川口市議会議員おくとみ精一「誠心誠意!精一杯!!」

川口市議会議員おくとみ精一「誠心誠意!精一杯!!」

長女の障害を取り巻く社会環境にふれ、多くの感謝と出会い、多くの視点を頂きました。「みんなで支え合う、やさしいまち川口」をつくりたい!これが私の出発点です。

NEW !
テーマ:

オープンデータの市民二次利用について

 

公共データを二次利用可能なかたちで提供し、民間事業者等の様々なサービス等に活用していくことで、市民の利便性向上や地域の活性化につなげて行くもので、各データのライセンス等に従って、ウェブページやアプリケーション、印刷物等に市民が自由に使えます。

 

既に、過去2回にわたる青山聖子議員の質問を受け各課のHPに分散されているものがポータル化されております。

 

 

 

強いて言えばトップページ上のわかりやすい位置に配置して頂き、現在PDFのデータを活用しやすいCSVのファイルに統一して頂ければと思います。

 

そして、このオープンデータを活用し金沢市では、民間が市民益につながるアプリなどを開発し活用できるように市民参加型のオープンデータアプリコンテストオープンデータ活用セミナーなども行っており、市民への2次利用など用途の広がりも期待が持てるところです。

 

そこで、金沢市を参考に市民参加型のオープンデータアプリコンテスト・オープンデータ活用セミナーなどの開催による市民への2次利用を行ってはいかがでしょうか?

 

 

【答弁】

本市では位置情報データや各種データを一覧で公開しておりますが、データの数はまだまだ不十分でありますので、今後も、市民の方々に活用していただけるよう、公開方法の検討やデータの充実に努める必要があると考えております。従いまして。まずは、データの充実に努め、2次利用の促進につきましては、データが活用され市民の利便性の向上や地域の活性化につながるよう、先進事例を参考にしながら検討してまいります。

 

【答弁後】

行政の持つデータは余すことなく、公開し、市民や民間企業の活力を大いに利用することで市民益につながる思わぬ成果が発揮されることになります。是非、2次利用の促進を推進していくことをお願い致します。