こころまの「ま」 〜食べて 飲んで 出会って〜

こころまの「ま」 〜食べて 飲んで 出会って〜

日々の小さな出会いや発見を、自分の言葉で書きとめていきます。
庶民派のお店の食べ歩き&飲み歩きの記録が中心ですが、
時々、全く違った視点でのブログも書いていきます。

NEW !
テーマ:

この日のランチタイムも、
ヘビロテ飲食店さんのひとつになっている、
こちらのお店にやってきました。

【ゆるり屋 京都/京都市下京区四条通新町西洞院間郭巨山町21-2】


この日注文したのは、
ずっと気になっていた麺料理「豚ねぎつけめん(900円)」。





濃いめの醤油ベースの温かなつけ汁には、
これでもかというほどの豚肉とネギと、半熟卵が。





ラーメン専門店さんではないのに、
ゆるり屋さんのラーメンはもちもちシコシコでかなり美味しいんです。



残念ながらご飯とお漬け物には手を出す余裕がありませんでしたが、
ボリューミーなラーメンは、完食いたしました。

満足!





月替りなのでしょうか?

気がつくと知らないメニューや、数量限定メニューが飛び出すので、
これからの涼しい季節の新メニューが楽しみであります。














心と生活にアートを添えるお手伝い cocoro-ma(こころま)
http://www.cocoro-ma.com/


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
NEW !
テーマ:


今回の旦那ちゃんの名古屋出張のお土産は…。



「京わらび餅」でした。





名古屋でお土産を買う時間がなかった時や、ネタ切れ?…な時は、
新幹線を乗り換える京都駅で購入してくれている模様。

冷蔵庫で冷やしてからいただいたのですが、
もちもちブリン!…な歯ごたえで、抹茶の味わいがしっかり。





おいしゅうございました。



でも、毎日京都に出勤している私が京都土産をもらうのは、
かたじけないような気持ちもちょっと…ですが。












心と生活にアートを添えるお手伝い cocoro-ma(こころま)
http://www.cocoro-ma.com/


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

テーマ:


この日のランチタイムは、
ちょっとお久しぶりにこちらのお店へ。

【いっ献(いっこん)/京都市下京区四条町368】
◎いっ献 http://mgfoods.co.jp/ikkon/



週に一度はおじゃましたいくらい、
美味しくてお値打ち過ぎる日替わり定食のお店なのですが、
町家を改装したお店だからかエアコンがゆるめで、
真夏の間、足を運ぶのを控えていたのであります。。。

※しかも毎回美味しいお料理で、途中で止められなくなり体温が急上昇…!



この日も「日替わり定食(850円)」を注文。





メインは「鯖の幽庵焼 」で、鬼おろしとすだちが添えられていました。





お久しぶりのいっ献さんのランチも、
間違いのない美味しさでありました。














心と生活にアートを添えるお手伝い cocoro-ma(こころま)
http://www.cocoro-ma.com/


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

テーマ:


とある週末のランチタイムに、
珍しく旦那ちゃんが「チーズナンを食べたい。」と言ったので、
かなりお久しぶりに、こちらのお店に足を運ばせていただきました。

【ナマステ タージ・マハル/大阪府高槻市城北町1-1-6】









店内は私たち以外に、女性のふたり連れ客さんのみ。







ランチメニューはこんな感じです。











せっかくの週末ランチなので、
生ビールもいただいちゃいましょう。





こちらは、ランチセットのサラダ。





カレープレートの到着。





旦那ちゃんはサラダ、キーマカレー、日替わりカレー、
チキンティッカ、そしてチーズナンとドリンクがセットになった
「チーズナンランチ(税込1,235円)」。





私はサラダ、チキンカレー、日替わりカレー、ナン、ミニライス、
ドリンクがセットになった「Bランチ(税込980円)」。







この日の日替わりカレーは「しめじとジャガイモのカレー」で、
2人とも辛さは「中辛」にしました。



私的にはサラッとしたあっさり南インドカレーより、
タージ・マハルさんのようなクリーミーで濃厚な
北インドカレーの方が好きなんだなぁと感じました。



チーズナンのボリュームに、
ちょっと苦戦している旦那ちゃん。



…からの、食後のラッシーの甘さに悶絶しておりました。。。













心と生活にアートを添えるお手伝い cocoro-ma(こころま)
http://www.cocoro-ma.com/


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ





テーマ:


彼女の訃報を聞き、そして彼女の辿った歴史をテレビで観て、
とめどなく涙が流れました。


私となんの接点もない芸能の世界の方なのですが、
彼女だけが持つ独特な存在感で、
その姿が画面に映るだけで心を揺さぶられてきました。

まるで自分の人生を大きく変えてくれた、師を失った気分です。





2016年の宝島社の広告に携われた、彼女の言葉が改めて心に染み渡ります。





広告意図

日本の平均寿命は年々更新され、今や世界一。
いかに長く生きるかばかりに注目し、
いかに死ぬかという視点が抜け落ちているように思います。
いかに死ぬかは、いかに生きるかと同じであり、
それゆえ、個人の考え方、死生観がもっと尊重されてもいいのではないか、
という視点から、問いかけています。

「生きるのも日常、死んでいくのも日常」
ご出演いただきました樹木希林さんの言葉です。
「死というのは悪いことではない。それは当たり前にやってくるもので、
自分が生きたいように死んでいきたい。最後は、もろとも宇宙の塵になりて。
そんな気持ちでいるんです。」
死について考えることで、どう生きるかを考える。
若い世代も含めた多くの人々の、きっかけになればと思っています。

ビジュアルは、ジョン・エヴァレット・ミレイの名作
「オフィーリア」をモチーフにしています。
構図は原画に忠実に、そこに現代的、日本的エッセンスを加えた部分も。





心からご冥福をお祈りいたします。















心と生活にアートを添えるお手伝い cocoro-ma(こころま)
http://www.cocoro-ma.com/


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス