いつもお世話になっております。

前回も多数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

 

まず、中山記念に関してですが、例のブログ(NEWTAM01の挑戦(仮) 中山記念)の方に記載しました。

的中率と回収率の両立・・・って、言っておきながら、京都記念までジックリと待っておきながら、書き始めたら毎週投稿で良いのか・・・という状態ですが(笑)、まあ、お試しということで、とりあえず、今年1年間、よろしくお願いいたします。

 

さて、当ブログの方は、日曜日の阪急杯の検討です。

 

 

※ 阪急杯

 

 日曜日に行われる阪急杯。阪神芝1400Мが舞台の4歳以上の馬のG3レースです。

 

 今年のこのレースには、阪急杯と同じ阪神芝1400Мが舞台である昨年暮れの阪神Cの勝馬であるウインマーベルが出走してきました。

 

 ウインマーベルといえば、2022年スプリンターズS2着馬であり、また、2023年阪神Cを勝ったことで、賞金的には2024年高松宮記念の出走権を確保したともいえる馬です。

 

 そういう実績馬にとって、この阪急杯は、好走するに越したことはないにせよ、目一杯の仕上げで臨むようなレースではないと思います。

 となれば、馬場状態が重であることも勘案すると、ひょっとして、人気薄の馬が激走するような、荒れるレースになる可能性があるのでは・・・。

 

 なんて、先週のフェブラリーSで、人気薄の馬が好走したためか、いつもの当ブログとは違う発想になっているようですけれども、少し冷静に考えてみますと、上位人気馬のうち、ウインマーベルにはあくまでも高松宮記念の前哨戦という点で、ディープインパクト産駒のダノンティンパニーには重馬場という点で、アサカラキングは多頭数のレースで外側の7ワクからのスタートという点とオープンクラスのレースは初めてという点で、また、サトノレーヴはオープンクラスのレースが初めてという点で、気になる材料があると考えます。

 

 で、あればです。

 

 ここは、思い切って、人気薄の馬の好走を期待して馬券を買うこととします。

 

 買う馬は、内側のワクにいる馬のうち、人気薄で、かつ、良馬場では時計が足りないような気がするが、重馬場で時計がかかれば・・・と思える馬としましょう。

 

 内側のワクから順に、1ワク2番のサンライズロナウド、2ワク4番のルプリュフォール、3ワク6番のタマモブラックタイ、4ワク8番のカルロヴェリーチェとします。

 

 タマモブラックタイとカルロヴェローチェは、重馬場で行われた中京芝1400Мの2022年ファルコンSの1着馬と2着馬。

 

 サンライズロナウドは、ハービンジャー産駒ですから、重馬場で、しかも、前走から距離が少し伸びる今回の条件は合っていそうな気がします。

 

 そして、ルプリュフォールは、阪神芝1400Мが舞台であった2022年スワンSの3着馬であって、ロードカナロア産駒ですので、内側のワクの方が合っていそうな気がする上、鞍上の岩田騎手といえば、最後の直線で、思い切ってインを通るのが得意の騎手です。

 重馬場をこなせるならば、インをついての好走があるかもしれません。

 

 

 これらの4頭のうち、1頭あるいは2頭が好走することを大いに期待して、これら4頭の単勝馬券と馬連馬券を買うこととします。

 

 

 

※ 結論

 

 買う馬は、サンライズロナウド、ルプリュフォール、タマモブラックタイ、カルロヴェローチェ。

 馬券は、

単勝で、

         2番・ 200円、    

         4番・ 200円、

         6番・ 200円、

         8番・ 200円、

      小計 4点・ 800円、

馬連で、

       2- 4・ 100円、

       2- 6・ 100円、

       2- 8・ 100円、

       4- 6・ 100円、

       4- 8・ 100円、

       6- 8・ 100円、

      小計 6点・ 600円、

        合計10点・1400円

とします。

 

 

      ←  現在、29位くらい。

              20位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

 

 

 

いつもお世話になっております。

先週も、応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、直前ですが、土曜日の中山8レースの検討です。

 

 

※ 軸馬

 

 土曜日に行われる中山8レース。

 中山ダート1800Мが舞台の4歳以上の馬の1勝クラスのレースです。

 

