いつもお世話になっております。

前回も、複数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、マイルCSの検討です。 


 

※ グランアレグリア

 

 日曜日に行われるマイルCS。今年は、阪神芝1600Мが舞台の3歳以上の馬のGⅠレースです。

 

 2021年のこのレースでは、グランアレグリア、シュネルマイスター、サリオスが上位人気に支持されています。

 

 これら3頭のうち、グランアレグリアは、昨年のレースの1着馬であり、昨年は安田記念、今年はヴィクトリアマイルを勝つなど、マイルのGⅠレースでは、現役最強ともいえる存在です。

 

 ただし・・・、これまでの成績を考えると、グランアレグリアは、間隔を詰めたレースでは、パフォーマンスを落とすタイプに思えます。今年の春の安田記念でも2着に敗れていますからね。

 

 まあ、安田記念で2着に敗れたといっても、末脚はさすがと思えるものでしたし、ここでも勝ち損ねることがあっても、2着か3着には頑張ってくれるものと考えて、軸馬はグランアレグリアとします。


 

※ グランアレグリアに先着するとしたら・・・

 

 では、春の安田記念のときのように、グランアレグリアが2着に敗れるとしたら、どの馬が先着しそうか。

 

 安田記念で、人気を落としていたダノンキングリーが復活したことを踏まえると、昨年のマイルCS5着馬のサリオスが良さそうに思えます。今回は、馬具を工夫してくるというニュースもありますし、陣営も気合が入っている感じがあるのがプラス材料に思います。

 

 昨年のマイルCSでは外ワクで、外々を回ることになったこと、今年の大阪杯は道悪、安田記念は道悪の大阪杯で頑張った反動・・・、とここ3レースには、一応、敗戦の理由がありますから、リフレッシュされた今回は、馬具の工夫も含めて、この馬の力を発揮してくれることを大いに期待します。


 

 また、グレナディアガーズも、早めに先頭のレースができて、グランアレグリアのエンジンのかかりが遅かった場合には、先着できる可能性がある馬だと考えます。あくまでも考えようですが、NHKマイルCでの展開からすれば、この馬は、シュネルマイスターくらい強い馬だという評価をしても良いと考えますので、好走を期待することにします。

 

 馬券は、1着をサリオス、グレナディアガーズとし、2着をグランアレグリアとする馬単を買うことにします。



 

※ 三連複の相手は・・・

 

 三連複は、「グランアレグリアとサリオスの2頭軸の三連複」と「グランアレグリアとグレナディアガーズの2頭軸の三連複」の2パターンとし、相手を考えることにします。

 

 相手の1番手は、昨年のマイルCSの2着馬であるインディチャンプとします。

 

 春の安田記念では4着に敗れ、グランアレグリアだけでなく、シュネルマイスターにも先着を許していますが、1着だったダノンキングリーとの差は0.2秒でしたから、今年になって大きな衰えがあった・・・とは思えません。

 この馬の場合、1回使ってからの方が良さそうなタイプであることが引っかかりますが、昨年のマイルCSでは休み明けでも2着と好走していますので、3着ならば・・・ということで期待することにします。

 

 相手の2頭目は、春のNHKマイルCの1着馬であるシュネルマイスターとします。

 前走の毎日王冠を斤量56キロで勝っているのですから、能力的には、ここでも十分に通用すると思いますが、一昨年のダノンキングリー、昨年のサリオスと、2年連続で毎日王冠を勝った3歳馬が、次走のマイルCSで5着に敗れているのが、何となく気になります。

 

 今年のシュネルマイスターの場合、毎日王冠を後方待機から素晴らしい末脚を披露して勝ちましたが、あの反動が出ないか、どうも気になりますので、三連複の相手の1頭にとどめることとします。

 

 相手の3番手は、この秋から、マイル路線に変更してきた3歳馬のダノンザキッドとします。

 今年の春、弥生賞、皐月賞と勝ちきれなかったのは、距離適性が理由なのか、体調面の理由なのかが気になりますが、仮に体調面の理由だとすれば、休養を挟んで富士Sを使って臨む、今回のレースで好走を期待しても良いと考える次第です。



 

※ 結論

 

