先日すずらん通りの東方書店に行った時、銭鐘書の長編小説《囲城》(日本語訳は「結婚狂詩曲」)を買ってきました。

 

4年ぶりに《囲城》を読み始めましたが、至る所にウィットが効いていてとても面白いですね。

 

戦前の中国にこんなにユーモアが解る人がいるなんてびっくりです。

 

それでは、「勝手に読書会」の第二弾です!

 

気分転換に20頁ずつ読んで、10問ずつ内容を理解するための質問を書き込んでいきたいと思います。

 

解答は特にしませんので、ご質問がある場合はSNS経由でご連絡ください。

 

                            記

 

※範囲:PP.1-20

 

【質問01】 一番最初の舞台はどこですか。

【質問02】 孙太太は方渐鸿が何に忙しいと言っていますか。

【質問03】 方渐鸿の結婚のいきさつはどのようなものだったですか。

【質問04】 方渐鸿はなぜ欧州に留学できたのですか。

【質問05】 方渐鸿はどのようにして博士号を取得しましたか。

【質問06】 苏小姐はどのような経歴の持ち主ですか。

【質問07】 鲍小姐はどのような経歴の持ち主ですか。 

【質問08】 “咱们俩今天都是一个人睡”とはどういう意味ですか。

【質問09】 方渐鸿はなぜ阿刘に300フランを支払ったのですか。

【質問10】 阿刘はなぜ別の日に方渐鸿に600フランでどうかと言ったのですか。