仏の里「国東半島」一走り

テーマ:

11月8日(木)昨日も一昨日もとても良い天気でした。

今日は曇りでもうすぐ低気圧が通過か・・

 

一昨日もあまりに天気がいいので、午後直ぐ近くの国東半島お寺巡りに。国東半島には

奈良時代以後、多数のお寺が開基され現在もその法灯が受け継がれている。

 

 宇佐神宮から六郷満山文化の本拠地国東半島は奥の深い仏教文化の宝庫です。32

霊場まわってはご朱印をいただく国東六郷満山霊場めぐりも結構ブームで、私も一昨

は4つのお寺を回り、ご朱印(300円かかります)をいただきました。

 

 帰りは、ちょうど夕日の時間帯。真玉海岸に寄り、夕日百選の地を堪能(多くの人が来

てました)。

【③報恩寺⑧長安寺⑨天念寺㉑文殊仙寺を回って夕日百選真玉海岸で終わりました。】

  

【報恩寺は我が家から車で5分。先手観音が・・全て初めて参るお寺です。】

【天念寺の奥にそびえたつ修験道の山。無明橋が見える

一度訪れたかった文殊仙寺。来てよっかった!(^^)!】

【文殊仙寺から富来(半島の先)へ一気に下り、海岸線で宇佐へ。途中熊毛の海岸で姫島眺めて深呼吸・・】

【夕日が沈むころ、真玉海岸に。多くの人が夕日を楽しんでいた。なぜか万歳をする高校生?中学生かな?

                空気がとても澄んでいて、遠く中津市の八面山や福岡県の山々がはっきり視える。】