名の部分の綴りは上記YouTubeのIDをご覧ください。

●BBS(更生保護活動)の様子が知りたい
 →BBSの項目
をチェックしてみてください。

●スライダーズファンとして交流したい
 →ぜひコメントつけてください。土屋公平Love&Respect
!!

ライブハウスの営業に待ったがかかっている現状ではありますが、小規模なライブには出演を再開することにしました。

 

DSC_0006-01.jpeg

5月6日まで臨時休業しておられたオールドバー モンツア様にて、昭和歌謡オンリーナイト14曲のステージでした。

お客様は8人。

間隔をあけてお座りいただき、私めが歌う真ん前にはどなたもお座りにならないようなスペース取りにて、お送りしました。

 

まだ営業再開できないエンターテインメントビジネスがたくさんある中で恐縮ですが、地場の状況(感染者は2か月以上出ておらず(っていうか三条市民は一度も感染者出てない)、医療機関に受け入れ態勢あり)を鑑みて、小規模なライブには出演することにしました。

マスクをして歌う練習もしてみたのですが、まだうまくできないので、もう少し練習してみます。うまくいったら、お客様との距離がとれないようなところでは、マスクをつけたまま出演しようと思います。

握手も、しばらくはなしですね。
個人的には、お客様とショーマンの握手はそもそもなくていいと思います。ぬくもりを感じると身近に思っていただけるというメリットはありますが、デメリットがそれを超えてきちゃっているように感じています。

 

ステージと客席の間に、レースのカーテンでもひくと、雰囲気があって飛沫防止にもなっていいかもしれません。

ビニールカーテンやアクリル板は、ステージショーとしてはなんか雰囲気がよくないんだよね。

そのうち、透明なアクリル板も何らかの映像技術でライブの演出の一部にする試みが実施されるに違いない。

演者の前に張った薄いカーテンに歌詞などを投影する演出はもうあるもんね。

きっとめちゃくちゃ格好いいのを考える人がいるはず。楽しみです。

 

もしかしたら、時機尚早と叱られるかもしれないですね。

けど私知ってるんです。どのタイミングでやっても最初に再開した人は「早すぎる」って言われること。

もちろんやり方には気をつけて進めますが、この先ステージショーを再開する人が、罪悪感なく出演できる風潮ができることを切に願っています。

 

こんなときに遊びに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。あなた方のおかげで3年くらい寿命が延びた感じがする。

 

本格的に治療を始めるって、思った以上に肉体的・心理的な変化があって、私はすごくよかったと思っています。

声帯結節は、とことん放置しても別に死なないし、日常生活はできるので、歌やおしゃべりのショーさえやめてしまえば、病気という自覚すらなく暮らせるんですよね。

だからそっちを選んだ人もたくさんいるはず。

 

でも、声帯に無理をさせない生活様式(Dr.と言語聴覚士さんは「声の衛生」と呼んでいた)を身に着けると、たいていはよい経過をたどる、ということを知ってすごく心の安定につながりました。

悩んでるときは、よっぽどよくないときだけは耳鼻科に行ってたけど、先生と十分にお話もしないくせに、声帯結節関連の情報をググりまくったり体験談を読み漁ったりしていたよ。無駄じゃなかったけど、あの時間にも早く本格的に治療して、リハビリを開始していたら、もっと早く楽になれたのになぁ、と思っています。

もし、声帯結節とかのワードでこの文にたどりついた方がいらしたら、どうぞ耳鼻科の先生とよく相談してみてください。

素人が情報集めて不安になってるより、プロからスパッと解説してもらったほうが、どう考えても解決が早いよ!

