みやらび日和

みやらび日和

みなさんの心がHotになれるような詩と絵を描いています。

  



今日の詩はこちらに🍃





今日の詩


『すてき』









太陽からのスポットライトは

みんなの足元を照らしてる

木々が作る陰たちと

空を飛び交う風たちは

輝く私の手を引いて

ゆっくり流れる時間を準備する













大学に通っていたときの通学路
長い長い坂の先に

見晴らしのいい公園がありました。



坂を登りきったあとに
その公園のベンチで一休みするのが
日課になっていました。




木漏れ日が心地よくて
風が吹くとなんだか心が落ち着いて

とても好きな場所でした😌🍃













こんばんは。




日差しの強い日が続きますね☀️


ふと手の甲を見ると
いつの間にか結構焼けていました。



手の平に続いていくところに
くっきり分け目ができています😂

なんてこった!



農作業を頑張った証ということにしておこう







先日 みんつくさんというところで
畑仕事のお手伝いをしてきました。


「みんなでつくる安心食卓」で “みんつく” です。




みんつくさんは
農薬も、除草剤も、化学肥料もビニールマルチも使わない

自然農法で野菜を作っています。



刈った草を畝に敷くことで 乾燥から野菜を守り
微生物の働きを活発にさせる

草マルチを使っています。



草を刈る時は、根っこを残して刈ります。
根っこは栄養がたっぷり
土を豊かにしてくれます。






3反程の広さの畑を一人でやっていらっしゃるため
人手が足らず


ボランティアを募っています。





お手伝い会員になると
1時間のお手伝いで1000ポイント(1000円)付与され
みんつくさんの野菜を1000円分いただけます。



忙しかったり、畑仕事が苦手でお金で買いたい方には
直接野菜を販売してくださいます。







自然農の野菜やオーガニックの野菜を
普通に買おうとすると

高くて手が出しづらいと思います。




私も母と一緒によく


環境に優しいものを選びたいけど
高くて買いづらいし

買っても続けられないよね

お金がないと、安いものを買わざるを得ないことが多いよね


と話しています。





みんつくさんは
慣行農法で作られた野菜よりも安い価格で
自然農の野菜を販売し、


無農薬の野菜が当たり前にみんなの手に届くようになってほしいと願っています。




環境へ感謝の気持ちを込めてプラスチックフリーで野菜を販売しています。






ある方がおっしゃっていた言葉を思い出しました。


「この世に本当に安いものはなくて、 安く見えるものは、本当の負荷が隠されていて、その負荷が搾取的な児童労働という形をとったり、環境汚染だったりするのではないかと思っています」





作り手の顔や生産過程が目に見える
安心安全な野菜を
いただける場所が近くにあることは


とてもありがたいことだな~と
幸せと感謝の気持ちを感じています。




みんつくさんの活動を応援しながら


家の畑でも作物を作りつつ


自分の身体と大地の健康を守る方法について
もっと勉強していきたいなと思いました😊












みんつくさんで頂いた野菜

どれも味が濃くて美味しかったです😋🥬🍅








みんつくの野菜

Facebook  


Twitter










こんばんは。

日に日に朝晩の涼しさが増している気がしますね🌾
   



今週は

かぼちゃのシチューに

かぼちゃサラダ


かぼちゃだらけの一週間でした。


そして今日もかぼちゃのケチャップ炒めを作ろうと
固いかぼちゃをせっせと切っていました。



少し変な形に切り分けてしまったかぼちゃを薄く切ろうとして嫌な予感がしたそのとき!!



ガタン!と音がして包丁が滑り
左手中指めがけて落ちていきました!




「いたい!!!」



幸い、薄く皮がそげてしまっただけで済みましたが
久しぶりの怪我でした。



少しの傷だけれど
そういえば包丁で切れるとこんなに痛かったっけ、、

と痛みをしみじみと感じていました。








そして先日、オリジナルカレンダー製作の相談に
白馬にあるcovsさんというデザイン事務所に行ってきました。



印刷の相談をするために
事務所へ足を運ぶのは初めてだったので

カチコチに緊張していました。





ですが、


出迎えて下さった
新人さん

代表さん

そして大きなワンちゃん2匹!


優しくて、和やかな
雰囲気の室内に

いつの間にか緊張がほぐれていました。



事務所の外も近くに小川が流れていて
とても静かな場所でした。




環境に優しい紙を選びたい、
という願いを汲み取って下さり

今回は竹で出来た紙を選ぶことにしました。






これから印刷をお願いして
カレンダーが出来上がっていきます。



完成を待ちドキドキしつつ、
ものをデザインすることの難しさも感じています。



使いやすさや
環境への配慮
私がどんなカレンダーにしたいのか


いくつかのことを同時に考えて
よりよいものを

作ろうとすると
時間もお金もかかることがあります。



少し、あわあわしつつも


一度立ち止まって、



初めての挑戦を
楽しもう!

と思い至りました。




みなさんの手に渡ったときのことを想像しながら
もう少し頑張ります!























今日の詩

この詩は個展のときに共感して下さる方が
多かった詩です😊









側にある音




早く走ると 

音が私から離れていく

雨の音が響く

空の絵描きが

静かに今日の空を描いている

風に吹かれた森が動いている

誰かが温かい言葉をかけてくれる

私の命が生きている

だけど

私は走ることをやめられなくて

その音を聞き逃してしまうんだ