 軸馬は、グランアレグリア。

 相手は、サリオス、グレナディアガーズ、そして、インディチャンプ、シュネルマイスター、ダノンキッド。

 

 馬券は、

馬単で、

      4→12・ 300円、

      9→12・ 200円、

     小計2点・ 500円、

三連複で、

   4- 9-12・ 300円、

   3- 4-12・ 200円、

   4- 7-12・ 200円、

   4-12-13・ 200円、

   3- 9-12・ 200円、

   7- 9-12・ 200円、

   9-12-13・ 200円、

      小計7点・1500円 

      合計9点・2000円

とします。

 

      ←  現在、49位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

前回も、複数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、エリザベス女王杯の検討です。 


 

※ エリザベス女王杯

 

 日曜日に行われるエリザベス女王杯。今年は、阪神芝2200Мが舞台の3歳以上の牝馬のGⅠレースです。

 

 2021年のこのレースでは、レイパパレ、アカイトリノムスメ、そして、ウインマリリンが上位人気に支持されています。

 

 これら3頭のうち、ウインマリリンは、前走のオールカマーを勝った後に熱発したという報道があったことが気になります。

 また、レイパパレに関しては、今回の同じ阪神芝2200Мが舞台の宝塚記念で、最後の直線でユニコーンライオンに差し返されて3着に敗れたことから、この2200Мという距離は少し長そうな点が引っかかります。

 

 それに対して、アカイトリノムスメは、前走の秋華賞の走りからして、2200Мでもこなせそうな点が良さげに思えますし、阪神芝コースでも大丈夫に思えますから、軸馬はアカイトリノムスメとします。


 

※ 相手は・・・

 

 相手の1番手は、ルメール騎手が鞍上である点を評価して、レイパパレとします。

 

 相手の2番手は、ランブリングアレーとします。

 この馬は、春のヴィクトリアマイルで2着に好走しましたが、距離は長くても・・・、というか、長い方がベターのようにも思えます。

 リステッドレースで牡馬に勝っている力量とヴィクトリアマイル2着の実績からして、牝馬限定のここで十分通用すると考えます。

 

 あとは、軽ハンデだったとはいえ、目黒記念を勝っているウインキートス、洋芝で小回りの札幌芝1800Мが舞台ののクイーンSを勝っており、乗り方1つで2200Мもこなせると思えるテルツェット、これまた、軽ハンデだったとはいえ、関屋記念と新潟記念で牡馬相手に3着と頑張ったクラヴェルとします。

 

 なお、ウインマリリンは、関西遠征時には好成績を残せていない点も気になりますから、思い切ってカットします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、アカイトリノムスメ。

 相手は、レイパパレ、ランブリングアレー、そして、ウインキートス、テルツェット、クラヴェル。

 

 馬券は、

三連複で、

   1- 2- 3・ 300円、

   1- 3- 6・ 300円、

   1- 3- 8・ 300円、

   1- 3-15・ 300円、

   2- 3- 6・ 100円、

   3- 6- 8・ 100円、

   3- 6-15・ 100円、

      合計7点・1500円

とします。

 

 

      ←  現在、52位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

前回も、複数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、京王杯2歳Sの検討です。 

 

※ 京王杯2歳S

 

 土曜日に行われる京王杯2歳S。府中芝1400Мが舞台の2歳馬のGⅡレースです。

 

 まず、第1に、同じ日のGⅢレースであるファンタジーSには、2歳重賞レースに出走した馬が複数出走しているにもかかわらず、GⅡレースである京王杯2歳Sには2歳重賞レースに出走した馬が1頭もいないことに着目することにします。

 

 また、2歳重賞レースに出走した馬がいないのに、2歳オープンクラスのレースに出走しただけでなく、そのレースで1着になった馬が複数います。

 具体的には、新潟芝1400Мのダリア賞の1着馬であるベルウッドブラボー、中山芝1200МのカンナSの1着馬であるコラリン、札幌芝1500Мのクローバー賞の1着馬であるラブリイユアアイズ、そして、札幌芝1200Мのすずらん賞の1着馬であるヴィアドロローサです。

 

 この中では、秋開催のカンナSの勝ち馬であるコラリンが、一番良さそうに思えます。小回りコースとはいえ、坂がある中山芝コースのレースを差して勝っていますから、最後の直線が長くて、坂がある府中芝1400Мのレースでもその差し足に期待できると考えるためです。