かかってる医院さんで「もうほとんどよくなってるよ」と言われても、どうも声が思うようでない…というケースなら、Dr.に、「言語聴覚士さんのリハビリを受けてみたいのですが…」と相談すると、私みたいに設備の整った病院を紹介してもらえるかも。

 

そして、こうしてみなさんに「治療中です!」と宣言することも私には重要だったと感じています。

 

何年か、調子が悪いことをだましだましやっていて、「のどの調子が悪くて声がよく出ない」と口に出すことは、言い訳っぽくて格好悪いなんて思っていたわけです。今考えるとバカバカしいですね。陸上選手が「捻挫したから走れない」って言うことが恥ずかしいわけないのにね。

 

まわりの方へこうして、明らかにすることで、自分としてももう言い訳だとかなんとか逡巡しないで事実を受け入れる気持ちになったし、おともだちが「のどどう?大丈夫?」「しゃべれないんでしょ、大変だね?(※今はしゃべれます)」と気遣ってくれるようになって、声の衛生を守りやすい環境にもなってきているみたいです。

ありがたい。

 

加えて、期せずして長期にわたってステージショーをお休みすることができたわけで、私個人にとってはほんとうによいタイミングで治療に取り組むことができました。

ちょくちょく思うけど、私は本当にラッキーガール。困ったあとにはちゃんといいことが待ってる。死んだほうがましかな?と思うことも生きてればそりゃあるけどw、そういうタイミングで終わりにしてなくて本当によかったなぁと思います。ご先祖様、仏様、ありがとう…。

 

そんなわけで今日は3回目の診察を受けてきたよ。

今回はファイバーで声帯の動きを見てもらったところ、先生たちが「あっ、きれいですね」と言っていました。これがうれしかった。目視でわかるくらいよくなってるみたい。確かに以前に撮った写真や動画とくらべると、何もしない状態の声帯はつるんとしてきれいです。

しゃべると、泡みたいなものが、右側の声帯の中腹に少しくっついてしまうのが見えました。これがいわゆる「痰がからむ」という状態なんだそうです。

 

投薬治療や結節部分を取っちゃうような積極的なアプローチはしていないので、「もしかして完治は難しいのかなあ」と思っていましたが、ひょっとしたら完治するのかも…。

そういえば以前Dr.が「1か月くらい仕事を休むと、きれいに治ってしまう人がいる」と言ってたな…。

 

刺激物を控えたり、ストレッチで肺や喉周辺の筋肉を柔らかくしてからの発声で違いを感じたり、ちっともへこまない腹を見ながら「体幹ちっとは鍛えられてんのかなあ…」と不満に思ったりしながら、少しでも成果が出るのはすごく楽しいです。

6月末の次回診察まで、腹筋強化期間と決めました!ぎゃんばるぞー。

 

HORIZON_0002_BURST20200526130844412-01.jpeg
古いおともだちが私のためにマスクを作って送ってくれました。燕のアップリケがついてる。うれしい。

病気をすると「刺激物を避けて」とよく言われますが、「刺激物」って具体的に何のことか知りませんでした。

言語聴覚士のHさんに教えていただいたことには、刺激物とは

・タバコ

・アルコール

・炭酸の飲み物

・熱い飲み物

・冷たい飲み物

・カフェイン
・辛いもの

など。

 

ジョッキに霜がついてるような生ビールとか、氷いっぱいかちわりのハイボールとか、メチャクチャダメってことですね…。
 

うまくいくかはわかりませんが、そのうちに、日常的に酒を飲む習慣はやめてみようと思っています。

どうなりますか、周囲のみなさんは生暖かく観察しててください。

 

他の嗜好品としては、ハーブが好きで毎日ミントティーを出して飲んでいるよ。
ミントティーのすーっとする清涼成分メントールは刺激物にはカウントしないそうです。はーよかった。

 

飲み物だけじゃなくて、空気も、急に冷たい空気を吸ったり、乾燥した空気のところへ行ったりするのは避けたほうがいいんだそうです。
特に寝室には必ず加湿器を置きなさいと言われておりました。
何台か加湿器を使ってみましたが、象印のポットみたいなヤツが本当に最高です。
ムーディーなライトがついたり、いい香りをさせたりできるシャレオツ加湿器もたくさんあるんですけども、フィルターの交換が必要だとか、タンクの底にピンクの水垢がつくとか、週に1回専用のブラシで清掃とか、非常に手間がかかるんですよ。

その点象印はザ・加湿オンリー。
水切れを知らせる音がデカくてビビる(調整不可)以外の不満は一切ありません。ほぼノーメンテナンスで毎日ガンガン加湿してくれます。無骨な見た目も、お湯が沸く雨のような音も、慣れればなんともない。

 

ほこりっぽいのも当然よくないです。冷たい空気&乾燥の予防のためにも、マスクは必須!愛用のマスクが買い置きできない現状は、心細いです。

でも、みんながいろいろなマスクをつける世の中になったので、いちいちマスクのことで質問を受けることがなくなって、楽になった気もするよ!

