もう11月…。あっという間に11月になってしまった…。ワクチン接種の効果なのか⁉️コロナ感染者数が減ってきています💊それでも弊社では引続き感染対策を行いながら日々業務に取り組んでおります🔧

現場の特攻隊長こと工事部の橋本です🏃‍♂️


さて今回、ご紹介します工事blogは11月~年末の大掃除に向けてピッタリな排水管の高圧洗浄です!○o。.


日々の生活で出ます生活雑排水が流れる排水配管の中は料理の油汚れや浴槽、洗濯の雑排水などで段々と汚れ詰まりや臭いの原因となりますガーン


その原因となる汚れなどを取り除く為に各水廻り排水管の洗浄をしていきます! 注(トイレは機器の構造上、洗浄ワイヤーが入りにくいことや、便器脱着の必要がある為に作業時に詰りの症状がみられなければ、外部共用排水管からの洗浄になります)

↑キッチンシンクの洗浄作業状況です。
油汚れを取り除いているので水が茶色く濁っています!
↑洗浄後の状況になります。
配管の中もそうですが管口周りも洗浄するので綺麗になっていますね照れ

↑洗濯パンの排水トラップ、ユニットバスの清掃状況です。
キッチンシンクと同じように高圧洗浄で配管洗浄し入口周りもジェット噴射にて綺麗にします!
↑洗面台、サクションポンプにて清掃している状況になります。 注(洗面台の排水は作業時に詰りの症状がみられなければ、サクションポンプ作業になります。洗浄ワイヤーを使用するとジャバラ排水ホースを傷めたり、ホース脱着の際にパッキン劣化による漏水事故のリスクがある為。)


↑外枡の清掃状況になります。油の塊が流れ出てる状況が確認できますね😅
黄色の矢印の固形物が油の塊ですびっくりこの塊が配管全体にこびり付いてしまうと配管が閉塞し詰まってしまう原因となるのです😱まるで人間の血管で起こる動脈硬化と同じですね…。多量の油や不健康物質を人体に取り込むとコレステロール値などが高くなり血管が詰り病気になってしまいます…。そうなる前に排水管も詰り予防が必要です‼️

最後に全体の作業手順としましては、室内の設備機器排水管洗浄が完了したら、外部排水管の洗浄になります❗
内部から送り出した油や固形物の汚れも外部配管を洗浄することにより宅地内の排水管を満遍なく洗浄することができます🔧m(_ _)m

そしてなんとこのタイミングで弊社の工事キャンペーンチラシが同じ内容です😆🎵🎵⬇️




blogとタイアップしますので、blogを見た‼️チラシを見た‼️と御連絡頂ければキャンペーン期間中はチラシの特別価格にて施工致します🔧

これから年末に向けてピッタリの工事になると思います☺️
基本的には戸建て住宅の対応となります❗工事をお考えの方は是非一度弊社にご相談ください🙇‍♂️






こんにちは😃工事部の橋本ですm(_ _)m

2回目のワクチン接種も終わり少しホッとしましたが、完全に発症しないわけではないので社内一同万全なコロナ対策の上、引き続き施工していきたいと思います!


さて、今月御紹介します工事はアパートの長尺シート新規貼り工事です👷‍♂️

下の写真にも現れていますが経年劣化により、シール剤や平場にクラックがあり水が浸水し下に漏れてくると言った御相談をオーナー様から頂きました。

社内で協議し床のPC板にカバー工法に近い長尺シートを貼るという工事をさせていただく事になりました🙇‍♂️もちろんPC板の交換も可能でしたが、コストパフォーマンスの良さやリニューアル感出せるなどのメリットがあり、オーナー様にご提案しました。


