無添加おうちごはん ブログ

無添加おうちごはん ブログ

三姉妹の母です。料理、旅行、子供や自分の成長記録など日々の事をマイペースに綴っています。

Amebaでブログを始めよう!
2013年8月に参加したコスタパシフィカ バルト海クルーズの旅行記です。

当時は長女が3歳、次女は1歳なので日によってはベビーカー二台で観光しました。


旅のスケジュール

8月13日 ロシアを出発し、モスクワ経由でベルリンに到着
8月14日 ベルリンのホテル泊 サンスーシー宮殿やポツダムを観光
8月15日 キール(ドイツ)出航
8月16日 終日航海
8月17日 ストックホルム(スウェーデン)
8月18日 ヘルシンキ(フィンランド)
8月19日 サンクトペテルブルク(ロシア)
8月20日 タリン(エストニア)
8月21日 リガ(ラトビア)
8月22日 クライペダ(リトアニア)
8月23日 グデニア(ポーランド)
8月24日 ボーンホルム(デンマーク)
8月25日 キール着 キールのホテル泊
8月26日 ハンブルクのホテル泊 (レンタカーで観光)
8月27日 ハンブルクのホテル泊 (前回のクルーズで知り合ったドイツ人夫妻と再会!)
8月28日 ロシアに帰る




2013年8月21日 ラトヴィア リガ







聖ペテロ教会の展望台からの眺めです。







教会の内部はこんな感じ。







教会を後にして、次に目指すはブラックヘッドの会館。








広場のようなところに出ました。




ここが市庁舎広場のようです。








ブラックヘッドの会館を発見!






リーガの創設800周年を記念して2000年に再建が完了し、新たな新名所となったそうで
す。






思わず目を惹かれてしまう、美しい大時計。月、日、時間、月齢を刻むこの大時計を作った職人は、二度と同じ物が造れないように目をくり抜かれてしまったとか・・・

ドヒャー





中世には、この広場で市場やお祭り、魔女の火あぶりなどの刑罰も行われたそうです。





後ろ姿ですが、リーガの守護神、聖ローランドの像。







ベンチもあって、休憩するには丁度いい場所です。








お腹が空いたので、テラス席が気持ちよさそうなレストランでランチをすることにしました。








注文はパパにお任せ。








サラダとスープとチキン。

結構ボリュームがあったので、みんなでシェアしました。

ベリーの入ったサラダが美味しかったです。



2013年8月21日 ラトヴィア リガ

新市街のユーゲントシュティール建築、中央市場を巡り、次は旧市街の方へ行きました。







綺麗なお姉さんを発見!本当に綺麗な人が多いです。









可愛い街並み




何やら見えてきました。聖ペテロ教会かな?













気になるものがちらほら。
















木馬に乗ってはしゃぐ割と大きい女の子。





お父さん、注意しに来たのかと思ったら子供を木馬から降ろしてあげてました。優しい。





聖ペテロ教会に着きました。





さっそく登ってみます。




13世紀初めに最初の教会が建てられ、18世紀ほぼ現在の姿に改築されたそうです。




第二次世界大戦後に改修され、高さ123.25m。





72mのころろまでエレベーターで昇れます。




過去、何度も火災で倒れ建て直されたそうです。





展望台からの眺め。







リーガの街並みが一望できます。







2014年から通貨のユーロが導入されたラトヴィアですが、私達が旅行した2013年はLs(ラッツ)という通貨が使われていました。

塔に上るのは1人4Ls。当時のレートで言うと、738円。

ユーロが導入されてからは更に値上がりし、現在は9ユーロ?!最近旅行された方あってますか?





