こんにちは。

アルク子ども英語教室尼崎校の井口です。

先日、息子のサッカーチームで、親子のみんなで食事したりお話したりする機会がありましたウインク


12月にチームが変わった息子は、はじめてみんなでご飯食べて遊べることが嬉しくて仕方ない😍。
隣には公園があり、ご飯食べたあとは、みんなで飛んでいって鬼ごっこを全力で楽しむ子どもたち照れ

途中、子ども達を見てくださっているコーチと、

初めてゆっくりとお話をすることができましたニコニコ

 

大学4年生ながら、ナイター練習にも、毎週末の試合

にも来て熱血指導をしてくださる、

サッカーと子どもが大好きなコーチ。


こんな自分がコーチをしていていいのか、

と思うことがある、と話しておられるのを聞いて、

ああ、一生懸命に自分に向きあっておられるんだなと感じ、感謝の気持ちを深くもちました。


そして、自分も葛藤し、もがきながらも楽しく過ごした日々を懐かしく思い出しました☺️。

 

大学を卒業してすぐに中学教師になり、

中3生の副担任からスタート。

最初の数年間は毎日、鎧を着こむような気持で教室へ。

 

今まで人に対して、叱ったり怒ったりすることがなく平和に生きてきたけど、

指導をするという立場になり、私の在り方が一変笑い泣き

 

授業中手紙を書いてたり、

提出物は出さず授業態度は悪いけど、

点数はとってくる生意気男子に翻弄されたり。

若い先生は友達だと思って接してくるけど叱られて、やっぱりそっち側なのか、と

反抗してくる女子に手こずったり。

 

夜中に寝ながら怒ってたで、と何度も妹に心配され、辛くて涙が止まらなくなった時には、

お姉ちゃん、大丈夫、大丈夫。と妹が抱きしめてくれたこともあったな赤ちゃん泣き

 

とにかくなめられないようにと、

表情や声の高さ低さ、話すテンポ、しかり方、

子どもによって柔軟に接し方を変えること、など、

必死に慣れていきながら、

とにかくがむしゃらに走り続けてること数年キョロキョロ

 

上手な息の抜き方も分からずに、クタクタになって

働きながら、でも自信がなくて、

こんな私が先生をしていていいんだろうかと悩み続けていた日々を過ごす。。

 

そんな時、かわいがってくださった保健室の先生から、自分が先生であることに自信をもってる先生もいいけれど、自分は先生をしてていいのか、ってそんな風に悩みながら自分に向きあい続ける先生がいてもいいじゃないウインク

 

と温かい言葉をかけてくださったことに、どんなに救われただろうか。

 

周りの先生方のサポートとご指導と、

かわいい子供たちの存在で、

なんとかのりきれた数年間ウインク

 

働き始めて5年目、

数か月間笑うことができなくなるぐらい

しんどかった日々からの、

奇跡の合唱コンクール優勝。

クラスがまとまった瞬間の震えるような喜びと興奮。

それを子ども達と共有できたことで、抜け出せたモヤモヤ時代。

 

辛かったけど、子ども達に幸せをもらったことが、

私の中では人生のベスト5にはいる、自分に向き合う大切なきっかけだった☺️。

 

学んだことは、子どもに誠実に向き合っていれば、子ども達も向きあってくれること。

子ども達、本当はそんな態度をしたくないのに、本当は先生も大人も大好きなのに、

つい、様子をうかがって変な態度をとってしまうこと笑い泣き

 

褒めてー!自分を見ててー!

声をかけてー!関わっていてー!

