【葉山のブラタモリ】Excel地形図をつくりました | プチ田舎暮らしSEの「地球環境待ったなし!!」
新型コロナウイルスに関する情報について

プチ田舎暮らしSEの「地球環境待ったなし!!」

信州で働く地球環境おたくエンジニアのブログです。

昨夜のブラタモリは、

 

「葉山」でした。

 

テーマは、

 

「“憧れの葉山”はどうできた?」

 

です。

 

またまたExcelで、「葉山」の地形図作ってみました!

 

 

葉山御用邸の付近のセルを拡大してみます。

 

 

この中の数値が、

 

基盤地図情報の数値標高モデルの5mメッシュという国土地理院のサイトにて

無料提供されてるデータを用いた各メッシュ(=1セルが5m四方)標高値です。

 

 

また、Excelの等高線グラフにて、簡単に高低差が確認できます。

Excelには3D回転機能(赤丸)も付いているので、方向変えて色々見る

のには便利です。(但し、データ量が多いので動作は重たいです。あせる

 

 

「葉山」をGoogleマップで見てみます。

 

 

わたしのような埼玉生まれの千葉育ち、

今は、信州暮らしをしてる田舎者には、(笑)

「葉山」の響きはまさに憧れですね。

 

番組では、

 

葉山に御用邸が建てられたのは

地形的に軍港の横須賀と繋がっていたからだ・・・

との当時の時代背景があったことを学びました。

 

このコロナ禍で、

ブラタモリも久しぶりの新作となりましたが、、

やはり、「ブラタモリ」はいいですね。グッド!

 

高低差(凸凹地形)マニアには

無くてはならない、たまらない番組です。あし