で、間もなく、いろんなマスクがまた市場に出てくると思うのですが、365日ガチマスク勢の私が選んだフェイバリットマスクはこれです。


(1)アラクス ピッタマスク
DSC_1755.JPG

https://www.arax.co.jp/pittamask/

 

マスクって絶対してたほうが喉にはいいんですけど、私の肌にはあんまりよくない。こすれるから長時間してると肌が荒れるんです。特に使い捨てマスクの断面のあたりが…。

その点ウレタンマスクは肌当たりがやわらかくて、皮膚みたいで違和感がないから好きです。着用感がメッチャ軽い。呼吸も楽です。

色が豊富でお洋服とコーディネートできるのもいいですね!

今は店頭で見れないけど、来月くらいにはドラッグストアで普通に買えるんじゃないかなあ~。高い値段で通販で買わないようにね!

 

DSC_2023.JPG

↑ベージュ。白もあるけど、すぐ黄ばんでくるから最初から黄色っぽいほうがありがたい。

 

DSC_2236.JPG

↑ピンク。肌色に近いので、つけてる感が少なくて重宝。

 

DSC_2212.JPG

↑ネイビー。ブルー系って意外にもマスクでは珍しい。去年まではやたらと「カラスマスク」「ヤンキー」とか言われたけど、もう言われないと思う。家にいるときはだいたいネイビーかグレーかカーキを使っています。

 

(2)小林製薬 のどぬ~るぬれマスク

https://www.kobayashi.co.jp/brand/nn_m/

 

これは、主に寝るとき用なので、つけてるとこの写真ありません。
多少頬が荒れることはあるけど、不織布の1回使い捨てマスクの中ではこれが最高だと思ってる。なんかしゃべりすぎたかな…っていうときはぬれマスクをつけて眠る。水分量が多いからか、夏でも暑くてウザいってなりにくい。ただコスパはあまりよくないです。

ゆずの香りとかユーカリの香りがスッキリして好き。
これも今はないけど、ほぼどこの薬局でも買えるから、手に入れやすくていいなと思っていました。

たまにアンケートはがきが入ってて、感想や要望を送ると、小林製薬製品がもらえた。

 

声帯結節じゃなくても、声が重要なお仕事をされる方は、日常的にマスクをつけると良いと思います!

特にエアコンが効いてて、自分で調整できない場所(ホテル、バス、飛行機、新幹線など)に行くときは持ってゆくべし。

遠征民はけっこう持って行ってると思いますが本当にヨイです、いざというとき声が出ないとすごく疲れますので…。

乾燥対策としては、今流行りの布マスクでじゅうぶんに効果ありますのでおすすめ。いろいろ使って、肌なじみの良いフェイバリットマスクを発見できると、マスクライフがめっちゃ変わりますよ~慣れるともうこれなしではいられないってなるよ~。レッツマスクライフ!

 

声帯結節は、声を出すための振動板(声帯)がこすれすぎてよく使う部分が固くなってしまったところ。

しばしば、ペンだこにたとえられます。

 

沈黙治療(声帯を休めるため数日間一言も話さない、くしゃみやせきも自粛)の前後に、よく、「手術はしないの?」と聞かれたんですが、声帯結節は手術して取ってOKというようなものではないのだそうです。

確かに、ペンだこを手術で取るってあんまり聞いたことないわね。

 

手術をするイメージが強いのは「声帯ポリープ」と混同されているからではないでしょうか?
 

