日曜日に長女がまた発熱しました。
もう本当に心配です。
熱性痙攣重積症というのを1月に発症したので、
37.5度以上の発熱がある場合は痙攣予防のダイアップという座薬を使います。
これが本当に怖いのです。
発熱した時に一回、8時間後にもう一回使います。
この薬、副作用としてふらつきがあります。千鳥足みたいになる感じ。
今までは夜に発熱することが多かったので、薬使ってからすぐ寝ていたのであまりこの副作用に悩まされる事はありませんでしたが、
今回は朝発熱し、夕方に再度使用したので顕著に副作用が現れましたショック
本人もボーっとするけれど、遊びたいので動くとフラフラバタンみたいな感じです。座ってるのに倒れちゃう時もあって、ハラハラでした。
薬の副作用と分かっているけど、この先本当に歩けなくなったらどうしよう、というような不安も頭をよぎりました。
更に、またあの痙攣がおきたらどうしよう。
まさかまた尿路感染なのでは?
40度くらいまで上がったら嫌だな。
こんな思いがずーっと消えませんでした。
不安で不安で仕方ない一日です。


薬に関しては、解熱剤も2度使用ました。
あまり水分も取ろうとしないので、色々な飲み物も用意して、娘が欲しがるものを少しずつ与えました。(リンゴジュース、オレンジジュース、麦茶、牛乳、経口補水液です。)


そしてとってもグズグズでした。次女に授乳するのもイヤイヤを発動。パパもイヤイヤ。全部私でないとイヤイヤ。イヤイヤ期、魔の2歳をイヤという程かんじましたチーン

幸い、月曜日の朝には微熱37.0度へ解熱し、小児科へ行ったところ、流行りの熱が出る風邪とのことでした。
ホッと一安心です。
ただ、月曜日は保育園をお休みしたので、初めてワンオペ2人育児です。
病院から帰宅後、まず次女に授乳、オムツ替え。次に長女のオムツ替え、お昼の準備。そしたら次女がウンチ叫びそのあと長女はママのお膝で食べるーと言い出し、お昼の介助。その後長女のウンチえーんここまででなんだかんだ1時間半ガーン
私のお昼は立ち食いでした。
長女の出産後の時も何度も立ち食いしたけれど、こんなに忙しない感じでは無かった気がします。

そして、今日はなんとか保育園へ行きました。
保育園さまさまです笑い泣き
平和だ!

なんとも一喜一憂してしまう長女の発熱でしたぼけー疲れたDASH!



2人目の産後も実家へ里帰りしました!
1人目時は産後の肥立ちが悪くずーっと横になっていましたが、今回はそういうわけにもいかずえーん退院直後から長女は私にベッタリ。夜泣きも再開してしまいました。
幸い回復が早く、助かりました。
赤ちゃんとの時間を楽しみたいけれど現実はそうもいかず、あっちが泣きこっちが泣き、あっちもこっちも同時に泣き、しまいには私も泣くというような事がしばしばありました。
特に長女の赤ちゃん返りに手を焼いていました笑い泣き

赤ちゃんが泣いておっぱいをあげようとすると、私の膝に乗ってきて、「〇〇ちゃんがママ!」と言い、なかなか授乳できなかったり、
「おっぱい半分こ」と言って、赤ちゃんが飲んでいない片方のおっぱいを吸ってみたりびっくり
赤ちゃん返り、覚悟はしていたけれどやはり大変です笑い泣き

お風呂は父(じいじ)が主に入れてくれていたのですが、一回母と言い合いになっているところを長女が目撃してしまい、もうじいじとお風呂に入りたくなくなり、ママと入るーぐすんとなってしまいました。
私はまだお風呂に入れなかったので、長女の気持ちが落ち着くまで、何とか私の妹や母に入れてもらい、じいじは怖くないというのを何日かかけて分かってもらいながらまた父とお風呂に入ってもらう、というような事をしていました。

更に、実家にいる時に長女がパイナップルアレルギーになってしまい、夜間外来へ行ったり。
特に症状は酷くなかったのですが、「喉が暑い」と言ったのですごくビックリし、心配でしたショック
(アレルギーに関しては、来月負荷検査をすることになりました。)

ただ、夏休みということもあって、平日にじじばばが長女を色んなところに連れ出してくれたので、その間は赤ちゃんと2人の時間を過ごせましたラブ

けれど実家にいた1ヶ月、何だかんだ長女のことが気掛かりで、手がかかったので赤ちゃんとの思い出が正直あまり思い出せません。気付いたら新生児期終わっていましたガーン
あの軽くてふにゃふにゃのなんとも言えない時期を見逃した感ぐすんいや、見ていたけどもう記憶に無いですえーん
人には、新生児期あっという間に終わるからきちんと写真も動画も撮ってね!とか言っておきながら
私のメモリーには長女ばかりガーン
なるほど、これが2人目あるあるなんだな、と身をもって実感しました。

