オバサン、52歳からのオートバイ挑戦日記

オバサン、52歳からのオートバイ挑戦日記

夫のオートバイといっしょに、出会ったこと、感動したこと、書いています。
このブログ見てくださった方が、元気になってくだされば、嬉しいです!

2019年11月16日 土曜日

 

日ごと、

 

深まる

 

秋の色、

 

 

 

我が町

 

干拓地も、

 

稲刈り終わり、

 

冬景色、

 

 

 

 

紅葉前線、

 

どこまで、

 

きたかな?

 

 

 

ボルティ君と、

 

見に行きたいな、

 

 

 

想いは、

 

つのれど、

 

 

 

実行までに、

 

支度あれこれ、

 

 

 

やる気だけでは、

 

どうにもならない、

 

 

 

 

晩秋、

 

日没後、

 

オートバイ旅、

 

 

どんなに、

 

着ぶくれても、

 

 

身体の芯まで、

 

冷え冷えに、

 

 

アナログな、

 

私も、

 

 

アマゾン

 

知って、

 

ポッチポチ、

 

 

 

オートバイ旅、

 

厳寒対策に、

 

あれやこれ、

 

 

 

電熱ズボンに、

 

電熱ソックス、

 

エトセトラ、

 

 

さあ、

 

買ったからには、

 

試さなくては!

 

 

凶と出るか、

 

吉と出るか、

 

お楽しみ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月27日 日曜日

 

ワールド・モト

 

会場ぶらぶら、

 

 

出展ブース、

 

ウォッチング、

 

 

ハーレー、

 

B M W,

 

エトセトラ、

 

 

 

いずれおとらぬ、

 

名車ずらずら、

 

 

 

見るだけで、

 

お腹いっぱい、

 

 

 

試乗なんて、

 

恐れ多くて、

 

勇気ない、

 

 

 

それに、

 

乗り続けたい、

 

オートバイは、

 

決まってる、

 

 

 

バッタ君と、

 

鳩サブレ号と、

 

ボルティ君、

 

 

 

 

ボルティ君、

 

4年前から、

 

私の相棒、

 

 

 

 

主治医が、

 

選んでくれた、

 

お稽古バイク、

 

 

 

日本列島、

 

ボルティ君と、

 

あっちこっち、

 

 

 

東北や、

 

九州や、

 

 

 

 

本日、

 

ボルティ君

 

総走行距離、

 

6万キロ、

 

 

 

こんなにも、

 

いっぱい、

 

走っても、

 

 

 

 

ちっとも、

 

ボルティ君に、

 

飽きない、

 

 

 

それは、

 

きっと、

 

 

 

無理せず、

 

マイペースで、

 

走れるから!

 

 

 

 

さあ、

 

新しいオートバイも

 

見たし、

 

 

 

ばどみゅーみん先生とも、

 

お話できたし、

 

 

 

 

おうちへ、

 

帰ろう!

 

 

 

 

大坂湾、

 

左手に、

 

 

 

西へ西へと、

 

湾岸線から神戸線、

 

 

 

最後は、

 

オール下道

 

国道2号、

 

 

 

 

4時間半で、

 

無事帰宅、

 

 

 

ちょぴり、

 

寒かったけど、

 

許容範囲、

 

 

 

みんな、

 

みんな、

 

ありがとう!

 

 

 

2019年10月27日 日曜日

 

ワールド・モト、

 

アトラクション、

 

 

 

ラスト・ナンバー、

 

アクロバット走行

 

 

 

外国人選手と、

 

日本人選手、

 

ひとりづつ、

 

 

 

オートバイで、

 

超絶離れ業、

 

 

 

 

おそろしいほど、

 

過激で、

 

エキサイティング、

 

 

 

が、

 

不思議に、

 

自然で、

 

あたりまえ、

 

 

 

 

大好きな

 

ピアニスト、

 

 

 

アルゲリッチの

 

指の動きのよう、

 

 

 

アルゼンチン出身

 

アルゲリッチ、

 

 

 

16歳で、

 

国際コンクール、

 

優勝しても、

 

 

 

研鑽(けんさん)重ね、

 

学んだひと、

 

 

 

女優のような、

 

美貌と、

 

 

 

演奏前後の

 

深いお辞儀が

 

印象的、

 

 

 

アルゲリッチ、

 

1941年生まれ、

 

 

 

 

トレードマーク

 

艶やかだった、

 

黒髪も、

 

 

 

今では、

 

銀色白髪、

 

仙人のよう、

 

 

 

けれど、

 

超絶技術は、

 

そのままに、

 

 

 

 

アルゲリッチの、

 

足元にも、

 

およばないが、

 

 

 

 

私も、

 

そうありたいな、

 

 

 

 

70代でも、

 

クルクルし、

 

 

 

 

歌って、

 

踊って、

 

弾いていたい、

 

 

 

なんて、

 

強欲(ごうよく)、

 

 

 

我ながら、

 

あきれる

 

 

でも、

 

 

 

 

目標あらば、

 

努力も、

 

楽しい

 

 

 

~つづく~