そんな子どもたちの願いは、小さいときからの気持ちと変わることないんだなと、

子ども達のことがわかるにつれて、益々愛おしくなってくる。

 

その後、自分が鎧を脱いで自然体になったことで、子ども達との関係はとってもフラットな、いい関係になり。

クラスで怒ったあとも、先生普段とのギャップが

怖いねんとか笑い泣き

来年も担任してな⇒で、その子の担任ではないと

わかったときに、他の子の方がかわいかったん?って拗ねるとか。

どんだけかわいいねんラブと、頭ぐりぐり

されて喜ぶ顔とか。

 

あー、先生になってよかった。しんどい経験も、悔しいこともあったし、

ものすごく感情が揺れまくったこともあったけど、こんな顔見てたら吹き飛ぶわ笑い泣きと思えた。

 

子育ても同じだなウインクウインク

 

目の前の壁が高いと感じていても、

何かのきっかけで、その壁が気持ちよく崩れる時は必ずあり。

その先には想像してた以上に優しい、面白い景色があったりする。

 

話しは冒頭に戻りますが、その学年担当コーチが、保護者と子どもたちの前でされた〆の挨拶の時。

その日ふがいない結果を出してしまったことが悔しいと悔し泣き。

代表のコーチにここは良かったぞ!と褒めて認めていただいたことはとても嬉しく感謝しているけれど、

子ども達を勝たせてあげたい。大きな公式戦では優勝をさせてやりたい。

一生懸命に頑張るので、子ども達、保護者の皆さん、こんな僕を支えてください。

サポートをお願いします、とコーチは涙が止まらず。

 

きっと、次にいくための大切な試練なのだろうけれど、辛いな、でもみんなで応援し、サポートします、の気持ちが会場にあふれていて。

 

子ども達の、大きな声での「はいっ!!!」の返事にも保護者のあたたかい拍手にも

みんな愛がありウインク、とても素敵な時間でした☺️。

 

みんなが自分のためにも頑張り、コーチを喜ばせたい、という気持ちも持っているのが、なにより嬉しい。

 

英語教室をひらいて丸2年がたちました。

少しずつ形を変えていくけれど、

私の目標は、子どもたちが英語好きだな、の入り口を整え、自分のことを伝えられる人に育てること。

 

そしていつか、お父さん、お母さんを喜ばせたい

願わくば先生をうならせたい、と、

頑張った自分も嬉しくて、

誰かが喜んでくれる顔を想像して

また更に頑張れる


そんな子ども達に育てたいし、

そう思ってもらえるような先生になりたいウインク!!と心から願っています。

 

まだまだ伝えたいことはたくさん。

まだまだ、学びたいこともたくさん。

 

さあ、今日も、楽しもう!

ことばに触れてると楽しくてうれしい!!を英語を通してとどけようニコニコ



今日の私に響いた、

作家のハーブ・エッカーさんの言葉。

『世界の果てで大切なことに気づく100の言葉』

(宮永千恵 著)より


振り返ってみれば、とてもそう思うウインク

そう、全てのことは、自分を良くするために

起こっているのだ照れ!!



こんにちは。
アルク子ども英語教室尼崎次屋校の井口です。

ゴールデンウィークは、子どもたちのサッカー試合がぎっしりニコニコ

雨の日も暑い日も、がんばれー!とフィールドの中の子ども達の

応援にワクワクしています。

 

ゴールデンウィーク中日、平日の今日も今日とて、

お父さんと公園へ行ってサッカーを楽しむ🥰!

 

 

子どもがサッカーを始める前は、休日が全部もっていかれるなんて。。。とビビッてましたが、

いざ始まってみるとバッチリ習慣となり☺️、いかにうまく3人息子の試合をそれぞれ見に行けるか、

調整するのが楽しい!!
 

そんな子ども達、サッカーを始めた頃の心の状態から、とっても、とっても成長してきました🥰!

 

◯新しいポジションになって、失敗しては次は違う動きをしてみようとチャレンジしてみたり。

◯自信がなくて声を出せなかった子が、出られない間も試合中も声かけをしあったり、

パスを通そうと周りをよく見れるようになっていたり。

◯今日はどうだった?と客観的に見た視点からの話を聞きたがったり。

 

その中で、出てくる言葉が、どんどん前向きになってきています。

 

◎判断は悪くなかったと思うねん、でも、もっと慣れるまで練習せんとあかんと思う。

◎ゴールまでボール運びできた!成功はしなかったけど、シュートチャレンジできた!