声帯結節と声帯ポリープとは全然別種の病気で、結節が大きくなったらポリープと呼ばれるとかっていうものではないのだと教えていただきました。

声帯の血管が切れて、血腫ができるのが声帯ポリープ。手術で取ることがよくある。

主に声の出しすぎで、声帯の一部が固くなってしまうのが声帯結節。ほとんどの人がリハビリで改善する。

自分が何でどういう状態になっているか知ることは、すごく安心感につながります。リハビリで予後が良いということもわかったしね。

無駄に恐れているとお先真っ暗みたいな気持ちになって、声は出ないわ、仕事はないわ、金ないわ、煙草は吸えないわ、恋人はいないわ、もう人生終わりでは?的な考えにまでおよびかねないので、医師にある程度の時間を取って説明してもらったことはとてもよかったです。
 

でも病院・医院ってどこも混んでるので、なるべく知りたいことをまとめておいて、これとこれとこれが知りたいのですが…ぐらいにすぐ質問できるよう練っておくことが患者側で必要かなと考えています。

何ならメモに書いて受付で出すべき。

「ウチの先生は私の質問に全然答えてくれない💢」
という向きもおられるでしょうが、それはもしかしたら、先生が不誠実なんじゃなくて、あまりにも的はずれだったり、過去に実は何度も説明されているのに納得できてないことの繰り返しだったりして、スルーされている可能性ないですか?って思う。

お互い効率も考えないといけないと思います。医師が全員の話を全部聞いてたら診察終わんないので…。

 

(ところで、画像がないと、ブログの短縮表示(Facebookなど)がプロフィール写真になって変化に乏しいので、自撮り写真を載せておきます。
いきなりショートカットにしました!)

(あっあとこのあと人によってはグロく感じる閲覧注意写真がありますのでそれのサムネイルが表示されるの避けでもあります。)

 

私が最優先にお願いしたのは、歌を歌ったりしゃべったりする仕事を安心してやりたいので、悪くなったときの対処法や、他の方の治療方法とその後の傾向を知っておきたい、という内容で、先生は言葉を選びながら具体的な数字を出して答えてくれました。

 

そしてこれが話題の声帯です!(人間の内臓注意)

 

DSC_2216.JPG

これはたぶん3年くらい前の状態(確か前も載せた、後で探してみよっと)で、いちばん声が出ないときに近いのでは。中央のV字の筋肉みたいなのが私の声帯です。ササミみたい。

ササミが太くなっているところがありますよね。白っぽく光が反射?してるところ。これが結節とのことです。普通がどうなってるのかと比べたことないのでピンときませんでしたが、たった数ミリの粘膜の盛り上がりで、声ってこんなに出なくなるんだ…と衝撃を受けたことを覚えています。

正確に言うと、声が出ないというより、出せる音域が下がったという体感がありましたね。低音はこのときのほうが出たように覚えています。ちなみに、絶賛結節中にレコーディングしたコンピレーションCDが商品として流通していますw
音域が下がっているので、低い声でしか歌ってないのですが、これはこれで魅力的と言ってくれた方もいらっしゃいました。ご興味のある方はぜひ!通販で購入できます。

 

CDの購入はこちらから。↓

http://www.asobi-sanshin.com/goods_cd_nihon.html

Tシャツ、ステッカー、なんならこれを演奏した楽器も買えますw

 

販売元のASOVIVAさんは現在、STAY HOME応援のため、中古三線の無料レンタルをしてるみたい。イイネ!↓

 

閑話休題
たぶん今は、声帯の状態、目で見てももっときれいになっていると思うので、5月以降の診察で画像もらえたら、比較してみたいです。


次回の治療記は、言語聴覚士のおねえさんのていねいな指導によるリハビリ内容について書いてみる予定だよ。

声を使う職業の人にポピュラーな声帯結節ですが、ごたぶんにもれず私も治療中。なんか、プロの職業病っぽくて、ちょっとうれし…くはない。全然うれしくはないです。絶賛困っています。絶賛治療継続中です。

 

症状は、

声がすぐ嗄れる。

いちどかすれ声になると復活が遅い(復活しない)。

高音が出なくなる。

歌ったあと疲れる。

などがありました。


2年くらい前から声が出にくい自覚があって、昔からお世話になっている近所の耳鼻科で診てもらって、タバコをやめたり、数日間一切しゃべらない沈黙治療に勤しんだり、投薬を受けたり、加湿器を買ったり、した。

 

その結果、ファイバーを喉奥につっこんで撮ってもらった写真で見る限り、改善はしているんだけど、思ったように発声できない状況が続いておりました。そんで、先生に相談したら、「これ以上の治療は特にできないから、新大病院行ってみる?」と提案されて、今年の冬から通ってみてます!