↑工事前の状況になります。

鉄骨の上にPC板(コンクリートの板)を敷いた廊下に長尺シートを貼る工事をします。



↑下地処理をしている状況です。

段差やクラックがある状態で長尺シートを貼ると凸凹になってしまう為、カチオンモルタルを使用して平らになるよう仕上げていきます。

歩行者に配慮し通れるように半分ずつ作業しますウインク


カチオン系の材料を使用する理由として下地となるコンクリートやモルタルは通常、負(電気的に−←アニオン)を帯びているため材料に正(電気的に+←カチオン)の特性を持たせることで磁石が+と−で引き合うように異性化の力を利用して接着力、密着性が増すためですニコニコ


↑下地処理完成の状況です。

片側が乾いたらもう片側も下地処理をして仕上げていきます!どんな風に仕上がっていくのか楽しみです😃


↑長尺シート貼り替え後の状況です。

下地にボンドを塗り長尺シートを貼り終えたら端部にシール剤を入れ水などが入らないように処理します。



↑溶接棒を使用して溶接している状況です。

距離がある為に1枚で貼れないのでシートとシートの隙間を溶接機で溶かした溶接棒を流し込み溶接しはみ出した部分を専用カッターなどで切り取ります👨‍🏭



↑トップコート塗装状況です。


最後に側溝にトップコート塗装をする為に長尺シートに養生をし塗装したら完成です。



↑完成後の状況です。
綺麗な仕上がりになりオーナー様、御住人の方々にも大変喜んで頂けて、この仕事のやりがいを感じました🙂

おさらいとして、今回貼った長尺シートを貼るメリットとして耐久性に優れていて機能性が高くメンテナンスが容易であること事です!(見た目の雰囲気の変わりますね🎵)
このような工事を御考えの方は是非一度弊社に御相談くださいm(_ _)m


今回も御一読ありがとうございます😊





2こんにちは😃工事部の橋本です🙇‍♂️

9月に入り徐々に秋らしくなってきて、仕事するには気持ちの良い季節になりました!

さて、そんな季節の変化から気温が低下する冬に向けて、急に壊れてしまうと心配なガス給湯器の交換工事についてお話したいと思います👷‍♂️


以前のブログにて御説明させていただきましたが今回はマンションやアパートなどの集合住宅でパイプシャフト(配管や配線等の共用管がある部分)設置型の給湯器についてです。(バルコニーに壁付け設置されている場合もあります。)


おさらいになりますが、給湯器が経年劣化等で不具合を起こした時の症状としては以下の現象が起こります。


①急にお湯が出なくなる(エラーコード表示あり)

②設定温度に達していないお湯が出てくる(ぬるい)

③お湯になったり、水になったりを繰り返す。

④リモコン操作が効かない。

⑤給湯器点火時に異音がする。


がよくある症状ですね😅


①急にお湯が出なくなる。というのは故障した!という自覚がすぐにあって、修理や交換依頼の判断が直ぐ出来ると思いますが②~⑤は何となく直った気がする…。的な部分もあるので、交換という判断を後回しにしがちですね😅


そうなるといざ、急にお湯が出なくなった時に慌てて業者に問い合わせなければならないので、普段と違った症状がある場合はとりあえず弊社にお問い合わせ下さい❗


そして、この給湯器ですが現在のコロナ禍の影響でかなり製造に影響が出てきています…。


資材や商材の高騰。


商品不足。


需要と供給のバランスが崩れています…。


まだ大丈夫かな⁉️



大丈夫ではない❗ということですね😅


その事を先にお伝えした上で、交換工事のプロセスをお話します。

上の写真の様にパイプスペース内にある場合はフレーム枠に固定されている事が多いです。従って交換する際には事前にサイズなどの確認をする事、さらに排気場所や設置箇所、法令などにより取り付け可能な給湯器の種類が異なります。また、分譲マンションでは自身で交換しなければなりませんが設置場所やサイズなど指定がある場合があるので事前に管理組合などに確認する!と言った事に気をつけます。


上記の事に気を付けながら工事を始めていきます照れ

↑給水、給湯、ガス、追い焚き、リモコン線の接続状況です。

初めにこれらの接続を外し給湯器を取り外します!

↑既存の給湯器を外し新しい給湯器を設置した写真になります。

一部フレームを外さないと給湯器が取り出せず苦労しましたが無事に新しい物を取り付ける事ができました😄

↑カバーを取り付けた写真になります。

設置後に取り外した配管や配線を接続し直します!


↑ユニットバスのリモコンを交換した写真です。

台所用リモコン、浴室用リモコン共に交換させていただきました。

最後にリモコン、給湯器の動作確認をし正常に動く事の確認と接続し直した配管の漏れの確認をし問題なければ工事の方は完了ですニコニコ


交換作業は平均3時間程度予定して頂ければ完了します。


ただ先程お伝えした通り、すぐに入手できる機械とそうではない機械がありますので、このような工事を御検討であればなるべく早くお問い合わせ下さい➿



 





こんにちはm(_ _)m

8月になり毎日とても蒸し暑い日が続き汗の量が尋常ではない工事部の橋本です😅熱中症や脱水症状には気をつけていきましょう🥵


さて今回御紹介します工事はサイクルポート設置工事です!

↑解体途中のコンテナBOXになります。このコンテナBOXを解体した所に新しくサイクルポートを設置します照れ


↑解体中の状況です!
鉄の柱でとても重たいので電動工具を使い小さく切って解体していきます。バランスよく切断し倒壊しないように気をつけて作業します。
↑解体後の様子です!
更地になり広く感じますね!この跡地に新しくサイクルポートを設置しますニコニコどんな感じに仕上がっていくのか楽しみです!
↑サイクルポート設置の段取り。
上の写真に書き込みしましたが赤線から上の部分が土なのでサイクルポート設置後に土の部分をコンクリートにする為に土を鋤き取り砕石を入れコンクリートを打つ段取りをしておきます!

↑サイクルポート設置している様子です。
脚の部分には設置の強度を上げる為に70センチ程埋め込みコンクリートで根固めしてます。
これで安全対策は万全ですね🙂
↑サイクルポート完成です!
最後にコンクリートを打ち完工です。
使用していなかったコンテナBOXからスタイリッシュなサイクルポートに代わり利便性も向上しました。
スタッフさんからも使いやすいとお声掛け頂き、大変でしたがやって良かったと思える瞬間ですおねがい

このような工事を御考えの方は是非一度、恩田工業へ御相談下さい🙇‍♂️





こんにちは😃工事部の橋本です!

7月になりましたが未だ梅雨空が続きますね🌧️雨でも活躍してくれるのは弊社が運営しているOKWASH Laundryですニコニコなかなか洗濯ができない天気が続いていますがたくさんの御客様に御利用して頂いておりまして感謝感謝です🎵


さて私の担当部署である工事のお話に戻りまして、今回御紹介する工事は新規U字溝設置工事です。

駐車場のオーナー様から水溜りができるのを改善したいと御依頼を頂き打ち合わせをしU字溝を設置する事になりました。


↑施工前の状態になります。所々水溜りがあるのがわかります。この状態を少しでも改善する為にU字溝を設置します!



↑施行中写真になります。

設置する所に墨出し(マーキング)をし高速自動カッターを入れ切ります!



↑施行中の写真になります。

アスファルトを剥がしユンボ(掘削重機)やスコップを使い掘っていきます。給水管等、予期せぬ埋設物に注意しながら掘ります!私はこの業界に何年も携わっていますが、この掘削工事で埋蔵金などの予期せぬお宝を御目にしたことは一度もございません😅




↑施行中の写真になります。

砕石をいれ自動プレート機械等で転圧をしコンクリートでベース打ちをします。ベース工事は住宅でいう基礎の部分ですね😁U字溝が沈まないようにする為に行います!




↑施行中の写真になります。

U字溝を設置していきます!高さや勾配に気をつけながら設置していきU字溝とU字溝の溝はモルタルにて埋めていきます!




↑施行中の写真になります。

設置後、U字溝の端部に切り込みを入れ塩ビパイプで水を排水できるようにします。

U字溝の左右の溝に砕石をいれコンクリートで間詰をし仕上げます!

