最近よく思うことだが、私はクマオ本人のことが好きというより、

 

クマオと過ごす時間が好きなのだ。

 

もちろん、それは、すなわちクマオのことが好きということになるのだろうが、

 

これまでクマオに女ができてから、数々の耐えがたい嘘や酷い仕打ちを私に

 

与えたクマオのことを、こんなふうに許し、今なおいっしょに時を過ごすのは、

 

やはり二人の時間がたまらなく楽しく、何を後回しにしても全く惜しいと思わないからに

 

ほかならない。

 

また、別の言い方をするなら、クマオといる時の自分が、何より一番自分らしく、

 

自分でも一番好きな自分になれている時間でもある。

 

 

クマオはどうだろう。

 

クマオは、私のことが好きなのかもしれない。

 

私という人間が好きなのだが、私以外の女といる時間が好きだったのだろう。

 

そこには、私との時間にはない刺激とセックスがあった。

 

その時間の中で、クマオは、クマオ自身が理想とする男の姿に変身でき、

 

それを称賛され、女をも喜ばせることができる。

 

それはそれで、やはり特別な時間なのだろう。

 

 

私にあと時間がどれぐらいあるのだろう。

こんな言い方をしてはいるが、別に余命宣告されているわけでもない。

 

ただ、持病がある。無理をするとすぐに調子が悪くなる。

 

年齢もおおよそ還暦だ。普通に元気な人でもそろそろ考える時期だ。

 

「クマオさん、私、いつまでこんなふうにクマオさんと楽しめるかな」

「あほか!ずっとや。ずっとずっとりこは元気でおる!」

「でも、普通に考えて私の方が先に死ぬだろうからさ」

「あかん!オレの方が先に死ぬ。オレを看取ってくれるんやろ」

 

毎回こんな話題になると、きまってこういうやり取りになる。

 

クマオといっしょに楽しい時間を過ごせないなら、

私は生きてる意味がないと思う、

 

クマオはどうであれ私に生きていてほしいと言う。

 

この差なんだな。