 

正直、今の先生にできることないなら、大きい病院行っても同じじゃね?と思っておりましたが、勘違いでした。目から鱗の発見がたくさんあって、いや~、町医者の先生よく勧めてくれた、紹介状書いてもらってよかった、とすぐ考え直した。もう1回目の診察でそう思った。待ち時間含めて3時間くらいかかったけどそれでも全然OKというくらい収穫あり。


何が違うってまず設備が違う。
上でも書いたように、鼻からファイバースコープつっこんで声帯(のどの下の方、のどぼとけの裏にあります)の写真を撮ってもらってたのですが、新大病院ではこれが動画で撮れるんですよ。
「あ~…設備ってそういうことなのか…」
と思いました。

検査も種類が多岐。

パソコンソフト、マイク、検査機器を駆使して検査していただき、その結果、声のでにくさの中には、「息が続かない」という要素が含まれていることが明確になりました。

なるべく長く声を続けてくださいね~って言われて「あ゛~~~~~~~~」とやったんだけど、8秒しか保たないんですよ。これでよく歌なんか歌えたねって思うくらい短い。

言語聴覚士さんの指導では、15秒を目指すそうです。およそ倍!?マジで!?

「15秒くらいいけると思いますよ。今みたいなガラガラ声ではなく…」

って言われたのが地味にショックwwwガラガラですか???(泣)あーん(泣)

でもこれでももっとも苦しいときに比べると、今は相当楽になったんですよ~!まだ2回しか通院してないし、特に治療という治療は受けてなくて、リハビリと普段の生活を改善することで対応しているんですけど、効果は絶対上がってるって手応えがあります。

 

ちょうど、同じ曲を録音した動画があったので、比較してみますかね。

 

これは2018年(もう自覚症状はあった)の録音。

三線の調弦をE-B♭-Eにしています。もう高音が出にくくてつらいからこのキーにしてくれってギターのりゅうちぇるさんにお願いしたんでしょうね。

低音はかえって響きがあって今よりいいかな?という感じがなくもないのですが、01:26あたりのさして高くなっていない箇所ですら表情に力が入っています。こんなとこでもう出にくいのか~俺。
でも03:10~12くらいの裏声と地声の行き来はキレイにできていますね。一時期はこれができなくて苦しんだので、禁煙の効果が出てきていた頃なのだと思います。

アンプでリバーブをかけているので、やや聞きやすくなっていますが、そう思って聴けば、ブレスのタイミングが不自然な気がします。
 

で、こちらが2年後、2020年の先日録音した同じ曲です。
(まだ機材の使い方がよくわかってなくて、左チャンネルからしか聞こえません…そういう仕様です…ごめんなさい)

すでにキーが半音上がっています。少し発声がラクになってるんだ!

が、やはり息が続いていなく、「このやるせない(息継ぎ)モヤモヤを」と歌っています。本来ならここは一気に歌うべき箇所なはず。

2番は「この限りないむなしさの」まで息継ぎなしで歌えていますし、この曲の最高音となる「救いはないだろか」の部分も苦しそうな顔をしないで発声できています。

総合的に、2018年よりは状態が良くなってると言えるのではないでしょうか?
(先生、言語聴覚士さん、どうですかね??)

 

病院で教えていただいたリハビリの方法や、自分の不安な気持ちの処理方法、普段の生活の改善など、本当に勉強になったことがたくさんあるので、治療・リハビリの意識を下げないためにも、そして私と同じように不安な声のお仕事の方々の希望になればと願い、しばらくブログ記事として何回か連載してみようと思っています。

<次回以降予告>
・声帯ポリープと声帯結節の違いとか
・酒の飲み方が変わったこととか

・ストレッチはやりすぎることがないってこととか
・ストレスが減ったことと増えたこととか

もし「声帯結節」で検索して読んでくださったボーカリストさん、アナウンサーさんなどいらっしゃいましたら、私が救われた医師の一言をぜひ覚えててください。
「リハビリと生活の改善でほとんどの方がよくなります」

次回以降も読んでね♡