*間詰めコンクリート→ 硬化したコンクリートにある隙間や部材と部材との間に打ち込むコンクリートの事。建築用語の1つですね照れ




↑施工後の写真になります。

最後にU字溝の上にグレーチングを設置しクリップにてU字溝同士をとめて完成です。クリップが付かない所はステンレスの結束バンドで固定しました。この専用のクリップが設置できない部分の固定方法はセオリーがないので、今まで培ってきた経験を基に発想の転換をしたさりげないアイデア施工ですね😁こういう小技がハマった時に自分の中でレベルアップした実感が湧いてきます☺️


散水テストを実施し水の溜り具合などをオーナー様にも確認して頂き施工前よりも良くなったと満足して頂けました照れ


限られた予算内で改善点に対して施工方法はゼロから考えなければなりませんが、こうした評価をして頂けることに喜びを感じています✨なかなか若い世代には敬遠されがちな業界ですが発想力と技術力を遺憾無く発揮できる業界で楽しいですよ😁


是非OKHOME恩田工業で働きたいと思う20代の方、こちらもお問い合わせお待ちしております(^_^ゞ


そしていつもながら、このような工事で何かお困りの事がございましたら弊社に御相談ください!



有限会社恩田工業 住宅リフォーム エクステリア リノベーション 排水設備工事 横浜市 戸塚区有限会社恩田工業は横浜市戸塚区にて、住宅リフォーム・各種工事全般をおこなっています。プランニングから施工まで住空間をサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。安心・安全・快適を提案いたします。リンクondakougyou.co.jp


こんにちは🌞工事部の橋本です!

6月に入りましたが横浜は梅雨を通り越して夏のような気温が続いていますね💦まだまだマスクも必需品なので皆さま熱中症には気をつけましょう🏥


さて、今回御紹介します工事は雨時期でも工事可能なマンションのトイレ交換工事です!


トイレってどうなったら交換しなければいけないの⁉️


交換理由は複数あります(^_^ゞ


1、単純に便器(陶器)にヒビが入って漏水する


2、タンク内の金具が複数経年劣化していて、細かい部材を交換すると割高になる場合がある時は新品に交換する方がコスパが良い場合。


3、漏水箇所によって、(ウォシュレット含む)修理するより交換した方が早く直る場合。


4、建物のオーナー様がチェンジするタイミングで新規一転したい場合。


他にも細かく上げれば交換理由は多岐に渡りますが上記1~4が大きな括りになりますね🚻


そして本題にあたるマンションタイプの洋便器は排水配管が壁から突き出てるタイプが多いですね😃


壁排水便器(Pトラタイプ)とも呼ばれます。



こちらの商品が単純にホームセンター等の広告の品を購入するのは注意が必要です!


え⁉️壁排水タイプ選べばいいんでしょ⁉️


とはいきません😅


更にそこから床上から排水の先端が何cm上がってるかに注目します🕶️


間違えた排水高の便器を接続すると漏水や排水不良の原因になります(^_^ゞ





↑施工前の写真です。

排水種類は床から120mm、150mmと便器の排水口の高さが2パターンあるので交換する時は事前に調べておく必要があります!今回は写真の通り120mmになります。


↑施工後の写真になります。

今回の工事では排水配管、給水配管の切り回しなく交換することができるので便器を取り外し後に床の貼り替え、クロスの貼り替えを施工しました!

便器を交換するタイミングで内装も模様替えするとリニューアルした感じが更に出て気分が上がりますね😁


↑施工後の写真になります。

床の貼り替え、クロスの貼り替え後に新しい洋便器を取り付けペーパーホルダー、タオルリング、ウォシュレットリモコンを取り付け完成ですニコニコ

給水の漏れや排水の漏れももちろん確認します!


