沼津釣行

テーマ:

10連休は終わったばかりですが、有給を取れる事になったので金曜日に沼津某所でダンゴを投げて来ました。


朝、釣り支度を始めたらダンゴバッカンと水汲みバケツや手拭きタオル等の前回の釣り後に水洗いした物を丸ごと家に置き忘れて来たのに気が付いて車の中を探して支度します。



ここの水深は竿2本と2ヒロ強、竿1本は5.3m2倍なので10.6m1ヒロは両手を広げた長さ(一般的に身長と同じ)の2倍なので1.8m×23.6m


足し算すると5.3×2+1.8×2=14.2

で、この日はウキ下約15mの釣りです。


いつもの場所は45mなのでダンゴ剤は少し水分多めを朝イチからキンキンに締めないと底までダンゴが届きません。


底まで届けば海の中の活性は良い様で、打ち始め早々からサバっ子やベラがアタリを出してくれます。




これがずっと続けばクロダイも釣れそうなんですが、しばらくするとオキアミは残り気味になり、やがて返品地獄になります。



今日の潮は1504分に干潮の底で、最近釣れる時間は底の2時間前に喰いが立つみたいなので、今日も釣れないかなと打ち続けた底2時間前の午後1時。


少し緩めのダンゴにアタックしてきてそのまま水中へウキを持って行ったアタリで、その頃直ぐにウキが上がって来ないので弛んだ道糸を回収して『ギュン』と合わせると引きの強い何かが乗ります。


巻いて寄せてくると右側のロープへ逃げようと手前に突っ込んで来ましたが、強引に巻き取り浮いてきたら、例のゴンゴンの引きでクロダイ確定です。

そこから慎重に寄せて空気を充分に吸わせてネットイン。


魚体は40㎝のクロダイですが、産卵後か肛門が薄っすらと赤くお腹はペッチャンコ、尾びれには蠢く寄生虫。


鱗海AX竿下ろしから初めての1枚を持って帰る予定でしたが、コンディションが良く無い魚体なので釣り終了後に放流しました。