ちょっと高いけど、綺麗な眺めですよね。





アメリカのTODAY紙が2012年に行った、「最も綺麗なヨーロッパの街」のアンケート調査で1位だったのが、ラトヴィアのリガです。

ちなみに一位以下のランキングはこちら(赤字は過去行ったことのある場所です)

1 リガ(ラトビア)
2 ベルゲン(ノルウェー)
3 インスブルック(オーストリア)
4 ドブロブニク(クロアチア)
5 チェスター(イギリス)
6 プラハ(チェコ共和国)
7 ブダペスト(ハンガリー)
8 サントリーニ島(ギリシャ
9 ヴェネツィア(イタリア)
10 ブルージュ(ベルギー)



2013年8月21日 ラトヴィア リガ

中央市場に着きました。




彩り豊かな野菜や果物がずらりと並んでいます。





山積みにされた美味しそうなブルーベリーを買ってみることにしました。

ロシア語でおばさんに話しかけてみると、「ハイハイ」と言った反応。

通じてる?!と思ったけど、多分通じてなかったと思います。

ブルーベリーを200gほど買いました。




続いて屋内市場。


ロシアの近所の市場とそんなに大差なかったけど、どんなものが売られているのがぐるっと見て回りました。



牛乳屋さんではロシア語が通じたので、人によっては通じるのかも?!

お姉さんに「エタ マラコー?」(これ牛乳?)と聞いたらちゃんと答えてくれました。


ラトヴィアの人口の3割弱はロシア人なので、ロシア語が分かる人もちらほらいるはずです。





豚の頭や足が売られているの見えますか?ロシアの市場でも同じように豚が売られていました。

実際に豚の頭を買ってる人は見たことないかも?!






お昼時だったので、お惣菜屋さんも大繁盛。







地図で激安食堂と表示されていた市場内のお店を発見しました。





確かに安い!!






私たちもこちらで昼食をとることにしました。

何品か買ったうちのピラフ。





多分、市販のピラフのもとみたいなのを使ってるんだろうなという味。

味付けは濃いめだけど、美味しかったです。

激安っていう名前のせいでちょっと怖かったけど、お腹を壊すこともありませんでした。

こちらのお店、市場の売り子さんも利用してたし、市場で働いている人々の食堂替わりなのかもしれません。


2013年8月21日 ラトヴィア リガ

街並みの写真 つづき

この辺りは19世紀後半から20世紀初頭にかけて建てられた、ユーゲントシュティール建築の宝庫だそうです。




工事中の建物もいくつかありました。







顎が欠けています。歴史ある綺麗な街並みはメンテナンスも大変そうです。



至る所に転がっている芸術。




私が気になったお姉さんと絵描きのおじいさんは何やらずっと話しこんでいました。もしかしたら芸術家同士なのかも。





古い線路。








美味しそうだけど読めますか?




公園などでよく見かけるアイスクリーム屋さん。




アプテカと書いてあるようです。ロシアでは薬局のことだけど、こちらも薬局かな?







こちらにも緑の綺麗な公園。




歌舞伎という名のカフェかレストラン。メニューが気になります。





お店が多くなってきました。








お!私が楽しみにしていた市場に到着です!


2013年8月21日 ラトヴィア リガ

街並みの写真





『父』って書いてある!!と思ったら違いました。












キッズタクシーということは子供だけが乗るのかな?









街のあちらこちらに歴史を感じる建物がありました。

































ガードレールや電柱のない街並みってやっぱりいいですね。


2013年8月21日 ラトヴィア リガ






コスタパシフィカを下船し、まず最初に目指したのは港から1kmほどの旧市街。





公園の中を通って行きました。




大都会ということで、街並みが綺麗です。






川にはリガの夏の風物詩、遊覧船。





何隻か行き来していました。気持ちよさそうだけど、せっかく船を降りたばかりなので乗りませんでした。












朝の静かな街並みです。







どんなものが売られているか気になったので、小さなマガジンに入りました。


ジュースや牛乳のパッケージを見ても読めません。


なんとなく似ている単語もあるけど、アルファベットの読み方もちょっと違うみたい。










ふむふむ。

内容は家の近所のマガジンとそんなに変わりませんでした。

食生活は同じような感じなのかな?