内装工事も含めて6時間程度あれば完了します🔧


水廻りや内装工事などリフォームを御考えの方は是非一度弊社に御相談ください🙇‍♂️


有限会社恩田工業 住宅リフォーム エクステリア リノベーション 排水設備工事 横浜市 戸塚区有限会社恩田工業は横浜市戸塚区にて、住宅リフォーム・各種工事全般をおこなっています。プランニングから施工まで住空間をサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。安心・安全・快適を提案いたします。リンクondakougyou.co.jp




 こんにちは工事部の橋本です🙂


まん延防止等重点措置が延長しまだまだ感染者数が多い状態が続いています。弊社では引き続きマスク着用など感染症対策をしっかりと行い業務にあたっています!


さて今回御紹介します工事は和室→洋室へのリノベーション工事です!今回は、和室を洋室にするのですが洋室を少し小さくしリビングを大きくすると言うところがポイントになります。

↑工事前の状態です!

現状は畳ですが手前のリビングと同じフローリング仕上げにし襖も引戸に交換します。


↑解体中の状態です!

間取りの変更に伴い廊下側の壁も壊し新しく作り直します。



↑施工中の状態です!

左側、廊下部分は新しくボードを貼り押入れは洋間に合うように両開きクローゼットに変更しました。



↑新しくクロスも貼り替えフローリングを貼り完成です!



↑赤い矢印の所までが和室でした。キッチンのカウンターと同じくらいの位置になります!


↑アングルが違うので少し分かりにくいのですが赤い矢印の所までリビングが広がりました!キッチンの入口あたりまで広げています。


和室から洋間に変わり雰囲気がとても変わりましたニコニコ

このような工事を御考えの方は是非一度御相談下さい!

有限会社恩田工業 住宅リフォーム エクステリア リノベーション 排水設備工事 横浜市 戸塚区有限会社恩田工業は横浜市戸塚区にて、住宅リフォーム・各種工事全般をおこなっています。プランニングから施工まで住空間をサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。安心・安全・快適を提案いたします。リンクondakougyou.co.jp

今月のブログは少し違った内容をお届けします(^_^ゞ


工事部の橋本です❗


緊急事態宣言がまたもや発令されそうな感じですが、弊社では引き続き感染症対策を行い営業しております❗


いつものブログは工事内容ばかりの報告をしていますが今回はタイトルにある通り『OKWASH laundry東戸塚店』についてです✨


facebook等でご存じの方も多いと思いますが、弊社運営でこの度、東戸塚にコインランドリーをオープン致しました❗




お祝いのメッセージの他にも何で⁉️どうしたの⁉️

と言ったご質問もあったので、ここで経緯をお話したいと思います!

そもそも弊社は総合建設業(一般建設業許可)にて運営している屋号のOKHOMEがあります🔧

しかし、弊社代表と営業部長のビジョンでは自分達の持っているノウハウを派生させて、別事業はできないものか?

と常々考えております。

コインランドリーはその中のアイデアの一つです!

自社で店舗工事を行いランドリーメーカー様に協力してもらうことで、どこの店舗よりも開店に伴うイニシャルコストを下げることで、運営をスムーズに行えるようになります😃

そして、店内の待合スペースに定期的にOKHOMEの広告を出すことで新たな営業拠点も産まれるという相乗効果を期待しての事業展開となりました❗

☝️お得な工事情報を発信する場所

今回のオープニングイベントはたくさんの友人や御客様またお仕事仲間の皆さんに御祝い花やメッセージを頂き大変有り難くオープンイベントが大いに盛り上がりました😁


オープンがゴールではなく始まりです(^_^ゞ

地域の皆さんに何度も利用して頂けるお店を目指し、これから頑張って運営していきます✨

OK wash  laundry東戸塚店
営業時間7時~23時
所在地 戸塚区平戸5ー1ー8(Big-Aの横テナント)

皆様の御利用を心よりお待ちしております!

 



こんにちは工事部の橋本ですニコニコ
桜も咲き始め暖かい日も多くなり春らしくなってきましたね!
今回、御紹介する工事はキッチンリニューアル工事です🔪
↑工事前のキッチンの状態です。クロスの汚れなど使用感が感じられますね!

