いつもお世話になっております。今回は、予定どおり、9月21日中山10レース・テイエムオペラオーCの検討です。


 

※ 軸馬

 

 月曜日に行われる2000メモリアル・テイエムオペラオーC。中山芝2000Мが舞台の3歳以上2勝クラスのレースです。

 

 4回中山開催では似た条件のレースは過去においてありました。例えば、昨年ですと、4回中山8日目に1000万円下クラスの芝2000Мの茨城新聞杯がありましたし、一昨年までは習志野特別が似た条件のレースでした。

 

 それが、今年はテイエムオペラオーCという名称で行われるのですから、次回の検討の予定で記しましたとおり、このレースは、新設されたレースという解釈で検討することにしたいと思います。

 

 切り口としましては、今年新設したレースや新設したと解釈できるレースで好走した実績がある馬、しかも、中山芝2000Мという舞台でのレースで実績がある馬というものです。

 

 該当する馬としては、今春の中山芝2000Мのレースで2着、また、ライラック賞という今年久しぶりに行われたレースで2着と好走している2ワク2番のヴァンランディ、今春に山桜賞という今年久しぶりに行われたレースで、しかも中山芝2000Мのレースを勝っているコンドゥクシオン、今春に中山芝2000Мの4歳以上1勝クラスの平場競走を勝っている6ワク6番のガロシェと8ワク11番のメイオールが見つかりました。

 

 この中では、同じ舞台の4歳以上1勝クラスの平場競走を勝っているガロシェとメイオールのいずれかを選択するのが、このブログのいつもの方法ですが、ライラック賞で2着だったヴァンランディに関しては、あのライラック賞の件があります(笑)。

 こだわり過ぎるのも何ですが、ここは、あのときの決着をつけるべく、思い切ってヴァンランディを軸馬にすることにします。


 

※ 相手

 

 相手の1番手は、今春に、中山芝2000Мの山桜賞を勝っているコンドゥクシオンとします。

 

 この馬、出走しようと思えば、セントライト記念に出走できたはずなのに、このレースを選択してきました。テイエムオペラオーCとセントライト記念とでは、距離は200Мしか違いがありませんから、距離が理由ではなさそうです。

 すると・・・、これ以上はここでは記すのを控えることにしますが、陣営はここを勝つつもりではないかとヤマをはって、この馬を相手の1番手とすることにします。

 ちなみに、今回のこの馬の調教はかなり良いようで、馬なりなのに、ラスト1ハロンの時計がこれまでとは違います。ひょっとしたら、3歳の夏を超えて、体質改善とか体調アップといった、何か良いことがあったのかもしれませんので、大いに期待することにします。

 

 相手の2番手は、今春に中山芝2000Мの4歳以上1勝クラスの平場競走を勝っているガロシェとします。

 前走の五頭連峰特別は、新潟芝1600Мが舞台のレースで追走に手間取ったとのことですが、それでも4着。距離が2000Мになる今回のレースでは、追走が楽になるでしょうから、このクラスで、2着2回、4着1回と5着1回と安定した走りをしている実力を発揮してくれることを期待します。

 

 あと、2番人気のプライドランドについては、逃げた時は強いようなので、圧勝までありそうですが、鞍上が関西が主戦場の北村友一騎手ですので、中山芝コースには不慣れと思いますから、ヴァンランディとプライドランドの馬連を少しだけ買うだけにとどめることにします。

 

 代わりに、今春の中山芝2000Мの4歳以上1勝クラスの平場競争を勝っている8ワク11番のメイオールをピックアップし、この馬がが上位入線できる場合は、同じ差しタイプのヴァンランディの方が強いと思いますから、馬単2→11を買うことにします。

 

 馬券としては、1番人気のヴァンランディが前走のように後方からとなり、2着までだった時が高配当になりそうなので、ヴァンランディが2着の馬単を少し買うとともに、コンドゥクシオンとガロシェのたて目の馬連も買うことにします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、ヴァンランディ。

