少し休みます。

テーマ:

こんばんは、ミジアンです。

 

 

 

いきなりですが、少しの間曲のアップロードをお休みするかもしれません。

 

 

 

僕はもともとお金を得たいと思って作曲をしていました。

まだつたない実力なので言いにくいのですが、趣味のつもりで曲作りをしたことは一度もありません。

 

いつかプロのレベルまでたどり着きたいなと思い、努力してきました。

 

 

 

 

そうして分かったことですが、たくさんの方に聴いてもらうためには、曲のクオリティももちろん大切ですが、それ以外の要素もたくさん必要だということです。

 

 

動画のサムネイル(再生する前の動画一覧に出てくる小さい画像です)がいかに目をひくものであるかや、動画のクオリティ等です。

 

 

 

正直、曲のクオリティが良い悪いはあまり関係ないとすら思います。

まず再生ボタンを押してもらえなければ、たとえ良い曲だとしても認知されないからです。

 

もしも良い音源にへんてこな画像をつけてアップロードしたら、だれも再生ボタンを押さないでしょうし、曲のクオリティと同じくらいサムネイルも大事なんだなと思いました。

 

 

そして、繰り返し聴いていただく機会を増やすためにも、動画等にも力を入れる必要があると思いました。

 

 

 

個人的には、過激なタイトルや過激な画像等で興味を引いて再生してもらう手は嫌ですし、使いません。しかし、ボカロではそういう曲がわりとたくさんあるのが理解できるし、気持ちが分からなくもないです。

 

 

曲のクオリティ向上だけでなく、認知してもらう努力もしない限り、曲を作り続けてもたぶん厳しいと思います。

 

 

 

 

大切な人に聴いてもらえればいいとか、そんな風に言い聞かせていた時期もありました。それでも、丹精こめて一生懸命作ったのなら、たくさんの方に聴いていただきたいという気持ちがない方が嘘だと思います。一生懸命情熱をそそいでいるほど、絶対にたくさんの方に聴いてほしくなるのは自然なことだと思うし、そのための努力をするべきなんだと。

 

 

自分ごまかしちゃだめだなって思いました。

 

 

 

 

そして、そうやって曲作りをしているうちに、心が汚れてしまった気がします。今、曲を書いてくださいといわれても、ちょっと苦しい感じがします。

 

 

別に苦しいのはいいですし、いくらでも作り続けられます。それでも、聴いてくださる方に嘘をついてる感じがするのが嫌です。たとえば、明るい曲を書いたとしても、本当はミジアン君の心の中は暗い・・・みたいな。

 

 

「時計塔の下で」という曲を最近作りましたが、あれは作っているとき本当に血反吐を吐くかと思うほど苦しかったんです。そんな曲に聴こえないですよね笑。音楽って結構嘘つけます笑。

 

 

 

気合はあるのでこれからも続けると思うのですが・・・。

 

 

 

たとえ曲が良かったとしても、ミジアン本人に会ったら陰気くさかったとかだったら最悪です笑

 

 

心を軽くしておくことも作曲という仕事のひとつなんだと思います。

 

 

 

 

そして、せっかく作るからにはたくさんの方に聴いてもらいたいです。そうじゃなきゃ自己満足するしかないじゃないですか。

 

 

 

僕が聴く立場だったら、やっぱり動画もほしいし、クオリティももっとほしい!

 

サムネイルも、聴きたい!と思えるもの、興味をひくものがほしいです。

 

もっともっと胸にせまる曲が聴きたい。

 

 

 

そのための修行に出かけてきます。

 

 

 

 

最後まで読んでくださった方、長々とお付き合いありがとうございますm(_ _)m

さらに進化して帰ってくるつもりでございます。