◎今日は3点決めたよ!

◎コーチに練習でやるように指示されたことが、すんなりできるようになってた!

◎僕、結構攻められるようになってきたやろ?😆!

 

チャレンジと失敗、

考えて次に挑戦、の繰り返しが、

どんどん自分の自信につながり、

自己肯定感がグングン上がっていく

 

子どもが小さい頃は、自分が短気で、子どものイタズラにもすぐにドッカーンと怒ってしまう瞬間湯沸かし器であるがために、大人の対応するなんて無理だわ。。って思うこともよくありました。

(壁やタタミ、冷蔵庫に油性ペンで落書きとか、米びつの米をぶちまけられるとか、カーテンでターザンごっこしてレールが折れるとか、日常茶飯事で、てんやわんや、カオスだった{emoji:char3/050.png.笑い泣き}{emoji:char3/001.png.爆笑}

 

そして、めちゃくちゃ怒ってしまったあとに、あー私、あそこまで言わなくてよかったのにな。絶対あの一言が、子どもの大切な芽をつんでるわショボーン。と毎晩猛省{emoji:char3/020.png.ガーン}

 

どうやったら子どもの自己肯定感を上げていくことができるのか。がめっちゃ気になり、本を読んだり、いろんなお話を聞いたり勉強したりしてたこともありました。

 

で、年月がたち、少しずつこどもが成長していく中で、あれ?

子ども達、自分で自己肯定感の上げ方を学んでいるじゃないか!

と最近気づくようになってきました。

 

失敗した時も、がむしゃらにやってみたら成功できたから嬉しくて。

誰かに認められたらまた嬉しくて。誰に言われなくても、頑張った自分が誇らしくて、なんか嬉しくて。

 

まだまだ幼さが残り、未だに謎が多く、理解し難いところもある男子3兄弟ですが爆笑

 

自分の上げ方を自分で見つけられる年齢になったのかと、とても頼もしく、見守っています。

 

そして、英語教室でも、同じようなことがウインク

音読の宿題で、連日、同じページを音読していた子が、

CDの音聞かなくても読めるようになったよ❤️!と嬉しそうに読んでくれたり。

みんなのサポートを嬉しそうにしてくれたり、はりきって手を挙げて発表してくれるのを見ていると。

 

練習⇨読める⇨先生の言ってる言葉がわかるようになる⇨面白い⇨自己肯定感が上がる⇨言えるようになりたい⇨練習

 

の循環が素晴らしいな!

どんなことでも、継続できるってすごい!👏👏

 

と感じています。

 

継続することは力になる。

自分を上げていくことができるのはまず自分なんだよ

 

を伝えていきたい💪。

 

毎日続けるというのは、なかなか骨の折れること、であるのも確か。子ども達が、それを楽しく続けたくなるヒントを発するのがとても大事☺️!

 

まずは、私自身が自分自身をあげていこう!

子どもと一緒に上げていこう、楽しもう電球ニコニコニコニコ

 

そうワクワクする毎日です☺️

 

今日のお気に入りの言葉。

渋沢栄一さんの言葉より。

 

(宮永千恵さん著 

世界の果てで大切なことに気づく100の言葉)より

 

#アルク子ども英語教室

#尼崎次屋校

#小学生英語

#中学生英語

#英語に親しむ

#生徒さん募集中

#ジョリーフォニックス

#BBカード

#rhymoephonics

#自己肯定感をあげる

 

 

 


照れ

こんにちは!
アルク子ども英語教室尼崎次屋校の井口です☺️


うちには、ゲームの大好きな、中2、小6、小4の男子三兄弟がいます。

隙あらば、ゲームをしたくてウズウズしてる人たち🤣。


そんな3人の元に新しくやってきたゲーム。



長男が、学校で理科の授業中に化学の勉強をしてるらしく、ニホニウムは日本人が発見したんやって!