 相手は、コンドゥクシオン、ガロシェ、プライドランド、メイオール。

 馬券は、

馬連で、

   2- 4・ 200円、

   2- 6・ 200円、

   2- 9・ 100円、

   4- 6・ 100円、

   小計4点・ 600円、

馬単で、

   4→ 2・ 100円、

   6→ 2・ 100円、

   2→11・ 100円、

   小計3点・ 300円、

   合計7点・ 900円

とします。

 

 

      ←  現在、55位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

 

先週は、諸事情がありまして、レースの1時間前くらいにパドックを見ずに白井特別の検討内容をアップしました。

 

その後、幸か不幸か(笑)、たまたまパドックの中継がある時間帯に時間がとれましたので、映像を見ましたら、あ~、軸馬のデジマノハナがチャカチャカしていて、嫌な感じではないですか。

 

後で、レースリプレイを確認したのですが、道中、鞍上が一生懸命おさえているのが分かるくらいの走りでした。改めて、パドックを見ずに買うのは、やはり難しいな~と思った次第です。

 

今後は、こういう事態が生じた時は、後述の出走取消しではありませんが(笑)、私も「検討取消し(すでに購入した馬券は取り戻すスベがないのですが、読者の皆さんには、レース直前で申し訳ないのですが、今回の検討内容も買い目も忘れてください、という意味のお知らせです)」の対応をしようかと思ったくらいです。


 

※ 次回の検討の予定

 

 さて、次回の検討の予定は、9月21日(祝)の中山10レース・テイエムオペラオーCです。

 このレースは、昨年にはなかったレース、というか、昨年は、2019メモリアル・エルコンドルパサーCというレースがありましたが、3歳以上1000万円下クラスのダート1200Мのレースでしたから、今年、新設されたレースと考えて検討することとします。

 

 出走馬を見てみましたら・・・、このブログでも取り上げた「あのレース」に出走していた馬がいました。そう、私の軸馬が当日になって出走取消しになった「あのレース」です。

 その意味で、今回もまた・・・の不安があるのですが(笑)、現時点では、テイエムオペラオーCでの軸馬候補は、この馬です。

 

(↓ レース名と馬名は、こちらに記しました)

 

 

      ←  現在、55位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

 次回の検討の予定では、9月13日の白井特別か京成杯AHのどちらかとしましたが、白井特別の方を選択して、いつもより少し早いのですが、検討記事をアップすることにします。



 

※ 方針・軸馬

 

 日曜日に行われる白井特別。中山芝1800Мが舞台の3歳以上2勝クラスの特別競走です。

 

 このレースは、昨年は4回中山5日目に開催されていましたが、今年は4回中山2日目に行われます。

 そこで、いつものように、昨年とは少し違うレースと解釈して、そういったレースにふさわしい要素を持った馬を探してみますと・・・、今年になってから3歳1勝クラス、3歳以上1勝クラス、4歳以上1勝クラスの平場競走を勝った馬が何頭もいます。

 

 5ワク5番のデクレアラー、7ワク7番のヒラボクメルロー、8ワク8番のウレキサイト、そして8ワク9番のデジマノハナです。

 これらの馬の中から、軸馬を選択するのであれば、8ワク9番のデジマノハナが一番良さそうに思います。

 

 鞍上が横山典弘騎手が先行脚質のこの馬に乗る今回は、他の馬がいずれも先行脚質ではないため、機先を制して逃げてくれる可能性が高いと思うのがその理由です。

 

 中山芝1800Мは最初のコーナーまでの距離が短いので、逃げ争いが長く続くことが少なく、さっと先頭に立てればペースが落ち着くことが多いので、逃げた馬が相当に有利、しかも、鞍上が関東のベテラン騎手ならば、なおさら・・・というのが私の考えです。

 