 鞍上がルメール騎手であるのもプラス材料と考えます。

 

 コラリンに続くのが、左回りの新潟芝1400Мのダリア賞の1着馬であるベルウッドブラボーでしょうか。

 

 また、第2に、新馬戦を勝ったばかりの馬が3頭いて、これら3頭が4ワク6番から5ワク8番に固まった点に注目することにします。

 ファンタジーSは、出走10頭中4頭が新馬戦を勝ったばかりの馬に対して、こちらは14頭中3頭。

 

 3頭の中では、左回りの新潟芝1600Мの新馬戦を勝っており、血統的には距離が短縮される今回の方がむしろ良さそうなトウシンマカオでしょうか。鞍上が戸崎騎手なのも良さげに思えます。

 

 そこで、トウシンマカオとアポロルタの1戦1勝馬が同居した5ワクから、オープンクラスのレースの1着馬がいるワクへ流す枠連馬券を買うことにします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、トウシンマカオ。

 相手は、コラリン、ベルウッドブラボー、ラブリイユアアイズ、ヴィアドロローサ。

 馬券は、

枠連で、

     5-6・ 600円、

     4-5・ 300円、

     5-7・ 300円、

     5-8・ 300円、

    合計4点・1500円

とします。

 

      ←  現在、49位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

 

前回も、複数の応援クリック、あるいは、当ブログでは久々の万馬券的中に関してご祝儀クリックをいただき、お礼申し上げます。

 

さて、今回は、天皇賞(秋)の検討です。 


 

※ 天皇賞(秋)

 

 日曜日に行われる天皇賞(秋)。府中芝2000Мが舞台の3歳以上の馬のGⅠレースです。

 

 今年の天皇賞(秋)では、昨年の3歳牡馬三冠馬のコントレイル、一昨年の桜花賞馬で古馬になってからも活躍が続くグランアレグリア、そして、今年の皐月賞勝ち馬のエフフォーリアが上位人気に支持されています。

 

 この3強を信用できるのかどうか。私自身は、種牡馬になった際の価値に影響があるため、恥ずかしいレースはできないであろうコントレイル、そして、同世代の馬相手の菊花賞ではなく、古馬相手の天皇賞(秋)に向かってきた以上、陣営が十分に勝負になると考えているだろうエフフォーリアの2頭は、信頼できると考えます。

 

 グランアレグリアに関しては、昨年の安田記念の1着馬ですし、今年の安田記念でも小差の2着でしたから、府中芝2000Мでも十分に勝ち負けになると考えます。ただし、今年の安田記念以後に、のどの手術をしたとのことですから、その影響があるかも・・・しれません。 

 

 ならば、今週は本命党らしく、軸馬は、コントレイルとエフフォーリア、相手の1番手はグランアレグリアとし、コントレイルとエフフォーリアの2頭軸の3連系の馬券を組み立てることにします。


 

※ 相手は・・・

 

 相手としては、前述のとおり、グランアレグリアを1番手とします。

 

 相手の2番手は、牝馬のカレンブーケドールとします。2021年も、古馬の芝のGⅠレースでは、牝馬の活躍が目立ちます。レシステンシアが、高松宮記念とスプリンターズSで2着と頑張りましたから、安田記念2着のグランアレグリアが天皇賞(秋)でも2着・・・ということはありそうな気がしますし、そうでなければ、カレンブーケドールが天皇賞(春)でも天皇賞(秋)でも3着はアリかなと思う次第です。


 

 相手の3番手は、天皇賞(春)の1着馬のワールドプレミアとし、相手の4番手は毎日王冠3着のポタジェとし、ポタジェが毎日王冠に続き、天皇賞(秋)でも3着というパターンを想定して、馬券を組み立てることにします。

 

 

※ 結論

 

 軸馬は、コントレイル、エフフォーリア。

 相手は、グランアレグリア、カレンブーケドール、ワールドプレミア、ポタジェ。

 