 中山ダートの馬場状態はやや重ですから、逃げた馬や前に行けた馬に有利な馬場だと思いますので、逃げる可能性が高そうなシゲルカミカゼが人気になっているのは納得です。

 しかも、実は、このレースのオッズを午前中から見ていたのですけど、午前中が単勝オッズが3倍以上あったのに、レースが近づくにつれて、単勝オッズが1倍台になるなど、徐々に人気になってきています、この手の馬は最近は良く来るような気がします。あくまでも私のイメージですけど・・・。

 

 

 ところで、私が尊敬する競馬ブロガーの方によれば、今日の馬場状態だと前走から距離短縮の馬が好走しそうとのこと。

 

 そこで、出走馬の前走をチェックしますと、このレースでは12頭中2頭が前走が府中ダート2100Мであった馬

 このうちの1頭がシゲルカミカゼで、もう1頭がマウンテンエース。1番人気の馬と2番人気の馬です。

 

 であれば・・・、本命党らしく、この2頭の組合せの馬券を買うことしましょう。

 

 

 

※ 結論

 

 軸馬は、シゲルカミカゼ。

 相手は、マウンテンエース。

 馬券は、

ワイドで、

      7-11・1000円、

馬連で

      7-11・1000円

            合計 2点・2000円

とします。

 

 

      ←  現在、29位くらい。

              20位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

 

前回も多数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

また、例のNEWTAM01の挑戦(仮)につきましても、初めての検討記事の投稿にもかかわらず、多数のお越しをいただき、重ねてお礼申し上げます。

 

まず、例のブログ(NEWTAM01の挑戦(仮) 小倉大賞典)では、小倉大賞典の検討記事をアップしました。

 

的中率と回収率の両立・・・って、言い出しておきながら、混戦ムードで、しかもハンデ戦であるレースに手を出すのは、的中率の観点からどうだろう、これでは看板に偽りありかな、と自分でも思いますが(笑)、多くの方にお越しいただいたことへのお礼・・・ということで、ご容赦ください。

 

さて、当ブログの方は、日曜日のフェブラリーSの検討です。

 

 

 

※ 共同通信杯

 

 日曜日に行われるフェブラリーS。府中ダート1600Мが舞台の4歳以上の馬のG1レースです。

 

 今年のこのレースでは、オメガギネス、ウィルソンテソーロ、ドゥラエレーデが上位人気になり、その後は、キングスソード、ガイアフォース、レッドルゼルらが続いているようです。

 

 今年のフェブラリーSは、レモンポップやウシュバテソーロらのトップクラスのダート馬が海外のレースに向かったため、これまでのダートのレースでの実績面からすると、手薄なメンバーになったようです。

 

 その意味で、これまで芝のレースで実績を上げてきた馬、あるいは、地方競馬所属の馬が好走しても不思議はないと思います。

 

 特に、これまでの実績という点からは、南部杯であのレモンポップの2着に頑張ったイグナイター、そして、血統の点からは、キタサンブラック産駒でスピードの持続力に長けていそうなガイアフォースは、上位入線をしても不思議はない馬ではないでしょうか。

 

 

 ただしです。

 そういう状況であるにもかかわらず、フェブラリーSでは、オメガギネスが1番人気に支持されています。

 

 確かに、リステッド競争とはいえ、今回と同じ府中ダート1600Мが舞台であるグリーンチャンネルCで古馬相手に3馬身差以上をつけて勝っていますし、ダート1800МのレパードSや東海Sでは2着に敗れていますから、距離でいうと、府中ダート1600Мの方が適性がかなり高い可能性はあると思います。

 

 さらにです。

 鞍上がC.ルメール騎手であること、特に、週初めでは、除外される可能性があったにもかかわらず、鞍上がルメール騎手を予定されていたことからして、陣営が早めにルメール騎手を確保して、このレースに照準を合わせていたのだろうと私は考えます。

 

 となりますと、レース後には「やっぱり、ルメール騎手はさすが」ということになるのではないか・・・というのが、私の読みです。

 

 オメガギネスは前に行くタイプの馬ですから、流れが速くなりすぎたときは勝ち損ねる可能性があると思いますが、9レースのヒヤシンスSのレースを見た限りでは、思ったよりも速い時計が出る馬場状態のようですから、グリーンチャンネルCを1分34秒3という好時計で勝ったオメガギネスには合っていそうなのも好材料。

 

