写真の説明はありません。

言葉のちから

 

悪口、不平不満や愚痴をいう人は『毒を吐いている』ということに気づいてください。

 

1879年、アメリカの心理学者であるエルマ・ゲイツ博士(ハーバード大学教授)は、

人間の吐き出す息を使って実験したそうです。

 

どんな実験かというと、人間が吐き出す息を採取し、

特赦な加工によって液体窒素で冷却すると

沈殿物が取り出せるそうですが、

その沈殿物は、人の感情の状態によって

さまざまな色に変化するということだそうです。

 

・平安な精神状態の時に吐く息の沈殿物は「無色」


・怒っている時に吐く息の沈殿物は「栗色」


・悲しんでいる時に吐く息の沈殿物は「灰色」


・後悔している時に吐く息の沈殿物は「淡紅色」

 

*そして、人間が怒っている時の息の沈殿物(栗色)を

水に溶かして、ネズミに注射したところ、

わずか数分でネズミは死んでしまったそうです。

 

*この毒の量を量ってみると、

ネズミだけでなくこの毒で多くの人を殺すこともできるレベルの毒だそうです。

 

またエルマ・ゲイツ博士は、ネガティブで殺せるなら、

ポジティブな時はどうなるんだろう?とも考えたそうです。


*結果は、笑ってる人の息はオレンジ色で、

ネズミに注射すると元気なったそうです。

 

ゲイツ博士は、さらに様々な実験をして、

次のような結果に至りました。


*「怒りや憎しみや悪意は、人体内に毒素を作る。

一方、明るく楽しい感情は、免疫物質を作る」

 

 また、人間の血液は、

感情により次のような色になるらしい。

 

○ 怒ると、黒褐色で渋くなる。 


○ 悲しむと、茶褐色で苦くなる。 


○ 恐れると、紫色で酸っぱくなる。

 

いかに言葉が大切かということですね。

 

人間だけでなく生物の体には、水があります。

水の結晶の写真でも分かるように心無い言葉でその結晶は、

壊れてしまいます。

言葉にはそれくらい力があるのです。

良い言葉で

幸せになればその反対もあるのです。

 

毒を吐いて生きるのか、

それとも、自分も周りも幸せにして生きるのか、

それは、ひとりひとりが口にする言葉で変わるのです。

 

 

綺麗な言葉を使って天国言葉を言っていれば

幸せになるということがよく分かりますね。

 

*愛してます

*ついてる

*うれしい

*楽しい

*感謝してます

*幸せ

*ありがとう

*ゆるします

*大丈夫

*なんとかなる

 

自然食品とまるかんのお店・くりけっと

 

ホームページからお買い物ができます。

www.e-cricket.net

 

☎055-972-8729

 

2F・ドクターリセラメディカルエステくりけっと

 

電話055-975-1289

 

静岡県三島市大宮町3-1-17菰池公園前・三島駅~徒歩3分

 

定休日月曜日・第1第3日曜日