話いろいろ聞いてたらめっちゃ面白くて❤️!


と教えてくれたので、ブームがキターッ!と、すぐにこちらのカードをゲット。(一年の時は理科が苦手だったのに、興味持ち始めたから絶好のタイミング🙌🙌🙌)


難しそう、と恐る恐る遠巻きに見ていた小学生の弟達も、いざ神経衰弱で原子と原子を組み合わせて分子を作り始めると、この原子とくっつく他の原子はないのかな?ヘリウムは他の原子とくっつかないから、引いてしまうとアウトー!とか、ルールが面白くてどハマりし❤️




もう一回だけもう一回だけ!とおねだりしながら、何回も楽しんでました!


普段、英語教室でもカード遊びをたくさんやりますが、子ども達は全く抵抗なく、むしろ進んで英文の質問をしていき、真似し、自分から発信できるようになってきました🙌!


今日のレッスンは、BBを使った、命令文ゲーム。

静かなパーティーを開きなさいとか、手紙をなくしなさい!とか、クスッと笑っちゃうおかしな英文がたまにできると、子ども達はニヤニヤ🤣!

命令文はそんなふうに動詞から始まるんだ!を無意識に習得していきます☺️☺️!


子ども達の心を捉えて離さないゲームの魅力を

一緒に楽しんでいこうと思っています❤️☺️


#アルク子ども英語教室

#尼崎次屋校

#尼崎小学生英語教室

#BBカード

#AGOカード

#ジョリーフォニックス

#rhymoephonics

#理科のお勉強もカード遊びから

#ゲームの魅力に一緒にハマるのも大事

こんにちは。

アルク子ども英語教室尼崎次屋校の井口です。

 

私がこの投稿のカバー写真に選んだのは、環境保護活動家の、W・ミッチェルさんの言葉。

(『世界の果てで大切なことに気づく100の言葉』

著者 宮永千恵さん)


この言葉に、今強く強く惹かれたのは、大切なことに気づく言葉に最近たくさん出会えていたから☺️。


最近の私の朝の日課は、掃除しながら、インスタライブに耳を傾けること☺️☺️

この方に出会わなければ、今こんなにワクワクした毎日に出会えてなかったのではないか、と、思える、

@nanoenglishの月田綾先生。

私が英語講師となるきっかけを作っていただき、

今も仲間達とワクワク学ぶのを楽しんでいます。


その綾先生が100人の方とコラボインスタライブを

されていましたニコニコ

 

子育てお家英語、読み聞かせ、食事、英検、整理収納、家計やお家環境の整え方など、

たくさんのママ達が、ワクワクを全国に届けながら、

素敵な活動をされてるのを聞いてきました。

先週、記念すべき100回目ライブをむかえられ、毎回、とっても楽しかったな照れ

 

こんなに広い世界があり、たくさんのお仕事があるんだな。

それぞれの場所で悩み、試行錯誤しながら活動、活躍されている方がたくさん、いらっしゃるんだな。

と、お話を聞いて感動したり共感したり、刺激をいただいたり、元気をもらったり。

 

先月のはじめ、私も勇気を出してライブに参加させていただきました!!(75回目のライブでお話させていただきました☺️☺️)

初めての挑戦は怖くて、不安で、ドキドキして。

でもいざやってみると、思ってた以上に気持ちが、

言葉が溢れてきて、とても楽しい、と感じている

自分を発見!!照れ

苦手だ、私には無理だと思っていたことに一歩踏み出すと、こんなに気持ちが前向きになるんだなと、とても楽しく爆笑


挑戦してみたらいいやん!