 ということで、軸馬はオメガギネスとします。

 

 

※ 相手

 

 相手は、オメガギネスが先行した馬を競り落としたところに、後方待機の馬が突っ込んでくることを想定して、レッドルゼルとタガノビューティーをピックアップします。

 

 また、直前の調教時計からして、距離が短くなっても、いや、短くなって、今までの先行策から一転して差しに回ったときに、新味が出る可能性があるとヤマをはって、ドゥラエレーデも付け加えることとしましょう。

 

 

 

 

※ 結論

 

 軸馬は、オメガギネス。

 相手は、ドゥラエレーデ、レッドルゼル、タガノビューティー。

 

 馬券は、

単勝で、

         5番・ 600円、    

ワイドで、

       4- 5・ 800円、

       5ー10・ 500円、  

       5-13・ 600円、

      小計 3点・1900円、

              合計 4点・2500円

とします。

 

 

      ←  現在、28位くらい。

           20位台定着を目指しておりますので

           応援クリック、よろしくお願いします。

 

 

   

いつもお世話になっております。

前回も多数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

 

まず、京都記念に関してですが、例のブログ(NEWTAM01の挑戦(仮) 京都記念)の方に記載しました。

的中率と回収率の両立・・・って、言い出した自分でも、大風呂敷を広げたのはいいが・・・という状態ですが(笑)、まあ、お試しということで、とりあえず、今年1年間、よろしくお願いいたします。

 

さて、当ブログの方は、日曜日の共同通信杯の検討です。

 

 

※ 共同通信杯

 

 日曜日に行われる東京新聞杯。府中芝1800Мが舞台の3歳馬のG3レースです。

 

 今年のこのレースには、昨年の朝日杯FSの勝ち馬であるジャンタルマンタル、朝日杯FS2着馬のエコロヴァルツが揃って出走してきました。

 

 朝日杯FSを勝ったことで、賞金的には春のG1レースの出走権を確保したといえるジャンタルマンタルはもちろん、皐月賞とNHKマイルCならば、賞金的には出走権を確保したといえそうなエコロヴァルツですから、その前にどのレースを使うかは、かなり自由であると言えます。

 

 ですから、何も2頭揃って共同通信杯に出走してくることもなかろうに、と思うのですけど、2頭揃って出走してきた以上、その取捨選択を考える必要があります。

 

 まずは、朝日杯FSと同様、2頭のワンツー決着を想定するもの。

 

 私が尊敬する競馬ブロガーの方の中にも、2頭のワンツー決着想定される方が何人かいらっしぃました。

 

 また、牝馬のレースですけど、2018年チューリップ賞では、前年の阪神JFの上位3頭(ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア)が出走して、阪神JFのときとは2着と3着が変わりましたが、3頭が上位3着までを独占したということがありましたからね。

 

 その意味で、たとえ、1着がエコロヴァルツ、2着がジャンタルマンタルというように、1着と2着が変わったとしても、この2頭のワンツー決着の可能性は十分あると思います。

 

 ちなみに・・・、前述のチューリップ賞の3頭の決着ですが、2018年からチューリップ賞がG2レースに変更というタイミング(前年まではG3レース)で発生したものです。

 

 今年の共同通信杯も、昨年までの別定戦から馬齢戦に変更になったタイミングですから、朝日杯FSの上位2頭が共同通信杯でもワンツーフィニッシュで不思議はないと考えます。

 

 

 

 しかしながら・・・、このレースでは、1ワク1番のベラジオボンドに期待したいと考えます。

 

 前走の新馬戦では2着馬に3馬身差をつけての快勝。

 このレースで3着だった馬と5着であった馬が、その後、未勝利戦を勝ちあがっていますから、決して、相手が弱かったわけではなく、この勝ち方には価値があるように思います。

 

 また、共同通信杯は、ここ10年の連対馬20頭中5頭が前走で新馬戦を勝ったばかりの馬であったように、1戦1勝の馬でも十分通用するレースです。

 

 ジャンタルマンタルとエコロヴァルツの各陣営には、先々を考えて、府中芝コースを走らせてみようという狙いがあるのではないかと思いますけど、そういう試走という意味があるのであれば、今回の仕上げは目一杯とは思えませんから、賞金を加算しておきたい他の馬が付け入るスキはあると考える次第。

 