あれよあれよと言う間に1ヶ月検診となり、
赤ちゃんも私も問題なく、産科を後にしました。
長女のときから大変お世話になったクリニック。もうそんなに来る事も無いんだな、としみじみしてしまいましたぐすん
検診の終わりがけにスタッフの方から「オリンピック終わった頃に3人目おまちしてまーす」と言われたけれど、もう産みませーんあせるというか産めませんえーん産んでも育てられる自信なしショック

でも本音は赤ちゃん可愛いからもう1人産んでみたいです。ただ、パパの年収が今の倍になって、住んでる家の広さも今の倍になって、大きい車をもてて、私は仕事を辞められたなら、もう1人産んでもいいかな、といったような感覚です。
だから現実的には今回で終わり。宝くじにでも当たらないと無理ですねびっくり

そんなこんなでこの夏は過ぎていきましたニコニコ
さあ、いよいよ帰宅です。
どうなることやらチーン


ひー
もう産後47日が経ちましたびっくり
1人目の時とは時の流れが全然違います。毎日あっという間びっくり
だいぶ遅くなったけど、入院中の事を備忘録として。
私が出産したクリニックは経産婦は2泊3日で退院となります。
土曜日の夜に出産したので、退院は月曜日びっくり
1人目の時に産後が辛すぎたのですごくすごく不安でした。なので最初から延泊を希望していました。幸い病棟に空きがあったので延泊含めて3泊4日のんびりできましたニコニコ

しかも、なんとリピーター様として病室は特別室に無料アップグレードしていただけました!!キラキラ
広くて快適でしたラブ


産後1日目
朝から食欲旺盛です。

朝食は和食でしたラブ
血糖値も測るよう言われました。
とりあえずセーフウインク
もちろんご飯完食です!
そして昼食
お肉が柔らかくて美味しい!
ここまで血糖値を測りました。ここでもセーフでした。これ以降は測らなくていいよ、と言われました。
食べたいものが食べたい時に食べられるようにラブ幸せですーードキドキドキドキドキドキ
昼食後に家族がお見舞いに来てくれました。
長女は赤ちゃんを見て声をうわずらせて「かわいー!小さーいドキドキ」と感動していました。
それを見て私も感動笑い泣き
夕飯は家族でお祝い膳でした。
ラウンジに移動してみんなでフルコースラブ




長女にも豪華お子様膳ですもぐもぐ
(追加料金高っガーン
妊娠中は食べられなかった生ハムやスモークサーモンも食べられて幸せを噛み締めましたラブぶちゅー

赤ちゃんも一緒です。
4人家族で、初めての食事となりましたラブ

この日、シャワーも浴びることが出来、改めて安産だったんだな、と感動していました。

この日も赤ちゃんは夜新生児室で預かってもらいグッスリ眠れましたぐぅぐぅ

産後2日目
本来なら退院の日なので、院長先生の退院診察を受けます。
子宮復古も
傷も
特に問題無しとのことでした。

先生に明日まで居たいです、ご飯美味しすぎるし快適すぎます!と伝えると
居られると思うよ!とのことで病室に戻りました。

お部屋でゆっくりして、シャワーを浴びて、お昼過ぎにアロママッサージもしていただきましたラブアロマのいい香りに癒され、爆睡ぐぅぐぅあっという間の1時間でしたあせる
この日は義理の両親もお祝いに来てくれました。
朝食はコッペパンラブ甘くて美味しいガーン
昼食は天ぷらも出ました

おやつは羊羹キラキラ


夕飯はまた家族でラウンジで頂きましたウシシ

この日、おっぱいも少し出るようになってきました!!ガチガチに張っていて岩みたいな硬さになってきました。


そして産後3日目
いよいよ退院です。

朝食は和食ですビックリマーク
ここの最後のごはんです。
1人目の時も2人目の時も切迫も出産もお世話になりました。
本当に美味しすぎるお食事でした音譜音譜音譜


赤ちゃんは看護師さんに沐浴してもらいました。
おっぱいは硬いけど、マッサージの方法や、実家の近所の助産院などを紹介してもらいいざ実家へ行きました

チャイルドシートに乗る赤ちゃん!小さっガーン
退院時は2200グラムくらいになってしまっていたので、より小さく感じました。

さあ、ここから2人育児の始まりですびっくり
未知すぎるー!