少しのチャレンジで度胸もつくし、

ステージが上がるよ!と背中を押してくれた

仲間、お話良かったよ、勇気をもらったよ!と

コメントや感想をくれた仲間の存在がありがたくて❤️。

 

人生、楽しみたい!挑戦し続けたい❤️!

人にも新しいことにも、たくさん出会いたい🥰!

 

と思えたのでした。

 

たくさんの人の言葉が心に響き、

気持ちが動く。

気持ちが動くから、次へ、

また次の挑戦へと進みたくなる。

 

とても素敵なこと、だな☺️。

4月、新しい年度を迎え、新しい挑戦をし続ける仲間や友達、子ども達。心からの応援をしています🥰。

そして、そんな姿を見ていると、私も一歩踏み出してみようかな、とワクワクしてきました😆😆!


苦手なことにも挑戦してみようよ

大丈夫、誰かが支えてくれる

応援してくれる

 

転ぶかもしれない、

うまくいかないかもしれない、と、

不安に思ってるのなら、

周りをよくみてごらん

 

さあ、飛び込んでおいで、と

手を広げて待ってくれてる人がいる

 

転んでも、また立ち上がって歩き出す、あなたの強さを信じている人がいる

 

新しい出会いが、あなたに手を差し伸べているよ

新しい景色が、あなたを待っている

その壁を超えた先には、

どんなワクワクが待ってるんだろうね。楽しもうよ爆笑爆笑

 

子ども達にも、そう伝えていきたい☺️!

 

大好きなドラえもんの言葉より

出典: https://doramatome.net

 

綾先生の100人の方とのコラボインスタライブは、

たくさんのママ達の、お子さんや活動への愛情、熱意が伝わってきて、

笑いあり、涙あり、感動あり、で元気になること間違いなしニコニコ

インスタの@nanoenglishの綾先生のアカウントで、

アーカイブを見ることができます。

ぜひ、聞いてみてください爆笑ラブ

 

アルク英語教室尼崎次屋校では、

まず自分の意見をもつこと、

みんなの前で自分の意見を恥ずかしがらずに伝えること、

を英語の活動をしながら身につけていってほしい、と考えています。

誰かとコミュニケーションをとり、世界が広がるのは、とても楽しい。

相手を、自分を知ろう!

そう、伝え続けていきます。

 

#アルク子ども英語教室尼崎次屋校

#尼崎子ども英語

#尼崎子ども習い事

#小学生英語

#BBカード

#AGOカード

#ジョリーフォニックス

#rhymoephonics

#言葉の魅力

 

こんにちは。アルクKiddyCAT子ども英語教室尼崎次屋校の井口です。

 

今日は私の大好きなドラマ、「ミステリという勿れ」からのお話。

主人公で大学生の久能整君。

彼は事件に巻き込まれながら、犯人を特定していくのですが、このタイトルにもあるとおり、

ただのミステリードラマではなく。

 

 

 

いじめ、親の虐待、親の介護からのストレス。

様々なきっかけで苦悩を抱えている人たちの背景に

寄り添い、疑問を口に出し、常識にとらわれず、

一人ひとりと向き合い、言葉を紡いでいきます。

 

毎回、エンディング曲が流れる頃に、整君のセリフの一つ一つが胸にささり、涙がこぼれ、解放されるような、ホッとする気持ちになります。

 

お話の中で心に響く言葉言うのは、

整君だけではありません。

先日、とってもいいなと思った言葉は、主人公の整君の恩師である天達先生の言葉。

「人に会い、人を知りなさい。

それは自分を知る旅だよ。」

 

ああ、そうだ。とってもそう思う。

ドラマを見ながら、高校生の頃の自分を思い出す。

 

元気に楽しく小中学生時代を送っていた私でしたが、

高校生の頃、あることがきっかけで、男子恐怖症に。

 

私のクラスは、45人中39人女子、6人男子の、

3年間クラス替えのない英語コース。

 