 まあ、新馬戦を勝ったばかりの馬としてはジャスティンミラノがいますから、レース後に「こちらの馬だったか~」になる可能性もあるとは思いますが、今の府中芝コースは、インを通った馬が有利だと考えます。先週の東京新聞杯でも前に行ったウインカーネリアンが2着に残りましたからね。

 

 その意味で、1ワク1番のベラジオボンドの方が良いと考えますので、先週、1番人気のマスクトディーヴァで6着に敗れたことのリベンジを鞍上の岩田望来騎手が成し遂げてくれることを期待して、軸馬はベラジオボンドにします。

 


 

※ 相手

 

 相手としては、ジャンタルマンタルとエコロヴァルツを重視しなければならないかもしれませんが、先週のきさらぎ賞の結果を踏まえると、少し気になることがあります。

 

 きさらぎ賞の結果は、1着・ビザンチンドリーム(1戦1勝)、2着・ウォーターリヒト(前走シンザン記念で3着)、3着・シヴァース(1戦1勝)でした。

 

 今年になってから行われたシンザン記念で3着に好走したウォーターリヒトがきさらぎ賞でも好走したことを勘案しますと、今年のシンザン記念で5着だったショーマンフリートに注目したいと考えます。

 

 そこで、馬券としては、ベラジオボンドとショーマンフリートの2頭軸にして、ミスタージーティー、エコロヴァルツ、ジャンタルマンタルといった重賞レースの経験がある3頭への3連複馬券を買うこととし、また、ジャンタルマンタル、エコロヴァルツ、ベラジオオペラの3連複馬券も買うことにしましょう。

 

 

 

※ 結論

 

 軸馬は、ベラジオボンド。

 相手は、ショーマンフリート、ジャンタルマンタル、エコロヴァルツ、ミスタージーティー。

 

 馬券は、

単勝で、

         1番・ 500円、    

3連複で、

    1- 6ー 9・ 500円、  

    1- 4- 5・ 200円、

    1- 5- 6・ 200円、

    1- 5- 9・ 200円、

      小計 4点・1100円、

              合計 5点・1600円

とします。

 

 

      ←  現在、29位くらい。

              20位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

 

いつもお世話になっております。

前回も多数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、日曜日の東京新聞杯の検討です。

 

 

※ 東京新聞杯

 

 日曜日に行われる東京新聞杯。府中芝1600Мが舞台の4歳以上の馬のG3レースです。

 今年のこのレースでは、昨年の秋華賞2着馬のマスクトディーヴァ、昨年のエプソムC の勝ち馬であるジャスティンカフェ、昨年のNHKマイルC2着のウンブラウル、昨年の東京新聞杯の勝ち馬であるウインカーネリアンが上位人気に支持されています。

 

 さて、4歳馬で人気になっているマスクトディーヴァウンブライルについてですが、ウンブライルは、舞台が今回と同じ府中芝1600МであるNHKマイルCで2着という実績がありますから、今回も好走を十分期待できる馬であるとは思います。

 鞍上が、C .ルメール騎手であることもプラス材料でしょう。

 

 しかしながら・・・、マスクトディーヴァは、ローズSで、後にエリザベス女王杯を勝つブレイディヴェーグを破って1着になった馬であり、また、秋華賞で、あのリバティアイランドに1馬身差まで迫っての2着と好走した馬です。

 

 ローズSと秋華賞での末脚の素晴らしさからして、最後の直線が長い府中芝1600Мという舞台であれば、スタートしてから、しばらくの間は後方待機となっても、最後の直線で素晴らしい伸びを見せて、ゴール前では上位争いをしてくれるものと考えます。

 

 気になることといえば、鞍上が関西所属の岩田望来騎手であること、そして、マスクトディーヴァがこれまでマイル戦を走ったことがないことでしょう。

 

 しかしながら、これまで2000М以上のレースしか走ったことがないというならばさておき、いわゆるワンターンで、最後の直線が長くてゴール前に坂がある阪神芝1800МのローズSの勝ちっぷりを考えれば、勝ち損ねるかも知れませんが、上位争いをしてくれる可能性は高いと考えます。

 

 ちなみに、2020年の東京新聞杯2着のシャドウディーヴァは初めてのマイル戦でしたが好走しましたし、ここ2年は、ファインルージュとナミュールがそれぞれ2着と好走していますから、4歳牝馬で上位クラスの馬であれば、古馬の牡馬相手の東京新聞杯でも十分勝負になるものと考えます。