今回の工事の概要は以下の通り👇️
①台所下台及び吊戸棚の交換
②天、壁クロス張替
③床CF張替
そして
大きな変更点となるのがキッチン入り口の壁(シンク向かって左の壁)を新たに開口し解放感をプラスすること‼️


☝️インターホンの上下に薄くラインが引いてある部分が新規開口部になります❗


既存キッチンを解体し内装も剥がします🔨

☝️新システムキッチン施工中
☝️配管も新たに接続します🔧
☝️キッチン上の棚の中にある銀色の丸の部品に注目です🔎
これは壁を開口して、解放感を得る変わりに棚を支える壁の構造耐力が落ちてしまう恐れがあるので、天井のコンクリート部分にアンカーボルトを打ち込み支持金具で補強しています😃
メーカー施工には含まれない工事ですがリスクを想定して、弊社判断でプラスαの工事をしています✨
これにより御客様にも安心して使用して頂けますね☺️

☝️内装の新規張替状況です(^^ゞ
天井、壁、床をリニューアルしてとても明るくなりました🎵
照明もダウンライトへ変更し以前より明るくとてもお洒落な感じにする事ができお客様にも喜んで頂けました爆笑

キッチンとリビング側のカウンターもオーダー品で現場加工した木材を設置して、木製カウンター専用オイルを塗布することによって、長持ちする工夫もしています✨


私が好きな角度からパシャリ📸
カッコいいbarみたいですよね😁

このようなキッチンのリニューアル工事をご検討の方はお気軽に御相談下さい🎵


 完


こんにちは工事部の橋本です🙇‍♂️
緊急事態宣言が延長されまだまだ我慢の日々が続きますね。私はこの時期花粉症にも悩まされていて、マスクを常用するのですが気が付けばコロナ禍のせいで1年以上も常用しているなと…。もはや衣服の一部のような感覚があるような😅早くワクチンが出回り終息し大勢の仲間と居酒屋で気持ち良く飲みたいな🍺と思います😃
さてそんなまだまだ気を引き締めていかなければいけない状況の中でも今回、御紹介する工事はコロナウイルス対策にもなる小便器のフラッシュバルブ交換工事です!
フラッシュバルブとは…水などの流体における圧力、流量の出力を制御するバルブの1つで、バルブ操作後、一定量、一定時間水が流れて自動的に止まる機能を持つ自閉式のバルブのことです。主に水栓便器に洗浄水を供給する機器として使用されます。

↑今回は自動洗浄フラッシュバルブが壊れてしまった為、同じ自動洗浄フラッシュバルブに交換させていただきました。
プッシュ式のフラッシュバルブから自動洗浄フラッシュバルブに交換する事で触らずに流せると需要がとても増えています!

↑既存の部品を取り外し新しい部品を付け直します。
↑新しいカバーを取り付け動作確認、水量などを確認し工事は完了です。

今回は自動洗浄タイプから同じ自動洗浄タイプの交換でしたが触らずに済む為プッシュ式洗浄タイプから自動洗浄タイプへの交換依頼がとても増えています!

コロナ禍で人々の意識がタッチレスという生活様式に変化しました。

男子の小便器の他にも弊社の毎月発行している広告の品でもある台所水栓や洗面水栓などもたくさんの工事の受注を請けております。(一部商品入荷待ち)


⬆️毎週のように設置している商品

このように弊社では自分たちが売りたい物、やりたいことではなく、世の中では今何が必要か⁉️

を常に意識し業務に取り組んでおります(^_^ゞ

その中で御客様から弊社が必要とされることが第一なので信用、信頼される施工を心掛けるように社員一同努力しております❗

様々な御依頼にできる限り柔軟に対応しておりますので、何か工事が必要でお困り事がありましたら、御気軽にお問い合わせ下さい📩📲

宜しくお願い致します🙏