自分の服を作っています。 | 森のほとりの小さな家で~障害と暮らす日々

森のほとりの小さな家で~障害と暮らす日々

大好きな森のほとりで家族3人犬2頭で暮らしています。自然を満喫する生活が波に乗りはじめて、さあこれから!という頃から原因不明で身体が不自由になっていきました。社会の迷子になりつつも、森暮らしを楽しむ日々をマイペースに綴ります。



私が毎日着る服は
ほとんどが手作りです




オシャレかどうかの自信は無いけれど
心地よくて自分らしいと
思っています。


よく着ているのがこれ


合わせになっていて
ガバッと羽織ります


一年中、ヘビーローテーション







中身は
UNIQLOのスウェットや
Tシャツが多いです






突然ですが私は寝族

思いつきで勝手に部族を作りました
( 〃▽〃)

薬の影響? 突っ張りの疲れ?
大体1日の半分をトロトロ眠っています



UNIQLOのスウェットにTシャツという
楽ちんスタイルは
寝生活を快適に過ごすには最適です。




でも問題がひとつ…

このままで…人前に出られない

よく見たら、おしりの生地が伸びてる汗

あらら、毛玉が汗

それを一発で解決するのが
ロング丈の上着。


見苦しいのをあっというまに
丸ごと隠しちゃう♪














ポイントは
トイレに行きやすいように
後ろがパッカリ開くところ



ペラリ


だいぶ着倒してきたなあ…




他にはこんなのも。


入院したときはガウンになるかなあ…
と5年前に作りました。

コートなど季節にあわせて作ったものを
長いものでは10年着ています。







手作りのきっかけは息子がくれました。





幼かった息子はとても多動で。

洗剤だけ買いに行っても
値段を見た隙に遁走して行方不明に…。




自分の服を試着なんてしていたら
買う前に居なくなって
滝汗
大変だー!!
と真っ青になるだけなので…



寝ている間にコトコト縫う事にしたら
楽しくって病みつきに。


ミシンは私のパートナー
いつでも途中の何かとスタンバイ


体の強ばりで手元が見えにくかったり
手がちょっと動きにくい時があっても
カンで縫っちゃう♪









最近は猛暑で重ね着は辛いので
サラリとした綿麻やダブルガーゼで
デニム
ズボンを作っています。





こだわりは

着脱の楽なゴム入りで…

リハビリしやすくて…

トイレで下げても床に付きにくい
短め丈で…

カテーテルやナプキンを入れられる
大きめポケットがほしい…


車イスで座って手が届きやすいように
前につけたい


あらら
ワガママ三昧なのに
オシャレポイントがひとつも無~い






でも心地よく暮らすためには
服に身体状況を補ってもらいたくて。







靴は一年中
足首保護のブーツの靴型装具




夏らしいオシャレを楽しむなんて
難しいけれど





自分なりに頭をしぼって
自己満足するのが、とっても楽しい。







うん。モデルはともかく
希望は形になったかなあ~って。








おまけ♡

今日も、こんにちは