 

 さらにです。

 東京新聞杯はいわゆる別定戦ですが、昨年から斤量規定が変わり、それまでに勝った重賞レースの格付けにより斤量が決まるようになりました。リステッド競争をいくつかっても、斤量が増えず、また、G1レースであっても2着どまりであれば、斤量は増えないわけです。

 

 そう考えますと、G1レースで2着であったことは、この東京新聞杯での斤量に影響がないことになりますから、マスクトディーヴァに、ある意味有利に働くわけです。

 このように、マスクトディーヴァのように、これからG1レースの勝利を期待できる有力馬の好走を期待する手はアリと考える次第。

 

 ジャスティンカフェに関しては、昨年秋のマイルCS3着馬ですから、今回の出走馬の中でも上位クラスの馬であるのは間違いないと思いますが、マスクトディーヴァよりは今年のG1レースでの好走の確率は低そうに思えます。

 

 ということで、今年の東京新聞杯で好走を期待されるタイプの馬とは、「まだG1レースでは2着以下の馬であるが、今年のG1レースで1着になっても不思議はないくらいの期待ができる馬」であるとヤマを張ることにします。

 

 ひょっとしたら、今年のG1レースで勝ち負けが期待できる馬というのがウンブライルである可能性は否定できませんけど、私にはマスクトディーヴァの方が期待できると思えますから、軸馬はマスクトディーヴァとします。 


 

※ 相手

 

 相手としては、昨年の東京新聞杯の1着馬がウインカーネリアンであったことを勘案したいと思います。

 ウインカーネリアンは、2022年関屋記念1着の後、マイルCSで12着と大敗の後、東京新聞杯で1着でした。

 関屋記念1着ということで、斤量は1キロ増の58キロで東京新聞杯に出走して1着であったわけです。

 

 今年の出走馬でいうと、昨年のエプソムCを勝っているジャスティンカフェと昨年の関屋記念を勝っているアヴェラーレが、何となくですが、昨年のウインカーネリアンに似ているように思えます。

 

 あと、アヴェラーレの同ワクに入ったフリームファクシも、きさらぎ賞の1着馬ですし、前走が京都芝1600Мの京都金杯、しかも、そこで5着とマズマズでしたから、ひょっとしたら、マイル戦くらいが適距離の可能性もありそうで、人気薄ですけど軽視しがたい馬に思えます。

 

 そして、マスクトディ-ヴァを秋華賞でリバティアイランドの次の2着ということで高く評価するならば、マイル戦の桜花賞でリバティアイランドの次の2着と好走したコナコーストも軽視できないとなりますし、鞍上がC.ルメール騎手で、今回と同じ舞台のNHKマイルC2着の運ブラウイルも軽視しがたい馬と思えます。

 

 さらには、前走のリゲルS1着のマテンロウスカイも、京都金杯3着のトゥードジボンも・・・となりますと、キリがありませんね。

 

 そこで・・・、です。

 マスクトディーヴァの主たる相手は、ジャスティンスカイとアヴェラーレの2頭に絞り込んで、マスクトディーヴァとジャスティンカフェ、そして、マスクトディーヴァとアヴェラーレの2頭軸の3連複を買うこととして、手広く流すことにします。

 

 また、何となくですが、気になるので枠連3-3を少しだけ買うことにします。



 

※ 結論

 

 軸馬は、マスクトディーヴァ。

 相手は、アヴェラーレ、ジャスティンカフェ、そして、フリームファクシ、コナコースト、ウンブライル、マテンロウスカイ、トゥードジボン、さらに、ウインカーネリアン。

 

 馬券は、    

3連複で、

    6- 7ー 9・ 400円、  

    6- 7-11・ 200円、

    6- 7-12・ 200円、

    6- 7-13・ 200円、

    6- 7-15・ 100円、

    6- 7-16・ 400円、

    6- 9-16・ 200円、

    6-11-16・ 100円、

    6-12-16・ 100円、

    6-13-16・ 100円、

    6-15-16・ 100円、

      小計11点・2100円、

枠連で、

        3-3・ 300円、 

             合計12点・2400円

とします。

 

 

      ←  現在、29位くらい。

              20位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。