こんにちはニコニコ


アンチエイジング評論家の、しゅうです。


今日は、「自分らしく生きる」ということについて、お話させていただきますニコニコ


人は、歳を重ねれば重ねるほど、自分らしく生きるべきだと、私は思っていますウインク


だけど、自分らしく生きるって、どういうことなのでしょうかキョロキョロ


誰にも遠慮せず、好きなことをして、生きることでしょうか?


深く考えず、今が楽しければ、時が解決してくれるものなのでしょうか?


とにかく「自分らしく」という考え方の価値観は様々ですニコニコ


それぞれ、「自分」というものが、一人一人違うわけですが、「自分らしく」が、全く同じ人なんていないし、価値観が同じ方が、おかしいですウインク


なので、それぞれが自分の思う、「自分らしく」で、生きれば良いと思うんですニコニコ


一般的な「自分らしく」で思いつくことといえば、

私は〇〇が好きだから、それを学んで極めたい……


私は、こんな趣味があるから、それを活かして△△したい……


私には、こんな夢があるから実現させたい……


などなど、いろいろあると思うんですおねがい


だけど、自分を強調するあまり、「自分らしく」を「好き勝手に生きる」と勘違いしてしまうときがあると思います。


この勘違いを防ぐには、どうしたらいいのかキョロキョロ


それは、思考の軸を常に自分に置くのではなく、時々他人に軸をズラして考えると、間違った方向には行きません。


早い話が、他人の立場に立って物事を考えるということですウインク


他人の立場に立って考える方法のコツは、



自分が仮に友人Aさんだったとして、


知ってる限り、Aさんの家族構成、生い立ち、学歴、経歴、育った年代、時代背景など、知ってる情報だけで構わないので思い浮かべます。

そこで、もし自分が仮に友人Aさんと同じ道を辿ったとしたら、どう思うだろうと考えるわけですキョロキョロ


このように、自分とは違った立場や角度で、


つまり友人Aさんの立場で自分を見たらどう見えるだろう?と、考えるわけですキョロキョロ


若干ややこしい例えになりましたが、自分とは違った価値観を想定して、違う角度で自分を見るということです。


そうすることで、自分が気づかずに、特定の層の人を否定したり、傷つけていることに気づきます。


他人の立場に立って物事を考えるコツですねウインク


思考パターンが、それぞれ違うので、100%というわけにはいきませんが、相手の「なぜあんなことするの?」というのは、だいたいこれで、理由が見えてきます。



どう考えても誰も傷つけてないし、否定もしていないというのなら、問題ないのですが、


この方法をとるのが苦手な人、


すぐ解釈違いをしてしまう人もいると思うんですえー


そういう人には、クレームがきたり、アドバイスしてくれる人が現れるものなんですが、


アドバイスやクレームがあっても、自分に都合よく解釈して、簡単に、単純に、考えちゃうという人もいると思うんですキョロキョロ




歳を重ねれば重ねるほど、立場に関係なく、意見してくれる人は少なくなります。


みんな遠慮して、言わなくなっちゃうんです。


あえて言ってくれる人は、ありがたく貴重な存在ですおねがい


アドバイスには、ありがたく向き合うべきで、ただの誹謗中傷には、スルーすればいいのです


幸せに歳を重ねためには、
「自分らしく生きる」べきで、

「好き勝手に生きる」べきではない。

ということを理解する必要があるというわけですウインク



人気ブログランキングへ