ワタシの仕事ある日の生活リズムは



朝3時前に起きて4時前までウォーキング



シャワー、水シャワー



朝食食べる(4時15分位から)



一眠り(5時半〜)



7時15分に起きて仕事へ行くが最近のパターン



前日からの睡眠で副交感神経が働いているところを



起きて歩いて、ウォーキングすることで交感神経にスイッチを入れ



朝食食べて寝ることでまた副交感神経にスイッチ



起きて仕事で交感神経にスイッチ



こうやって書くと忙しい、と感じますが



リズムとしてはワタシにとって適切かなぁ、と思っています









さすが範馬勇次郎氏(笑)



そんな中での朝食の役割



最近のメニューは



サツマイモを蒸かしたもの+チーズ+リンゴ+干しいも



これがパターン



ワタシの概念の中に栄養を氣にして食事するというのは薄いので



食べたいものを食べたいタイミングで食べる



特に朝食は朝の排便を誘発するもの、という役割が大きい



歩くこと、水シャワー、そして何か食べることによって



肝の熱から大腸の熱を生み



その熱を下げる意味で排便がなされる



そんな理解で朝食を食べている



サツマイモが食物繊維で…なんて考えもなく



糖質ばっかりって…という考えも特になし



そんなことを氣にせず食事を素直に食べるというのも



大事なのかもしれない



朝、通勤時には既にお腹がなるような状態なので



時間や内容からして朝食とは言えないのかもしれませんが(笑)