オーストラリアから、看護師、コーチ、セラピストとして、たくさんの愛と感謝を感じながら毎日を過ごせるようサポートしてます!

オーストラリアから、看護師、コーチ、セラピストとして、たくさんの愛と感謝を感じながら毎日を過ごせるようサポートしてます!

過去のトラウマや嫌いな自分と向き合ってみたら、そこには愛がいっぱいでした。自分だけのオリジナル、心と身体と精神の健康を通して、まずは自分が幸せに、そして周りも幸せになって、愛と感謝に溢れる毎日にしていくのをサポートしています。


テーマ:

とうとう その3 最終章です。

 

良かったらここまできたビックリの経過もどうそ。

感情セラピーとの出会い その1

https://ameblo.jp/2016yoko/entry-12440682600.html

感情セラピーとの出会い その2

https://ameblo.jp/2016yoko/entry-12440694534.html

 

 

本当に久しぶりに泣いた、はじめての感情セラピー。

 

セラピーの中で、自分の感情とどうやって統合していったのかを前回までに2回にわたって書いてみました。

 

子どもの頃のトラウマは、知らないうちに自分の中の習慣となり

自分を同じ辛い経験から守ろうと必死になってくれる。

それが時には生きていくのを難しく感じさせることがある。

 

コンサルタントの勉強をした時にその事は知っていたのですが

そこから、それを感謝や愛に変える、という経験は初めてでした。

 

本当に感動!あたたかい~。

 

で、セッションの時のおもしろい能力の話に戻りますが

 

ふと、疑問に思ったんです。

 

このセッションはとっても感動して、涙が出た。

それはわかるんだけど、なぜ、セッションが始まったばかりから私は胸がいっぱいで泣きそうだったの?(みんな笑ってたし)

 

今までにも、同じように誰かが、それこそ私に向かって怒鳴ったり、叩いたりすることはありました。

でも、今回のように身体に反応が出ることはなかったのに、なぜこのセミナーの直前にそんな反応がでる出来事があったの?

 

満里子さん~、一体何をしたんですか?????

 

と、聞いたところ、おもしろいお答えが返ってきました。

 

”全てにはタイミングがあるから、ここで私(満里子さん)に会うから、いろいろ経験して、感じておいてね~、って色々なことが起きたんだと思うよ。でもね、なんで泣きそうな気持だったんだろうね?”

 

”もしかしたら、陽子さん、今日もうその辛かった感情と仲直りするのを感じていたから胸がいっぱいだったんじゃない?予知能力みたいな”

 

(心の中で)は???????何をおっしゃいます、、、

 

”陽子さんは色んな気持ちを感じる能力がとっても強い気がする”

 

あ、それはわかる気がします。

私は看護師をしているのですが、相手が何かをしてほしい、聞いてほしい、今日は悲しい、とかがわかってしまうので、仕事にものすごく時間がかかるんです。その気持ちを無視して自分のすることだけして去る事はできなくて。

 

でも、どうやってその能力を活かしていけばいいんでしょうか?

(もうすでに仕事ではその能力のおかげで?いつも残業)

 

”感情セラピーかな!”って思いっきり笑顔で言われました。

 

その時には、そんな私にこんなすごいセラピーできっこないですって

って、正直あまり気にしていなかったのですが

 

受けてしまいました感情セラピー講座!

 

満里子さんのセッションの前、コーチングやメディテーションなどでかなり前向きになっていた私は、自分で言うのもなんですが、かなり幸せにフォーカスできた毎日を送れていました。

 

でも、学んだ感情セラピーを自分で何度も何度も練習するうちに

自分がかなり感情を無視していたことに気が付いたんです。

 

私が我慢していればみんな幸せ

働かざるもの食うべからず

調子に乗ってると痛い目に合う

どうせ駄目だって

人が幸せなら私は幸せなはず

などなど

 

それぞれ大事な役目があっての事なんですが

そこからくるネガティブな感情は、私の中では当たり前のことで

 

ちょっとしんどいかも

ちょっと辛くなってきたかも

ちょっと待って、、、、、

私、助けてほしいかも、、、、

 

というサインをかなり見落としていたことに気付けたんです。

 

そして、その一見マイナスの感情を、そのまま

あ~、この人の事ちょっとやだなっ、て思ってるな

あ~、今の一言なんかすごくむかつく、と思ってるな

あ~、それなんかグサッときた、と思ってるな

 

と、ちょっと下がって受け入れることで、幸せもものすごく感じられるようになってきたことに気が付いたんです。

 

おかげさまで涙もろくもなりました。

(え?年?ホルモンのお年頃?)

 

でもね、それが泣いても笑っても、生きてて幸せなんです!

(これはホルモンではないはず!)

 

今まで無視していた嫌な気持ちをそのまま受け入れられるようになった分、気が付かなかった幸せな気持ちも自然に感じるようになりました。

 

これって実はとっても大事な気がするんです。

 

人のためにと自分の気持ちを見ずに頑張りすぎていると

ものすごく幸せ、めっちゃ楽しい~、ワクワクする~!

なんて気持ちも薄れてしまうみたいなんです。

 

誰かが、

私たちは向こうの世界では考えてることが伝わる

ので、人間関係は問題にならない。

ここに生まれてくると言う事は、この人間関係を通して

たくさんの感情を味わうために来ていると言う事!!

と言っていました。

 

悲しいという感情を味わう事で優しさを知り

嬉しいという感情を味わう事で感謝を知り

辛いという感情を味わうことで助け合うことを知り

楽しいという感情を味わうことで生きている喜びを知り

 

そんな風に今生きているのかな~、なんて思いました。

 

押野満里子さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス