やっと、秋らしくなってきました。

空が、見ほれる程綺麗です。

鱗雲2

緊急事態が終わり、観光地は、賑わいを見せ始めているとテレビのニュース。

鱗雲

八女は?

まだ、ぱったりです。

時々、カフェをやめたくなるのですが、その理由の内の一つが、食材の維持。

作っていても、誰も来なかったり、時には、いっぺんに来られて右往左往することもあるのですが。

基本、他の飲食店に比べると、料理も凝っていないしこじゃれていない。

自分の器に盛る…くらいの気持ちでやっていて、時折痛い目に合うことも。

そう、昨日、一人の女性が食事の後半、なにやらバタバタ、こちらからの話に応えようとしなく、コーヒーを飲んで、プリンの器をカチャカチャ音を立てて、そそくさと帰り支度。

その態度が、何か怒っているとの合図のよう。

お帰りの際に、「何か、お気に障ることがありましたか?」と問いかけると。

「メニューの写真と違う、あれじゃ、帰りにどこかでうどんでも食べて行かないと・・・」とプンプン

今まで、言われたことのないお言葉でした。

そういえば、ずいぶん前の写真。内容は変わってきているし、思ったものと違った、ボリュームが少なかったってことでしょう。

ご飯も、女性だし、このくらいかなって盛り付けたので、足らなかったのでしょうか。

帰られて、ずーと心が痛く。

そう、最近は、ランチのお客様があるかないかで、あっても一人くらい、ストックできる食材中心になっていました。

分かっているだけに辛いことです。

こんなことがあると、閉めた方が良いのか、悩んでしまいます。

猫好きだったり、お客さんが、美味しいと言われることに甘えていたのでしょうか。

ひとまず、メニューの写真を外さなきゃね。