あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

2021年、リファレンスと同色カラーのデュバルボディーで、初フライト~です。

太陽が低いので、この時期は見にくいのですが、視認性の良い配色ですね~

真壁選手は、新年から気合のフライトですよ~

ダイナミックなフライトでストレス発散のS選手~

1月1日ドローンで撮影しましたよ~

My Impaction E12S-775 の仕様になりま~す。

 

●メインローターは、FUNTECH FT-710F3C (対称翼 グリップ厚12ミリ)を使用してます。

 これは、オートローテーション時によく浮くローターを選択すると少し速く降下すると最後

 浮きすぎるので、溜まった回転を処理し易い長さを選んでます。

 

 

 

 

●CGY760Rを使用してます。

●ロープローファイルダンパー装着です。

 

 

●GV1ガバナーセンサーを利用して、オートローテーション時でも回転数が測定できます。

●プーリーは、22Tです。

 

 

●プロポ、バッテリーを除く仕様になりま~す。参考にどうぞ~

●飛行の動画ですよ~

ホバリング1350回転、上空1750回転くらいに設定してます。

●今後は、他の選手の機体も掲載したいと思いま~す。

 

お客様のNeoキャリバー30SPORTS M2を飛行調整しました~

●エンジン機は、やっぱりマフラー側がカッコ良いですね~

●メカ搭載の様子

●配線処理

●バランスウェイト搭載してますね~

●プロポを除く仕様ですね~

11月末に新潟県糸魚川市にある、水島選手の飛行場にお邪魔しました~

 

 

●とても良く整備された飛行場で環境もグッド!ですね~

 

●気が付きにくい癖もホームで比較する事で改善目標にし易いとの事でした~

●奥の山には雪が積もってますよ~

令和2年11月21日~22日にて、福岡県中間市にある中間ラジコンクラブにて、第3回中間ラジコンクラブ主催ラジコンヘリコプター大会が開催されました。

 

●競技内容

・ミドルクラス  JAA 検定ルールB級+自由演技
・アドバンスクラス   検定ルールC級
・上級プラス  600クラス F3C上級演技+オートローテーション
・F3C現行パターン(2020年F3C規定スケジュールPに準じる。予選ルール)

 

当初は、22日の1日みの予定でしたが、22日は雨予報の為、21日に上級プラスを先行で行い

22日に残りの3クラスを行い無事雨が降る前に全競技を終えたそうです。爆  笑

 

集合写真

●後ろの吹き流しを見ると、風が強そうですね~でも機体の姿勢が良いので、ピタッと止まってそうですね~ラブ

カッコ良い~ラブ

●抜けるような空なので、上空も風強そうですね~

ナイスグッド! オートローと言う感じでしょうか~ カメラマンもいい腕してますね~

●オープンクラス 1位三ヶ島氏、2位宮崎氏

●ミドルクラス 2位宮崎氏、1位緒方氏

●上級プラス600クラス 2位馬原氏.1位濱野氏、3位大浦氏

●F3Cクラス 左から3位馬原氏、1位大浦氏、2位濱野氏

※今年開催される予定のF3C新ルールも初めて九州で行われ有意義な大会だったそうですね~グッド!

 

旧キャリバー30(Kyosho製)シリーズは、プラスチック製のクラッチドラムを使用してましたが、耐久性を向上を目的に、Neoキャリバー30シリーズのクラッチドラムは、アルミ製になっております。

特にOS37エンジンのパワーUPによりクラッチの遠心力にプラスチックのドラムが変形する為

圧力不足により、ライニングの摩耗、クラッチの塑性変形により寿命が短くなりますが、お勧めのアルミクラッチドラムに変更する事で、ライニング、クラッチともに耐久性が向上します。

●左が旧キャリバー、右がNeoキャリバー

●クラッチの隙間が平行でない場合は、塑性変形しており、写真の様に使用中でも弾性変形で使用できている場合は、平行です。

●旧キャリバーの場合、下記の内容でお求め出来ますよ~

●ライニング交換の場合は、エポキシ接着剤を塗り、ハート形にしてライニングを貼ると隙間が無く上手くドラムにライニングを貼りつける事が出来ますよ~

QP0028 BLS4730-520モーター \39,000(税別)の特徴についてお問合せ頂いたので、UPしました。

・KV値:520KV ・ポール数 8 ・重量:538g ・用途 F3C用
●各部寸法

●推奨ギヤ比 & プーリー