馬券は、

三連複で、

     1- 5- 9・1000円、

     1- 5- 7・ 100円、

     1- 5-14・ 100円、

        小計3点・1200円、

三連単で、

     1→ 9→ 5・ 800円、

     1→ 5→ 9・ 700円、

     1→ 5→ 4・ 100円、

     1→ 5→14・ 100円、

     1→14→ 5・ 100円、

       小計 5点・1800円、

       合計 8点・3000円

とします。

 

 

 

      ←  現在、47位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

前回も、複数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、菊花賞の検討です。 


 

※ 菊花賞

 

 日曜日に行われる菊花賞。今年は、阪神芝3000Мが舞台の3歳馬のGⅠレースです。

 

 私は、第1に、近年の菊花賞で3着以内に入った馬の多くが、前走が神戸新聞杯だった馬とセントライト記念だった馬である点に着目することにします。

 

 ここ5年の3着以内の馬15頭中10頭が、前走が神戸新聞杯かセントライト記念でした。

 軸馬は、前走が神戸新聞杯かセントライト記念であった馬から選ぶことにします。

 

 第2に、いわゆるリーディング上位騎手が活躍しているレースである点に着目することとします。

 ここ5年で、ルメール騎手、武豊騎手、福永騎手が鞍上だった馬が、3着以内に3回入っています。

 

 これらのことを考えますと、これら3人の今年の騎乗馬のうち、前走が神戸新聞杯かセントライト記念だったのは、ルメール騎手のオーソクレースのみです。

 

 ならば・・・、軸馬は、鞍上がルメール騎手のオーソクレースとします。


 

※ 相手は・・・

 

 ここ5年、コントレイル、ヴェロックス、サトノダイヤモンドと皐月賞かダービーで3着以内に入った、春の実績馬が菊花賞でも3着以内に好走しています。

 

 そのことを考えますと、皐月賞2着のタイトルホルダーと皐月賞とダービーでいずれも3着だったステラヴェローチェも軽視はできないと考えます。

 

 まあ、昨年の菊花賞で、私が期待したヴェルトライゼンデ(ダービー3着馬)が7着に敗れていますから、距離が延びたことでパフォーマンスを落とす馬がいるのも事実ですが、同世代のレースですから、能力の違いで距離を克服する馬がいるのも事実。

 

 そこで、相手としては、ステラヴェローチェとタイトルホルダーをピックアップし、前走の神戸新聞杯を勝ったステラヴェローチェの方をセントライト記念で13着と大敗したタイトルホルダーより上位に評価することにします。 

 

 また、神戸新聞杯2着のレッドジェネシスは、京都芝コースが舞台である例年の菊花賞では、最後の直線の末脚比べで不利かなと思うのですが、今年の舞台である阪神芝コースであれば、十分勝負になると考えて、相手の1頭に加えます。

 

 そして、牝馬ですが、父がエピファネイアで母の父がディープインパクトで、昨年2着のアリストテレスと似た配合のディヴァインラヴが長距離のレースに強そうですし、鞍上が福永騎手であるのもプラス材料と考えますから、相手の1頭に加えることとします。

 

 馬券は、1着がオーソクレースかステラヴェローチェ、2着がレッドジェネシスかタイトルホルダーという感じで、組み立ててみることにします。

 

 

※ 結論

 

 軸馬は、オーソクレース、ステラヴェローチェ。

 相手は、タイトルホルダー、レッドジェネシス、ディヴァインラヴ。

 馬券は、

馬連で、

        3-14・ 200円、

        3-18・ 200円、

        5-14・ 200円、

        5-18・ 200円、

       小計4点・ 800円、

馬単で、

       18→ 3・ 200円、

       18→ 5・ 200円、

       14→ 3・ 100円、

       14→ 5・ 200円、

       小計4点・ 700円、

三連複で、

     3- 5-18・ 100円、

     3-11-18・ 100円

     3-14-18・ 100円、

     5-11-18・ 100円、

     5-14-18・ 200円、

    11-14-18・ 100円、

       小計 6点・ 700円、

三連単で、

    18→ 3→ 5・ 200円、

    18→ 3→11・ 100円、

    18→ 3→14・ 100円、

    18→ 5→ 3・ 200円、

    18→ 5→11・ 100円、

    18→ 5→14・ 100円、

       小計 6点・ 800円、

       合計20点・3000円

とします。

 

 

      ←  現在、48位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。