こんにちは爆笑

今日は、就学援助のお話。

娘は現在中学2年生で3学期には修学旅行が控えています。

うちは母子家庭でもありますし、就学援助を頂いてる訳ですが。

まぁ、うちの場合はね
ちゃんと娘に説明してるんです。
就学援助を受けているから
給食代も修学旅行の費用も要らないんだよ!って…
なので、うちの娘はちゃんと解ってるんです。
先日、学校から修学旅行の費用についてのプリントをもらってきた後日に
別のプリントをもらってきたんですが
そのプリントは就学援助を受けている子にだけ配られたものらしく、就学援助うんぬんとは書いてませんでしたが、

要保護、準要保護にあたる方は修学旅行にかかる費用の負担はありません。

…と、書いてありました。

娘は普通に持ち帰って来ましたが。
後で聞いたら
他にも同じプリントをもらっていた男子がいたらしく、その子は理解してなかったのか

先生にわざわざ「なんでですか?」って聞いてたらしいです…キョロキョロ

先生は「良いから!良いから!」って言ってたらしい…ぶープッ

まぁ。知らない子にしたらそうなるんでしょうけどねニヤニヤ



うちの末息子も
まだ理解出来ないので説明してないんですが

給食費の集金袋が空だったと持ち帰ってきて
「空のままでも良いから箱に入れて来なさい」って言っても「なんで?」って感じでした。
末息子の小学校は、今どき珍しく口座振替じゃなく集金。
就学援助を受けている子への配慮なのか、空袋を持たせて下さいと言われています。

末息子に説明するのも面倒なので、
「お友達にいちいちこれ空っぽなんだぁ。とか言わんでいいけんね!黙って箱に入れなさい!
入れれば良いけん!先生から入ってなかったよ!とか言われんけん大丈夫!」って言っときました。

小さい子って、お友達に余計な事言いそうですからキョロキョロ

中学生くらいなら
説明したら解りますけどね!笑

親にとっては、有り難い制度の就学援助も
子供にとっては
時にチンプンカンプン
時にイジメの原因にもなりかねない
って事もあると思います。

なかなか子供には説明が難しいですね。