 横山典弘騎手の逃げですから、例えば、向こう正面で後続の馬を少し引き離して、3コーナーから自分の馬に息を入れさせる間に他の馬をひきつけて、3コーナーからのカーブで他の馬に外に膨れるような形で脚を使わせておき、4コーナーで一気にスパートして、カーブで外を大きく回って脚を使ってしまった後続馬を引き離してしまうという乗り方で、今回も好走してくれそうに思います。

 

 また、2番人気のエリスライトが差しタイプで、2番手あたりにつけて、デジマノハナにプレッシャーをかけてくる可能性が低そう(逆にいえば、そういう想定外のことが起こると、波乱になりそうですが・・・)なのも好材料と思います。

 

 また、この白井特別を勝てば、デジマノハナが秋華賞に出走できる可能性が高まりますから、陣営も力が入っているのではないでしょうか。

 

 ということで、鞍上の巧みな騎乗を期待して、軸馬はデジマノハナとします。


 

※ 相手

 

 相手の1番手は、4ワク4番のエリスライトとします。

 

 この馬は、ディープインパクト産駒ですから、今の時計がかかる中山芝コースは合わないように思えるけれども、前走は、重馬場の福島芝コースで勝っているな、ディープインパクト産駒だけど、切れ味勝負ではなくてパワー型なのかな・・・なんて考えていたのですが、血統を確認しましたら、あのマリアライトの全妹ではないですか(!)。なるほど、なるほどです。

 

 ルメール騎手が鞍上ですから、軸馬のデジマノハナが、上記のような逃げの手に出た場合、無理してデジマノハナを追いかけることなく、しっかりと足を矯めて、直線で押し上げてきそうな騎乗をしてくれれば、2着を確保してくれる確率が高そうに思えます。

 

 また、前走の南相馬特別は2回福島2日目に行われたレースですが、昨年の南相馬特別は2回福島1日目に行われたレースでした。1日遅くなったという意味で、昨年とは違いがあるレースを勝った馬という点では、昨年に比べて変更があった白井特別で狙う馬として、何か良さそうな感じがします。

 

 ならば、今の時計がかかる中山芝コースの方が、昨年の4回中山の開幕週のような、時計が速い馬場でのレースよりは良いと思いますから、この馬を相手の1番手とします。

 

 相手の2番手は、5ワク5番のデクレアラーとします。

 

 時計がかかる馬場ですから、パワーがありそうなダイワメジャー産駒のこの馬も良さそうに思います。

 そして、この馬は、4歳以上1勝クラスの平場競走、しかも、今回と同じ芝1800Мの勝ち鞍があります。

 

 さらに、この馬が2着と好走した、3回京都9日目のオーストラリアTは、昨年までは定量戦だったのが、今年はハンデ戦に変更となったレースです。レース開催日が変わったわけではありませんが、変更があったレースで2着に好走した実績は、これまた良さそうに思えます。

 

 以上のエリスライトとデクレアラーをデジマノハナの相手の本線として、馬券を組み立てることにします。

 

 3着候補としてですが、相手の3番手は、4歳以上1勝クラスの勝ちクラがあるウレキサイトとし、4歳以上2勝クラスの特別競走で2着の実績があるこの馬も3着候補として買うことにします。

 

(↓ 馬名は、こちらに記しました)

 

      ←  現在、48位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、デジマノハナ。

 相手は、エリスライト、デクレアラー、ウレキサイト、〇〇〇。

 馬券は、

馬連で、

     4- 9・ 200円、

     5- 9・ 100円、

     4- 5・ 100円、

    小計3点・ 400円、

馬単で、

     9→ 4・ 200円、

三連単で、

  9→4→ 5・ 100円、

  9→5→ 4・ 100円、

  9→4→ 8・ 100円、

  9→4→〇・ 100円、

   小計4点・ 400円、

   合計8点・1000円

とします。

 

      ←  現在、48位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

 

夏競馬では、いつもと趣向を変えた記事ばかりでしたが、ご愛読いただき、ありがとうございました。

また、「いいねクリック」や「応援クリック」をして下さった方には、この場を借りてお礼申し上げます。

 

