オバサン、52歳からのオートバイ挑戦日記

夫のオートバイといっしょに、出会ったこと、感動したこと、書いています。
このブログ見てくださった方が、元気になってくだされば、嬉しいです!

NEW !
テーマ:

2017年8月3日 木曜日 朝

 

世にも、

 

不思議な、

 

お堂、

 

会津(あいず)さざえ堂。

 

 

巻貝のごとく、

 

螺旋(らせん)階段の、

 

お堂。

 

 

 

単に、

 

螺旋(らせん)でなく、

 

一筆書き(ひとふでがき)。

 

 

 

上る人、

 

下る人

 

同じ階段なのに、、

 

すれ違うことは、

 

決してない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一筆書き(ひとふでがき)階段構造、

 

会津さざえ堂。

 

 

 


 

 

 

全国に、

 

いくつか、

 

存在、

 

一筆書き(ひとふでがき)階段構造、

 

巻貝お堂。

 

 

 

 

 

 

 

不思議な、

 

設計、

 

いったい、

 

誰が?

 

何のため?

 

 

 

 

謎は、

 

深まるばかり。

 

 

 

学者先生の

 

悩みの

 

タネ。

 

 

 

「モナリザ」作者、

 

万能の天才、

 

レオナルド・ダ・ビンチ設計、

 

ロワール城 階段も、

 

さざえ式。

 

 

 

 

 

レオナルドの

 

設計図、

 

流れ、流れて、

 

江戸時代の

 

日本へ。

 

 

 

レオナルド設計図、

 

参考に、

 

日本のさざえ堂、

 

誕生したのかも!

 

 

もしも、

 

真実なら、

 

ファンタスティック!

 

 

石の究極美、

 

ルネサンス建築方式が、

 

日本の、

 

木造建築に、

 

応用だなんて!

 

 

 

 

会津さざえ堂、

 

戊辰(ぼしん)戦争で、

 

哀しい、

 

最期迎えた、

 

白虎隊(びゃっこたい)が、

 

眠る地と、

 

同じ、

 

飯盛山(いいもりやま)。

 

 

 

飯盛山の、

 

麓(ふもと)の、

 

お土産屋さん、

 

無料パーキングに、

 

ボルティ君。

 

 

重い、

 

ライダー・ブーツで、

 

飯盛山頂へ。

 

 

 

白虎隊の

 

少年たちが、

 

愛しく、

 

眺めた、

 

会津の景色。

 

 

 

会津さざえ堂、

 

夫が、

 

見に行きたいと、

 

何度も、

 

言っていた。

 

 

 

計画だけは、

 

たてていた。

 

 

夫に、

 

会津の景色、

 

さざえ堂、

 

見せてあげたかった。

 

 

 

でも、

 

きっと、

 

私と、

 

見てるだろう。

 

 

 

 

そう信じて、

 

先を急ごう!

 

 

 

旅の目的、

 

あと、

 

ふたつ。

 

 

~つづく~

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。