ロシアで見たことあるようなサラダが並んでいました。




チーズなどの乳製品はやっぱり豊富。

文字は読めません。







マガジンを出て再び街歩き。









^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
応援のクリックしていただけると嬉しいです。

  



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アメブロの方は、読者登録もお気軽にどうぞ。





読者登録してね



















海外風景写真 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ






2013年8月21日

9時頃 私たちを乗せたコスタパシフィカがラトビアのリガに到着しました。






リガはバルト三国の中で一番の大都市です。







4時半までに船に戻る予定なので、滞在時間は6時間程。

この日は長女を船のキッズクラブに預けて、次女だけ観光に連れて行くことにしました。

初めての試みですが、長女がすんなりOKしたので、私たちはドキドキしながら下船しました。






港のすぐそばには交通量の多い道路や橋。




この日も天気が良く、カラッとしていました。





最高気温は20度。念のためカーディガンを持っていきましたが、半そでやノースリーブの人もちらほら。





観光客向けのツアーの案内を配るお姉さん。










私たちはツアーには参加せず、地球の歩き方を頼りに街歩きすることにしました。






有名建築の宝庫、リガにはどんな街並みが広がっているのかな。



まずは旧市街を目指します。



自転車軍団を見送って再び展望台を目指しました。

 

 

展望台らしき場所に着きました。

 

 

先客を発見!

 

 

みんな気になるみたい。

 

 

綺麗なタリンの街並みが広がっています。

 

 

 

色はドブロブニクに似ているかな?

 

 

 

可愛らしい街並みをバックにみんな写真を撮っていました。

 

 

 

そろそろ船に戻る時間なので、名残惜しいけど展望台を後にしました。

 

 

 

 

時々自転車が横を通っていきます。

 

 

 

 

 

 

絵になる街並みはまだまだ続きます。

 

 

 

こんな車も発見!

 

 

 

次から次へと新たな観光客もやってきます。

 

 

ピック・ヤルク通りを下ります。

 

売り子のお姉さんのワピースも可愛い。

 

 

 

ピック・ヤルクとは長い足という意味。

 

その昔、下町とトームペアを結ぶ唯一の通りだったそうです。

 

短い足という意味のリュヒケ・ヤルク通りが出来てからは、そちらが一般市民の道になり、

 

こちらのピック・ヤルク通りは貴族の通る道だったとか。

 

 

 

2.5kmの城壁に囲まれたタリンの旧市街、数時間では半分も見ることが出来なかったけど、見応えありでした。

旧市街から10分ほど歩くと港に到着。

 

コスタ以外にも沢山の船が集まっていました。

 

 

 

 

2013年8月 コスタパシフィカ バルト海クルーズ

旅のスケジュール

 

8月13日 ロシアを出発し、モスクワ経由でベルリンに到着
8月14日 ベルリンのホテル泊 サンスーシー宮殿やポツダムを観光
8月15日 キール(ドイツ)出航
8月16日 終日航海
8月17日 ストックホルム(スウェーデン)
8月18日 ヘルシンキ(フィンランド)
8月19日 サンクトペテルブルク(ロシア)
8月20日 タリン(エストニア)
8月21日 リガ(ラトビア)
8月22日 クライペダ(リトアニア)
8月23日 グデニア(ポーランド)
8月24日 ボーンホルム(デンマーク)
8月25日 キール着 キールのホテル泊
8月26日 ハンブルクのホテル泊 (レンタカーで観光)
8月27日 ハンブルクのホテル泊 (前回のクルーズで知り合ったドイツ人夫妻と再会!)
8月28日 ロシアに帰る

 

 

 

 

ワバドゥセ広場からトームペアの丘を目指す途中に、アレクサンドル・ネフスキー教会があります。

ロシアによって建てられたロシア正教教会なので、タリンの街並みの中では一際目立ちます。






その教会までの道、なぜか急に人がおおくなりました。





どうやら自転車レースが開催されるようです。





どんどん自転車や人が集まってきます。







いつの間にか大混雑に。







プロっぽい人、アマチュアっぽい人、なんだかよくわからないけどとにかく自転車だらけになりました。







おそらく出発地点となる辺りのステージでは開会セレモニーのようなものが始まり、写真撮影をしていました。






ここにも美女がズラリ!!どさくさに紛れて私もパシャ。





綺麗なだけじゃなくて、顔が小さくて手足が長い!





大混雑の中、通行人にお願いして教会をバックに写真を撮ってもらいました。が、肝心の教会は全く写っていませんでした。


まぁ仕方ない。


次はトームペアの丘の上を目指します。