さて、今回は、次回の検討の予定です。



 

※ 次回の検討の予定

 

 次回の検討は、9月13日(日)の中山9レース・3歳以上2勝クラスの白井特別か、11レースの京成杯AHです。

 

 白井特別に関しては、昨年は4回中山5日目に行われていたのが、今年は、4回中山の開幕週に行われることになりました。

 このため、ひょっとしたら、例の観点から、いかにも良さそうな馬を見つけられるのではないかと考えています。

 土曜日の深夜から日曜日にかけて、じっくりと検討しますが、現時点では、脚質とこれまでの成績からして、この馬が魅力的だなと思っています。

 

(↓ 馬名は、こちらに記しました。)

 

      ←  現在、48位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。


 

 ただ、白井特別は9頭立てで、人気上位馬の組合わせの馬券ですと、当ブログお得意の取りガミの可能性が大だと思います(笑)。

 

 これに対して、京成杯AHは、サマーマイルシリーズの優勝を目指す馬が複数頭いて、人気がばらけそうですから、軸馬に選択した馬が好走してくれれば・・・という楽しみがあります。

 

 また、軸馬にするかどうかはさておき、サマーマイルシリーズの優勝可能性がある馬のうち、ここでの勝利が条件となる馬、具体的には、ラセット、トロワゼトワル、ミッキーブリランテ、エントシャイデン、アンドラステについては、軸馬や相手にするか、それとも外すことにするかを慎重に考えることにしたいと思います。

 

 ちなみに・・・、現時点での軸馬候補は、この馬です。

 

(↓ 馬名は、こちらに記しました)

 

      ←  現在、48位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。今回は、直前ですが、新潟記念の検討です。


 

※ 方針・軸馬

 

 日曜日に行われる新潟記念。新潟芝2000Мが舞台の3歳以上の馬のGⅢレースです。

 

 今年の新潟記念には、3歳馬のワーケアが参戦してきました。

 新潟記念と3歳馬といえば、一昨年、ブラストワンピースが出走して、ハンデ54キロで大外を回っての快勝でした。ブラストワンピースは、ダービーで2番人気に支持されて5着に入った馬ですし、その後の活躍からして、結果論ですがGⅠ級の馬が新潟記念に出走してきたということにはなりますが、その年のダービーで上位人気に支持されたような馬であれば、古馬相手の新潟記念でも好走は可能だということかと思います。

 

 となれば・・・、ダービーで3番人気に支持されたワーケアは十分勝負になるであろうから、この馬を軸馬にしようかと思ったのですが、おや、このレースを勝てば、サマー2000シリーズのチャンピオンになれる馬が何頭かいます。

 

 これらの馬の中では、鞍上とこれまでの実績を踏まえると、8ワク17番ブラヴァスが一番良さそうに思えます。

 大外ワクは一見不利ですが、今の新潟芝コースは外差しが効きそうですし、むしろ、プラス材料に思えますので、思い切ってブラヴァスを軸馬とします。


 

※ 相手

 

 相手の1番手としては、前述のワーケアが秋の大きなレースをにらんでの新潟記念への出走と思えますから、相応の仕上げで臨んできたであろうと予想して、この馬を相手の1番手とします。

 

 相手の2番手は、ある理由から、8ワク番16番のサンレイポケットを選択します。

 相手の3番手は、同様の理由から、2ワク3番のピースワンパラディとします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、ブラヴァス。

 相手は、ワーケア、サンレイポケット、ピースワンパラディ。

 馬券は、

ワイドで、

  11-17・ 400円、

  16-17・ 300円、

   3-17・ 300円、

   小計3点・1000円、 

馬連

  11-17・ 100円、

  16-17・ 100円、

   3-17・ 100円、

   小計3点・ 300円、

   合計6点・1300円 

とします。

 

 

      ←  現在、45位くらい。

              40位台、定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。