英語が大好きだった私は、毎日2時間はある英語の

授業が楽しくて仕方ない。でも中には、そのコースを選んだにもかかわらず、そんなに英語が好きでは

なくて、頑張る子を見ては苦々しく思う男子もいました。意地悪な男子が一人。

 

当てられて答えられたら、

人に聞こえるように苦笑い。

かけていた眼鏡を外すと、

「おい、見ろよ。あいつが眼鏡外してるぞ」

頑張ってる姿を見ると鼻で笑う。

 

いろんな子にそんな感じで高圧的だったのではあったものの、周りに流される少人数男子は同調して笑う。

女子はその子にドン引きしながら、関わりたくなくて聞こえないふり。

 

楽しいクラスメイトもたくさんいて、仲の良い友人もクラス・部活にも恵まれていたので、ただ辛いだけの3年間ではなかったけれど、

そこで男子は怖い、というトラウマに。。。

 

大学生になってサークルに入っても、

男子の席からは離れて座る。

いつも距離を置いて、傷つけられないように、と身構えていたんだな。

 

それが少しずつ変わってきたのは、

学生の時にアルバイトで出会った旦那さんと、同期で採用された、同僚と仲良くなれたこと。

 

ビビッてあまり男子に近づかないように過ごしてきた私でしたが、人となりを知り、そうだ、男子の友達ってこんな感じだった!男の子も女の子も、みんな優しい。むしろ、優しい人の方が多い。

長い間、傷つかないようにと、すっごく分厚い盾をかまえてたな私キョロキョロ

と数年ぶりに安心することができたのです。

 

友達になろうとしてくれた人たちに距離を置いて、相手を知る前に苦手ですビームを出していた期間が、今となってはもったいなかったな、と思いますが、それもまた私の人生経験の一つ。

 

そう、私にも人が怖い時期があり、飛び込むのが怖い時期もありました。

でも生活していく中で、男女問わず、人と出会い、人を知るなかで、どんどん自分らしさが見えてきたように思います。

今では人が大好き、人に出会えるのがとても楽しい。

 

そう思うと、最初から完璧でなかった分、


人と深くつながるのが怖いと思ってしまう子どもたちの気持ちがよくわかること。 

相手を知ろうと一歩距離を縮めてみたら、

思ってたほど悪くなかった、むしろ楽しいな、

自分にはこんな面もあるんだな、に

気づく喜びにも気づけたこと。


を、子ども達にも伝えていけるかもしれない、

と思うようになりました。

 

どの人生経験も無駄じゃないんだな、と思うと

高校生のころの苦い記憶が癒されていくのを感じます。

 

3姉妹の、そんな挫折経験のある私のもとに、

男子3兄弟が生まれてこようとは笑い泣き

 

人生、何があるかわからないからドキドキするし、

ハラハラするし。でも面白い。

 

これからも子ども達には、

「人に会い、人を知りなさい。

それは自分を知る旅だよ。」

 

を、伝えていきたいと思います。

 

そしてそれは、


英語を通じて、世界のこと、世界の人々を知ることで自分が見えてくる喜びにもつながっていく。

 

さあ、明日はどんなことを伝えよう。

子ども達から発してくれる言葉に、耳を傾けてみよう。

お互いを知ろう。一緒に前を向いて歩いていくために。

 

 

★アルク英語教室尼崎次屋校では、

春の新規生徒さんを募集しています。

低学年から英語に触れることで、

英語を難しいものとして出会うのではなく、

自分を英語で表現できるのは楽しいこと、

相手に気持ちを伝える大事なツールである

魅力的な言葉なんだ、

という意識を育てていきます。

テキストに加え、ゲームも活用しながら、自信と自己表現力を磨いていきます。

 

🌸2022年度、春の体験レッスンを受付中です。

6月30日まで、春の入会キャンペーン実施中♡

この機会に、ぜひお試しくださいねニコニコ