土曜日朝成田発の便で北海道入りする。

 

 

今後の北海道への移動のスタンダードになるであろう土日の移動

 

 

天候に左右されるかと思いましたが、無事にやり終えて

 

 

また行動の範囲、選択肢が増えました。

 

 

来月は日帰りですが(笑)

 

 

どうも、「人(競馬関係者)も馬もみれる、さすらいの理学療法士」吉川修二です。

 

 

今日の金言

今日の努力は、明日の成果にはならない。すぐには現れない。今日やったことが知肉となるにはタイムラグがある。今からやっておかないと、3年後の成果はないかもしれない

吉岡秀人

 

 

なぜ、北海道入りしたかというと

 

 

去年の10月に行われたGuide to MovementのMotor Controlの復習会があったからです。

 

 

4月にその続きであるセミナーにも出席する

 

 

どうもフェルデンクライスの考えが、今後重要になってくる

 

 

そんなことを考えての参加でした。

 

 

内容は、10月のセミナーで行った用語(道具)の再確認、そしてワーク。

 

 

分化・未分化の話は改めて聞くとなるほどと思い

 

 

行きつく先はそこまでいくの?という予感が感じられるものでした。

 

 

ワークの中で、腰部と胸部の分化パターンを学習することが出来て

 

 

その後の姿勢の変化は、こんな風に立ったことがない、という不思議な感覚でした。

 

 

勉強にもなりながら、自分の身体の可能性も引き出してくる

 

 

素晴らしい勉強会で、本当に参加して良かったです。

 

 

で、いざ臨床に戻ると

 

 

未分化パターンばかりが目につき

 

 

分化パターンを提案したり

 

 

こんな動きはどうですか?の提案をしたり

 

 

とにかく相手に提案し選択してもらうことを意識しました。

 

 

セミナーに参加すればするほど、その面白さ、難しさが分かってくるフェルデンクライス

 

 

それと共に、これ知ると本当にためになることも再認識

 

 

4月が本当に楽しみです。

 

 

 

久々の札幌は空気が澄んでいて

 

 

すぐにその空気に馴染むことが出来る

 

 

やっぱり北海道は自分に合っているなあ、と思いました。

 

 

雑魚寝での過去最大級のイビキに遭遇しなければ最高だったのですが(笑)

 

 

今回の戦利品

 

 

 

P.S 今年最初のGⅠのフェブラリーステークスの三連複が当たり、馬券はなかなか好調です(^_^)

AD