Ryoukoのブログ

Ryoukoのブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
先日の自治会主催の防災訓練で、
色々防災食をお土産にいただきましたチュー



防災食をもらった時どうするか?

防災士として言うならば



その日に
食べてみて!!

防災食をもらったら
大事にとっておく人が多いんだけど。。。

その防災食、
あなたや子どもが食べることはできますか!?

どうやって作るのか?
食べられる固さなのか?
味は好みの味なのか?

とっても大切なことです

まずはもらった物を味見として、
そして作る体験として、
家族で食べてみましょうチュー

特にお子さんは頭で食べません
震災があったとき、
子ども達はマズイと言って
食べてくれなかったという話も聞きます
大人は頭で食べるので、
今はコレシカナインダと
頭で考えて食べられます

食べてみて美味しい、食べることが出来ると感じた防災食は、
購入して防災食として保管しても良いと思いますラブラブ

私がおすすめするのは、
普段食べてるものを防災食のストックにすることです照れ

特に小さなお子さんのために、
お菓子やジュースがあると心が落ち着いて良かったと防災ママカフェ®️を主催している、かもんまゆさんの講演会で聞きました

今のレトルト食品の賞味期限はけっこう長いです
普段食べてるものが震災の時に食べられるということは、
心の安心というか、ホッと出来る食事になるはずです照れ

普段食べてるものを防災食にする難点は
ストックを知らないうちに食べられてる事ガーン
美味しいし、普段食べてるし、
今日ちょっと使っちゃおうてへぺろ
なんて事はしょっちゅうアセアセ

なので、いざという時にストックが無いガーン
なんて事にもなりかねないアセアセ

なので、お好みの長期保存出来る防災食と、
普段食べてるものを防災食としてストックを併用すれば良いと思うんですハート

あとは、
ファスティング体験をして、数日食べなくても大丈夫という意識を身につけるとか、
野草とか食べられるものの知識をもつとか、
普段からご近所付き合いをしておくとか、

ボーイスカウトやガールスカウトの知識を身につけることも素晴らしいなと思いますラブ

そして、講演会などでお話を聞くことで、
当たり前と思ってたことや、
このくらい大丈夫だろうと思ってることが
そういう事態になると通用しないと知っておく事も良いと思います。
上手く文章で説明できないけど、
私は目から鱗でしたびっくり

あと保管するよりも食べてみた方が良いと言う理由に

お土産用に用意しているものは、
賞味期限が近いから
思いきって配っていることもあるんですよアセアセ

保管する場合は期限も確認して
保管してくださいねチュー


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス