オバサン、52歳からのオートバイ挑戦日記

オバサン、52歳からのオートバイ挑戦日記

夫のオートバイといっしょに、出会ったこと、感動したこと、書いています。
このブログ見てくださった方が、元気になってくだされば、嬉しいです!

2019年5月25日

 

自宅出発から、

 

8時間半、

 

 

 

 

ついに到着、

 

越前和紙の里、

 

越前、今立(いまだて)、

 

 

 

文献も、

 

和紙関係者も、

 

 

 

 

大絶賛の、

 

越前和紙、

 

 

 

 

その伝統は

 

さかのぼること、

 

正倉院まで、

 

 

 

 

1500年の

 

歴史が証明、

 

 

 

和紙のメッカ

 

越前、今立(いまだて)

 

手漉きの里、

 

 

 

 

 

ここ、

 

今立(いまだて)、

 

 

 

むかしむかし、

 

田畑少ない

 

寒村地帯、

 

 

 

暮らし

 

厳しい

 

人々に、

 

 

 

 

 

ある日、

 

忽然(こつぜん)

 

美しい姫、出現

 

 

 

紙始祖

 

川上御前、

 

お姿あらわし、

 

 

 

 

今立(いまだて)の、

 

清流と、

 

豊富な緑で、

 

 

 

 

和紙を漉くこと、

 

人々に、

 

伝えたそうな、

 

 

 

 

 

夢あふれる、

 

紙漉き伝説の、

 

予備知識と、

 

 

 

 

ここには、

 

あるかもしれない、

 

ストーク号の、

 

極薄雁皮紙、

 

 

 

 

期待いっぱい、

 

夢いっぱい、

 

 

 

 

紙の文化博物館へ、

 

いざ!

 

 

 

 

博物館内

 

展示品、

 

 

 

越前和紙の、

 

見本市、

 

 

 

種別、厚さ別

 

大集合、

 

 

 

その種類に、

 

圧倒されるが、

 

 

 

 

極薄の

 

雁皮紙は、

 

見つからず、

 

 

 

 

 

土佐いの町

 

紙博物館で、

 

拝見した、

 

 

 

最後の

 

極薄雁皮紙、

 

 

 

 

あれほどの、

 

極薄雁皮紙、

 

 

 

 

 

ストーク号

 

軽量と剛性

 

実現した、

 

 

 

強くて、薄い、

 

極薄雁皮紙、

 

 

 

 

 

今はもう、

 

手漉きできる人、

 

 

存在しないのかも!

 

 

 

 

昨今、

 

叫ばれる、

 

 

 

失われていく、

 

ものづくりの技、

 

 

 

 

まさに現実、

 

目の当たりにし、

 

 

 

 

意気消沈し、

 

博物館退出、

 

 

 

 

でも、

 

なぜか、

 

名残り惜しくて、

 

 

 

 

博物館敷地内、

 

植え込みに、

 

目を落とすと、

 

 

 

 

あー!

 

 

 

が、が、が、

 

がんぴの花だ!

 

 

 

がんぴの花

 

咲いてる!

 

 

 

なぜ?

 

ここに?

 

 

 

 

どうして、

 

植えられてるの?

 

 

 

 

がんぴ、

 

栽培、

 

できないはず!

 

 

 

 

~つづく~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月24日 月曜日

 

 

 

水田広がる、

 

我が家前、

 

 

 

 

昼間は、

 

ツバメ、

 

空中戦、

 

 

 

 

青サギ、

 

コサギ、

 

忍び足、

 

 

 

 

夜は、

 

ゲコゲコ、

 

アマガエル、

 

 

 

 

田んぼに、

 

水が入ると、

 

 

 

虫も鳥も、

 

大喜び、

 

 

 

 

光と水で、

 

みんな、

 

元気に!

 

 

 

 

私も、

 

つられて、

 

朝駆けに、

 

 

 

 

早朝散歩、

 

鳩サブレ号と、

 

 

 

 

フェリー見物、

 

宇野港まで、

 

 

 

 

瀬戸大橋が、

 

できる前、

 

 

 

フェリーいっぱい、

 

大賑わいの

 

宇野港も

 

 

 

 

今は、

 

さびれて、

 

ひっそりと、

 

 

 

 

時代、

 

変われば、

 

 

 

 

景色も、

 

変わる、

 

 

 

 

いつか、

 

我が身も、

 

 

 

消えてなくなる、

 

その前に、

 

 

 

 

望むものは、

 

我が手で、

 

つくろう!

 

 

 

 

 

朝駆けで、

 

癒えぬ心は

 

そのままに、

 

 

 

 

 

前を向く、

 

元気だけは、

 

少しだけ、

 

 

 

 

 

ありがとう、

 

鳩サブレ号よ!

 

 

 

 

 

 

さあ、

 

帰って、

 

仕事しよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月23日 日曜日

 

 

入梅(にゅうばい)

 

未(いま)だ

 

晴れの国、

 

 

 

うす曇りの、

 

日曜日

 

 

 

 

ひよこ色の、

 

インプレッサと、

 

おともだちと、

 

 

 

 

アート・ドライブ、

 

成羽(なりわ)美術館、

 

 

 

 

現代画家、

 

篠田桃紅(しのだとうこう)展

 

 

 

 

桃紅(とうこう)画伯、

 

現役106歳、

 

女流画家、

 

 

 

和服姿で、

 

筆をもつ、

 

 

 

キャンバス代わりの、

 

和紙の上、

 

 

 

摩訶不思議な、

 

線を引く、

 

 

 

墨で織りなす、

 

黒の濃淡、

 

 

 

 

かすれや

 

ぼかしは、

 

偶然か?

 

 

 

 

大胆不敵な

 

筆さばき、

 

 

 

 

ランダムな、

 

線の交差は、

 

 

 

不意に変わる、

 

運命のよう、

 

 

 

 

彼女は

 

何を言いたいのか?

 

 

 

 

ご同行の、

 

おともだちと、

 

首をかしげる、

 

 

 

 

・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

ハイセンスな、

 

水墨画に

 

 

 

 

足らない頭脳

 

使って、

 

疲れました!

 

 

 

 

気分転換には

 

甘いもの!

 

 

 

 

「マンゴーかき氷の、あのお店に行かない?」

 

 

「うん!行きたい!」

 

 

 

 

 

鬼ノ城(きのじょう)参り、

 

偶然見つけた、

 

カフェだいち

 

 

 

今日も、

 

やっぱり、

 

店主笑顔と、

 

 

 

「いらっしゃいませ」の

 

爽やかな声、

 

 

 

「今日のおすすめは何ですか?」

 

 

「今日はメロンです。」

 

 

「じゃ、メロンかき氷2つ!」

 

 

 

 

鮮やかな

 

オレンジ色の

 

ジューシーメロン、

 

 

 

 

地元特産、

 

足守メロンが、

 

ゴロゴロと、

 

 

 

練乳ソースに、

 

ベストマッチ、

 

 

 

今度は、

 

誰と、

 

行こうかな!